メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ

category:

ブログ

date:

2018.06.17

「袋井市のどこがいいかな」とお考えの皆さん、「アクセスの良いところに住みたい」、「子育て支援が充実しているところがいい」、「自然が身近に感じられるところに住みたい」こういった願いが全て叶う高尾地区はいかがでしょうか。
駅が近いだけではない、高尾地区のさまざまな魅力と特徴をお伝えします!

 

・高尾地区とは?

高尾地区とは、掛之上、下地、三門町、田端、大門一、二、三、五丁目を含めた地域です。
高尾地区に住むメリットは、大きく分けて3つあります。
1つ目は駅が近いこと、2つ目は子育て支援が充実していること、3つ目は自然がきれいであることです。
学区は袋井南小学校、袋井南中学校です。

 

・駅が近い

通勤通学として電車を使うことは多くありますよね。
「交通の便」が良いことを、住まい決定の際に重視したいという方も多くいらっしゃると思います。
東海道本線が通っている袋井駅は、袋井市に住むうえで欠かせない存在です。
高尾地区は遠くても車で10分圏内のところに袋井駅があるので非常にアクセスが良い地区です。
駅周辺にはグルメスポットもたくさんあり、ランチから居酒屋まで何でも揃っています。

 

・充実!子育て施設・サービス

「幼稚園は近いかしら」、「袋井市で子育てをサポートしてくれるところは?」、「子育てに便利なところがいいな」と子育てを重視して住まい選びをされている方もいらっしゃいますよね。
高尾地区には伝統のある山名幼稚園が駅の近くにあります。

子育て支援施設もばっちりで、中央子育て支援センター「カンガルーのぽっけ」が高尾地区の子育てをしっかり支えてくれています。
「カンガルーのぽっけ」では、毎日のようにおはなし会などのイベントがあるので「子供が友達をうまく作れるか心配」、「いろいろな経験をさせてあげたい」という親御さんにもぴったりです。
お母さんのための「ママカフェ」もあり、子育てについての講座も開催されています。
子育てのことで困ったときに、すぐに相談に行ける施設が身近にあるのはとても安心ですね。

 

・美しい自然を楽しめる

「生活が便利なうえに、自然も楽しみたい」という方にも、高尾地区がぴったりです。
高尾地区の可睡斎ぼたん苑では毎年4~5月にかけて、60種2千株のぼたんが咲き、美しい眺めを堪能できます。
また、松秀寺(しょうしゅうじ)では6~7月に池全面にスイレンの咲きこれまた美しい景色を楽しめます。
身近にこういった自然と触れ合える場所があるのは貴重だとは思いませんか?

 

今回は袋井市高尾地区の魅力と特徴についてお話しいたしました。
平松建築株式会社では高尾地区の注文住宅も手掛けています。
気になられた方は是非一度お気軽にご相談ください。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.06.16

袋井市愛野地区はどんなところなのでしょうか。
これから「愛野地区に住もうかな」と考えている方は必見です。

愛野地区には県下最大級規模のレジャー施設が数多くあります。
そこで今回は愛野地区の魅力や特徴をご紹介いたします。

 

・愛野地区とは?

愛野地区には「上石野」「祢宜弥(ねぎや)」「下石野」「山田川」「小野田」「寺前」が含まれています。
範囲はおよそ、袋井駅と愛野駅の間の線路沿いから静岡理工大学までです。
学区は小学校なら袋井南小学校、中学校なら袋井南中学校です。

 

・愛野公園

愛野公園はさまざまなスポーツをするのに適しています。
野球場、弓道場、テニスコートのほかに相撲場といったコアなところまで揃っています。

ほかにも、家族みんなでピクニックできるような広い芝生広場、アスレチックの丘、水の広場、健康ウォーキングロードなど、一日中遊んでも遊びきれないくらい、レジャー施設が盛りだくさんです。

駐車場も充実しており、200台以上の駐車が可能です。
連休や夏休みなどに家や友達、恋人と、楽しい一日を過ごしてみませんか?

