メニュー

  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ

category:

ブログ

date:

2019.09.13

住宅購入を検討する際に必要なことは主に2つあります。その2つとは「生活利便性」と「交通利便性」です。

生活利便性とは日常生活を営んでいく上で便利かどうかということで、交通利便性は駅までの近さや通勤・通学のしやすさといったことです。

では、浜松市中区はどうでしょうか。

浜松市の中区に住宅購入を検討している人は中区にどのような施設があって、駅やオフィスが近くにあるかといった点を注意して知っておきましょう。

そこで今回は「浜松市中区の商業施設」についてご紹介していきます。

【浜松市中区の商業施設について】

浜松市中区の生活利便性はどうでしょうか。一般的にたくさんの商業施設があるエリアは買い物に困らないため生活利便性は高いと言えます。

中区にはたくさんの商業施設があります。大きな商業施設として代表的なのが「ザザシティハママツ」と「アクトタワー」です。

商業施設1:ザザシティハママツ
ザザシティハママツは中区にある複合商業施設です。ザザシティハママツは西館と中央館の2つの施設があります。

上部はどちらも分譲マンションになっていて、下のフロアは商業施設があります。

そこで服を購入したり映画を見たりといった娯楽を楽しんだり、生活品が購入できたりします。

中央館には有名な店でいうとモスバーガーやサーティワンアイスクリームがあります。

商業施設2:アクトタワー
アクトタワーはオフィス・ホテル・ショッピングやレストランが揃った東海地方を代表する複合施設です。

レストランとカフェかフロアには和食、中華料理、インド料理といった様々な種類のレストランがあります。

またカフェも数店舗あり充実しています。

ショッピングエリアにはインテリアや健康・美容その他サービスが充実しています。

アクトタワーはA~Dゾーンと4つのゾーンに別れており、Aゾーンにはホールコングレスセンターがあり、Bゾーンでは212メートルになるビルがあり、Cゾーンは展示イベントホールがあり、Dゾーンでは浜松市博物館、研修交流センターといった施設があります。

 

以上のように、中区は商業施設があるため生活利便性が高く買い物は気軽にできます。

また、中区にはたくさんのオフィスビルが建設されているため、中区で働く人にとっては交通利便性も非常に優れた場所になっています。

住宅購入を検討する際に考えるべき土地の利便性である「生活利便性」と「交通利便性」のどちらも満たしているため、ぜひ中区を検討してみてはいかがでしょうか。

category:

ブログ

date:

2019.09.12

引越しを検討している方がよく気になっている点は「その場所に観光地や名所があるか」といった点です。

住んでいる地域に観光地があると、週末のお出かけの時に気軽に訪れることができ、観光地は大体交通が整備されているので交通利便性が高くなります。

浜松市の西区にも観光地や名所と言った場所があります。

今回は「浜松市西区の観光地・名所」についてご紹介していきます!

【浜松市西区の観光地・名所について】

浜松市の西区には大きな娯楽施設が3つあります。それぞれの特徴をご紹介していきます。
娯楽施設1:浜松市動物園
浜松市の西区には浜松市動物園という動物園があります。

浜松市動物園の特徴としては「霊長類の展示の多さ」です。

国内では最大級で、70種類近く約1000匹の霊長類がいます。これは日本モンキーセンターの次の規模になります。

具体的にはニシローランドゴリラやスマトラオランウータン、そしてゴールデンライオンタマリンなどがいます。

霊長類だけではなく、ミニサファリ形式の第放牧場や動物ふれあい広場、そしてこんちゅう館などの教育施設としても立派な役割を果たしている動物園であるという点が非常に特徴的です。

娯楽施設2:浜松市フラワーパーク
通称ははままつフラワーパークと呼ばれ、総面積30万m2の植物園です。

約3000種、10万本の木々が植えられている大規模な植物園となっています。

季節によってそれぞれいろいろな景色を楽しめます。

例えば春の季節であったら花梅や桜、フクジュソウやシャクナゲモドキ、スイセンなどがみられて、とても見応えのある植物園となっています。

娯楽施設3:浜名湖オルゴールミュージアム
こちらの施設は日本で唯一のロープウェイに乗った先にある100年ほど前のアンティークオルゴールや自動演奏ピアノ、自動演奏オルガン、オートマタといった楽器を展示している自動演奏楽器の博物館になっています。

オルゴールの実演会なども実施しており、これを聞くことによってオルゴールの魅力や自動演奏楽器について知ることができます。

 

