メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
41%の不安

category:

ブログ

date:

2019.04.30

今日は現場のルール作りの話です。

ルール作りがなぜ必要なのか。

建築基準法があるし、

瑕疵保険責任やフラット35の共通仕様、性能評価もある。

そのルールを守っていればいいじゃないの?

そう思う人もいるかもしれません。

でも実際は建築業界は基準があってないような部分が多々あります。

そもそも基準法などには大事な部分が抜けていてプロから見ると正直穴だらけです。

高品質な家づくりをする上で定めなければいけない施工要領が100%として・・・

そのうちの建築基準法が9%。

瑕疵保険・フラットの共通仕様が38%。

性能評価の施工要領が12%といわれています。

ということは・・・

なんと・・・

約41%は施工技術指針が全く存在しない

各職人や現場監督の技量に依存する部分があるということです。

だから標準施工手引書の作成が必要になります。

平松建築でも定期的により良い現場品質の確保のためにも、

標準施工手引書の編集を継続して行っていきます。

地味なとこだけど大事です。

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2019.05.20

「耐震等級」って知っていますか?わかりやすく説明します!

みなさん、こんにちは。家を建てる時に気になることの1つが耐震性能ではないでしょうか?その耐震性能を計...

2019.05.17

知らないと危険!?構造計算なしの家に潜む危険性って?

みなさん、「構造計算」をご存知ですか?これは家にかかる様々な力を想定し、それに耐えうる強度を持たせる...

2019.05.16

聞いたことはあるけど…「耐震構造」って結局何?

耐震強度偽装問題をテレビで取り扱ったこともあり、「耐震構造」という言葉を聞いたことのある方は多いかと...

2019.05.15

地震に強い「モノコック構造」のメリット・デメリット

地震の多い日本で家を建てるのなら、意識しなければならないのが「耐震面」だと思います。長く安心して暮ら...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!