メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ

category:

ブログ

date:

2018.04.07

みなさんこんにちは。今現在、個人事業主であり、かつ「住宅ローンを借りようとしている」という方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。

今回は、そのような方々に向けて少しお話をさせていただきたいと思います。
これを読むことで、住宅ローン審査で気をつけるべきことと、おすすめの住宅ローンがわかるかと思いますので、是非一度お読みになってみてください!

審査で気をつける点は?

個人事業主の方ならご存知かもしれませんが、やはり個人事業主と会社員では、その審査の通過具合が少し異なります。金融機関は「その人が継続的にローンを払えるかどうか」を見ているため、個人の方が少し信頼を得にくいのは、どうしても仕方がないことになってしまいます。

では、このことを理解した上で、個人事業主の方はどのような点に注意すれば良いかを見ていきましょう。
まずは、「収入」と「所得」は違うということです。個人事業主の方で多いのは、「収入」が多いものの、経費計上が多くなり、「所得」が好くなってしまうという例です。

住宅ローン審査においては、年収は「所得」によって判断されるということをお忘れなく。
また、安定した収入を確認する方法として、「過去3年の所得」や「勤続年数」が大切になってきます。

もし住宅ローンを借りようと思った場合、過去のことも参照してみると良いかもしれませんね。

個人事業主におすすめの住宅ローンは?

では、このような個人事業主の方におすすめの住宅ローンはどのようなものでしょうか。
今回は、「フラット35」をおすすめさせていただきます。

これは住宅金融支援機構が出している長期期間固定金利型の住宅ローンのことで、ご存知の方も少なくないかと思います。

ではなぜ、このローンが個人事業主の方におすすめなのでしょうか。

1つは、「事業用の融資が借り入れとして見なされない」ということです。

通常の金融機関の審査の場合、ローンや融資の情報はマイナスとして働いてしまい、審査を難しくさせてしまうのですが、フラット35では、事業用の融資は借り入れとして見なされません。

融資を多く受けやすい事業主の方にとっては嬉しい材料ですよね。
また、審査時に使用する所得データが、直近1年分だけであるという点も大きなメリットです。

売り上げが会社員の方よりも前後しやすい事業主の方にとって、過去1年の確定申告のみを使用するというのは、審査にとって有利に働く可能性も十分にありますよね。

まとめ

以上が、個人事業主の方に知っていただきたい住宅ローン審査の注意点と、おすすめの住宅ローンのご紹介になります。

会社員の方と異なる点が少しあるため、是非このような情報を参考にしつつ、憧れのマイホームを建ててみてくださいね!

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.04.06

みなさんこんにちは。
これから住宅ローンをお借り入れりしようとしている方々の中で、「できれば、夫婦二人で分担しあってローンを組みたい。」とお考えの方はいらっしゃるでしょうか。
今回はそのような方々に向けたお話をさせていただこうと思います。

それは、「お互いが単独の住宅ローンを組んだ方がいいのか、それとも収入合算にするのか」というテーマです。

これを読めば、共働き世帯の住宅ローンの形が具体的にわかると思いますので、是非一度お読みになってみてください!

概要

夫婦共働きのご家族は、住宅ローンの借り方について少し悩まれることがあるかもしれません。

確かに、住宅ローン審査のための収入申告は、二人まとめてすると少し複雑ですし、かといって家計の状況的には二人の収入を元に住宅の相場などを決めていると思いますので、なかなか難しいですよね。

まず最初に確認するのは、「ペアローン」という夫婦それぞれが個別にローンを契約するシステムと、「収入合算」という二人の収入を合わせて借り入れ金額を決めるシステムの2つがあるということです。

これを踏まえて、実際にどちらのタイプが良いのかを考えていきましょう。

メリット・デメリットは?