以上のように浜松市の西区では観光地は3つあり、どれもお子様が楽しめるような施設になっています。

またこれらの施設は教育にも適しており、動物園や植物園を通してたくさんの動物や植物に触れて様々な感性を育むことができ、オルゴールミュージアムでは楽器の持つ美しさや荘厳さを実体験として学ぶことができます。

どの施設も行く価値のある施設なので、西区で住宅購入すると気軽に訪れ、お子様がたくさん学べる機会を作れるようになるでしょう。

 

category:

ブログ

date:

2019.09.11

お子様が成長して行くにつれて今の住宅がだんだん狭く感じてきたという理由で引越しを決心するという方が多くいらっしゃいます。

転校はさせたくないからお子様が小学校に上がる前に住宅を購入するしようとするときに、どの場所に住宅を構えるかは非常に重要なこのです。

満足の行く一軒家生活を送るためには、どういった場所が住むには適切かを判断する必要があります。

静岡県に住もうと考えたときに静岡市や浜松市が良く挙げられますが、ほかの地域にも魅力的な場所は多くあります。

そこで今回は「袋井市愛野のイベント・スタジアム」についてご紹介していきます!

【袋井市愛野のイベント・スタジアム】

一軒家を構えようと検討するときに考えなければならないことはたくさんありますが、お子様の教育や娯楽についても魅力的な場所に住むことによって楽しい生活を送ることができます。

袋井市の愛野には生活をより豊かにできるイベントスタジアムがあります。それがエコパスタジアムです。

エコパスタジアムは愛野駅徒歩で15分ほどの場所にあります。車で行くのであれば掛川インターチェンジから約8分、袋井インターチェンジから約14分ほどかかります。

愛野に住むとこのスタジアムに気軽にけるようになります。

このエコパスタジアムに気軽に行けることの何がいいのかというと、エコパスタジアムには様々な催し物が行われるので、何回行っても飽きないのです。エコパスタジアムについて説明しますと、このスタジアムは収容人数が5万人という大きさであり、これは県下最大の多目的競技場になっています。

スポーツをはじめとして、音楽や文化・芸能といったイベントの舞台として活躍しています。

愛野に住んでいると、休日にどこに遊びに行こうかと悩む必要なく気軽にエコパスタジアムを選択できるといったメリットがあります。

また、先ほどもご紹介しましたがスポーツだけではなく、音楽や文化、芸能といった様々なジャンルが楽しめるため、お子様の感性がより豊かになるといった教育的な面でのメリットがあります。

また、エコパアリーナという場所もあり、こちらもコンサートや展示会・講演会といった目的で利用されており、いろんなものを体験できる場所になっています。

以上のように、袋井市の愛野にはイベントをするための大きなスタジアムやアリーナがあり、大人も子供も楽しめるイベントがたくさん行われています。

家族で盛り上がり、家族の関係がいつまでも円満に続くためにはこういった施設を利用して行くこともたいせつです。

また、愛野には愛野駅があるので、通勤の利便性も高いのが魅力的です。

引越しを検討している方はぜひ一度、愛野も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

category:

住宅の温度

date:

2019.09.11

平松建築の小野です。

9月になりましたが夏に逆戻りしたかのような日も多く、まだまだ厳しい残暑が続きますね。

平松建築で建てた家の室温はどんな感じになっているでしょうか?

9月の記録を発表します。

 

■過去のデータ

1月の投稿はこちら

2月の投稿はこちら

3月の投稿はこちら

4月の投稿はこちら

5月の投稿はこちら

6月の投稿はこちら

7月の投稿はこちら

8月の投稿はこちら

全月まとめたスプレッドシートはこちら

 

 

 

私の家と、平松建築の家のグレード ※2月の投稿と同じです

■■■ 以下は2月の投稿と同じ内容です ここから ■■■

私の家は 2016年7月 に引き渡しを受けた、

WBグレード の家です。

なので、2019年2月時点でおよそ2年半暮らしています。

 

「WBグレード」ってなんだ?という話になると思いますので、

平松建築の4つのグレードについて簡単に説明します。

 

■グレード一覧

・エナジーハウス

・WZグレード

・WBグレード

・シンプルグレード

 

■シンプルグレード

長期優良住宅に適合した家

基本サッシはサーモスII-H

構造材が集成材105mm角

許容応力度計算の実施

コーチパネル

耐震等級3

 

