メニュー

  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ

category:

ブログ

date:

2018.10.19

掛川市で注文住宅のご購入をお考えの方はいらっしゃいませんか?
掛川市は掛川駅に東海道新幹線が通っており、交通アクセスもいい便利なところです。
しかし、掛川市といっても多くの地区に分かれており、どこに住むか決めるのは難しいですよね。
そこで今回は、皆さんのお手伝いをするべく掛川市和田岡地区の特徴についてご紹介します。

 

・和田岡地区とは

まず、掛川市は静岡県の西側に位置しており、33の地区で構成されています。
そのうちの一つである和田岡地区は吉岡区、高田区、各和区、吉岡団地、つくし野区といった5つの自治区から成る地区です。

 

・周辺施設

 

*和田岡地域生涯学習センター

和田岡地域生涯学習センターはおおよそ小学校区を単位とする地区の街づくりの拠点です。
ここでは、和田岡地区の区長会とともに、地域の特色を活かした活動を行っています。
趣味、芸術、スポーツなどに関する事業を行い、教養、健康の向上を促す拠点として、人づくり、地域づくりに貢献し、地域住民同士の仲を深めることが目的です。

 

 

・和田岡地区の散策スポット

 

*和田岡古墳群

和田岡地区には天竜浜名湖線細谷駅から徒歩15分の場所に和田岡古墳群という古墳群があます。
その中でも50m以上の長さを誇る大型の古墳である春林院古墳や吉岡大塚古墳は、保存状態も良く、国の史跡に登録されています。
また、周辺は緑が豊かで非常にのどかな雰囲気です。
歴史好きや古墳好きの方、落ち着きたい方は一度訪れてみてはいかかでしょうか。

 

*春林院

春林院は掛川市吉岡に位置しているお墓です。
お手の近くには公園もあり、家族でお越しの方もお楽しみいただけます。
本堂は落ち着いた雰囲気で庭もきれいに整えられており、気分転換や散歩にぴったりです。
駐車場は公園と併設されているので、車でお越しの方はそちらをご利用ください。

 

・和田岡地区のアクセス

和田岡地区の最寄り駅は天竜浜名湖線細谷駅です。
細谷駅から東海道新幹線と連絡している掛川駅までは10分ほどで行けます。
そのため、新幹線を使って遠出したい場合にも交通の便でお悩みになることはありません。

 

・最後に

今回は掛川市和田岡地区についてご紹介しました。
ご紹介した中でも、和田岡古墳群は特におすすめの散策スポットです。
また、和田岡地域生涯学習センターの活動による地域の活性化にも期待できます。
交通の便もよく掛川駅まで短時間で行けるためお買い物にも困りません。
あなたも和田岡地区に住んでみませんか?
注文住宅のご購入をお考えの方はぜひ私たちにお任せください。
お待ちしています。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.10.18

浜松市から近く、生活の利便性とともに豊かな文化が根付いており、多くの観光資源にも恵まれている袋井市。
そんな袋井市に注文住宅購入を検討している方は大勢いらっしゃるかと思います。
注文住宅購入の際は家の構造だけではなく、家の周辺や地域の様子なども気になるところでしょう。
特に、子どもがいる方は近くの小学校の評判が良いかどうかは気になりますよね。

そこで、今回は袋井市の小学校の評判についてご紹介します。

 

 

・袋井市の小学校情報

袋井市では小学校が12校存在しています。
袋井市は教育の様々な面において静岡県の中で1位を獲得しています。
何が1位なのかを具体的にみていきましょう。

 

 

・耐震化率

袋井市の耐震化率は100%です。近年地震が相次ぐ中100%耐震化されている小学校に我が子を通わせられるのは安心できますよね。
また、多くの地域では地元の小学校が避難所となっています。小学校が耐震化されていると災害時の避難所として利用する際にも安心でき、地域の安全性も確保されているといえます。

 

 