ペアローンの場合、旦那様・奥様、どちらもが「主債務者」となるため、住宅の所有権は二人に帰属します。

また、控除や保険に関しても「主債務者」である方が、メリットが多いことがあるので、二人の収入が近い場合はこちらの選択肢を検討しても良いかもしれません。
一方、「収入合算型」は主債務者と、連帯保証人という形に分かれてしまいます。

そうすると、所有権などは主債務者に帰属するので「分け合う」という意味では少しデメリットがあるかもしれませんね。

実際のプラン

また、三井住友銀行が出している「クロスサポート」というプランでは、年0.18%の金利負担により、「お互いの補償」を受けることができます。
「ペアローン」では、どちらかに万が一のことがあった場合、その方のローンは無くなるものの、もう一方のローンはそのまま残ってしまいますし、「連帯保証」では、連帯保証人の方に万が一のことがあっても、ローンはそのまま残ってしまいます。

それを考えると、万が一のことがどちらに起こっても、ローンが0円になるこのプランは魅力的と言えるかもしれませんね。

まとめ

以上が、共働き世帯のための住宅ローンの選び方、オススメのご紹介になります。

2つのタイプがあることや、三井住友銀行がすでにプランを出していることがお分かりいただけたかと思います。
このような情報を参考にしながら、ご家族全員が幸せになれるような素晴らしいお家を建ててくださいね!

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.04.05

みなさんこんにちは。
静岡県内で、新しいお家を建てる、もしくは建てる準備を始めている、そのようなお客様葉いらっしゃいますでしょうか。
そのようなお客様に対して、今回はぜひお読みいただきたい内容となっております。

というのも、今回は、静岡県の地方信用金庫である「島田信用金庫」に関しまして、その住宅ローンの概要や特徴をいくつかご紹介したいと思います。
これを読めば、住宅ローンの相場や地方信用金庫の相場が理解できると思いますので、是非一度お読みになってみてください!

住宅ローンの概要

島田信用金庫は、比較的住宅ローンに力を入れている信用金庫の1つであり、借りれるプランも、変動金利型・固定金利型・フラット35・無担保住宅ローンなどと多岐にわたっています。
まずは、一般的である変動金利型について説明させていただきますね。

島田信用金庫では、平成30年の3月30日までにお借り入れいただく場合、現在の店頭表示金利である年率2.475%という数字から、年率1.775%を割引した、「年率0.700%」という金利で住宅ローンを借り入れすることができます。

その他金融機関と比べましても、見劣りのしない金利なのではないでしょうか。
この金利は、変動金利ですので、年2回の見直しがありますが、最近の金融政策が緩和を続けているのを見ると、しばらくは安泰と言えるかもしれませんね。

無担保住宅ローン

また、「無理なく借りたい。」、「リスクをあまり背負わずに借りたい。」という方にオススメなのが、「無担保住宅ローン」になります。
これは、最長25年最大2,000万円以内という条件のもと、無担保で住宅ローンを借り入れできるプランとなっています。

無担保であるぶん年率は1.955%と、他のプランよりは若干高めに設定されていますが、それでも無担保という魅力に惹かれている方には、十分な金利かもしれませんね。

どのような人向け?

では、この島田信用金庫の住宅ローンはどのような人に向いている特徴があると言えるでしょうか。

先ほど述べました、「無担保住宅ローン」に関しましては、やはり「リスクを取らずに、小さい額でいいから借りたい」という方向けでしょう。
一方、その他の金利プランに関しては、なかなか他の金融機関との差が小さいことが実情と言えます。

もし、現在すでに島田信用金庫とお取引をされているという方にとっては無難な選択肢と言えるかもしれませんね。

まとめ

以上が、島田信用金庫の住宅ローンに関する情報の紹介になります。
変動金利や固定金利などは、適正な金利で借り入れできるようになっており、リスクを避けたい方にとっても嬉しいローンがあることがお分かりいただけたかと思います。

ぜひ、こうした情報を参考にしつつ、住宅ローン選びを進めていってくださいね!

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.04.04

みなさんこんにちは。
これから静岡県で家をお建てになりたい、というお客様にとって避けて通れないのが「住宅ローン選び」ですよね。

特に、最近では巷でよく「低金利時代」と言われており、その風潮が逆に、「より低い金利で住宅ローンを借りないともったいない。」というプレッシャーを引き出してしまっているかもしれません。

しかし、焦って住宅ローンを選んでしまうのは禁物です。そこで今回は、住宅ローンの中でも長期固定金利で有名な「フラット35」について、それが実際にお得になるのかどうかを様々な角度で見ていきたいと思います。
静岡県で家を建てようとしている方の中でも、長期固定金利で住宅ローンを考えている方は、ぜひ注目してご覧ください!

フラット35はどうなったらお得?

