メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
子どものための家づくりとお金の勉強会(終了)

開催日:

5/20・21

開催時間:

10:00~12:00 14:00~16:00 (各時間4家族まで)

【5/20・5/21子どものためのお金の勉強会】※無料予約制

【注文住宅を建てて家族を守る方法】

代表の平松です。 家族想いのあなたへ・・・

私「注文住宅を建てると貯金が増えますよ」

あなた「え?注文住宅?贅沢すれば貯金が減ってしまうんじゃないの?」

私「あくまでも予算をうまく配分すればの話ですけどね」

あなた「予算を配分?どういうことですか?」

私「では順を追って説明していきますね」



私もあなたと同じように
以前はそのように思い込んでいました。

 

普通に考えれば・・・
注文住宅を建てたらお金がたくさん必要

住宅ローンをたくさん組む

返済が大変で貯金が増えない

資産が残らず老後に不安が残る

このような感じだと思います。

 

 

《家づくりの盲点を発見》

 

住宅ローンを払い終わる
35年間でしか考えていなかったこと。
これが大きな盲点でした。

 

二つ質問させてください。

「あなたは今何歳ですか?」
そして・・・
「マイホームを今建てたとして、
35年後は何歳になっているでしょうか?」

 

この質問の答えが仮に・・・

「今年で30歳です!」
とすると・・・
「30+35なので65歳になっていますね。」

という答えになると思います。
これはあなたが仮に30歳で家を建てて、
35年の住宅ローンを返し終わるとすると・・・
定年の65歳になっていることを意味します。

 

そろそろ老後の引退生活のことを考えますよね。

 

 

《老後の生活をリアルにイメージする》

 

そこで少しイメージしてみてください。

 

「あなたの建てた住まいはあなたの寿命より長く持つでしょうか。」

 

日本の住宅の平均建て替えサイクルは30年未満です。
もしかしたら老朽化して建て替えが必要かもしれません。
※必ずそうなるわけではなくあくまでも可能性の話です。

 

女性の平均寿命は88歳ですので、
あと最低でも23年間は住まいが必要となると・・・

 

あなたが65歳の時に住まいが老朽化して、
住めなくなったと仮定します。

 

そのあとにアパートに住み変えるとして、
6万円の家賃で12ヶ月×23年だと
1,656万円必要です。

 

建て替えでもそのくらいの費用はかかるでしょう。

 

老後の生活は長生きすればするほど
お金がよりかかることになります。

安心して長生きして老後の生活を楽しむには、
毎月の生活コストを削減する必要があることに、
気がつくのではないでしょうか。

 

 

《数千万円コストを削減する3つのアイディア》

 

①『構造にお金をかけ耐震性の高い住まいを長寿命にする』
②『メンテナンス費がかからない仕様にする』
③『光熱費を削減してその上で太陽光発電を利用する』

 

全てのコストをトータルで長期的に考え
最小化していくと数千万円のコストを削減できます。

 

その分が他の人と同じような生活をしていても
他の家づくりをした人に比べると
数千万円の貯金がしやすくなるのです。

 

で、
この考え方を住宅に取り入れるには、
「ライフプラン」の作成が有効なことに気がつきました。

 

「ライフプランって何ですか?」

 

ライフプラン=人生設計
あなたがどのように人生を家族とともに
歩んでいくのかを数十年で計画すること。

 

これからの収入と支出を毎年算出して
「貯金の残高を予測」する。
と言い換えてもいいかもしれませんね。

 

 

《グーグルマップで人生の目的地をセット》

 

お金の不安がなく人生を楽しむには
お金の予測と計測が必要です。

 

ライフプランを作成して
長期的な視点で考えると、
自動的にお金を増やすポイントを
たくさん「発見」することもできます。

 

いつどのタイミングで
どのくらいの貯金があるのか。
それを明確にすることもできるのです。

 

10年先に起こるかもしれない生活費の不足を
家づくり前の「今」知ることが
できるのはかなり安心です。

 

目的地をグーグルマップのようにセットして、
道順がずれたら修正して目的地に向かう感覚で
人生を家族とともに歩むのです。

 

ライフプランを作成すると、
かなりお金の不安が軽減するのでお勧めです。

 

 

《一世代前のお父さんがビックリする超低金利》

 

で次にですが・・・
住宅ローンの金利がとにかく安いです。
一昔前なら考えられないぐらい安いです。

 

昔は例えば3000万円借り入れすると
金利支払いも3000万円。
合計6000万円の支払いとなることもありました。

 

今は3000万円借り入れで
金利支払いが1000万円。
合計4000万円で済ませることが可能です。

 

その差はなんと2000万円です。
ビックリですね。

 