 

・小笠原総合運動公園「エコパ」

小笠原総合運動公園は「エコパスタジアム」と「エコパアリーナ」とその他の運動施設、「ふれあいの森」の4つの施設が一体となった、県下最大の多目的競技場です。
「エコパスタジアム」は最大5万人の観客を収容できます。
イベント、スポーツ大会、コンサートなどと、幅広い用途で使用され、かつてはFIFAワールドカップが開かれたこともあります。
2019年にはラグビーワールドカップの試合も行われる予定です。

 

「エコパアリーナ」は体育館で、スタジアムでは行えない室内競技や展示会などに使用されます。

レストランやトレーニングルームもあります。
フロアや観客席のレイアウトを自在に変えられるのも特徴です。
補助競技場やサブアリーナも完備されています。

 

その他運動施設として、人工芝グラウンド、多目的運動広場、芝生公園がありますので、ここに来たらできないスポーツはないというくらい、たくさんのスポーツを楽しめるでしょう。
「ふれあいの森」は森林浴やウォーキングが手軽に楽しめる散歩道です。コースも3つあるので初心者の方や家族連れでも安心して楽しめます。

 

愛野地区でできないスポーツはないと言えるほどさまざま施設が揃う袋井市愛野地区。
「休日は家族と公園で遊びたい」、「スタジアムでスポーツ観戦がしたい」、アウトドアがお好きなみなさんは、愛野地区にぴったりではないでしょうか。
平松建築株式会社は、そんなみなさんの住宅購入を全力でお手伝いいたします。ぜひ一度お気軽にご相談ください。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.06.15

「都会すぎる所はちょっと」と、中心部を少し離れた袋井市「豊沢地区」のことが気になるあなたに、程よい田舎で祭りにイベント盛りだくさんな豊沢地区の魅力をお伝えします。

 

・豊沢地区とは?

豊沢地区とは「宝野」、「大通」、「菩堤」、「法多」、「神長南」、「神長中」、「神長北」を含めた地域です。
学区は小学校なら高南小学校、中学校なら袋井南中学校にあたります。

 

・祭りやイベントが絶えない地区

豊沢地区には年中を通して祭りがあります。

 

【1月】法多山の田遊び祭り
「法多山の田遊び祭り」、「田遊祭」とは毎年一月七日に開催される芸能で、五穀豊穣を祈る祭りです。
県の無形民俗文化財に指定されている室町時代から続く伝統のある祭りで、毎年大勢の人がやってきます。祭りの最後には福餅投げが行われます。

 

【5月】法多山ほたるまつり
5~6月にかけて、法多山の境内にある鑑賞公園ではたくさんのホタルを鑑賞できます。
そこで行われるのが「法多山ほたるまつり」です。
厄除け団子が振舞われたり、縁日コーナーを楽しんだりと人気のある祭りです。

 

【7月】法多山万灯祭・厄除けほおずき市
法多山では7月10日が、最もご利益が高い日とされています。
この日は「万灯祭」といって、たくさんの参拝客が訪れて尊永寺本堂前に何千もの灯篭を置いていきます。
「厄除けほおずき市」は「万灯祭」と合わせて行われるイベントです。
厄除け祈祷を行ったほおずきの鉢植えがずらっと並ぶ「ほおずき客席」も行われます。

 

【10月】袋井の祭り
袋井市の祭りの中の祭りである「袋井の祭り」が10月に行われます。
袋井の祭りは市内全地区各町まで回って山車の曳き廻しが行われます。
市内で大人気の祭りで、毎年道いっぱいに人が集まって飲めや歌えやの大騒ぎです。

人気の秘訣は全部で140ほどの屋台にもあります。

豊沢地区の良いところは「大トリ」であることです。
袋井市最大の祭りの大トリはYouTubeにも様子が載っているほどなので興味がある方は是非見てみてください。

 

ここで紹介したものは本当に大きいお祭りだけなので小さなものも含めると、豊沢地区では年中祭りが行われています。

 

・祭りだけじゃない!?イベントも盛りだくさん

豊沢地区の法多山尊永寺はイベントの宝庫です。

多すぎて全部は書ききれないため、今回はいくつか選んでご紹介します。

 

【4月】コトコト市
袋井市、掛川市を中心にして雑貨屋、ハンドメイドショップ、カフェが勢ぞろいします。特に若い人に大人気なイベントです。

【9月】星満夜
天体観測教室やワークショップ、屋台などの催し物が目白押しです。

【11月】全団子サミット
全国からおいしいだんごが集まる、夢のようなイベントです。
だんごだけではなく袋井市のおいしい出店がずらっと並びます。

 