・電子黒板の整備台数

全国の学校でICT化が進められている中で、袋井市は全小学校の普通教室に電子黒板を導入しています。小学校の平均電子黒板整備台数は19.2台と静岡県で1位の整備台数です。
電子黒板を設置するメリットは授業形態の幅が広がることです。
例えば、教科書の重要な部分を拡大して生徒に示すことができたり、歴史や体育などDVDを見る学習も実施することができます。
袋井市の電子黒板の平均整備台数は19.2台であり、この数字は全国で1位である佐賀県の平均13.7台を大幅に上回っています。
そのため、袋井市は新しい教育体制に積極的だと言えるでしょう。

 

 

・校務支援システムの整備率

校務支援システムとは、スケジュールや掲示板、教育委員会とのやりとりなどをシステム化することで情報共有が簡単になり、学校内だけでなく学校同士や地域、保護者間とのコミュニケーションの促進につなげることをいいます。
このシステムを整備することで、教職者同士の速やかな情報共有ができ細やかな指導が可能になります。
さらに、システム化させることで校務に割く時間が減り、生徒たちと向き合う時間が増えるというメリットもあるのです。

 

 

・評判の良い小学校

そんな袋井市の中でも、運動行事やマーチングなどが盛んなことで評判の高い袋井南小学校や、丘の上にあり児童数も多く活気があることで評判の高い山名小学校などがあります。

 

 

・最後に

このように袋井市は教育現場に最新設備を導入し、生徒にしっかり向き合えるよう力を尽くしてくれているといえます。さらに教育活動だけでなく安心して子どもが通学できる環境づくりにも取り組んでいます。
このように評判の良い小学校が多い袋井市で注文住宅購入をご検討中の際はぜひ私たちにご連絡くださいませ!

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.10.17

新居の土地選びを検討する際の条件として、子育てしやすい環境かどうかを重視する方は少なくないでしょう。
今回は静岡県西部に位置し、商業のまちとして発展してきた菊川市の子育て環境についてご紹介します。

 

 

・菊川市の人口特徴

菊川市には約17,500世帯、88,000人が暮らしており、毎年約400人の新しい命が産まれているというデータがあります。
菊川市は人口が減少傾向にあり、4人に1人が高齢者ではありますが、年少人口は増加した年もみられています。
その要因として、浜松市やその周辺の袋井市、県外だと東京からの転入が多く、地元の人からは「自然環境がよく、住みやすい」などの声があります。

ここからは、具体的にどのような子育て支援があるかご紹介いたします。

 

 

・きくのんマタニティーマーク

妊娠中の女性がつける菊川市オリジナルマークです。
自転車の安全運転の呼びかけなど、妊娠中や子育て中の母親が安心できる環境づくりを目指しています。
ちなみに「きくのん」とは菊川市のゆるキャラです。ご当地キャラクターのマタニティーマークを開発するくらい出産、育児に関心の高い市と言えるでしょう。

 

 

・新生児出産祝金事業

第2子以降のお子さまが産まれ、引き続き菊川市に住む方にお祝い金を支給している制度です。
第2子の場合は10万円、第3子の場合は15万円が支給されます。
このように菊川市は多子世帯をサポートする制度にも力を入れています。

 

 

・菊川市スポーツ少年団

菊川市スポーツ少年団には野球やサッカー、バレーボール、剣道など10種目24団体が、地域の方や体力テスト指導者の団体などの支えのもと活動しています。
こおの活動は子どもの体力低下が危惧されている中でスポーツを楽しむ基礎づくりを目的としています。

 

 

・放課後子ども教室

地域の方々の参画を得て、子どもたちとともに勉強やスポーツ、文化活動などを通した交流を行う取り組みを実施しています。
宿題などの学習や、けん玉などの遊び、学校内でのレクレーションだけでなく、課外活動として茶道体験なども行なっています。
このように菊川市では地域の方と共に子どもを育てられる環境が整っているのです。

 

 

・最後に

菊川市は地域の方が子育てに絶曲的であり、支援してもらいながら町全体で子育てをしていく様々な取り組みを行なっています。
さらに、多子世帯の支援などこれから菊川市に長く住み続けたいと考えている方にお得な取り組みも行なっています。
ぜひ菊川市での注文住宅購入をご検討の際は私たちにご連絡くださいませ!