みなさんご存知のフラット35は、住宅金融支援機構が出している35年の固定金利型住宅ローンのことになります。

名前の通り、景気や金融の状況に関わらず金利が固定されることが最大のメリットではあります。
このフラット35を契約して「お得だった!」と言えるケースは、お客様が住宅ローンを契約してから、金融機関の金利が大方上がった際です。

では、今後の金利予想はどのようなものとなっているのでしょうか。

金利を左右する要素とは?

まずは、金利に関して、その上下を左右する要素を見ていきます。もちろん、どの要素が一番大きいというわけではなく、様々な要素が複雑に絡み合っているものではありますが、大まかに見れば、「景気」、「物価」、「株価」、「為替」、「国外の金利」、「国の金融政策」の6つ程度に分けられるかと思います。
これらの動向を監視していけば、金利がどのようになっているのかがわかります。

基本的に、株価や物価が上がり、景気が良くなると金利は上がってしまいます。

一方デフレーションの際は、金利は下がりやすいです。
また、国が金融引き締め政策を行うと、金利は上がる確率が高いです。現在は、国が金融緩和を行なっているため「低金利時代」と呼ばれているのですね。

まとめ・今後の金利はどうなる?

では、今後の金利はどのように推移していくのでしょうか。

もちろん、誰一人として、「正解」を知っているわけではありません。

しかし、現在が「底」、つまり、この低金利からもう一度金利が下がるということは、あまり考えられないというのが一般的な説ではあります。

少なくとも、この半年くらいは現状の金利のまま横ばいで進むのではないかという考えは、随所で聞かれます。
しかし、そうならない可能性がないわけではありません。

ぜひ金融機関やご家族、そして当社平松建築と相談の上、どのような住宅ローンを組むか検討してみてください!

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.04.03

お子様が成長して行くのに加えて、第二子の誕生によってますます賃貸の住宅が手狭に感じてきたことが理由で引越しをしようと決心する方は多くいらっしゃいます。

一軒家を購入するときに知っておくべきことが交通利便性や生活利便性なのですが、それ以外にも注意して知っておくべき点があります。

それが「観光施設の有無」です。どんな観光施設があるのか、それによってお子様にどのようなメリットがあるのかを知るのも土地決めの重要な要因になります。

そこで今回は「掛川市掛川の観光施設」をご紹介していきます!

【掛川市掛川の観光施設】

掛川市掛川には休日に家族で行って楽しめる施設が大きく3つあります。

その3つの施設とは「掛川花鳥園」「掛川城」、そして「資生堂アートハウス」の3つです。それぞれ詳しく見ていきましょう。
1掛川花鳥園
掛川花鳥園は「花と鳥のふれあい」が楽しめるテーマパークです。敷地面積は広く、施設の中に大温室やスイレンプール、池や牧場があります。

ガラスハウスは冷暖房を完備しているため、夏は涼しく冬は暖かくするため、鳥たちも安心して暮らせます。

また、ガラスハウスは全天候型であるため、雨の日でも安心できます。

掛川花鳥園では鳥たちと直接触れ合える場所や一緒に記念撮影ができる場所、バードショート行ったものがあり、施設が充実しています。

2掛川城
掛川城は室町時代に駿河の守護大名である今川氏が遠江に進出しようと思い立ち、家臣の朝比奈氏によって建てられた城です。

戦国時代になると、山内一豊が城主となってやく10年間にわたって在城していました。掛川城の美しさを体験してお子様の感性や歴史に興味を持ってもらうためには適切な城ではないでしょうか。

3資生堂アートハウス
資生堂アートハウスは1978年に作られ、2002年にリニューアルされたのをきっかけにして美術館としての要素を高めて、近代の優れた美術品を収集して保存するとともに、美術展覧会として一般に後悔している文化施設です。

短にこう行った文化施設があると美術に触れる機会が増え、お子様の好奇心を高めることが狙えます。

 

以上のように、掛川市の掛川には「掛川花鳥園」「掛川城」「資生堂アートハウス」と行った施設があり、休日を過ごしやすい施設となっています。

大人も子供も楽しめるだけではなく、お子様がのびのびと成長していくために大きな影響を与えてくれる施設とも言えます。

一軒家を検討している方はぜひ掛川市掛川地域を検討して見てはいかがでしょうか。

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.04.02

一人目のお子様が生まれて成長して行くうちにだんだん賃貸では手狭に感じてきたことに加えてさらに二人目の子供が誕生したのでそろそろ引越しを検討しているというかたも多くいらっしゃることでしょう。

