メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
健康住宅は施工方法にもこだわりたっぷりです

category:

ブログ

date:

2019.04.25

今日は通気断熱WB工法の施工方法の説明をしますね。

勾配天井なりに、高性能断熱材のフェノバボード60ミリを貼り付けます。

さらにそのボードのジョイント部分を気密テープで隙間をなくし、ボードと構造材の隙間はコーキングで気密を取ります。

そうすることにより、フェノバボードの性能を最大限引き出すことができるんです。

性能の高い断熱材を用いても、施工の仕方がイマイチだと、結果的に良好な室内環境にならないこともあります。

だから、徹底的に隙間をなくして行く必要があるのです。

そして断熱材の上に天井を貼り付けるための、下地の木を取り付けます。

よく見ると欠きこみがあるのが分かるでしょうか。

その欠き込み部分から空気が通り、構造材にも通気用の穴が空いているので最上部まで空気が登ります。

そして熱い空気とともに、化学物質と、湿気、匂いが排出されます。

平松建築の現場は他ではやらないような施工の方法がたくさんありますが、

それにはちゃんと理由があるんです。

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2019.05.20

「耐震等級」って知っていますか?わかりやすく説明します!

みなさん、こんにちは。家を建てる時に気になることの1つが耐震性能ではないでしょうか?その耐震性能を計...

2019.05.17

知らないと危険!?構造計算なしの家に潜む危険性って?

みなさん、「構造計算」をご存知ですか?これは家にかかる様々な力を想定し、それに耐えうる強度を持たせる...

2019.05.16

聞いたことはあるけど…「耐震構造」って結局何?

耐震強度偽装問題をテレビで取り扱ったこともあり、「耐震構造」という言葉を聞いたことのある方は多いかと...

2019.05.15

地震に強い「モノコック構造」のメリット・デメリット

地震の多い日本で家を建てるのなら、意識しなければならないのが「耐震面」だと思います。長く安心して暮ら...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!