メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
脇役だけど重要!床下点検口の3つのこだわり

category:

ブログ

date:

2019.05.01

今日は住まいの脇役のお話し。

「床下点検口」について・・・

地味な話です。

でも大事なことを話します。

平松建築で標準仕様の点検口です。

昔の床下点検口とは一味違います。

さて何が違うでしょうか。

わかりますか?

一つ目の違いは樹脂製であることです。

昔の点検口はアルミ製が多かったですね。

素足だと冷たかったり・・・

踏むとギシギシ音がしたり・・・

キッチンの近くに良く設置してありましたね。

「音が鳴るから気になるし使わないから閉じてそのまま床張り替えちゃってください」

そんなご要望がよくありました。

フタの厚みも昔とは大違い。

こんなに厚いんです。

見えないところだからフタの厚みなんてどうでもいい?

そんなことないですよ。

とても大事です。

暑さが断熱性能や耐久性に影響してきますし、

このフタよく見ると気密パッキンという柔らかい部材が全周についてます。

だから気密性も高いんです。

一般的な床下点検口との違いをまとめると・・・

①樹脂製だから熱伝導率が低く冷たさが室内に伝わりづらいこと。

②厚みもあり柔らかいパッキンもついているから歩いても音が鳴らないこと。

③柔らかいパッキンで気密性が高まり隙間風が生じないこと。

そんなところです。

細かいところだけど脇役の床下点検口にもこだわりましょう。

ワンランク上の家づくりのちょっとしたコツでした。

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2019.05.20

「耐震等級」って知っていますか?わかりやすく説明します!

みなさん、こんにちは。家を建てる時に気になることの1つが耐震性能ではないでしょうか?その耐震性能を計...

2019.05.17

知らないと危険!?構造計算なしの家に潜む危険性って?

みなさん、「構造計算」をご存知ですか?これは家にかかる様々な力を想定し、それに耐えうる強度を持たせる...

2019.05.16

聞いたことはあるけど…「耐震構造」って結局何?

耐震強度偽装問題をテレビで取り扱ったこともあり、「耐震構造」という言葉を聞いたことのある方は多いかと...

2019.05.15

地震に強い「モノコック構造」のメリット・デメリット

地震の多い日本で家を建てるのなら、意識しなければならないのが「耐震面」だと思います。長く安心して暮ら...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!