だから金利が高かった時代は
頭金をなるべく貯めてから
住宅ローンをなるべく少なくする
必要があったのですね。

 

 

《さらに住宅ローン控除で利息負担減》

 

さらにその少ない金利コストを
さらに最小化できます。
それが住宅ローン控除です。

 

ややこしいので細かい説明は省きますが、
年末の借り入れの残高の1%を、
所得税や市県民税などの支払を減らすことができます。

 

例えばあなたが毎年所得税と市県民税を
30万円支払っていたとします。

 

年末の残高が3000万円以上あるのなら
全額支払を免除されることになります。
※細かい条件は考慮に入れていません。

 

これを考えていくと今の住宅ローンは
少々借り入れが増えたとしても
金利負担はあまり多くならないです。

 

 

《金利負担少ない今だからこその裏技》

 

ここで冒頭の会話の中にあった
「予算をうまく配分する」
意味を説明します。

 

住宅の断熱性能アップ
省エネ性能アップに120万円追加。

60年間の光熱費は700万円削減。
差し引き580万円の得。

 

太陽光発電を150万円で搭載。

売電収入で400万円獲得。
差し引きで250万円の得。

 

外壁をメンテナンスフリーな素材に
変更で30万円アップ。

10年に1度の塗り替え費用
2回分200万円削減。
差し引きで170万円の得。

 

長寿命な住宅に仕様変更して200万円追加。

建て替えコストまたは
アパートの家賃1,500万円削減。
差し引きで1,300万円の得。

 

合計差し引きで2,300万円のお得です。

 

でもこれって借り入れ金利負担が極めて少ない
今だからこその「裏技」かもしれませんね。

 

せっかくの「差し引きお得分」も金利が高い時には
借り入れが多くなると金利負担が
お得分以上に大きくなってしまうからです。

 

 

《ローン返済額を最小化する》

 

光熱費の支払いやメンテナンス費用の積立など、
月々必要な住居関連のコストを
住宅ローンと一緒に考えることが大事です。

 

住宅ローンの実質月々返済額を賢く抑えることが、

ゆったり家族 と ギリギリ家族 の分かれ目かもしれませんね、

 

 

《ゆったり家族とギリギリ家族の人生を比較》

 

ちょっと想像してみてください。

 

《ギリギリ家族》

月々の返済額が多い場合・・・
家を建ててから生活費が圧迫されて苦しくなり、
家族や友人との外食の回数が少なくなって、
住宅ローンの返済に追われて自由な時間も少なくなって、
子供にも十分な教育資金をかけられず、
金銭的な不安を抱えたまま老後生活に突入。

 

それとも・・・

《ゆったり家族》

月々の実質返済額を減らした場合・・・
賃貸で生活していた時より家計負担が軽減。
たまの休みには自由に外食して家事から解放される時間が増え、
旦那さんのお小遣いもカットされず、
家事が楽で毎日30分の空き時間がプラスで確保ができて、
子供の教育資金も確保されて、
しっかり貯蓄しながらローン返済することで老後も安心。

 

あなたならどちらを選びますか?



 

あなた「え~!本当にそんなことができるの?」

私「できますよ。私の住んでいる自宅がそのままの家です」

あなた「見れるの?」

私「どうぞ。この内容のもっと詳しい授業もしますよ」




★【子どものための家造りとお金の授業開催】

※予約制

平松建築のモデルハウス(自宅)でこの内容の授業を行います。

 

★授業のカリキュラム

1時限目 《子供のためのお金の勉強》
①大富豪に学ぶ、貯金を増やすための基本
②自動入金スイッチ(生活基本編)
③自動入金スイッチ(家づくり応用編)
④60年間凝縮シミュレーション
⑤条件検討で数千万円コスト削減
⑥授業のまとめ
⑦具体的なアクションで人生を書き換える

2時限目 《住育で子供たちの未来へつなぐ》
①健康になる目的
②日本の裏歴史
③日本の安全基準
④家づくりの専門家が住みたい家
⑤健康回避不可能な家
⑥住原病から家族を守る方法
⑦授業のまとめ

 

 

★この授業を受けるメリット

① 家造り・人生におけるお金の不安をなくすことができること。
② ライフプランのデモンストレーションで実際に貯蓄が多くできる人生を疑似体験できる。
③ 家づくりの正しい手順を学ぶことで、迷わず進める道しるべが手に入る。
④住原病のリスクを家づくりの前に知ることで、子どもの健康を守ることができる。
⑤勉強した内容の実際に住んでいる家を見ることで、その効果を体感することができる。
⑥自動入金スイッチの押し方を学ぶことで貯蓄体質の家計に変わる(月5万円ぐらいは改善できる)。

※参加後にしつこい営業など決してありませんのでご安心ください。

 

 