引越しをする上で注意して決めなければならないのが「土地選び」です。

土地の利便性があるのとないのとでは生活が180度変わってきます。掛川市を検討しているのであれば掛川市の土地について知らなければなりません。

そこで今回は「掛川市中央の子育てや通学について」ご紹介していきます。

【掛川市中央の住宅の子育てや通学について】

掛川市の中央の住宅の子育ての環境や通学の状況はどういったものでしょうか。

まず、子育てする上で生活のしやすさはとても重要です。そのためには交通の利便性についても知っておく必要があります。

掛川市の中央の交通利便性については、とても高いと言えます。

なぜならば掛川市の中央に住んでいると、「掛川駅」と「掛川市役所駅」のどちらも選べる点にあります。

掛川駅周辺や掛川市役所周辺に住んでいると反対側の駅に行くのがなかなか大変ですが、中央ではどちらも程よい距離にあるため、どちらでも選択可能という点で交通利便性が高いのです。

交通利便性が高いと会社に通学しやすいといったメリットがある他に、買い物にもいきやすいというメリットがあります。

買い物がしやすい環境だと日常生活をスムーズに行えるため生活利便性も高い場所だと言えます。

そういった意味では掛川市の中央部は子育てしやすい環境なのです。
また、掛川市役所の周辺であれば小学校や中学校が大体同じ距離にあるので、どの学校に通いたいか選ぶことができます。

そのため、一番いい学校を選ぶことができ、お子様の教育にとって非常に有効な場所です。小学校や中学校が同じ距離にあるので、学校に通うのに苦労することなく生活できるという点では通学するのが非常に便利なので、通学という観点から見たときでも交通利便性が高い場所であると判断できます。

 

以上のように、掛川市の中央部に住宅を建てると交通利便性と生活利便性の両方が高い地区であるので、子育てが比較的しやすい環境になることでしょう。

また、通学の面に関していっても、各小学校や中学校が同じ距離にあるため、通学するのにも不便がなく、快適に通学することができます。

お子様がこれから成長して小学校・中学校にご入学するにつれて、快適に過ごせるかどうかはお子様の成長にとって必要なことになりますので、掛川市の中央部をぜひ検討して見てください!

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.04.01

賃貸で家族と暮らしていくと、だんだん手狭に感じることが増えてきます。特にお子様が新しく生まれたら家族構成が変わり、人数が増えてしまうので、手狭に感じてしまいます。

お子様が大きくなって窮屈に感じないように一軒家を購入しようと検討する方が多くいらっしゃいますが、静岡県に引越しをしようとするときに掛川市を検討する可能性があります。

その掛川市の利便性を知ってこそ、この土地に住むかどうかを判断できます。

そこで今回は、「静岡県掛川市の、特に掛川駅周辺の利便性」についてご紹介していきます!

【掛川駅周辺の利便性】

お引越しをする際に一番気をつけておいて欲しいことがあります。

それが「交通利便性」です。

駅までのアクセスはどれくらいか、電車以外の交通手段があるのでならば何があるのか、会社までの通勤時間はどれくらいか。

これらの情報を十分に踏まえないと、どれだけいい土地だと思っていてもやはり窮屈に感じてしまいかねません。

掛川市の掛川駅周辺の利便性をみてみると、まず掛川駅周辺ということで、駅が近くにあるので電車でのアクセスはいいと言えます。

掛川駅は天竜浜名湖鉄道駅があるだけではなく、在来線もしっかりと通っており、ローカル鉄道ではなくしっかりとした鉄道であることが伺えます。

また、掛川駅が利便性が高いということを象徴するのが「新幹線」です。掛川駅には新幹線が止まるので、非常に交通利便性が良いと言えます。

突然の東京出張や大阪への出張にも対応しやすい優れた駅になっています。
掛川駅でいうと、天竜浜名湖鉄道や在来線、新幹線が通っていますが、他にも交通手段があります。

掛川駅には高速バス駅、東名にも高速バスの駅があるので、遠方に新幹線以外の選択肢でいきたいという要望もしっかりと叶えてくれます。

高速バスがあることで若者も比較的安価で遠出することができるため、他の地域と違って静岡周辺に行く交通の利便性だけではなく、新幹線や高速バスがあるので遠出することの交通利便性もしっかりしていることがわかります。

毎日会社に出勤するのが苦労になることなく、快適に会社まで出勤できるので掛川駅周辺の利便性は非常に高くなっています。

 

