メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
3Dパースで図面の中に入ってみませんか?

category:

ブログ

date:

2019.01.16

自由設計が出来る注文住宅、たくさんのアイデアを盛り込んで、完成が楽しみですね。

しかし、オリジナルのためモデルハウスなどがありません。

平面図は慣れた専門家にとってはイメージも簡単ですが、図面を普段見ることのないお客様には、具体的なイメージが分かりづらく手探りの家づくりになりかねません。

 

そこで取り入れたのが3Dくるくるパースです。

平面図の間取りからだけでは難しいイメージを、立体で見ることができます。

建物外観だけでなくお部屋の中も見ることができ、そこに立っているかのような目線で、ぐるりと一周見まわしたり、上下にも動かしながらみることができます。

 

動く3Dパースはこちら→http://studiohotline.co.jp/panorama/1605isamatei/

 

この3Dパースが高齢の方や奥様にもとても分かりやすいと、特に女性から好評をいただいています。

しかも、3Dくるくるパースのアドレスを送ればご家庭のパソコンやスマホでも見ることが出来ます。

もう少し廊下の幅は広くしようかな、などを家でじっくりと考えることができ、次回の打ち合わせ時には、さらに詳しくご要望を詰めることができます。

次回、3Dくるくるパースを使って打ち合わせする様子を、さらに詳しくお届けします。

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2019.05.20

「耐震等級」って知っていますか?わかりやすく説明します!

みなさん、こんにちは。家を建てる時に気になることの1つが耐震性能ではないでしょうか?その耐震性能を計...

2019.05.17

知らないと危険!?構造計算なしの家に潜む危険性って?

みなさん、「構造計算」をご存知ですか?これは家にかかる様々な力を想定し、それに耐えうる強度を持たせる...

2019.05.16

聞いたことはあるけど…「耐震構造」って結局何?

耐震強度偽装問題をテレビで取り扱ったこともあり、「耐震構造」という言葉を聞いたことのある方は多いかと...

2019.05.15

地震に強い「モノコック構造」のメリット・デメリット

地震の多い日本で家を建てるのなら、意識しなければならないのが「耐震面」だと思います。長く安心して暮ら...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!