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.10.16

注文住宅購入を検討する際、新居の場所が子育て環境に適しているかどうかは重要なポイントになりますよね。
今回は田園地帯と茶畑に囲まれた袋井市の子育て環境についてご紹介します。

 

 

・袋井市の人口特徴

袋井市には約34,000世帯、88,000人が暮らしており、毎月60〜90人の新しい命が産まれているというデータがあります。
さらに、袋井市の地元の人からは「自然が豊か」「24時間営業のお店なども多く生活しやすい」「良い田舎感がある」などの声が寄せられており比較的治安が良いところだということがわかります。
また最近は、市の開発が進んでいることから新しい町ともいわれています。

ここからは、袋井市の子育て支援についてご紹介いたします。

 

 

・マタニティスクール

マタニティスクールとは、初産の夫婦を対象として赤ちゃんを迎え入れる準備を共にしていく取り組みです。
袋井市内の様々な子育てセンターで月に1回ほど開催されています。

 

 

・離乳食教室

 

離乳食教室は、生後5ヶ月の子どもをもつ父母や祖父母を対象としています。離乳食についての知識や調理実習のようなものを実施しています。
ここでは同じ歳の子どもを持つ親同士の交流も広がり、育児についての相談相手を見つけることもできるといった、非常によい機会となっています。

 

 

・子ども支援室

子ども支援室とは、0歳から18歳の子どもとその親を対象に1人ひとりの育ちをトータルサポートする取り組みです。
教育、福祉、保健などの様々な機関と連携しながらサポートを進めてくれています。
主な取り組みとしては、「子ども理解教室」という、保護者だけでなく教職員も対象にした子どもとの向き合い方などの講座が開講されています。

 

 

・子ども支援センター「はぐくみ」

「はぐくみ」では、子どもの発達に不安がある親などを対象にしたもので、子どもの発達に合わせた支援を行ってくれる場所です。
電話での予約が必要ですか、心理士の方が相談に乗ってくれ、アドバイスをもらえます。

 

 

・ひなまつりプロジェクト

袋井市は毎月のようにイベントが開催されています。
1〜3月はひなまつりプロジェクトといって、市内100ヶ所の店舗などでひなまつりが飾られており、各店舗を巡るスタンプラリーのようなものが実施されています。

 

 

・最後に

袋井市は小さな子どもを持つ親に対しての制度が整っているだけでなく、地域一体となるイベントの開催にも力をいれています。
袋井市で注文住宅購入を検討の際は私たちにご連絡くださいませ!

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.10.15

生活しやすい環境であるためホームタウンとして多くの方が利用している磐田市。
そんな磐田市に注文住宅を検討している方は多くいるでしょう。
注文住宅購入の際は家の構造だけではなく、周辺環境なども気になりますよね。
特に、子どもがいる方は我が子を評判の良い小学校に通わせたいと思われるのではないでしょうか。

そこで、今回は磐田市の中で評判の良い小学校を3つご紹介していきます。

 

 

・豊岡南小学校

1つ目は磐田市上神増にある豊岡南小学校です。
磐田市の中でも北部である上神増は、天竜川や神増原に囲まれた豊かな自然が残る地域です。特に学校周辺は田畑が広がる田園地帯で、浜松ホトニクスやヤマハなどの工業なども存在しています。
アクセス面に関しては、最寄り駅が電車ではなく、バスであり評価はあまり高くありません。小学生は全員徒歩での集団登校が実施されています。
明治8年からの歴史ある小学校で、約390人の児童が通っています。
「知」「徳」「体」の調和とバランスを大切にしており、田植えや大豆収穫などの文化体験や、運動会や持久走大会、修学旅行では浅草で英会話チャレンジなど季節ごとに目的をもった教育活動が行われています。

