メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
もし90歳まで今の家に住み続けたらいくらかかるでしょう?

category:

ブログ

date:

2019.04.08

平松建築ではモデルハウス見学会などで具体的に家づくりにかかるお金を試算して、どんな家にしたら良いのかをアドバイスしています。

その際に、みなさまにお伝えしているのが「生涯住居コスト」という考え方です。

生涯住居コストとは、今から老後までの期間、住まいにどのくらいのお金をかけているかを表す言葉です。

例えば33歳の方が、家賃7万円の賃貸住宅に家族でお住いの場合を考えてみましょう。

90歳までそのまま今の家に住み続けた場合には、生涯住居コストは4,788万円。

意外にたくさんのお金がかかることがわかります。

■33歳から90歳まで家賃7万円の賃貸物件に住んだ場合■


【生涯住居コスト】=57年×12か月×7万円=【4,788万円】

これだけお金がかかってしまうと、今すぐローコスト住宅を建てた場合と比べてもさほど差が出ない場合もありえます。

また、インフレ率などを考慮するとさらに500万円ほどかかってしまう可能性も考えておかなければいけません。

そう考えると、太陽光発電による売電収入が見込め、光熱費の削減も期待できるWB工法で家を建てた場合と比べると、生涯住居コストが数千万円も高くなってしまうケースも大いにありえます。

同じように生活していたはずなのに、世帯によっては数十年後に貯蓄額に大きな開きが出てしまうのは、生涯住居コストが原因かもしれません。


ご自身の生涯住居コストを考えてみたい方は、ぜひ一度ご相談ください。

30分程度で、あなたの生涯住居コストを検討することができますよ。

次回の家づくり学では、具体的にWBハウスとローコスト住宅を建てた場合の生涯住宅コストを比較してみましょう。

「良い家は安い」ことがきっとわかると思います。どうぞお楽しみに!


LINE@で学べるデジタル教科書はこちら
http://www.hiramatsu-kenchiku.jp/digitaltextbook/

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2019.05.20

「耐震等級」って知っていますか?わかりやすく説明します!

みなさん、こんにちは。家を建てる時に気になることの1つが耐震性能ではないでしょうか?その耐震性能を計...

2019.05.17

知らないと危険!?構造計算なしの家に潜む危険性って?

みなさん、「構造計算」をご存知ですか?これは家にかかる様々な力を想定し、それに耐えうる強度を持たせる...

2019.05.16

聞いたことはあるけど…「耐震構造」って結局何?

耐震強度偽装問題をテレビで取り扱ったこともあり、「耐震構造」という言葉を聞いたことのある方は多いかと...

2019.05.15

地震に強い「モノコック構造」のメリット・デメリット

地震の多い日本で家を建てるのなら、意識しなければならないのが「耐震面」だと思います。長く安心して暮ら...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!