★開催日時

5月20日(土)
10:00~12:00 4家族まで(要予約)
14:00~16:00 4家族まで(要予約)
5月21日(日)
14:00~16:00 4家族まで(要予約)

 

 

★開催場所

平松建築モデルハウス
静岡県磐田市下万能373-1

 

 

★《お申し込み方法》

こちらのフォームからのお申し込みをお願いします↓
https://chouseisancal.com/hiramatsu_hiramatsukenchiku.net

こちらに必要事項を記入して、
送信ボタンをタップしてください。
申し込み確認メールがすぐに届きます。
そのメールを確認していただければ予約完了です。

 

 

★《当日の参加方法》

①平松建築の場所を確認の上で、
車でお越しください。
カーナビの場合は
磐田市下万能391
または
URLをクリック↓
https://goo.gl/maps/GdT9DQDpbkF2
または
グーグルマップで「平松建築」と入力
緑色の大きな屋根の建物です。

 

②駐車スペースにスタッフがご案内します。

 

③平松建築ショールームに入っていただき、
勉強会のスペースにご案内します。
(キッズスペースが併設されています)

 

④ 授業50分 《子供のためのお金の勉強》
⑤ 休憩10分
⑥ 授業35分 《住育で子供たちの未来へつなぐ》
⑦ 質疑応答10分
⑧ モデルハウス見学 15分
⑨勉強会終了解散

 

 

★《まとめ》

 

★《参加特典1》

家づくりに必要な情報が詰まった小冊子全6冊プレゼント!
失敗しない家づくり1巻:家づくりにかかるお金の話
失敗しない家づくり2巻:家を建てる段取りがよくわかる本
失敗しない家づくり3巻:住宅の土地探しがよくわかる本
失敗しない家づくり4巻:家を買うタイミングがよくわかる本
失敗しない家づくり5巻:失敗事例から学ぶ家づくり成功の秘訣
失敗しない家づくり6巻:工務店とハウスメーカーの違いがよくわかる本

 

 

★《参加特典2》

住まいが原因のアトピー・アレルギー・喘息などを避けて
子供が元気に過ごせる家づくりの秘密の情報セットもプレゼント!
通気断熱WB工法冊子・DVD
カビ・化学物質対策のマンガ
電磁波対策の冊子。
電磁波対策のマンガ。
低コストで家中きれいなセントラル浄水器。
花粉を分解除去できる不思議な窓の情報。

 

 

★《毎月31万円の痛い出費》

 

金利は依然として安いです。
でも残念ながら過去最高の
建て時は終了しました。

 

今はトランプ政権に移行して、
アメリカの金利が上昇しています。
日本も過去の例から考えると、
アメリカの半年遅れぐらいで
金利が上昇する可能性が高いです。

 

3000万円借入35年払いで…
仮に一年で0.5%金利が上昇すると、
月々返済が7,170円増加。
総額支払いで3,011,400円増加します。

 

1年で300万円ぐらい増えるということは…
一月で考えると25万円づつ住宅コストが上がることになります。
さらにアパートにいる場合は6万円の家賃で仮に考えると、
25万円+6万円=31万円

 

これだけの額が毎月家づくりが遅くなればなるほど、
損をするということになってしまいます。

 

いづれ建てたいけど今はまだという方は、
毎月31万円を損してもいいから、
それでも後で建てるということになります。

 

頭金をためてからと考えている人は、
実は大きな損をしてしまう可能性が高いのです。

 

そこに気が付いた人は動き出しています。
その流れに乗り遅れないためにも、
家づくりのスムーズな流れを、
一日で学べる今回の勉強会は、
あなたにとって有意義なものとなる可能性が高いです。

 

 

★《最後に・・・》

この授業とモデルハウス見学は
予約制で無料となります。

 

予約可能組数には限りがあります。
予定組数に達し次第、
事前予約を打ち切らせていただきます。

 

時間は2時間ほどかかります。
授業を受講したからといって、
その後しつこい営業をすることは
決してありませんのでご安心ください。

 

この案内の中で話してきた内容は、
月々の住宅ローンの
《実質返済額を最小化》 することで、
ゆとりある生活資金と子供の教育資金を確保する。

 

さらに 《老後の引退資金を最大化》 して
あなたの大切な家族を守るための
低金利の《今だからこそ可能》な手段です。

 

家を賢く建てることで家族を守り、
大量消費しないことで地球環境を守ることもできます。

 

ネイティブアメリカンの言葉で
こんな素晴らしい言葉があります。

 

「土地は先祖からの授かりものではなく、
子供たちからの預かりもの」

 

自分の子供達に笑顔で土地を
返せるようになりたいものですね。

 

未来を見据えた家族を守る家づくりを勉強する↓

 
一覧へ戻る
 
© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!