• 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
親子でニコニコな家づくり「4つの工夫」

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2022.04.01

新学期、気持ちも収納も新たに迎えたい!


4月になりましたね。
お子さんの入園・入学などでこの4月から新しい生活が始まる…という方も多いのではないでしょうか?
我が家も次男が小学校に入学。元気に通えるかな?お友だちできるかな?とドキドキワクワクしています。
 
そして…たくさんの学校用品への名前付けにあたふた。入学準備に追われています。
ブログを見てくださっているあなたは順調に入園・入学準備進んでますか?
 
「こんなにグッズがあるの!?」
「そういえばランドセルや教科書、どこにしまおう?」
 
急に手元に増えた新しい子ども用品の数々に、目の前が真っ暗になっている方もいるかもしれません。
そこで今回は、これから家づくりを考えているあなたに【イライラしない家づくり4つの工夫】をご紹介します!
「うちは入園・入学まだまだ先だわ」というあなたも、ぜひ今後のために読んでおいてくださいね。
 
 
 

【1】いちおしはランドセルを”ここ”に持ち込ませない間取り


ちっちゃな1年生にとって、学校ってとっても疲れるんですよね。
なんなら、ランドセル背負って登下校だけでも疲れちゃう!
 
「ただいま〜」と家に帰ってきた安心感で靴を脱ぎ捨ててリビングにごろん。
ついでにランドセルまで転がっちゃってますけどー!って”あるある”な風景だと思います。笑
 
そうなってから「片付けてよ!」って言っても、子どもはなかなか動きません。
じゃあママが片付ける?…それも避けたいですよね。
 
子どもにとってもママにとってもストレス少なく過ごせる工夫は
【ランドセルをリビングに持ち込ませない】こと!
 
どうやってやるのかというと、玄関収納にランドセル置き場を作っちゃうんです。
「ただいま」で靴を脱ぐのと同時にランドセルも玄関で脱いじゃう。
そうすればリビングにランドセルが転がってる事態を防げちゃいます!
 
可動棚にしておけば、子どもの身長や荷物の量の変化などによって
その時その時で棚のサイズを変えることもできますよ。
 
 
 

【2】その他玄関で完結できるとうれしいものとは


他にも玄関に作っておくと便利なのが【コートかけ】。
冬はアウターを、雨の日には雨具をかけておくことができます。
 
小さな子でも手の届く位置に作っておけば
子どもが自分でお支度できます。
玄関にコートかけがついていたら
お出かけも帰宅後も楽ちん。
そのまま手洗いうがいができるのも嬉しいですよね。
 

こんなふうにお風呂のそばに作るのもいいですね。
ママの洗濯動線が大幅に短縮できちゃいます。
 
 
 

【3】宿題が面倒くさくならない間取りの工夫


「ちょっと待って!玄関にランドセル置いておいたらそのまま宿題やらないんじゃ…」
と不安になっているあなた!大丈夫です!
 
そんなお子さんには、スタディスペースにランドセル置き場を作るのがおすすめ。
リビングに寝転がる前に、とりあえずリビングにあるスタディスペースにランドセルを置く習慣を作っちゃいましょう。
 
宿題をする時にはそこから取り出すだけでOK!
しかも家族の目の届くリビングなのでまだ宿題に慣れていない1年生でも安心です。
 
教科書や体操服など学校で必要なものは全部ここに置いてもいいですね。
準備や物の管理もしやすくなるし、
「ぼくの・わたしの場所」って嬉しいですよね。
 
 
 

【4】こちらもおすすめ「わたしだけの場所」


同じように「自分だけの場所」って認識しやすくおすすめな【個人のロッカー】。
自分のもの全部ここ!って決めちゃえば、「あれどこだっけ?」が減りますよね。
ハンガーには上着や園服をかけて。棚にはランドセルやハンカチ、教科書などをしまったり。

こちらも可動棚にしておけば、その時期に合わせて棚の大きさを変えることができます。
我が家もいろんな場所に可動棚をつけていますが、ママひとりでもラクラク高さを変えられるので気軽に模様替えが楽しめますよ。
 
 
 

ニコニコの新学期はおうちづくりの工夫から


いざその時にならないとなかなか気づけない子どもの新学期用品の収納。
おうちを建てる時点で考えておくと安心ですよね。
 
「早くしなさい!」「片付けなさい!」
怒らなくてもいい工夫は家づくりで解決できますよ。
 
【4つの工夫まとめ】
1.ランドセルはリビングに持ち込ませない
2.玄関にコートかけをつける
3.スタディスペースに子ども収納を作る
4.個人ロッカーを作る
 
ママもニコニコ、お子さんもスムーズに自分のお支度ができるおうちに住んでみたくありませんか?
 
平松建築では実際にスタッフやお施主様の住んでいるお家を見学することができます。
「実際にお子さんと暮らしてみてどう?」
「どこに学校グッズをしまってるの?」
など気になることを質問しながら見学してみてください。
こちらから見学可能なお家をご覧ください。
 
 
 

↓現在募集しているイベント情報はこちらから↓

 
 
 

平松建築|代表の平松から


平松建築では打ち合わせをすべて非対面で進められるよう、オンラインミーティングを実施しています。コロナ禍で外出が不安・なるべく自粛したいという方もいらっしゃると思います。早く安心して暮らせる日に戻ってほしいところではありますが、コロナの影響で得た良い変化については終息後も変化したままだと考えています。
 
具体的には、こういったオンライン打ち合わせを初めとしたインターネットの活用による、移動時間や社内打ち合わせ時間の削減といったものです。家づくりは、初めてお会いしてからお引渡しまでに1年以上かかることが大半です。
 
こんな時期だから打ち合わせは先送りにする・・・のではなく、これからの打ち合わせのために是非オンラインミーティングをご活用ください。オンライン打ち合わせなんてやったことがないという方が大半ですので、ご興味ありましたら下記から遠慮なくお問い合わせください。 もちろん、従来どおりの対面打ち合わせも行っておりますので、やりやすい方に合わせて提案させていただきます。
 
 
 
■平松建築|オンライン無料相談
http://bit.ly/39WCKvu
 
■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html
 
■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html
 
 
 

ライター紹介


平松建築 広報担当の小木です。
男児3人+女児1人の4児のママです。
長男の小学校入学を機に平松建築でお家を建てました。
子どもの成長を感じ、楽しみながら日々育児に奮闘しています。
子どもと暮らすママならではの目線でお家についてお話していきたいと思っています。

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2022.09.01

オシャレで便利な収納ワザ「ニッチ収納」

お部屋のインテリアも楽しめる収納ワザ  我が家を平松建築で建てた、広報担当の松浦...

2022.08.15

【スタッフ紹介】梅津ってどんな人?

【はじめに】 はじめまして。平松建築の梅津と申します。 今回はじめて平松建築のブ...

2022.08.01

「夏も快適に過ごす」住宅性能の話。

夏に気にしたい住宅性能のポイント 我が家を平松建築で建てた、広報担当の松浦です。 ...

2022.07.13

【太陽光発電】知らないと損する太陽光パネルの条件

知らないと損する太陽光パネルの条件 平松建築株式会社代表の平松明展です。 &nb...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!