メニュー

  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
健康住宅は施工方法にもこだわりたっぷりです

category:

ブログ

date:

2019.04.25

今日は通気断熱WB工法の施工方法の説明をしますね。

勾配天井なりに、高性能断熱材のフェノバボード60ミリを貼り付けます。

さらにそのボードのジョイント部分を気密テープで隙間をなくし、ボードと構造材の隙間はコーキングで気密を取ります。

そうすることにより、フェノバボードの性能を最大限引き出すことができるんです。

性能の高い断熱材を用いても、施工の仕方がイマイチだと、結果的に良好な室内環境にならないこともあります。

だから、徹底的に隙間をなくして行く必要があるのです。

そして断熱材の上に天井を貼り付けるための、下地の木を取り付けます。

よく見ると欠きこみがあるのが分かるでしょうか。

その欠き込み部分から空気が通り、構造材にも通気用の穴が空いているので最上部まで空気が登ります。

そして熱い空気とともに、化学物質と、湿気、匂いが排出されます。

平松建築の現場は他ではやらないような施工の方法がたくさんありますが、

それにはちゃんと理由があるんです。

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2021.04.12

平松建築の住宅仕様について

■はじめにここを見ているあなたに質問です。 正直なところ家の性能って、会社によってどう違う...

2021.03.15

地震や火災、災害に備えた家づくりで大切な人を守ります

東日本大震災から10年平松建築で家を建てた広報担当の小木です。 3.11から10年。あの日...

2021.02.17

花粉の時期到来!花粉症が楽になる家づくりとは?

花粉症ピーク間近!対策を考えましょう平松建築で家を建てた広報担当の小木です。 今月はじめに...

2021.01.20

間取りに策あり!子育てしやすい家づくり3つのポイント

今建てるならどんな家がオススメ?平松建築で家を建てた広報担当の小木です。 新年明けてもう半...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!