以上のように、掛川駅周辺では掛川駅だけではなく、新幹線や高速バスが通っているので利便性が非常に高くなっています。

静岡県内だけではなく、出張が多い仕事の方にはこれ以上にない利便性があるので、数多くの交通手段がある掛川駅周辺に住宅購入を検討してみてはいかがでしょうか。

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.03.31

お子様が成長していくにつれて賃貸が狭く感じてしまうことという方が多くいらっしゃいます。

お子様がこれからどんどんすくすくと育っていくためにも一軒家に引っ越そうと検討しているけれど、やはり住むなら交通利便性の高い土地に住みたいことでしょう。

浜松市の東区を検討している方は東区の交通利便性といった利便性について知っておくことで満足のいく一軒家購入になることでしょう。

そこで今回は「浜松市東区の利便性」についてお伝えしていきます。

【浜松市東区の利便性について】

浜松市東区の交通利便性はどのような状況かというと、電車は浜松市を南北に走る電車である遠州鉄道西鹿島線が走っているため、浜松市を電車で移動するには便利になっています。

また、浜松市内にあるので、浜松市内の他の地区とのアクセスも良く、浜松にオフィスがある方にとっては通勤しやすくなっています。

具体的に言うと、遠州鉄道西鹿島線の西鹿島駅から浜松の中心街に行くのに電車を使うと約30分で着きます。

駅がすぐ近くを通っているため、中心部に行きやすく、通勤時間が30分程度と言うのはかなりいい場所だと言えるでしょう。

また、駅が近くを通っているのでお子様が学校に通う通学の利便性も高いと言えます。また、電車だけではなく国道152号線の沿線が走っている場所もあるため、車での移動もしやすくなっていると言う点も高く評価されています。
住宅の土地選びに重要なもののもう1つに「生活利便性」があります。

日常生活をよりスムーズに行える場所ほど生活利便性が高い場所だと判断できます。

日常生活をスムーズに進めることのできるものの代表例にスーパーがあり、スーパーへのアクセスがいいほど日常生活をスムーズに進めることができます。

浜松の東区にはイオンモール浜松市野といった商業施設がたくさんあります。

商業施設がたくさんあるとスーパーでできる買い物をそこで済ませられることに加えて、生活をよりスムーズに行うための施設がたくさんあります。

例えば子供服の売り場があると、成長の早いお子様が着る服に困らないようにすぐに新しい服を買いに行くことができるのです。

 

以上のように、浜松市の東区には交通面を支えてくれる駅や車での移動を快適にしてくれる国道、生活利便性を高めてくれるイオンモールをはじめとしたたくさんの商業施設があります。

こういった点を踏まえてみると東区は浜松市の中でも日常生活を円滑にできる施設がある点で居住に適した地域だと言えるのではないでしょうか。

住宅購入の際は東区をぜひ検討してみてくださいね。

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.03.30

住宅購入を検討する際に必要なことは主に2つあります。その2つとは「生活利便性」と「交通利便性」です。

生活利便性とは日常生活を営んでいく上で便利かどうかということで、交通利便性は駅までの近さや通勤・通学のしやすさといったことです。

では、浜松市中区はどうでしょうか。

浜松市の中区に住宅購入を検討している人は中区にどのような施設があって、駅やオフィスが近くにあるかといった点を注意して知っておきましょう。

そこで今回は「浜松市中区の商業施設」についてご紹介していきます。

【浜松市中区の商業施設について】

浜松市中区の生活利便性はどうでしょうか。一般的にたくさんの商業施設があるエリアは買い物に困らないため生活利便性は高いと言えます。

中区にはたくさんの商業施設があります。大きな商業施設として代表的なのが「ザザシティハママツ」と「アクトタワー」です。

商業施設1:ザザシティハママツ
ザザシティハママツは中区にある複合商業施設です。ザザシティハママツは西館と中央館の2つの施設があります。

上部はどちらも分譲マンションになっていて、下のフロアは商業施設があります。

そこで服を購入したり映画を見たりといった娯楽を楽しんだり、生活品が購入できたりします。

中央館には有名な店でいうとモスバーガーやサーティワンアイスクリームがあります。

商業施設2:アクトタワー
アクトタワーはオフィス・ホテル・ショッピングやレストランが揃った東海地方を代表する複合施設です。

レストランとカフェかフロアには和食、中華料理、インド料理といった様々な種類のレストランがあります。

またカフェも数店舗あり充実しています。

ショッピングエリアにはインテリアや健康・美容その他サービスが充実しています。

アクトタワーはA~Dゾーンと4つのゾーンに別れており、Aゾーンにはホールコングレスセンターがあり、Bゾーンでは212メートルになるビルがあり、Cゾーンは展示イベントホールがあり、Dゾーンでは浜松市博物館、研修交流センターといった施設があります。

