• 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
家の寿命と通気の関係を知っていますか?

category:

ブログ

date:

2019.04.24

今日は、壁や屋根の通気の考え方を紹介しますね。

家の寿命に大きくかかわってくる部分です。

外壁の外側通気です。一次通気層とも言います。

赤い矢印の部分が通気道になります。

中外両方の湿気を排出し、夏場の熱気もこの通気道から排出されます。

余分な熱を建物側に伝えないためにも必要なんです。

室内側の通気道です。

赤い矢印は勾配天井(ななめ天井)と、

壁の取り合いの通気道確保のために必要な欠きこみです。

夏場に発生する湿気や、熱気を排出する通気道となります。

水蒸気の粒子の大きさは0.0004 μm・・・。

なんだかよくわからないかもしれませんが、

とにかくものすごく小さいので、

人間の手で防湿シートを張ったりしても決して壁の中に水蒸気を入れないように、

することはできません。

ですから、壁中に入り込んでも排出してくれるような通気が必要なんですね。

通気道を確保しないと、このようにカビが生えてしまうこともあります。

それが、家の低寿命化を招いてしまうのです。

日本の家の寿命は国際的にみてもとても短いです。

築年数1000年を超える木造建築を誇っていた日本の文化はどこに行ってしまったんでしょうね。

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2023.02.06

工務担当:和田さんの紹介

小野.004和田さんの紹介こんにちは。小野です。 私のブログでは平松建築で働くスタッフを紹...

2023.02.02
2023.01.24

高性能住宅「OOYANE」の電気代【2023年1月】

こんにちは。アドバイザーの梅津です。  今日は平松建築の家の電気代についてのお話...

2023.01.23

不動産担当:長沼さんの紹介

小野.003長沼さんの紹介こんにちは。小野です。 先週なにか書いたと思ったら完全に抜けてい...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!