メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ

バイクガレージで家事楽の家

一人目のお子さんが産まれたのをきっかけに家づくりを決められたA様。ご夫婦の趣味であるバイクをいじれるインナーガレージを中心に家づくりがスタートしました。

バイクガレージ

ガレージには、バイクと共に車も収納しています。お買い物帰り、雨の日も電動シャッターで車の中からスイッチ一つでオープン。車を停めたらガレージ内の勝手口からキッチン横のパントリーに直接アクセスして、雨に濡れることなくキッチンまでラクに荷物を運び入れることが出来ます。

週末ガレージでバイクいじりをしていると、ご主人の男友達がふらりとやって来ることも多いそう。プライベートな空間とは扉で仕切られているため、ガレージでのおしゃべり声が隔離され、ご家族もお友達も気兼ねなく過ごしていただけそうです。

自由にカスタマイズ出来る壁にはバイクの部品を飾って、暮らしを楽しんでいらっしゃることが伝わってきます。

薪ストーブ

A様からのリクエストは前回ご紹介したインナーガレージの他に、薪ストーブでした。子供たちと一緒に薪割りをするスローライフを楽しみたいとのこと。外には薪小屋もあり本格的です。

内観は薪ストーブに似合うものをイメージして、自然の木をふんだんに使い温かい印象に仕上げました。

スキップフロア

A様邸の特徴はスキップフロア構造であること。小屋裏のようなロフトまで行かずに階段の踊り場に高さ1400㎜の中間層を設け収納を作りました。かさ張るものなどの荷物が運びやすくなるよう階段の幅を通常より300㎜広く取り、荷物が運びやすいことも重宝するポイントです。

スキップフロアにする利点はまだあります。階層が増えると建物の外側面積である外壁が大きくなりコストアップするだけでなく、広い空間には光熱費も余計にかかってしまいます。そこで微妙な調整をしてスキップフロアにすることで、本来なら生まれないはずの空間を生むことができ、あまりコストアップをせずに間取りを増やすことが出来ます。

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!