 

 

・磐田北小学校

2つ目は磐田市見付にある磐田北小学校です。
JR磐田駅から車で10分ほどのところにありますが、小学校まではバスが最寄りとなっています。
見付は江戸時代、中遠地方の中心として発展してきた地域であり、磐田市で最も大きな小学校であり、児童数は2100人を超えています。
歴史的な遺産も多く、国道やバイパスなどがあるため人や車が行き交う反面、北側には茶畑が広がるなど、学校だけでなくその周辺も活気にあふれているといえます。
また、「ほやこげパワー」を合言葉にした教育活動を行い、自己肯定感を高めて強くしなやかな心を育むことを大切にしています。

 

 

・福田小学校

3つ目は磐田市下太にある福田小学校です。
磐田市の中でも南部に位置する下太は遠州灘に面しており、伝統を生かした繊維産業や水産業ではシラス網漁が盛んに行われています。
「ASDK運動」といって挨拶、掃除、読書、交通安全を推進した活動を積極的におこなっています。
児童数は約680人が通い、自尊感情を高まることを目的とした「心づくり・学びづくり・体づくり・学校づくり」を実現する教育活動を行っています。

 

 

・最後に

磐田市では、自然に囲まれた北部の小学校から、規模が大きく活気にあふれた小学校、海に近く水産業などが盛んな南部にある小学校まで、幅広く多様な小学校が点在しているため、子どもや家族の要望に合った小学校が見つけやすいのです。

小学校を磐田市に決められた際はぜひ私たちにご連絡くださいませ!

 

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.10.14

注文住宅の建築を考える上で、その地域の情報は絶対に知っておきたいですよね。
特にお子さんがいる方にとって、
“そこに住んだ場合に自分の子供が通うことになるのはどんな小学校なのか”
ということは、最大の関心事項のひとつなのではないでしょうか。
そこで今回は、菊川市にある小学校のうち、いくつかをピックアップして、その特徴をご紹介します。

 

・菊川市立六郷小学校

同校の特徴として
“ふわふわ言葉で話す” “もくもく掃除ができる” “やまびこあいさつをする”
などのユニークな目標を掲げていることが挙げられます(ちなみに、これら3つの目標は8割以上の児童が達成しているようです)。
また、H29年度の校内の児童・保護者アンケートでは、
実に9割以上の児童が「学校が楽しい」と答えており、
同じく9割以上の保護者が「子どもが学校を楽しいと感じている」・「六郷小では、子どもを大切にしている」と回答しています。
学校全体が楽しく、心地よい雰囲気であふれているといえます。

 

 

・菊川市立堀之内小学校

同校独自のものとして、“蛍雪の精神”と“蛍雪の力”があります。
“蛍雪の精神”とは、
「困難に負けず、高い志をもって努力を続ければ、報われて夢が叶う。」
というものであり、明治43年から同校教育の根底として脈々と受け継がれています。
H27年度からは、この精神を子どもレベルで日常化するために、“蛍雪の力”を「よりよい自分や仲間をめざし、がんばり続ける力」と定義して、実践するよう指導されてきました。
実際に、H29年度の校内アンケートでは、実に95%以上の児童が、
「蛍雪の力を意識して生活している」
「自分の蛍雪の力が伸びている」
「友達の蛍雪の力を認めようとしている」
と回答しており、同校独自の素晴らしい力を子どもたちは身に着けています。

 

・菊川市立河城小学校

 

同校は、重点目標を「『活気・元気・本気』が輝く子」としています。
実際に児童向けの校内アンケートでは、
「授業がわかる」「学校が楽しい」「挨拶をきちんとする」
といった項目で94%もの児童があてはまると答えており、
同校では、1つ目は「本気」、2つ目は「活気」、3つ目は「元気」がそれぞれ輝いた結果ととらえています。
ここまでご紹介した小学校は、菊川市内にある小学校のごく一部です。
しかしこれだけでも、菊川市にある小学校はそれぞれ独自の方針やカラーをもっており、魅力にあふれていることをわかっていただけたのではないでしょうか。
菊川市周辺で注文住宅をお考えの方は、ぜひ一度、私たちにご相談ください。