■WBグレード

シンプルグレードに加え、

WB工法

断熱材ネオマフォーム

 

■WZグレード

WBグレードに加え、

基本サッシがサーモスX

構造材が県産材の120mm角

断熱材ネオマフォームの厚みアップ

 

■エナジーハウス

WZグレードに加え、

家中を浄水するセントラルウォーター

家中をアーシングするオールアース

プラチナチタン触媒 エアープロット

 

 

グレードによってこのような違いがあります。

 

また、今年2019年以降に契約された方で、

WZグレード以上の物件では、HEAT20のG2グレード

この地域(地域区分6)のUA値0.46をを基準としています。

 

HEAT20についてはこちら

 

■■■ ここまでが2月の投稿と同じ内容です ■■■

 

 

 

測定条件と当日の室温/外気温

・FLIR E4を初期化後、表示色だけレインボーに変更

・温度バーはオート表示 ※固定表示ではない

・毎月10日の朝6時頃から撮影開始

・手動撮影なので月ごとに撮影ポイントは微妙にずれます

 

はじめは温度計です。

数字が見づらいですが、

室温29.9℃、湿度61%、外気温26.8℃となっています。

 

右側の温度バーの見方ですが、この写真の場合は

一番温度が高い温度が36.1℃、

一番ひくい温度が27.8℃になっていて、

黄色と緑の間くらいがちょうど真ん中くらいなので

(36.1+27.8)÷2 で計算すると、

写真の中で見える黄色と緑の色あたりの温度が

だいたい32℃くらいとなります。

 

中央値:32℃ という感じで各画像の上に書きます。

 

温度バーが固定表示ではなくオート表示という設定のため、

写真ごとに色と温度が違っている点はご注意ください。

例)ある写真では赤いところが18℃くらい

別の写真では赤いところが12℃くらい など

 

我が家の9月11日の朝6時過ぎの外気温は26.8℃ということですが・・・

これを見るとこの日の朝6時は27.1℃ということなので、

気象庁で確認できる温度と比べると、少し低いですね。

 

 

では早速、各部屋を回ってみます。

※以下は空調なしの状態で撮影しています

 

 

 

各部屋の温度

■01.リビング(南東から北西に向かって撮影)

中央値:32.8℃

 

■02.リビング(南面の窓)

中央値:31.2℃

 

■03.室内側から見た勝手口

中央値:30.9℃

 

■04.リビング(南西から北東に向かって撮影)

中央値:31.1℃

 

■05.キッチン

中央値:32.8℃

 

■06.リビング(北西から南東に向かって撮影)

中央値:31.3℃

 

■07.リビング(北東から南西に向かって撮影)

中央値:31.9℃

 

■08.寝室

中央値:33.1℃

 

■09.ウォークインクローゼット

中央値:31.5℃

 

■10.子ども部屋

中央値:31℃

 

■11.トイレ

中央値:31.1℃

 

■12.洗面脱衣室

中央値:30.5℃

 

■13.風呂

中央値:30.2℃

 

■14.リビングから玄関に向かう引き戸

中央値:29.1℃

 

■15.玄関から見たリビング

中央値:33.4℃

 

■16.室内側から見た玄関ドア

中央値:32.1℃

 

■17.外から見た玄関ドア

 

中央値:28.6℃

 

■18.外から見た家の東面

中央値:27.6℃

 

■19.庭から見た南面の窓
中央値:27.7℃

 

■20.外から見た勝手口

中央値:29.1℃

 

 

 

感想を聞かせてください

我が家の温度を写真と数字で見てみて、

どんな感想をもったでしょうか?

 

「まあこんなもんか」

「うちと全然違う」

「快適そうだな」

 

など、いろんな感想があるんじゃないかと思いますので、

是非聞かせていただけると嬉しいです。

その際、もっとこんなデータもありませんか?

など気になっているものがあれば、要望いただければ

できる範囲で調査もいたします。

 

 

 

展示場・モデルハウス案内

さて、いざ撮影して記事にしてみると、何となく伝わるかな?

という感じはしているのですが、

やはり人から聞いたり数字や写真で見るのと、

その場に足を運んで実体験するのでは違うと思います。

 

そこで、もし興味があれば

平松建築の家で実際の温度や空気感を体験してみませんか?

