メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
結露知らずで暖かいWB工法の冬服

category:

ブログ

date:

2019.01.22

前回、通気断熱WB工法、夏服の仕組み(https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog/2019/0121/)をご紹介しました。

今回は冬服仕様のお話しです。

 

冬の住宅で解決したいのは、つらい寒さ、そして湿気による結露ですよね。

この結露は室内の窓だけでなく、壁の中でも起きることがあるのはご存知でしょうか?

壁内結露は家の柱や土台といった木材を腐らせ、最悪の場合は家の寿命を縮めてしまうこともあります。

 

そこで登場するのが、通気断熱WB工法に使われるコットンクロスの壁紙です。

湿気を通す素材のため、室内の余分な湿気は壁を透過して壁内の通気層に排出されます。

そして、壁内の湿気は通気層を通って外へと排出され、壁内結露はもちろん、室内も結露はほとんどありません。

 

通気断熱WB工法では、気温が15℃まで下がると通気口は自動的に全閉となります。

まず、アンダーヘルスが冷たい外気の侵入を防ぎます。

また、冷たい空気は下へと下がる性質がありますが、バリアヘルスが閉まっているため、壁内通気層の冷えた空気が床下に流れ込むのを防ぎ、さらに床下の地熱を活用することで底冷えもありません。

保たれた通気層は保温層となり、空気をたっぷり含んだダウンジャケットのように、冷たい外気の影響から室内を守ります。

 

結露もクリアしながら底冷えしない冬の暖かさの秘密、お分かりいただけたでしょうか?

日本の風土に合った古来からの和風建築にヒントを得た通気断熱WB工法、夏は涼しく冬は暖かい家を実現しています。

 

WB工法紹介
① 3つの仕組み→☆https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog/2019/0118/

② 夏の仕様→☆https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog/2019/0121/

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2019.05.20

「耐震等級」って知っていますか?わかりやすく説明します!

みなさん、こんにちは。家を建てる時に気になることの1つが耐震性能ではないでしょうか?その耐震性能を計...

2019.05.17

知らないと危険!?構造計算なしの家に潜む危険性って?

みなさん、「構造計算」をご存知ですか?これは家にかかる様々な力を想定し、それに耐えうる強度を持たせる...

2019.05.16

聞いたことはあるけど…「耐震構造」って結局何?

耐震強度偽装問題をテレビで取り扱ったこともあり、「耐震構造」という言葉を聞いたことのある方は多いかと...

2019.05.15

地震に強い「モノコック構造」のメリット・デメリット

地震の多い日本で家を建てるのなら、意識しなければならないのが「耐震面」だと思います。長く安心して暮ら...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!