• 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
雨の季節にも大活躍!ランドリールーム特集

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2022.06.01

梅雨の時期の洗濯にも嬉しい、ランドリールーム

 

 
我が家を平松建築で建てた、広報担当の松浦です。
 
6月と言えば”梅雨”。皆さん雨の日の洗濯物に悩んでいませんか??
今回は、梅雨の時期にも嬉しい、室内干しもできてしまう「ランドリールーム特集」です。
 
そして、最近平松建築でも施工事例の増えてきている「ランドリールーム兼ウォークインクローゼット」についても、ご紹介したいと思います!!
 
洗濯物を干す部屋と、収納が一緒??
それって大丈夫??
 
心配になりますよね。でも、実現したら感動!ではないですか??
 
実は我が家、洗濯動線についてはちょっとした後悔が…
私の個人的な経験談も含め、良い家づくりの参考にしていただければと思います!!笑
 
気になる方はぜひ最後まで読んでいってくださいね♪
 
 
 

我が家の小さな後悔


 
私が家づくりを検討し始めたのは今から5、6年ほど前。いくつかの工務店や見学会にも足を運んでいましたが、当時は”ランドリールーム”について意識したことがなかったんです。
 
実家では基本外干し、雨の日は母が苦労して室内に干していたのを見ていたので、アパート時代に浴室乾燥機能がついていたことに感動しました。
ただ、浴室に干せる量なんて限られているんですよね…。なので、新居には室内干しスペースをちゃんと作りました。
 
でも甘かった(泣)
 
実家の暮らしがベースになっていた私は、「雨の日に困ったら室内でも干せる」くらいの考えで部屋干しスペースは2階に。
 
それが今では、天気のいい日にはシーツやバスタオルなどは外干しもしますが、基本毎日部屋干しです。
なんと言っても室内でもよく乾くんです。そして部屋干し臭と言われる生臭い匂いもしません。(※雨続きで常に湿度が高い時期はサーキュレーターなどで工夫するのがオススメです)
 
そして室内干しなら、夕方急いで取り込む必要はないし、朝忙しければ夜から干しておける。
本当に嬉しいです。
 
そんな嬉しいスペースなのですが、1階で洗濯し2階まで干しに行くのは…正直大変です。
毎日のことなので尚更です。
 
ですが、手間以上に室内に干すことにメリットを感じているので、それでも毎日洗濯物を干しに2階に駆け上がっています!!
 
こんな個人的な経験からではありますが…
 
洗濯動線はワンフロアで完結がオススメですよ〜!!
 
 
 

ランドリールームとは??

 

 
ランドリールームをご存知ですか?
 
ランドリールームとは、洗濯に関する家事をするための部屋です。
「洗う、干す、取り込む、アイロンがけ、たたむ」といった洗濯に関わる作業を全て一室で行うことが出来るので、洗濯家事の効率があがります。
 
室内なので天気に左右されないのはもちろん、共働きや子育て世代など、「日中時間をとることが難しい」といった方にとっても、時間帯を気にせず作業できるのが魅力です。
 
 
 

ランドリールーム施工例

 
平松建築の施工例の中から、ランドリールームの施工例をいくつかご紹介したいと思います。
 
まずこちらは、洗濯して、干して、アイロンがけまで一気に一部屋で完結できる、室内干しスペース。
 

(HPで施工事例もご紹介しています:“快適”があふれる暮らしやすい家
 
室内干し用のポールも充実の三本。毎日の洗濯スペースに困りません。
実はこの部屋に直結する形で、ファミリークローゼットも設けられています。動線も考え抜かれたランドリールームとなっています。
 
 
 
次に、L字型の造作洗面台が特徴のランドリールーム。
 

(HPで施工事例もご紹介しています:大人シンプルなおうちリゾートの家
 
家事専用の作業台があることで使い勝手も抜群です。造作だからこそ、家族の生活スタイルに合わせて、”丁度いい”使い勝手を実現することができるのが魅力です。
そして、洗面台のおしゃれさも大切ですよね。気分が上がり、慌ただしい毎日の活力になること間違いなしです♪
 