 

 

平松建築には、ここで紹介した浜北展示場と、

磐田展示場の2つの展示場があります。

どちらも住宅展示場内にあるモデルハウスではなく、

実際に人が住んでいる家を展示場のため、

ご予約いただいたうえで住所をご案内しています。

 

ここでは温度に特化した内容で紹介しましたが、

実際の家は温度に加えて空気もきれいで、

とても快適な住環境になっていますので

ぜひ体験に来てください。

なお、浜北展示場は平屋、

磐田展示場は2階建てとなっています。

 

平松建築への問い合わせは、

以下3つのうち使いやすいものでお問い合わせください。

 

 

 

①LINEから問い合わせる↓

こちらから平松建築のLINE@にご登録いただき、

ご連絡いただければ日程調整をさせていただきます。

 

 

 

②問い合わせフォームから問い合わせる↓

お名前 *
メールアドレス *
見学されたい場所 *
希望日程について

例)平日希望で、できれば午後13時-17時の間 など

事前に何か聞きたいこと等あればご記入ください

 

 

 

③電話で問い合わせる↓

※図をタップで電話できます

「展示場を見学したいんですが」とご連絡いただければ、

日程調整させていただきます。

 

お問い合わせはどの方法でも構いませんので、

お気軽にお問い合わせください。

また、展示場に限らず平松建築に興味がある場合も

どうぞ遠慮なくお問い合わせください。

category:

ブログ

date:

2019.09.10

今の賃貸マンションでは手狭になってきたから子供が小学校に入る前に引っ越してしまおうという方が毎年多く静岡にいらっしゃいます。

静岡と聞くと主要な都市が静岡市と浜松市の2つを思い浮かべる方が多いと思います。実際静岡県に住んでいる多くの方が静岡市と浜松市に通学・通勤しています。

そのため、引越しをするのであれば静岡市か浜松市が主流になっていますが、ほかにもすみやすい土地はいくつかあります。

その中の1つである、「袋井市高尾」の通勤・通学情報についてご紹介していきます!

【袋井市高尾の通勤・通学情報】

引越しをするのであれば考えなければならないことはたくさんありますが、一番気をつけておきたいことは「通勤・通学が便利かどうか」ということでしょう。

実際に交通利便性が高い場所は生活が非常に便利のため人気があります。そのため、静岡市や浜松市に人が集まる傾向があるのですが、実は袋井市の高尾も交通利便性が非常に便利な都市なのです。

なぜかというと、袋井市高尾には袋井駅があり、袋井駅は静岡や浜松市に向かう電車が出ているため、静岡の主要都市へのアクセスが非常に便利です。

だいたいどのくらいの時間がかかるのかというと、浜松市に行くのにかかる時間はだいたい20弱で着きます。静岡駅に行くためには東海道本線で1時間弱で到着します。

乗り換えがなくどちらも一本で行けるというアクセスが良い地に袋井市はあるのです。

通勤の利便性に注目する一方で、お子様が通う学校へのアクセスがいいのかどうかも知っておく必要があるでしょう。

お子様の通学に不便な場所に住むと毎日通うのにストレスがかかってしまいます。袋井市の高尾では、小学校が多いだけではなく保育園の数も多いため、教育環境は非常に充実していると言えます。

袋井市のどの場所に住んでいたとしても各所に学校があることもあり、通学しやすいことに加えて、それだけ多くの小学校があるということはたくさんの児童がいるということなので、たくさんの人の中でのびのびと成長していける環境であると言えます。

 

以上のように袋井市の高尾では、通勤の利便性の観点から見ても浜松市に会社があっても静岡市に会社があってもどちらへも一本で行けるといった便利さがあるし、お子様の通学の利便性から見ても、たくさんの小学校や保育園があるので、教育環境は充実しています。

通勤や通学の利便性を考えて主要都市の静岡市や浜松市にするのではなく、どちらも比較的気軽に行けて、たくさんの教育施設がある袋井市に住宅建設を検討して見てはいかがでしょうか。

 

category:

ブログ

date:

2019.09.09

賃貸に住んでいる方でお子様がいらっしゃる場合には、賃貸では手狭に感じている方もいらっしゃいます。

磐田地区への引越しを検討しているが、お子様がいらっしゃる場合は子育ての利便性がどうであるかを知っておく必要があるでしょう。

磐田市、磐田地区の保育園・幼稚園がどのような子育ての取り組みをしているか知っておくことで安心して引越しをすることができるでしょう。

そこで今回は「磐田市磐田地区の幼稚園・保育園の子育ての取り組み」についてご紹介していきます。

【磐田市磐田地区の幼稚園・保育園における子育ての取り組み】

磐田市は平成27年度より実施された子ども・子育て新制度によって現在の子育て環境に対する課題に対応してきました。

子ども・子育て新制度とは子育てにおける課題を解決するためにできた取り組みです。

大きく分けて子育てに関する課題は3つあり、1つ目は親の働く状況の違いにかかわらずに質の高い幼児の学校教育・保育することができるという要望にどう対応するのかです。

課題の2つ目は核家族化や地域での人間関係が希薄になったことによって家庭や地域の子育て力が低下しているという課題です。

3つ目は待機児童をどうするのか、少子化によって保育施設がなくなった地域をどう対処するのかという課題です。

これに対して磐田市で幼稚園や保育園の数が多い磐田地区は新制度が制定されることによって、幼稚園や保育所を利用するにあたっての手続きが変わりました。

これによって、施設を利用するためには教育・保育の必要性に応じた認定を受ける必要ができました。

認定の種類は3種類あり、満3歳以上の就学前の子供が対象になる1号認定、満3歳以上で保護者の労働や疾病などによって保育を必要とする子供を対象とした2号認定、満3歳未満で保護者の労働や疾病などにより、保育を必要とする子供を対象とした3号認定のどれかに認定されます。
2号認定や3号認定を受ける方はさらに2つに区分されます。

フルタイム就労を想定した利用可能時間の保育標準時間とパートタイム就労を想定した利用可能時間の保育短時間の2つです。

以上のように、磐田市では教育状況の改善のために認定の制度を導入して、子供の年齢や親の状態に合わせて対策をしています。

こうして親の状態にかかわらずに高い保育を提供している磐田市は保育の環境として大きなメリットがあります。

また、磐田市の中でも磐田地区は保育施設が充実しているので、安心して教育を受けることができます。

住宅購入をしているなら、高い保育環境を提供している磐田市を検討してみてはいかがでしょうか。

category:

ブログ

date:

2019.09.06

皆さんは子育てに必要なものが何かご存知ですか?
幼稚園や小中学校。
確かにそれも欠かせないものです。
しかし、それと同じくらい大切なものがあります。
それは自然です。
お子様に元気でいてもらうためには、体を動かせる環境が不可欠でしょう。
休日はお子様と一緒に出掛けて、家族全員で健康促進ができるようにしませんか。
今回は、静岡県の中から、特に自然が豊かな磐田市富士見の自然が豊かな環境についてお伝えします。

・桶ヶ谷沼

桶ヶ谷沼は静岡県磐田市の市街地近くにあります。
この桶ヶ谷沼には、秋に足を運んでください。
なぜならば、桶ヶ谷沼には日本で最も多くの種類のトンボが生息しているからです。
沼を囲っているアシ原の上にはギンヤンマが。
水草にはベッコウトンボ、隣接した林にはマルタンヤンマ。
桶ヶ谷沼には、かつての日本にあった沼地の豊かな環境が残っているのです。
勿論、秋以外にも訪れることができます。
時の移ろいを感じられる良い場所となるでしょう。
まずは国内の3分の1のトンボが集まる秋に、訪れてみてはいかがでしょうか。

・つつじ公園

つつじ公園は昔から、市民の憩いの場として親しまれてきました。
公園の名前にもなっているように、園内には多くの花があります。
3月下旬から4月上旬ではソメイヨシノやシダレザクラ。
4月中旬から5月上旬からはキリシマやミヤマ、カガ、モチといった3,500株ものツツジが咲き誇るのです。
園内には花だけでなく、滑り台やネットクライムといった複合遊具や休憩室もあります。
桜の季節に行くのが、つつじ公園の良さを満喫できるでしょう。
春になったらつつじ公園に足を運んで、春の訪れを味わいませんか。

・竜洋昆虫自然観察公園

竜洋昆虫自然観察公園では、失われていく自然にいた昆虫や草花と触れ合うことができます。
雑木林にはカブトムシやクワガタ、小川の周りにはチョウやトンボ、池にはメダカや水生昆虫。
季節によって見られる生物が変わるため、いつにいっても違った顔を見せてくれることでしょう。
また、誰もが楽しめるイベントも開催されています。
昆虫の採取や観察だけでなく、竹細工やアクアリウムの作成など、なかなか体験できないことができるため、お子様と相談して、イベントに参加してみてはいかがでしょうか。

