メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
”もしも”に備えた2つ目のコンセント

category:

ブログ

date:

2019.05.02

停電した時にどう対応しますか・・・。

今日は平松建建築で提案している方法をお話ししますね。

コンセントが二つ付いています。

一つは通常時に使えるように掃除機用のコンセントとしてついています。

もう一つは停電した時に太陽光発電のシステムから電力供給できるコンセントです。

ここで一つ注意点があります。

「なんでわざわざ別のコンセントが必要なの?」

そう思う人もいると思います。

別のコンセントが必要な理由・・・それは

太陽光発電があると全てのコンセントがそのまま使えるわけではないからです。

停電時に使用できるコンセントはパワーコンディショナーについているコンセント一か所のみです。

だから停電時に電気を使おうとすると、

わざわざパワーコンディショナーのあるところ(通常は配電盤の近く)まで延長コードでつながないと使うことができないんです。

その煩わしさを軽減するために、パワーコンディショナーを自立運転に切り替えると自動的にそのコンセントまで電力が送電できるように工夫して見ました。

配線を通してコンセントを付けるだけなのでそんなにコストもかからないので、

太陽光発電を取り付ける際には検討してみてください。

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2019.05.20

「耐震等級」って知っていますか?わかりやすく説明します!

みなさん、こんにちは。家を建てる時に気になることの1つが耐震性能ではないでしょうか?その耐震性能を計...

2019.05.17

知らないと危険!?構造計算なしの家に潜む危険性って?

みなさん、「構造計算」をご存知ですか?これは家にかかる様々な力を想定し、それに耐えうる強度を持たせる...

2019.05.16

聞いたことはあるけど…「耐震構造」って結局何?

耐震強度偽装問題をテレビで取り扱ったこともあり、「耐震構造」という言葉を聞いたことのある方は多いかと...

2019.05.15

地震に強い「モノコック構造」のメリット・デメリット

地震の多い日本で家を建てるのなら、意識しなければならないのが「耐震面」だと思います。長く安心して暮ら...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!