袋井市豊沢地区は、お祭りやイベントが盛りだくさんで、年中ワクワクしっぱなしなこと間違いなしです。
「豊沢地区に住もうかな」とお考えの方、平松建築株式会社がお手伝いいたしますので是非お気軽にご相談ください。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.06.14

「新しく引っ越すならやっぱり駅前がいい!」
アクセス重視で住むところを決める方は多くいらっしゃるかと思います。

今回はそんな方たちのために、袋井市駅前地区の学区から周辺施設まで徹底解説いたします。

 

・袋井市駅前地区とは?

袋井市駅前地区には「東通り」「栄町」「睦町」の3つが含まれます。
学区は袋井南小学校、袋井南中学校にあたります。

駅前地区の魅力といえば、駅が近いことですよね。
袋井駅周辺には何があるのか、見ていきましょう。

 

・駅へのアクセスが最高

さすがは駅前地区、その名の通り「駅の前」です。
徒歩10分圏内の地域を指し、かなり駅に近いので通勤・通学に大変便利ですね。
袋井駅には平成26年から「ど真ん中通り」という袋井市の南北を結ぶ自由通路ができました。

駅前には駐輪所もあります。
一時利用は150円、1ヵ月定期2500円、3ヵ月定期7500円で24時間出入可能です。

 

・駅前グルメ

袋井駅前にはたくさんのグルメスポットがあります。
壮絶なグルメ競争が繰り広げられている袋井市駅前堂々の一位は、「とりや茶屋」です。
古き良き日本の定食屋さんです。袋井市観光協会おすすめのお店でもあります。

一方で、洋食がメインのランチやコーヒーを楽しめるおしゃれなレストランカフェもあります。
中でもイチオシは「ポップフード」です。オムライスやローストビーフなど、ボリュームあるメニューを食べるのもいいですし、ケーキとラテで午後のひと時を過ごすのもいいですね。

このほかにもイタリアン、肉バル、居酒屋、和食、洋食何でもありです。
今回は、おすすめの2店舗しかご紹介できませんでしたが、ぜひご家族やお友達のみなさんと自分のお気に入りのお店を開拓していってくださいね。

 

・周辺施設

駅前地区には多くの施設があります。そのため何をするのも困らない、そんな地区といえるでしょう。
具体的には、コンビニはもちろんスーパー、子育て支援センター、市役所、郵便局、図書館、銀行、と日常生活でよく利用する施設がすぐ近くにあります。
特に引っ越しの後は役所での手続きが多いですから、わざわざ車を出して手続きしに行く必要がなく、買い物も帰りに立ち寄ることができるのでとても便利ですね。

交番や警察署もあるので子供たちの通学も安心です。
病院や老人ホーム、介護施設なども揃っており、万が一の時に落ち着いて対処できます。
幼稚園や小学校も歩いて徒歩圏内にあります。

 

今回は袋井市駅前地区についてお話ししました。
何でも揃っていて何でも近い、そんな駅前地区に住むなら、平松建築株式会社までいつでもお気軽にご相談ください。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.06.13

袋井市で注文住宅のご購入をお考えで「川井地区について知りたい!」という方は必見です。
袋井市川井地区の周辺施設や利便性について、私たちがお教えいたします。

 

・川井地区とは?

袋井市川井地区には「川井東」「川井中」「川井西第一」「川井西第二」が含まれます。
学区は小学校なら袋井西小学校、中学校なら袋井中学校です。
比較的広い地区で、幼稚園、小学校、中学校がすべて地区内にあるという珍しい地区です。
適度な都会感があり、何でも揃っています。周辺施設も見てみましょう。

 

・周辺施設

カインズ、ドン・キホーテ、イエローハット、病院、ホテル、飲食チェーン店、携帯ショップ、服屋、コンビニ、カフェ、大型スーパー、などさまざまな商業施設があるので、食品や日用品の買い物には困りません。全体的に見ると飲食店が多い印象です。