今回は、磐田市富士見にある自然が豊かな環境を3つご紹介しました。
自然には学びの場が無限に存在します。
今回ご紹介したような環境に足を運んで、お子様の健やかな成長を期待しましょう。

 

category:

ブログ

date:

2019.09.05

「子育て支援してくれる地域に住みたいなぁ」
お子様がいらっしゃるご家庭では、このような思いを抱かれているのではないでしょうか。
地域によって、子育て支援に対する政策は異なります。
子育ては一筋縄ではいきません。
できる限り行政の力を借りて、苦労せずにお子様を育てたいですよね。
そのような方々にオススメしたい地域があります。
それは、静岡県磐田市磐田地区です。
この地域は、子育て支援や公園が多いため、子育てに向いています。
では、具体的にどのような政策があるのでしょうか。
早速見ていきましょう。

・子育て相談員の派遣

子育てには様々な不安が付きまといます。
そのままだと育児に安心して取り組めませんよね。
そのような状況を回避するために、磐田市では子育て相談員派遣事業が実施されています。
子育て相談員は、妊娠中から出産してからあまり時間が経っていないお母さんが、落ち着いて子育てができるように、各家庭を訪問して、お子さんの見守りや育児についてのアドバイスなど尾をしてくれるのです。
この制度を利用できるのは、市内に住所を有しており、産前6週間から出産してから120日以上までの間で、親族や他の人から育児援助を受けられない妊産婦とされています。
同居している家族が就労などによって、子育て支援を受けられない妊産婦も対象となるのです。
初めての育児や、この土地に着て間もない人は、積極的に利用してみてはいかがでしょうか。

・子育て支援センター

磐田市には多くの子育て支援センターがあります。
ここでは、子育てに関する不安や悩みごとを相談することができるのです。
室内にはプレイーコーナーもあるため、お子様と一緒に相談をしていただけるでしょう。
相談だけでなく、各種イベントも開かれています。
それらに参加することで、同じ悩みを抱えているお母さんと知り合いに慣れるかもしれませんね。
子育ては誰だって不安に感じるものです。
同じ状況の友人を増やして、協力しながら育児ができるようにしませんか。

今回は、磐田市磐田地区の子育て支援の取り組みをご紹介しました。
磐田市磐田地区では、これらの他にも多くの子育て支援が行われています。
一度、磐田市のホームページや役所に足を運んで、どのような支援が受けられるかを調べてみてはいかがでしょうか。
勿論、全ての支援を受けられるわけではありません。
受けられる人の条件などがあります。
しっかりと情報を調べて、少しでも子育ての不安や苦労を少なくできるようにしませんか。

category:

ブログ

date:

2019.09.04

皆さんは掛川市の観光スポットである花鳥園をご存知ですか?
「見たことはあるけど、入ったことはないなぁ」
このような方もいらっしゃるかもしれませんね。
花鳥園では、他の施設では見られないような動植物たちと触れ合うことができるのです。
今までに無いような出会いがあるかもしれませんよ。
これを機に、花鳥園に足を運んでみてはいかがでしょうか。
今回は、静岡県掛川市駅南エリアにある花鳥園についてご紹介します。

・花鳥園とは

花鳥園はその名の通り、「花と鳥とのふれあい」を楽しめるテーマパークです。
広大な敷地の中に大温室や水連プールだけでなく、池や牧場までも備えています。
これほど施設が充実している環境はないでしょう。
また、ガラスハウスには冷暖房が完備されているため、どんな天候、どんな時期でも快適かつ安心して園内を楽しむことができるのです。
思う存分、花と鳥とのふれあいを楽しみましょう。

・花鳥園の見どころ

花鳥園では、様々な体験をすることができます。

1つ目は、鳥と間近に触れ合えることです。
花鳥園で暮らしている鳥たちは、ケージや織の中に入っていないため、直接触れ合うことができます。
そのような環境での動物との触れ合いに慣れている人は少ないため、最初は恐怖感を抱かれるかもしれませんね。
しかし、時間の経過とともに可愛らしく見えてくるでしょう。
餌やりをすることもできるため、自分の手から餌を食べる鳥たちを間近で見られるのです。
今までなかった鳥たちとの触れ合いを味わってみませんか。