 

 

▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.10.13

豊かな自然環境に恵まれ、静岡県内はもとより、国内でも屈指のお茶処として知られている掛川市。
今回は、そんな掛川市、中でも掛川駅周辺に居住することをご検討されているみなさんにむけて、掛川駅の周辺情報をお伝えします。

 

 

・掛川駅の基本情報

掛川駅には、東海道新幹線、東海道本線に加え、当駅を起点とする天竜浜名湖線が乗り入れています。
東海道本線では、東は東京から西は兵庫まで行くことができ、アクセス面では十分な環境といえます。
また、近年の1日平均乗車人数は1万人を超えています。
駅の北側は城下町・宿場町から発達した古くからの商店街・繁華街となっています。
駅の南側は、近年になって区画整理された住宅街が広がっており、新幹線が開業してからはホテルや駐車場も多くみられるようになりました。

 

 

・掛川駅周辺の施設・観光スポット

つづいて、掛川駅から5km圏内の施設や観光スポットをいくつかご紹介します。

1. 掛川城

室町時代に駿河の守護大名今川氏の命で建設されました。
現在の掛川城は、平成6年(1994年)4月に「東海の名城」と呼ばれた美しさそのままに、日本初の「本格木造天守閣」として復元されたものです。
毎年春になると、お城の周辺にあるソメイヨシノなどの約130本もの桜の木が一斉に花開き、大勢の人々を楽しませています。

2. エコパスタジアム

5万人収容可能なエコパスタジアムは、県内最大の多目的競技場です。
同施設は、2002年FIFAワールドカップ日韓大会の試合会場として使用されるなど、スポーツの会場として利用されるだけでなく、Hey! Say! JUMPやperfume 、椎名林檎など、数多くの有名アーティストのコンサート会場としても利用されています。

3.掛川花鳥園

掛川花鳥園は、“花と鳥とのふれあい”が楽しめるテーマパークです。
掛川花鳥園の鳥たちはほとんどがケージや檻の中に入っていないため、鳥たちとの直接のふれあいを楽しむことができるめずらしい施設です。
餌やり体験やバードショー、鳥たちとの記念撮影を楽しむこともできます。
お花についても、豊富な品種のスイレンを展示栽培しているスイレン池をはじめとして、様々な種類のお花が栽培されており、お花のもとでお食事ができる場所もあります。
また、園内全体がバリアフリーとなっているため、老若男女問わず多くの人が楽しめます。
以上、掛川駅の周辺情報を、掛川駅周辺の施設・観光スポットを中心にご紹介しました。
同駅周辺にはこの他にも、数多くの魅力的なスポットが存在します。
掛川駅周辺での注文住宅建設をご検討の方は、ぜひ一度、私たちにご相談ください。

 

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.10.12

倉真温泉、法泉寺温泉などの、市内各所にある温泉街をはじめとする観光地として知られるのが掛川市です。
今回は、そんな掛川市、中でも掛川市役所前駅周辺に居住することをご検討されているみなさんに向けて、掛川市役所前駅の周辺情報をお伝えします。

 

 

・掛川市役所前駅の基本情報

掛川市役所前駅は、天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線の駅です。
1駅隣には掛川駅があり、掛川駅からは東海道本線に乗り換えて東は東京から西は兵庫まで行くことができるため、掛川市役所前駅周辺に住んだ場合、交通アクセスの面で困ることはあまりないでしょう。
駅名からわかるように、駅前に掛川市役所敷地の入り口があります。
また、駅の南側には住宅や工場が多くみられます。
かつては一帯に茶畑が広がっていましたが、市役所の移転に伴い区画整理され、新しく住宅地となりました。

 

 

