メニュー

  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
家の寿命と通気の関係を知っていますか?

category:

ブログ

date:

2019.04.24

今日は、壁や屋根の通気の考え方を紹介しますね。

家の寿命に大きくかかわってくる部分です。

外壁の外側通気です。一次通気層とも言います。

赤い矢印の部分が通気道になります。

中外両方の湿気を排出し、夏場の熱気もこの通気道から排出されます。

余分な熱を建物側に伝えないためにも必要なんです。

室内側の通気道です。

赤い矢印は勾配天井(ななめ天井)と、

壁の取り合いの通気道確保のために必要な欠きこみです。

夏場に発生する湿気や、熱気を排出する通気道となります。

水蒸気の粒子の大きさは0.0004 μm・・・。

なんだかよくわからないかもしれませんが、

とにかくものすごく小さいので、

人間の手で防湿シートを張ったりしても決して壁の中に水蒸気を入れないように、

することはできません。

ですから、壁中に入り込んでも排出してくれるような通気が必要なんですね。

通気道を確保しないと、このようにカビが生えてしまうこともあります。

それが、家の低寿命化を招いてしまうのです。

日本の家の寿命は国際的にみてもとても短いです。

築年数1000年を超える木造建築を誇っていた日本の文化はどこに行ってしまったんでしょうね。

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2021.08.01

長い夏休みを乗り切る!おうちプールのススメ

夏休みの過ごし方に悩んでいるママへ平松建築で家を建てた広報担当の小木です。暑い日が続いていますね。お...

2021.07.18

【防災イベント】7/31・8/1(土・日)カラフル・ブリッジフェア【備えない防災】

防災イベントに参加します7/31・8/1(土・日)に磐田市で『カラフル・ブリッジフェア』が開催されま...

2021.07.01

【掃除大変?】小さい子がいても無垢床をおすすめしたい4つの理由

夏はひんやり、冬はあたたかいものな〜んだ?平松建築で家を建てた広報担当の小木です。なぞなぞのようにス...

2021.06.18

出版業界誌「新文化」に「お金が貯まる家3.0」が掲載されました

新聞で紹介されました代表平松の著書「お金が貯まる家3.0」はお手にとっていただけましたでしょうか?こ...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!