• 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
長い夏休みを乗り切る!おうちプールのススメ

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2021.08.01

夏休みの過ごし方に悩んでいるママへ


平松建築で家を建てた広報担当の小木です。
暑い日が続いていますね。
お子さんが夏休みに入り、毎日「何して過ごそう?」と悩んでいませんか?
コロナ禍2度目の夏休み。イベントも少なかったり、人混みは避けたかったりで、今年も自然とおうちで過ごすことが多くなるかもしれませんね。
 
子どもが4人いる我が家もあまり気軽にお出かけはできません。なるべくおうちで楽しめることを探しています。
この夏休みはほぼ毎日おうちプールを楽しんでいますよ。
 
今回のブログでは我が家の水遊びの様子をご紹介します! 
 
 

どんなプールを使ってる?


朝、プールの準備で水を入れていると、我慢できずに水着に着替える子どもたち。
まだ水を入れてる途中なのにバシャバシャ入っていきます。
 
今年は末っ子も3歳になって、だいぶ兄弟で遊べる時間も増えたかなと感じます。
子どもたちなりに遊びを考えて、ぐるぐる回ったり、ごっこ遊びをしたり、いろいろな遊びを楽しんでいるようです。
 
最近までは小さいプールと少し大きめのプールを2つお庭に並べていました。
小さい方は家を建てた年の夏(ちょうど引っ越しが夏でした)すぐに購入したものでもうだいぶ年季が入っています(笑)
空気を入れないタイプなのですぐに水を入れることができてとっても便利なんです。
 
子どもが増えて体も大きくなってきたので少し大きめのプールを去年追加購入したのですが、いざお庭に置いてみたら思っていたほど大きくはありませんでした。
こちらのプールはセットの屋根をくっつけることができて日よけになりますが、風の強い浜松では屋根がすぐ飛んでしまい我が家ではほとんど使っていません。あまり風のない地域では、別で日よけを建てる必要がないのでとても便利だと思います♪
 
 
 

今年仲間入り!大人も入れちゃうプール


「もっと大きいプールが欲しい」という子どもの希望と私の希望で(笑)今年は新しく大きいプールを購入しました。
 
水をためるのに少し時間がかかりますが、小学生の子どもが寝転んでも余裕の大きさで大満足です。
ワニさん歩きをしたり、少し泳いでみたりと子どもたちの遊びも広がる広がる…。
このプールを買ってから、子どもたちがプールで遊んでいる時間が明らかに長くなりましたよ。
 
今はこの大きなプール一つだけにして小さなプールたちはしまってみました。4人兄弟で同時に入っても充分思いっきり遊べています。
上の子のマネをしてちょっと水に顔をつけてみる3歳の末っ子もとてもかわいいです。
 
我が家はリビングの大きな窓のすぐ外にプールを置いているので、リビングで休憩しながらでも子どもの様子が見れています。
子どもが遊んでいる間ママは室内で少し休むことができて助かっています。(目は離さないように注意してます)
 
 
 

プラスしてさらに楽しめる水遊びグッズ


実はプールの他にもうひとつお気に入りの水遊びグッズがあるんです。
それは『噴水マット』。
 
去年おうちで夏休みを過ごすために買ってみました。
ビニールプールのような素材のマットから噴水が出てくるこの商品。
小さな子向けかな?と思いきや、小学生もめちゃくちゃ楽しんで遊んでいます。
 
こういう噴水で遊べるような公園の遊び場も、コロナの影響で閉鎖や縮小されていますよね。
自宅で簡単にできちゃうのでとってもおすすめです。
ふくらます必要もなし。ホースをつないですぐ遊べます。
 
ひとつ気になるのは”水道代”だと思いますが…
「水道代がかなり上がった!」なんてこともなく、安心して今年も遊ばせています(笑)
 
早めにためておけば温めの水温になるプールと違って常に冷たい水が出るのでそんなに長時間は遊び続けない、というのが理由かなと思います。
我が家ではプールの横に置いて時々噴水で遊ぶという感じで使っています。
 
 
 

忘れちゃいけない○○計画


おうちを建てたらお庭でプール遊びしたい!そうお考えの方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
私も子どもを思いっきり遊ばせたい!と思っていました。
 
実際におうちを建てて夏はほぼ毎日お庭のプールで楽しんでいる、最高の毎日を送っています。
子どもがお庭で楽しく遊ぶ姿を想像すると、夢がふくらみますよね。
 
そんな時、忘れちゃならないのが”外構計画”。
「こんなはずじゃなかった」を防ぐため、家づくりと一緒にしっかり考えていきましょう。
 
水遊びやガーデニングをやりたいなと思っている方はお庭の水道の位置も大事になってきます。
ここからホースを伸ばしてプールにお水を入れて…花壇にお水を撒いて…と生活をイメージしながら決めると良いですよ。
 
我が家は外の水道は冷水のみですが、平松建築でおうちを建てた方の中には温水も出るように作られたお客様もいます。
プールあがりの冷えた体に温水のシャワーを浴びられたら気持ちよさそうですね♪
 
 
 

わくわく広がるおうちプール


まだまだ長い夏休み。
手軽にできて子どもも楽しいおうちプールはいかがですか?
 
こんな滑り台や仕掛けのついたプールもありますよね!うちの子は「こういうのも欲しい」と言っています(笑)
いろいろなプールがあって迷ってしまいますね。
 
楽しみながらお子さんと選んで、おうち遊びにプラスしてみてくださいね♪
 
 
 

平松建築|代表の平松から


昨年4/16の緊急事態宣言を受け、平松建築では打ち合わせをすべて非対面で進められるよう、オンラインミーティングを実施しています。緊急事態宣言は解除されたもののまだまだ予断を許さない状況ですが、コロナの影響で得た良い変化については終息後も変化したままだと考えています。
 
具体的には、こういったオンライン打ち合わせを初めとしたインターネットの活用による、移動時間や社内打ち合わせ時間の削減といったものです。家づくりは、初めてお会いしてからお引渡しまでに1年以上かかることが大半です。
 
こんな時期だから打ち合わせは先送りにする・・・のではなく、これからの打ち合わせのために是非オンラインミーティングをご活用ください。オンライン打ち合わせなんてやったことがないという方が大半ですので、ご興味ありましたら下記から遠慮なくお問い合わせください。 もちろん、従来どおりの対面打ち合わせも行っておりますので、やりやすい方に合わせて提案させていただきます。
 
 
 
■平松建築|オンライン無料相談
http://bit.ly/39WCKvu
 
■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html
 
■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html
 
 
 

ライター紹介


平松建築 広報担当の小木です。
男児3人+女児1人の4児のママです。
長男の小学校入学を機に平松建築でお家を建てました。
子どもの成長を感じ、楽しみながら日々育児に奮闘しています。
子どもと暮らすママならではの目線でお家についてお話していきたいと思っています。

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2022.11.24

【講演】紡ぎ場 〜TsumuGiver〜で勉強会を行います

平松建築でおうちを建て、平松建築のほとんどの外構を担当してくださっている株式会社soto.Craft...

2022.11.17

【ワークショップ】クリスマスオーナメントを作ってみませんか?

今週末11月19・20日(土・日)にカラフルブリッジフェアが開催されます。 平松建築もワー...

2022.11.17

平松建築の「ありがとう」感謝祭 開催しました!!

平松建築株式会社は2022年に、総業13周年・法人設立10周年を迎えることができました。 ...

2022.11.01

わが家らしさを楽しむ「造作家具」と暮らす家

造作家具のある暮らし  我が家を平松建築で建てた、広報担当の松浦です。 ...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!