・駅周辺の公共施設

実際に生活する際には、最寄りに公共施設があればとても便利ですよね。
掛川市役所前駅は、市役所が駅の目の前にあるのはもちろんですが、他にも徒歩10分圏内に掛川市立中央小学校と掛川市立西中学校があり、掛川西高校も徒歩20分圏内です。
この近さはお子さんがいる方にとっては嬉しいですね。

 

 

・駅周辺の施設、観光スポット

つづいて、掛川市役所前駅から1km圏内の施設や観光スポットをいくつかご紹介します。

1.掛川市ステンドグラス美術館

掛川市ステンドグラス美術館は、なんと国内初の公立ステンドグラス美術館です。
いずれの作品もイギリスを代表するステンドグラス工房の最盛期に制作されたもので、技術的・装飾的にも極めて高度な作品揃いです。
本来ステンドグラスは、教会の窓装飾として使用されていましたが、同美術館では実作品を視線の高さで間近に見ることができます。
また、ステンドグラスは朝昼夜といった時間、季節、さらには天候により微妙に変化する外光によって様々な表情を見せてくれるため、一年中楽しむことができます。

2.掛川城・大手門

掛川城は今や掛川市を代表する観光スポットとなっていますが、現在の掛川城は、平成6年(1994年)4月に「東海の名城」と呼ばれた美しさそのままに、日本初の「本格木造天守閣」として復元されたものです。
また、掛川市の表玄関としての役割を果たしていた大手門もお城に続いて復元されました。
お城の周辺にあるソメイヨシノなどの約130本もの桜の木が一斉に花開く光景は、春の風物詩として、大勢の人々を楽しませています。
以上、掛川市役所前駅の周辺情報を一部ご紹介しましたが、同駅周辺には他にも、居住を決断する要因になりうる魅力が数多くあります。
掛川市役所前駅周辺での注文住宅建設をご検討の方は、ぜひ一度、私たちにご相談ください。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.10.11

静岡県の掛川市で住宅を建てようとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで気になるのが子育ての環境ですよね。
この記事では掛川市の子育て環境についてご紹介いたします。

 

 

・掛川市とは

静岡県の西部に位置する都市です。
203の自治区と81の小区があり、それが33にまとまり区域を構成しています。
袋井市や島田市、菊川市、御前崎市、周智群森町に隣接しており、人口はおよそ11.5万人です。
名前の由来は、掛川市の中心を流れる逆川の流れが、切り立った崖のように見えることから「缺けた川」と呼ばれ、次第に略されて掛川と呼ばれるようになったと言われています。

 

 

・子育て世代への住宅支援を行っている掛川市

掛川市では子育てを行っている世代の方への快適な住宅環境の支援として、「掛川市子育て世代向け住宅認定制度及び支援制度」を行っています。

16歳未満の子供が同居しており、指定の条件を満たした場合、一戸建て住宅であれば認定された住宅の新築等に要する費用の1/2(上限10万円・買い物券による)の助成を受けられます。
また、集合住宅であっても子育てコンシェルジュの派遣や移動図書館の巡回などの各種サービスを受けることが可能です。

 

 

・掛川市の小中学校

掛川市には22校の小学校と、9校の中学校があります。
最寄り駅は主に東海旅客鉄道(JR東海)・天竜浜名湖鉄道掛川駅ですが、愛野駅、桜木駅、菊川駅、西掛川駅、原田駅近辺にも点在しています。

 

 

・2学期制を取り入れた小中学校

小学校では、平成18年度から市内すべての小中学校で2学期制を取り入れています。
夢に向かって自ら考え、自ら判断し、心豊かにたくましく生きる子供たちを育成することを目標としています。
ゆとりのある授業時間と、より着実な絶対評価を行うことで、充実した教育を行っています。

 

 

・治安は良い

掛川市は山や田んぼに囲まれており、のどかで落ち着いた地域です。
子供が自然に触れあえる環境であるため、子育てにはぴったりです。
一方で大きなショッピングセンターが周辺になく、交通の便が悪いため移動には車が必要です。
防犯面では、不審者の発生もほぼ無く、地域のお年寄りの方も子供の通学を見守ってくれるような環境が整っているため、安心して子供が通学できます。

