• 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
太陽光発電パネルはどの方角に設置する?

category:

ブログ

date:

2019.02.13

前回(https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog/2019/0212/)、太陽光発電の売電価格の値下がりリスクとそれをクリアする方法についてお話をさせていただきました。

今回は、実際の設置方法についてのお話しです。

 

ここでクイズです!
太陽光発電パネルの設置面で、一番発電の効率が良い方向はどの方角だと思いますか?

答えは、南面。

平松建築でももちろん、設置場所は屋根の南面一面に設置することをお勧めしています。

東西面になると発電量は15%低下し、北面だと40%も低下してしまいます。

東西面や北面への設置は、パネルの光が隣家や後ろの家へと反射してまぶしくなって訴訟問題に発展してしまう事例もあるため、慎重に配慮する必要があります。

 

パネルの枚数はあまり少ないと効率が悪くなってしまうため、5kw~6kw程度は載せたいところです。

設置面積が確保できる屋根の形状としては、片流れ屋根が最も効率的ですが、切妻屋根でも南面を大きくすることで確保できます。

 

平松建築では太陽光発電についても、ライフプランから逆算して、その人に合った間取りの大きさ、それに対する最も効率の良い太陽光発電の出来る屋根の形状を導き出します。

長い目で見て最適なプランを考え、老後もお金の心配なく安心して暮らせる家づくりをすることが、長寿の現代で必要とされているのではないでしょうか。

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2022.09.01

オシャレで便利な収納ワザ「ニッチ収納」

お部屋のインテリアも楽しめる収納ワザ  我が家を平松建築で建てた、広報担当の松浦...

2022.08.15

【スタッフ紹介】梅津ってどんな人?

【はじめに】 はじめまして。平松建築の梅津と申します。 今回はじめて平松建築のブ...

2022.08.01

「夏も快適に過ごす」住宅性能の話。

夏に気にしたい住宅性能のポイント 我が家を平松建築で建てた、広報担当の松浦です。 ...

2022.07.13

【太陽光発電】知らないと損する太陽光パネルの条件

知らないと損する太陽光パネルの条件 平松建築株式会社代表の平松明展です。 &nb...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!