公園は2、3か所ありますが、他の地区に比べ会館や運動公園などはあまりありません。
山や神社、池もあまりないため、自然というよりは、近代的な地区といったイメージです。

 

・澤野医院記念館

先ほど「近代的」といいましたが、川井地区には歴史的な記念館も残っています。
洋館の病院といえば明治・大正時代の建築物が一般的ですが、「澤野医院記念館」は江戸時代に営まれていた洋館の病院、を記念館として保存されています。

みなさんは「たみおのしあわせ」をご存知ですか?オダギリジョーさん、麻生久美子さんが出演した映画のロケ地として使用されたことでも有名です。
川井地区はもともと東海道五十三次の宿場町で、澤野医院記念館もその道沿いにあります。昔からたくさんの人々を見守ってきた、歴史ある記念館といえますね。

 

・大人気炭焼きレストラン

みなさん、ステーキやハンバーグはお好きですか?川井地区には地元の人に大人気の炭焼きレストランがあるんです。
この「さわやか」という名前のレストランの看板メニューはハンバーグ。
「さわやかのハンバーグを食べたら、もう他のレストランのハンバーグは食べられない」と評判です。休日には噂のハンバーグを食べようと行列ができるほどです。

 

今回は袋井市川井地区についてご紹介しました。
川井地区の特徴は、歴史的な面も残しつつも、便利性を追求していることではないでしょうか。
大きなスーパーやホームセンターが近く、生活に必要なものは、ほぼ入手できます。袋井駅にも車で10分以内と便利です。

幼稚園、小学校、中学校どうしも近いのでお子様がいらっしゃる方にとっても大きな安心ポイントではないでしょうか。
平松建築株式会社では、川井地区に注文住宅を、と考えている方のお手伝いいたしておりますので、気になられた方は是非一度お気軽にご相談ください!

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.06.12

「袋井市に引っ越ししよう」と考えている方、「どこに住むか決めていないけれど、方丈地区がどんなところか知りたい」という方は必見です。
袋井市方丈地区の特徴、魅力、利便性まで、私たちが詳しく解説いたします。早速見てみましょう。

 

・方丈地区とは

方丈地区には「方丈中」「方丈西」「方丈東」「方丈北」「方丈南」が含まれています。
田んぼと袋井地区の間にあり、原野谷川沿いに並ぶ広めの住宅街地区です。
学区は小学校なら袋井西小学校、中学校なら袋井中学校に通うことになります。
福井駅までも、袋井西小学校までも徒歩圏内の場所に位置しています。

 

・周辺施設

方丈地区には「マム方丈」というスーパーがありますので、徒歩圏内で生活必需品を揃えることができます。
このほかにもセブンイレブンやデイリーといったコンビニエンスストアやガソリンスタンド、飲食店、内科、眼科、アパート、公園、ふれあい会館などがあります。
戸建てよりアパートが多い印象です。幼稚園や小学校などの教育施設からは少し離れています。

 

・住宅街の様子

方丈地区には、外国籍の方がたくさん住んでいます。
総勢1,700人近くの方が住んでいますが、そのうち200人程は外国籍の方たちです。

その影響か、方丈地区にはほかの地区にない、さまざまな国の飲食店があります。
例えばベトナム料理店。地元の人に古くから愛されているこのお店では本格ベトナム料理が味わえます。
特に生春巻きは絶品です。大人気のお店ですが金、土、日の営業しか行っていないそうなので、休日に行ってみてくださいね。

外国籍の方が多い一因はアパートにあるかもしれません。
方丈地区の中心部にはアパートが集中しています。外国籍の方は、このようなアパートに住んでいると考えられます。

 

・甚光寺(じんこうじ)

方丈地区にある甚光寺は、遠州三十三観音霊場巡りの15番札所に指定されています。
遠州三十三観音とは、観音様に現代人の心を浄化し、癒してもらうことを願ったお遍路旅です。
「札所」というのは巡礼するお寺のことで、遠州にはこのような札所が三十三か所あります。
その15番目のお寺が方丈地区にある甚光寺なのです。

冬明けには梅の花が、ゴールデンウィーク頃には藤の花が、晩夏には真っ白の彼岸花が咲き乱れます。
一年を通して四季の花が楽しめるので観光や観音霊場巡りで甚光寺にたくさんの方が訪れます。
地元の方もよく立ち寄るようで、まさに方丈地区の名所といえる場所でしょう。