 

 

・まとめ

今回は掛川市の子育て環境についてご紹介いたしました。
掛川市は子育て世代への住宅支援も行っており、小中学校も数多くあります。
治安もよいため、子育てを見据えて住宅を建てようかとお考えなのであれば、掛川市はおすすめの地域です。
掛川市で住宅を建てるなら是非私たちにご相談くださいませ。
一生を考えた設計やデザインの住宅をご提案しております。

 

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.10.10

静岡県磐田(いわた)市で住宅を建てようかとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
新居高級の際、土地選びで気になるのが子育ての環境ですよね。
磐田市は子育てのしやすい環境なのでしょうか。
この記事では磐田市の子育て環境についてご紹介いたします。

 

 

・磐田市とは

静岡県西部に位置する市で、人口はおよそ16.6万人です。
浜松市や袋井市、周智郡森町に隣接しています。
台地を分断するように南北に今之浦川が流れ、JR東海道本線が市域を横断しています。

 

 

・治安について

東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)東海道本線が交差する磐田駅ですが、駅前は居酒屋が多いため、夜に子供だけで出歩くのは心配かもしれません。
駅前に街灯が少なく、夜は比較的暗くなりますが、夜に出歩かないようにすれば安心でしょう。

 

 

・近くの施設

スーパーマーケットやコンビニエンスストア、薬局や病院、郵便局や銀行など、通常のお買い物等に使用する施設は大方揃っています。日常生活に不便はしないでしょう。
一方で大きな田んぼや池もあり、自然も感じられる良い地域であると言えるでしょう。

 

 

・子育て支援制度に力を入れている

磐田市は「子ども・子育て支援制度」という制度を実施しています。
この取り組みは、少子化や子育て家庭の孤立化、待機児童など、日本が抱える社会問題の解決を目指すものです。
子ども・子育て支援制度によって、認定こども園・幼稚園・保育所を通じた支援やこども園制度の改善、子育てと子供の成長環境の改善を促し、お子さんがいる家庭にとって居心地の良い街づくりを目指しています。

 

 

・充実した子育て支援施設

磐田市内には子育て支援センターが11か所あり、子育て情報の発信や、地域の親子同士の交流、子育てについての不安や悩み事の相談などを行っています。
大半の施設が朝から夕方まで開館しており、利用料も無料です。
お子様について思い詰めてしまう前にこのような施設で相談ができます。

 

 

・まとめ

今回は静岡県磐田市の子育て環境についてご紹介いたしました。
磐田市は、周囲に商業施設などが充実しており、子育て支援などのサポートも充実しているため、子育てするには良い環境といえます。

磐田市で本当に良い、一生愛せる設計・デザインの住宅を作りませんか。
何かご不明な点がございましたら、お気軽に私たちにご連絡くださいませ。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

2019.12.13

日常生活に便利な掛川第五地区とは?

掛川市で注文住宅を建てる方の中には、土地選びにも悩んでいる方が多いのではないでしょうか。土地の大きさ...

2019.12.12

掛川市粟本地区は家が多く通学に便利でお子様も安心?

「マイホームを持ちたいけど、どこに建てればいいか分からない」そんな方も多いのではないでしょうか。家を...

2019.12.11

住宅密集エリア掛川市西南郷地区には高校もあるんです!

掛川市で注文住宅を建てようとお考えの方には、家を建てたい地域の下調べをしている方もいらっしゃると思い...

2019.12.10

安全で安心!掛川市西山口地区とは?

これから掛川で注文住宅を建てようとお考えの方はいらっしゃいますか?注文住宅を建てる際は、家のつくりを...

2019.12.10

人の家の温度がどのくらいか見てみたくありませんか? 2019年12月

平松建築の小野です。今年1月からはじめた温度ブログも今回が最後です。平松建築で建てた家の室温はどんな...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!