メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
年を重ねるごとに魅力も増す建材選びのアドバイス

category:

ブログ

date:

2018.12.14

100年住める家と考えれば、長い長いお付き合いになります。

最初に安くても、後々メンテナンスが必要だったり、交換が必要だったりしては、結局、高くつくことになりますよね。

長持ちする素材を選ぶことも家づくりの大事なポイントです。

 

例えば外壁材は、金属サイディングのガルバリウム鋼板を主に使っています。

イニシャルコストがかかっても20~30年ほどはメンテナンスが不要でコストを抑えることができます。

景観を考えると塗り壁も魅力的なのですが、塗り壁は職人さんの施工費用が必要になるので高くつきますし、小まめなメンテナンスに生涯コストとして約300万円を見ておきましょう。

このお金を老後に取っておくかどうかは、ライフプランをみて見極めてください。

 

建材のこだわりとして他に、県産材の天竜杉や天竜ヒノキなど、地元の材料、地元の企業を意識して使うようにしています。

輸送距離が抑えられることは、コスト的にも地球エネルギー的にもメリットがあります。

ちなみに、平松建築は収納の内側も杉板で仕上げています。

布団や洋服といった身にまとうものに、化学物質が吸着しないよう、見えないところも気遣っています。

 

私たちの家づくりは、年を重ねるごとに魅力が増していく自然素材を使いながら、長い目で見て良い家とご納得いただけるものを手掛けていきますのでどうぞご期待ください。

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2019.04.25

健康住宅は施工方法にもこだわりたっぷりです

今日は通気断熱WB工法の施工方法の説明をしますね。勾配天井なりに、高性能断熱材のフェノバボード60ミ...

2019.04.24

家の寿命と通気の関係を知っていますか?

今日は、壁や屋根の通気の考え方を紹介しますね。家の寿命に大きくかかわってくる部分です。外壁の外側通気...

2019.04.23

家づくりから考える3つの電気代対策

電気代がかかる原因を考えてみましょう。①給湯お風呂や、洗面所、キッチン等で使うお湯に使われる電気。②...

2019.04.22

健康空間を作るために大事な4つの要素

 シリーズでお届けしている平松建築の家づくり学。今回は、ドイツ発祥の「建築生物学(バウビオ...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!