 

今回は袋井市方丈地区の特徴、魅力、をお伝えしました。
方丈地区は札所などの歴史ある日本文化をしっかりと残しつつも、グローバルで利便性も高い地区です。
袋井市方丈地区で注文住宅を、と考えていらっしゃる方は、是非一度平松建築株式会社にご相談ください。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.06.11

「袋井市の田原地区に何があるのって?」「便利かしら」「詳しく知りたい!」そういった方もいらっしゃると思います。
引っ越しを考えるにあたって、下調べはかなり重要ですよね。
住んでみたら「あれ、思っていた感じと違う」とならないように、その地区の周辺施設や雰囲気、学校や駅までの距離など事前に知っておきたいことは多くあります。
今回はそんな方たちのために、私たちが田原地区の1から10までを詳しくご紹介します。

 

・田原地区とは

田原地区には「上新池」「下新池」「松袋井」「彦島」が含まれます。
学区は小学校なら袋井西小学校、中学校なら袋井中学校です。
駅からは少し距離がありますが、田んぼに囲まれた自然豊かな地区です。

 

・住宅街の様子

「下新池」「松袋井」「彦島」の3つは互いに密集した住宅地で、上から見るとひとつの大きな住宅街のようにみえます。
すぐ近くには東海道新幹線が通っています。
「上新池」だけ少し離れていて、原野谷川と東海道新幹線、東海道本線に挟まれたところにあります。
上の3つの住宅地から袋井駅までは徒歩30分程、小学校までも同様に徒歩30分程かかるでしょう。
「上新池」からであれば、袋井駅まで徒歩20分程、小学校までも徒歩20分程と距離は近くなります。

 

・周辺施設

「下新池」「松袋井」「彦島」の3つが集まっている住宅街の周りには、田んぼやお寺、袋井幼稚園があります。
日用品を買うための大型スーパー、薬局、病院、郵便局といった施設からは少し離れていて、一番近くのスーパーは西田のピアゴで、車で10分圏内の位置にあります。
「上新池」は西田の近くに位置しているので、上記のスーパーを利用すれば、ショッピングはかなり楽でしょう。
西田にはスーパーのほかに病院や薬局もあり、生活しやすいです。

 

・田原緑地多目的公園

田原地域の住宅街の周辺にある、広い運動公園が「田原緑地多目的公園」です。
広々としたグラウンドがあるのでサッカー、野球、さまざまなスポーツを楽しめます。
田原緑地から東海道本線、東海道新幹線が見えるので、電車を見る楽しみもあります。

 

今回は袋井市田原地区についてお話ししました。
「どこの地区に住もうか決めかねている」、「田原地区に移ろうか考えている」、そんな疑問を解決できたでしょうか。
袋井市田原地区への引っ越しをご検討中の方や注文住宅をご希望の方は、ぜひ一度平松建築株式会社にご相談ください。
弊社は、あなたの住みたい家の実現に尽力いたします。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.06.10

注文住宅を建てる方の中には、土地選びにこだわりたいと思っている方も多いのではないでしょうか。
土地を選ぶために、多くの方が生活をし始めてからの利便性やお子さんの通学のしやすさを意識するかと思います。

そこで今回は、これから生活をしていく場所を探している方に向けた地域の魅力紹介として、掛川市南郷地区の特徴についてご紹介します。

■掛川市南郷地区

南郷地区は、JR東海道本線掛川駅の南側に広がるエリアになります。
駅の北側に城下町を中心とした住宅地が広がる一方で、駅の南側にも大規模な住宅街が広がっているのです。
駅南の主に東側のエリアが南郷地区になっていますが、具体的には以下のような地域が南郷地区に含まれます。

杉谷区(スギヤ)
上張区(アゲハリ)
新道区(シンドウ)
緑ヶ丘第一区(ミドリガオカ1ク)
緑ヶ丘第二区(ミドリガオカ2ク)
矢崎区(ヤサキ)
葵町区(アオイチョウ)
杉谷南区(スギヤミナミ)
紅葉台(コウヨウダイ)

