メニュー

  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
心理面からドロボウを防ぐ!4つの対策

category:

ブログ

date:

2019.03.07

安心して暮らせる家に大切なのは、地震などの災害に強いだけでなく、空き巣に狙われにくい防犯対策です。

家づくりで出来るハード面での防犯対策の前に、ドロボウの心理を読んで気を付ける、ソフト面からの対策を考えてみましょう。

まず、周辺地域で起きた過去の空き巣被害を確認しましょう。

空き巣被害の少ない地域は、地域コミュニティがしっかりしており、人の目も多く、ドロボウは仕事がしにくくなります。

そして、プライバシーを確保するために垣根や塀で閉ざしてしまうのでなく、オープンにすることでドロボウに入られにくい家にしていきましょう。

閉ざした家は、いったん敷地に入られてしまうと、仕事のしやすい家になってしまうのです。

2階は大丈夫、という思い込みも危険です。

2階は人の目も届きにくく、施錠も疎かになりがちなことをドロボウは知っています。

2階への足場となりそうな電柱、雨どい、物置などがないかチェックしておきましょう。

庭仕事や洗車に使うハシゴも出しっぱなしにせず、きちんと片づけておくように気を付けたいですね。

規則正しい生活は大切ですが、行動パターンをドロボウに読ませてはいけません。

外出時にきちんとテレビや明かりを消すと、不在の時間帯を推測されてしまいます。

また、SNSに予定や、出先ナウと書き込むのも、わざわざ留守を知らせてしまう行動です。

次回は、家づくりに取り入れたい防犯対策を考えてみましょう。

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2021.06.01

臭い大丈夫?梅雨時にまさかの洗濯○○チャレンジ

梅雨時期に悩む皆様にお伝えしたいこと平松建築で家を建てた広報担当の小木です。 今年は例年よ...

2021.05.25

「新刊JP」にインタビュー後編が掲載されました!

「新刊JP」にインタビューが載っています代表平松の著書「お金が貯まる家3.0」はお手にとっていただけ...

2021.05.25

「お金が貯まる家3.0」各ニュースサイトに掲載されています

代表平松の著書「お金が貯まる家3.0」お読みいただけたでしょうか?特に20〜30代の若い方でこれから...

2021.05.18

「お金が貯まる家づくり3.0」インタビューが掲載されました

「新刊JP」にインタビューが載っています代表平松の著書「お金が貯まる家3.0」はお手にとっていただけ...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!