 
 

ランドリールーム兼ウォークインクローゼット

 
魅力いっぱいのランドリールームですが、平松建築では、更にウォークインクローゼットを兼用したお部屋が最近徐々に増えています。
 

 
「干す」と「収納」が一緒で大丈夫??と思われるかもしれません。
 
それが、大丈夫なんです。
 
我が家の例でもご紹介したように、室内で洗濯物を干してもしっかり乾きます。尚且、室内の空気が循環してくれているので、湿気がこもらないんです。
それを実現してくれているのが、平松建築で採用している「WB工法」なんです。
 
 
 

WB工法

WB工法という言葉、初めて聞く方もいらっしゃるかと思います。
 
家を長持ちさせるための秘訣は”風通しの良さ”。
 
自然の力で風を循環してくれる工法は、家にもそこに住む人にも動物にも快適な室内空間を実現してくれます。
とても魅力的な工法ですので、もし気になった方は是非ご覧になってみてください♪
 

 
 
 
そしてもう1歩、深くまで知りたい!と思ってくださった方には、こちらの動画もおすすめです。
WBハウスについてより詳しく、部屋干しでもしっかり乾く理由について解説しています。
 
家づくりをこれから始める方にも、是非見ていただきたい内容となっています。
 

 
 
 

最後に

 
今回は、ランドリールームとウォークインクローゼットについてご紹介しました!!
 
実は、施工例でご紹介した二枚のお写真のおうちは、平松建築の”実際に暮らしているモデルハウス”にもなっています。
(モデルハウスによっては、ご覧いただける場所が外構、事務所スペースのみとなっている場合もあります。)
 
実際に見て、暮らしの様子を直接聞くことのできる、メリットいっぱいのモデルハウスです。
 
実際に暮らしているモデルハウス

 
“実際に暮らしている”家ですので、事前予約は忘れずに♪
ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせくださいね♪
 
 
 

↓現在募集しているイベント情報はこちらから↓

 

平松建築|代表の平松から


平松建築では打ち合わせをすべて非対面で進められるよう、オンラインミーティングを実施しています。コロナ禍で外出が不安・なるべく自粛したいという方もいらっしゃると思います。早く安心して暮らせる日に戻ってほしいところではありますが、コロナの影響で得た良い変化については終息後も変化したままだと考えています。

具体的には、こういったオンライン打ち合わせを初めとしたインターネットの活用による、移動時間や社内打ち合わせ時間の削減といったものです。家づくりは、初めてお会いしてからお引渡しまでに1年以上かかることが大半です。

こんな時期だから打ち合わせは先送りにする・・・のではなく、これからの打ち合わせのために是非オンラインミーティングをご活用ください。オンライン打ち合わせなんてやったことがないという方が大半ですので、ご興味ありましたら下記から遠慮なくお問い合わせください。 もちろん、従来どおりの対面打ち合わせも行っておりますので、やりやすい方に合わせて提案させていただきます。

■平松建築|オンライン無料相談
http://bit.ly/39WCKvu

■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html

■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html

ライター紹介


平松建築 サポートスタッフの松浦です。
長女の幼稚園入園を前に、2018年に平松建築で家を建てました。
その後次女が産まれ、現在は夫婦二人、4つ違いの姉妹と共に、バタバタな毎日を楽しみながら過ごしています。
家族4人での実際の暮らしから、お家のことをお伝えしていきたいと思っています。

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2022.07.01

お施主様のリアルなご意見「夏の住み心地」正直どう?

暑さでぐったりしているあなたへ平松建築で家を建てた広報担当の小木です。6月半ばから気温の高い日が続い...

2022.06.28

床材のおすすめは◯◯

床材のオススメは◯◯ 平松建築株式会社代表の平松明展です。  今回は「...

2022.06.15

【太陽光発電】太陽光発電のデメリット!?

太陽光発電のデメリット!? 平松建築株式会社代表の平松明展です。  今...

2022.06.01

雨の季節にも大活躍!ランドリールーム特集

梅雨の時期の洗濯にも嬉しい、ランドリールーム  我が家を平松建築で建てた、広報担...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!