2つ目は一年中咲き誇る花たちです。
花鳥園では、一年中、どの季節に来ても色とりどりの花を楽しむことができます。
数ある花の中でも、温室内の天井から釣り下がるインパチェンスという花の景色は圧巻の一言です。
また、スイレン池では、豊富な品種のスイレンが展示、栽培されています。
自分が今まで見たことのないスイレンと出会ってみませんか。

3つ目は、バードショーです。
バードショーでは、様々な鳥たちが観客の近くを低空飛行したり、その鳥ならではの特技を見せてもらえたりします。
ここでは、フクロウやハリスホークという鷹などの珍しい鳥たちが私たちを楽しませてくれるのです。
バードショーを通じて、園内で見た鳥の違った側面を実感してみませんか。

今回は静岡県掛川市の観光スポットである花鳥園についてご紹介しました。
花鳥園の他にも、その近くには様々な観光スポットがあります。
まずは花鳥園を手始めに、色々な所に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

category:

ブログ

date:

2019.09.03

理想の家を建てただけでは、理想の生活はできません。
なぜなら、日々の生活には生活環境が大きく影響するからです。
どんなに住み心地の良い家でも、生活環境のことが配慮されていなければ、大変な日々を過ごすようになるでしょう。

生活環境の中でも子育て環境には、特に注意しましょう。
子育て環境が変われば、お子様の人生が大きく変わりますよ。

これを機に、子育てしやすい環境で理想の家を建てるための準備を始めませんか。
今回は、静岡県の中から子育てに力を注いでいる掛川市の駅南エリアの環境についてお伝えします。

・掛川市の「子ども」の視点

掛川市には、「掛川市子ども・子育て支援事業計画」があります。
そこでは、「子どもが健やかに生まれ育つまち掛川」という基本理念が掲げられていて、それを3つの視点が捉えています。
その内の1つが「子ども」の視点です。

掛川市は、子供から見たこの地域を「すべての子どもが『生きる力』を身に着けることができるまち」にすることを目標にしています。
具体的には、子供一人一人がかけがえのない存在として、心身ともに健康に育てられ、愛着の形成や他者との関わりによって、社会性や自立心が育成されることにより、生きる力を身に着けられるまちのことです

実際に、市内にある地域健康医療支援センターでは月に1度の子育て相談日を設け、子育ての不安解消や仲間づくり、世代間交流が図られています。
その他にも、親子のかかわりを増やすために、6ヶ月児相談での親子遊び、図書館との共催によるブックフォローなどを行っているのです。
これら以外にも様々な取り組みが行われているため、協力してもらえる所には積極的に足を運んでみてはいかがでしょうか。

・掛川市の「家庭」の視点

掛川市は、家庭から見たこの地域を「すべての保護者が子育てや子どもの成長に喜びと希望、責任を感じることができるまち」にすることを目標にしています。
そのために、子育てコンシェルジュと呼ばれる人を増やしたり、保育施設の建設に対する補助金を交付したりしているのです。
このように、家庭教育の充実や家庭での保育支援、環境整備などを行い、家庭への支援に励んでいます

・掛川市の「地域」の視点

掛川市は、地域から見たこの地域を「社会のすべての構成員が、共同で将来の掛川市を担う人材区政に取り組んでいるまち」にすることを目標にしています。
そのためには、地域全体で子どもを育てるという意識が不可欠です。

今回は、掛川市の駅南エリアの子育て環境についてご紹介しました。
行政の政策に力を借りながら、理想の日々を過ごしていきませんか。

2019.09.13

利便性抜群!浜松市中区の2つの大きな商業施設

住宅購入を検討する際に必要なことは主に2つあります。その2つとは「生活利便性」と「交通利便性」です。...

2019.09.12

楽しみいっぱい!浜松市西区の観光地3つをご紹介

引越しを検討している方がよく気になっている点は「その場所に観光地や名所があるか」といった点です。住ん...

2019.09.11

感性豊かな子に育つ!?袋井市愛野はイベント盛りだくさん!

お子様が成長して行くにつれて今の住宅がだんだん狭く感じてきたという理由で引越しを決心するという方が多...

2019.09.11

人の家の温度がどのくらいか見てみたくありませんか? 2019年9月

平松建築の小野です。9月になりましたが夏に逆戻りしたかのような日も多く、まだまだ厳しい残暑が続きます...

2019.09.10

毎日の事だから通勤・通学が便利な場所がいい!袋井市高尾がおすすめです

今の賃貸マンションでは手狭になってきたから子供が小学校に入る前に引っ越してしまおうという方が毎年多く...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!