 

以上のように、中区は商業施設があるため生活利便性が高く買い物は気軽にできます。

また、中区にはたくさんのオフィスビルが建設されているため、中区で働く人にとっては交通利便性も非常に優れた場所になっています。

住宅購入を検討する際に考えるべき土地の利便性である「生活利便性」と「交通利便性」のどちらも満たしているため、ぜひ中区を検討してみてはいかがでしょうか。

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.03.29

引越しを検討している方がよく気になっている点は「その場所に観光地や名所があるか」といった点です。

住んでいる地域に観光地があると、週末のお出かけの時に気軽に訪れることができ、観光地は大体交通が整備されているので交通利便性が高くなります。

浜松市の西区にも観光地や名所と言った場所があります。

今回は「浜松市西区の観光地・名所」についてご紹介していきます!

【浜松市西区の観光地・名所について】

浜松市の西区には大きな娯楽施設が3つあります。それぞれの特徴をご紹介していきます。
娯楽施設1:浜松市動物園
浜松市の西区には浜松市動物園という動物園があります。

浜松市動物園の特徴としては「霊長類の展示の多さ」です。

国内では最大級で、70種類近く約1000匹の霊長類がいます。これは日本モンキーセンターの次の規模になります。

具体的にはニシローランドゴリラやスマトラオランウータン、そしてゴールデンライオンタマリンなどがいます。

霊長類だけではなく、ミニサファリ形式の第放牧場や動物ふれあい広場、そしてこんちゅう館などの教育施設としても立派な役割を果たしている動物園であるという点が非常に特徴的です。

娯楽施設2:浜松市フラワーパーク
通称ははままつフラワーパークと呼ばれ、総面積30万m2の植物園です。

約3000種、10万本の木々が植えられている大規模な植物園となっています。

季節によってそれぞれいろいろな景色を楽しめます。

例えば春の季節であったら花梅や桜、フクジュソウやシャクナゲモドキ、スイセンなどがみられて、とても見応えのある植物園となっています。

娯楽施設3:浜名湖オルゴールミュージアム
こちらの施設は日本で唯一のロープウェイに乗った先にある100年ほど前のアンティークオルゴールや自動演奏ピアノ、自動演奏オルガン、オートマタといった楽器を展示している自動演奏楽器の博物館になっています。

オルゴールの実演会なども実施しており、これを聞くことによってオルゴールの魅力や自動演奏楽器について知ることができます。

 

以上のように浜松市の西区では観光地は3つあり、どれもお子様が楽しめるような施設になっています。

またこれらの施設は教育にも適しており、動物園や植物園を通してたくさんの動物や植物に触れて様々な感性を育むことができ、オルゴールミュージアムでは楽器の持つ美しさや荘厳さを実体験として学ぶことができます。

どの施設も行く価値のある施設なので、西区で住宅購入すると気軽に訪れ、お子様がたくさん学べる機会を作れるようになるでしょう。

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

2019.03.18

家づくりから考えるアトピー性皮膚炎の要因4つとは?

アトピー性皮膚炎のお子さんがいらっしゃるお家では、掃除を小まめにしたりして、苦心されていることと思い...

2019.03.15

バリアフリーな家づくり6つの提案

高齢者にやさしい家は、すなわちご家族みんなに優しい家。高齢者と暮らす予定がなくても、ご自分たちの老後...

2019.03.14

平松建築の家づくりが向いているのはどんな考えの人?

Q:平松建築の家づくりが向いているのは、どんな考えの人ですか?あなたが家づくりで一番大切にしたいこと...

2019.03.13

ついに浜松でも確認!ご存知ですか?外来種のシロアリ

前回(https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog/2019/031...

2019.03.12

日本の主なシロアリ2種の特徴を掴んで家を守ろう!

想いを込めて作った大切な家。シロアリの被害は心配ですよね。建物に被害をもたらすシロアリの主な種類が「...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!