それぞれの地域ごとに一つの住宅地があり、それらが集まる形で南郷地区が出来上がっているのですね。

■周辺施設

南郷地区の大きなスーパーマーケットとしては、「ベイシア掛川店」があり、住むにあたってはここが日常使いのスーパーになってくると思います。
そのほかに、薬局の「ココカラファイン」、コンビニの「セブンイレブン」、ハンバーガーレストランの「モスバーガー」などもあり、普段から買い物や外食で使えます。

また南郷地区には、「京徳池公園」という大きな池が目玉の公園があり、散歩やランニングに利用できます。
住宅ばかりではなく池や木の生えた公園があるのは、居住環境として良いですよね。

これ以外にも、「弥八公園」や「しらさぎ公園」といった公園南郷地区には多くあります。
お子さんがいらっしゃるご家庭にとっては、公園で自転車に乗る練習もできて便利です。

■学区、アクセス

南郷地区には、県立掛川工業高校が高校として一つあります。
ここであれば徒歩10分以内で家から通えます。

ここ以外の高校だと、駅の北側の掛川城近くまで行ったところの掛川西高校と、南側をずっと西に行ったところの掛川東高校があります。
どちらも直線距離で2kmほどはありますが、全く通えない距離ではありません。

中学校や小学校も駅の北側にはなりますが、1kmほど歩けばいける距離ですので、十分通学の範囲内でしょう。
南郷地区には、東名高速道路の乗り場があって車での移動の際には大変便利ですので、掛川駅と合わせて利用すると良いでしょう。
駅北とはまた少し違った落ち着きのある地域と言えますね。

■まとめ

南郷地区は、駅北とは違った自然のある落ち着いた雰囲気の住宅地です。
駅に近い上に高速道路の乗り場もあり、交通の利便性はとても良い地域です。
ぜひ一度ご検討ください。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.06.09

家を買うのは一世一代の大勝負です。
勝負と言っても誰と戦うわけではなく、失敗をしないように自分自身で慎重な判断を行わなければならないということです。それにはやはり入念な下調べが必要です。
どんなデザインにするか、どんな間取りにするか、という家自体の下調べももちろん重要ですが、家をどんな地域に建てるかという土地選びも欠かせません。
そこで今回は、これから家を建てようとお考えの方への魅力ある土地紹介として、掛川市掛川第四地区をご紹介します。

■掛川第四地区

掛川第四地区は、掛川市の掛川第一地区から第五地区まである中の一つで、駅前に集まる5エリアの中の一つになっています。

掛川第四地区は地図上では掛川城の西側の川で区切られた北側にあります。

掛川駅前のエリアは、駅からその真北にある掛川城の間とその奥のエリアに二分されています。
掛川城から真っすぐ手前の部分は、わずか700mほどですが、道が碁盤目状の城下町になっていて、駅前の栄えたエリアです。

そのちょうど城下町の部分が掛川第二地区、東側が掛川第一地区、西側が掛川第三地区になっています。
また、城下町と掛川城の間には逆川という大きな川が通っていて、駅前西側のこの川を挟んだ奥の部分が掛川第四地区です。

面積で見ると他の地区に比べて小さく、含まれる地域も「城西(シロニシ)」の一つだけです。

■周辺施設

周辺と言っても面積が小さいので、このエリアに含まれる施設には、川の近くにコンビニの「ミニストップ」と個人経営の飲食店、そして歯科医院がある程度です。

このエリアは、全体が川沿いの整備された住宅地になっていてほとんどが住宅で埋め尽くされているためあまりお店はありませんが、北側は大きな道路を挟んで向かいに「吉野家」「ガスト」「かっぱ寿司」と言った大手チェーン飲食店がいくつかあります。

スーパーは、川の南の掛川第三地区の方にいくと「掛川スーパーマーケット」と「遠鉄ストア」があります。
ここまでは500mほどなので十分歩いていくことは可能です。
また、エリアの南側や西側の近いところには病院がいくつかあり、すぐに歩いて行ける距離なので何かあった時にも安心です。

■学区

学校は、エリア内東側のお城のすぐちかくに県立掛川西高等学校があり、掛川第四地区が通学に最も近いエリアです。
掛川エリアの高校は、この県立掛川西高等学校と駅の南側にある県立掛川東高等学校しかありません。そのため、掛川第四地区は、掛川の他地域と比べても、高校への通学には大変便利です。

