メニュー

  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
子どもと家族の健康を守る家づくり3つのポイント

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2020.01.23

普通に暮らしているだけで風邪対策ができる家があるって本当?


元お客様の広報担当、小木です。

例年インフルエンザの流行のピークを迎える時期ですね。我が家でも年末に次男が熱を出しハラハラしました。子どもにはいつでも元気でいてほしいもの。もちろん自分だって倒れるわけにはいきません。家族みんなが元気に暮らしていけるために健康管理、気をつけています。
 
 
 

我が家が気をつけている6つのこと


私が特に気をつけている6つの風邪対策があります。
 
1.手洗い・うがい

2.体を冷やさない

3.栄養をとる

4.睡眠をとる

5.水分補給

6.湿度管理
 
この中には実は家づくりにも関係しているものもあるんです。
 
 
 

「手洗い・うがいした?」口うるさく言わないために


外から帰ったら手洗いうがい。習慣にしたくありませんか?
 
「手洗ってよ!」「うがいしたの?」
 
毎日口うるさく言うのは親も子もいい気分ではないですよね。子どもが自然に手洗い・うがいしてくれたらいいのになあと思っている方も多いのではないでしょうか。もしあなたが今現在やこれから家づくりを考えているならチャンス!
 
間取りで解決できちゃうかもしれません。
 
帰って靴を脱いでそのまま手洗い・うがいをするルーティンができる間取り。我が家では玄関入ってすぐのところに洗面台を採用しました。遊びにきた友達には「お風呂はどこにあるの?」と聞かれることがよくあります。洗面台は何となく脱衣室にあるイメージですよね。我が家は脱衣室に洗面台を設けず、玄関横に設置しました。
 
そのおかげで帰宅後すぐに手洗い・うがいをすることができ、来客にも気軽に洗面台を使ってもらえます。
 
 
 

エアコンいらずでエコな家


子どもの多い我が家は毎朝バタバタ。朝ごはんの支度・洗濯・子どもの支度、小学生と幼稚園児を送り出して…と目まぐるしく動いています。
子どもたちが出かけてふと室内を見ると
 
「えー!エアコンついてない!」
 
私は家族で一番の寒がり。いくら忙しくてもエアコンをつけ忘れるなんてありえないって思ってました。平松建築で家を建てて2度目の冬ですが、夜もエアコンをつけずに眠ることができ、朝もそのまま忘れて過ごしていた…なんて日がこの冬1度や2度じゃなく、しょっちゅうあります。
 
「冬暖かく夏涼しい家」と言われても毎日暮らしていると正直ピンときませんが、こんな時には思わず実感します。エアコンをつける日ももちろんありますが、温度も頻度も最小限で済んでいます。それ以外の暖房器具は一切ありません。
 
お財布にも体にもやさしい大満足の家です。
 
 
 

湿度は低すぎも高すぎも良くないって知っていますか?


お部屋の湿度は50%が理想だそうです。
 
40%未満だとインフルエンザウイルスが活発になるとか。乾燥はよくないというイメージから加湿器を使って対策をとっているおうちは多いですよね。だからと言って湿度が高すぎるのもカビや結露が発生して、お家や体を蝕む原因に。
 
室温と外気温の差が大きい冬。毎日窓の結露を拭くのに大変な思いをしている方も多いと思います。私もアパートに住んでいた頃は結露対策のシートさえもカビてしまうほどの結露に悩んでいましたが、それが当たり前だと思っていました。
 
平松建築で建てた家に引っ越してからは一度も結露に出会ったことはありません。
 
室内に洗濯物を干していてもじっとりせず、むしろちょうどいい乾燥対策になります。結露を拭く作業がなくなるだけでぐっと楽になりストレスも減ります。50%くらいの湿度を保つことは質の良い睡眠にも繋がるそうです。
 
 
 

家族が健康で笑顔溢れる毎日を目指して


その他にもビタミンや体を温める食材をとるなど食事に気をつけたり、こまめに水分補給をするなどの対策を行なっていますが、自然と風邪対策ができる家に住んでいることでさらに心強いです。
 
 
平松建築で建てる家には健康に暮らせるポイントが盛りだくさん。気になった方は是非一度見にきてください。
 
 
 
■平松建築のモデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html
 
 
 

ライター紹介


平松建築広報担当の小木です。
男児3人+女児1人の4児のママです。
長男の小学校入学を機に平松建築でお家を建てました。
子どもの成長を感じ、楽しみながら日々育児に奮闘しています。
子どもと暮らすママならではの目線でお家についてお話していきたいと思っています。

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2020.02.14

ママにっこりキッチン3つのこだわり

毎日使うキッチン、笑顔で過ごせるポイントは?元お客様の広報担当、小木です。今日はバレンタインデーです...

2020.01.23

子どもと家族の健康を守る家づくり3つのポイント

普通に暮らしているだけで風邪対策ができる家があるって本当?元お客様の広報担当、小木です。例年インフル...

2020.01.12

子育て世代の注文住宅無料オンライン相談会

自宅にいながら無料簡単オンライン相談お申し込みはこちらから 代表の平松です。一生に一度の家...

2019.12.27

袋井市高尾地区の3つのおすすめポイントとは?

「袋井市のどこがいいかな」とお考えの皆さん、「アクセスの良いところに住みたい」、「子育て支援が充実し...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!