メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
一日に13000リットル吸い込む空気、家の呼吸でキレイにしませんか?

category:

ブログ

date:

2019.01.23

通気断熱WB工法は壁の二重の通気層の構造で家が呼吸できるのが大きな魅力です。

今回は、家が呼吸することで室内の空気をキレイにしているしくみをお伝えします。

 

通気断熱WB工法に使われている通気性や透湿性のあるコットンクロスと、非通気性・非透湿性のビニールクロスを比較した植物実験があります。

コットンクロスで覆った部屋の植物は枯れませんでしたが、ビニールクロスで覆われた部屋に置かれた植物は2週間で根まで枯れてしまいました。

一体、何が影響したのでしょうか。

 

家に使われる建材や家具からは、めまいや頭痛などを起こす有害化学物質が出ています。

現代の住宅は気密性が高いことや湿気を通さないビニールクロスによって、有害な物質を閉じ込めてしまい、シックハウス症候群を引き起こすのです。

 

別の実験データでは、室内のホルムアルデヒド濃度を比較しています。

実験開始時に1ppmあったホルムアルデヒド濃度は、コットンクロスの部屋では24時間以内に0.1ppmまで下がり、48時間後には厚生労働省の指針値である0.08ppm以下にまで下がりました。

ところが、ビニールクロスを使用した部屋では72時間以上が経過しても濃度が0.5ppm以下に下がることなく高い濃度を保ったままでした。

 

閉め切ったコットンクロスの部屋で濃度が下がったのは、ホルムアルデヒドなどの有害物質が湿気に溶け込み、湿気とともに壁を透過し通気層から外へと排出されたからです。

人は一日に13000リットルの空気を肺に取り込んでいます。

通気断熱WB工法のコットンクロスの壁は、空気をキレイにして、植物も生き生きと育つ安心の環境をもたらします。

素材選びは家族の健康にも繋がっていきますね。

 

WB工法紹介
①3つの仕組み→https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog/2019/0118/
②夏の仕様→https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog/2019/0121/
③冬の仕様→ https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog/2019/0122/

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2019.05.20

「耐震等級」って知っていますか?わかりやすく説明します!

みなさん、こんにちは。家を建てる時に気になることの1つが耐震性能ではないでしょうか?その耐震性能を計...

2019.05.17

知らないと危険!?構造計算なしの家に潜む危険性って?

みなさん、「構造計算」をご存知ですか?これは家にかかる様々な力を想定し、それに耐えうる強度を持たせる...

2019.05.16

聞いたことはあるけど…「耐震構造」って結局何?

耐震強度偽装問題をテレビで取り扱ったこともあり、「耐震構造」という言葉を聞いたことのある方は多いかと...

2019.05.15

地震に強い「モノコック構造」のメリット・デメリット

地震の多い日本で家を建てるのなら、意識しなければならないのが「耐震面」だと思います。長く安心して暮ら...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!