■まとめ

掛川第四地区は面積が狭くお店もあまり多くはないエリアですが、川が近くを通っており住宅しか集まっていない場所なため閑静で住みやすいところです。
お城も近く、場所によっては家から眺められるほど景色が良いところです。
ぜひご検討ください。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.06.08

掛川で家を建てたい方の中には、家を建てた後の生活を上手くやっていけるか不安な方も多いのではないでしょうか。
家を建てた場所の近くのスーパーの場所を知らなかったり、最寄りの学校を知らないまま家を建ててしまったりすると、後々困りますよね。

そのため、家を建てる際にはその地域の特徴を良く知っておかなければいけないのす。
そこで今回は、地域の魅力紹介として掛川市桜木地区をご紹介します。

■掛川市桜木地区

桜木地区は、掛川駅の北西方面に広がる広大なエリアです。
北の方は山になっているため、地区全体はかなり広い面積があります。
しっかりとした居住区がある地区では、掛川市の中でも最も大きな地区の一つです。
そんな桜木地区の中に含まれる地域名は以下になります。

上垂木区(カミタルキ)
遊家・家代(ユケ・イエシロ)
下垂木1区(シモタルキ)
森平区(モリダイラ)
富部区(トンベ)
下垂木2区(シモタルキ2ク)
下垂木3区(シモタルキ3ク)
家代の里区(イエシロノサト)
下垂木南区(シモタルキミナミ)」

「上垂木」を最北に、「遊家・家代」と続き、その南に「下垂木」が1区~3区連なっているという配置です。

■アクセス、学区

桜木地区からの移動は車を使うと良いでしょう。
地区の南には掛川バイパスが通っているので、それを利用して遠方へも移動できます。

駅を利用するにしても、駅までは2~3km、北の区域の場合にはそれ以上あるため、車で向かうのが良いと思います。
車であれば、西側に国道40号線、東側に国道373号線があるため、それを利用して一気に駅まで行けます。
車でなくても自転車があれば十分移動できる駅からの距離です。

学校は、居住区の真ん中に中学校が一つと居住地区のやや北よりに小学校が一つあります。
桜木地区内の市立桜木小学校はやや北寄りにあるため、南の方に住むと学校から遠くなってしまいます。その場合、掛川第五地区に住んで、市立第二小学校に通う方が良いかもしれません。

■周辺施設

桜木地区に近いスーパーには、少し南に行って掛川第五地区に入ったところの「バロー掛川店」があります。
普段使いのスーパーとしてはここを利用すると良いでしょう。
一方で、北の方に行くとコンビニやホームセンターはあるもののしっかりとした買い物のできるようなスーパーはないため、買い物の利便性としては南の方が良くなります。
北に住まれる際は、スーパーまでどれくらいかかるのか実際に確認しておくと良いでしょう。

■まとめ

以上、掛川市桜木地区の特徴をご紹介しました。地区のどのあたりに住むかによって、住み心地が変わってきますので、よく検討してください。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

2019.06.25

磐田市竜洋・駒場地域の自然が楽しめる3つのスポット

磐田市で土地探しをしていらっしゃる方の中には、「自然豊かな地域で生活したい!」「休日に家族でステキな...

2019.06.24

豊田町駅のある磐田市立野地域が子育てにおすすめな3つのポイント

これから静岡県磐田市への引っ越しをご検討されている皆さん、こんにちは。新しい住宅を建てるにあたって、...

2019.06.21

磐田市中泉地域は駅周辺なのに地価が安いって本当?

「夫の仕事の関係で磐田市に引っ越すことになった」「子どもはもうすぐ小学校に入学する」「家族で生活する...

2019.06.20

掛川市大坂地域にある生活に便利な施設とは?

静岡県掛川市で土地探しをしていらっしゃる皆さん、こんにちは。皆さんの中には、「掛川市で新たに家を建て...

2019.06.19

掛川市中央・下俣地域で暮らす3つのメリット

「掛川市内に新築住宅を建てたい!」「家を建てることは決まったけれど、どの辺が暮らしやすいのだろう」新...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!