メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
家も衣替え!WB工法の3つの秘密

category:

ブログ

date:

2019.01.18

夏と冬、気温差の大きな日本では家も四季に合わせて衣替えがあるといいですよね。平松建築の通気断熱WB工法の家は、壁に衣替えの機能を持たせ、夏は涼しく、冬は暖かい省エネ住宅を実現しています。

 

家の衣替え、通気断熱WB工法の秘密は三つです。

 

まず、壁に二重の通気層があることです。

外壁と主断熱の間の第一通気層、主断熱と内壁の間の第二通気層、この二つの通気層が夏と冬で異なる役割を果たします。

 

次に、WB工法の特許技術である形状記憶合金を使った、形状記憶自動開閉装置です。

外と床下の間に付けられるアンダーヘルス、床下と第二通気層の間をコントロールするバリアヘルス、屋根に付けられるハットヘルス、この三種類の通気口が働きます。

温度を感知して自動で開閉して、夏の暑い日には開き、冬の寒い日は閉じ、自動的に通気層の通風をコントロールします。大掛かりな換気システムや電力は使わない魔法の装置です。

 

最後に、壁紙のコットンクロスです。紙素材のコットンクロスは透湿性があり、室内の湿気は壁内に抜けていきます。

このとき、室内のホルムアルデヒドなどの有害物質も湿気に溶け込み、一緒に排出してしまいます。

コットンクロスは湿度を吸ったり吐いたりすることで膨張収縮するため、継ぎ目が目立ちやすいデメリットもありますが、湿度がコントロールされた室内の快適さを実現します。

 

壁の通気層、自動開閉する通気口、コットンクロス、これらがどう働いているのか!?

次回は、電力を使わない衣替えの仕組みを詳しくご紹介していきます!!

 

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2019.05.20

「耐震等級」って知っていますか?わかりやすく説明します!

みなさん、こんにちは。家を建てる時に気になることの1つが耐震性能ではないでしょうか?その耐震性能を計...

2019.05.17

知らないと危険!?構造計算なしの家に潜む危険性って?

みなさん、「構造計算」をご存知ですか?これは家にかかる様々な力を想定し、それに耐えうる強度を持たせる...

2019.05.16

聞いたことはあるけど…「耐震構造」って結局何?

耐震強度偽装問題をテレビで取り扱ったこともあり、「耐震構造」という言葉を聞いたことのある方は多いかと...

2019.05.15

地震に強い「モノコック構造」のメリット・デメリット

地震の多い日本で家を建てるのなら、意識しなければならないのが「耐震面」だと思います。長く安心して暮ら...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!