メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ

category:

ブログ

date:

2019.03.20

季節の変わり目、体調を崩してしまいがちという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

どんな時でも健康に過ごすことができるよう、「健康住宅」をつくることに力を入れているわたしたち。

昨年よりシリーズで、家の性能とアトピー性皮膚炎への影響についてお届けしています。

今日は「湿度」についてです。

室内の壁の仕上げにビニールクロスを使っていると、室内の余分な湿気を逃がすことができず、換気が行き届かない場所では、湿度が過剰に上がってしまいます。このように湿度が上がり過ぎると発生してしまうのが、カビです。

カビが生えると、室内にカビの胞子が浮遊するようになります。

室内を浮遊しているカビの胞子を吸い込み、肺から体に取り込んでしまうと、体はカビと戦うために免疫反応を起こします。

また、カビの胞子が肌に付着しても、免疫反応は起こります。

こうして免疫が刺激されることによって、アトピー性皮膚炎は悪化してしまうのです。


カビはアトピー性皮膚炎を悪化させてしまうだけでなく、感染症を引き起こすこともあります。

アトピー性皮膚炎によって皮膚が悪くなっている部分は、肌がもともと持っている抵抗力も落ちているため、カビに感染しやすいのです。

感染は繰り返すと、カビの作る毒素に対してのアレルギー反応も起こすようになり、鼻炎やぜんそくなど、他の病気の原因にもなってしまいます。


では、カビが発生しにくい家にするためには、どうしたら良いのでしょうか。

次回ご紹介したいと思います。

category:

ブログ

date:

2019.03.19

前回(https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog/2019/0318/)、家の性能がアトピー性皮膚炎に影響を与える最も大きな原因として、化学物質のお話しをしました。

今回は次に影響が大きいと考えられる電磁波についてです。

みなさん、家電の電源はアースを取っていますか?

アースなどの電磁波対策を行っていない家電を触っていると電磁波の影響を受けてしまいます。

電磁波によって、身体は静電気を帯びてしまい、静電気は「ほこり」を引き寄せます。

すると「ほこり」が皮膚の表面に付着しやすくなってしまい、肌の痒みを引き起こすのです。

平松建築では、パソコンを置く予定の場所には必ずアース付きのコンセントを用意します。

その他にも家づくりの際に計画して取り組みたい電磁波対策を以前ご紹介しておりますので、こちらもご覧ください。

https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog/2019/0130/
アトピー性皮膚炎だけでなく、睡眠の質にも影響を与えるといわれる電磁波。

せっかくの家づくりの際に、向き合ってみませんか。

お気軽にご相談ください。

 

次回は「家ができるアトピー性皮膚炎への対策③ 湿度」をお伝えします。

category:

ブログ

date:

2019.03.18

アトピー性皮膚炎のお子さんがいらっしゃるお家では、掃除を小まめにしたりして、苦心されていることと思います。

 

平松建築では、「家」がアトピー性皮膚炎のお子さんのためにできることがあると考えています。

「家」の性能がアトピー性皮膚炎に最も影響する要因として「化学物質」があります。

主な原因と考えられるのは、1.化学物質、2.電磁波、3.湿度、4.水(塩素)です。

今日からシリーズで家の性能でできる対策方法をご紹介します。

 

1. 化学物質

 

建材に含まれていることがあるホルムアルデヒドなどの化学物質は、シックハウス症候群の原因となります。

シックハウス症候群には、その症状のひとつに皮膚炎があり、アトピー性皮膚炎を悪化させる要因になります。

 

壁紙や合板の接着剤には化学物質が使われています。

家の素材は規格を確認しせっかくこだわったのに、持ち込まれる合板製の家具も化学物質の発生源になることをご存知ですか。

 

全ての発生源を断つことは難しい化学物質、そこで重要になってくるのが換気です。
そうとは知らずに持ち込んでしまった化学物質を家の外へ出すことが大切になります。

平松建築で行っているWB工法では、呼吸する壁が湿気と共に化学物質を取り込み、壁内の通気層を通して家の外へと排出するのです。

 

WB工法では常に換気ができていますが、だからといって隙間風が入る寒い家ということではありません。

詳しくは(https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog/2019/0122/)をご覧ください。

 

アトピー性皮膚炎に影響する原因として次回は電磁波 についてご紹介します。

category:

ブログ

date:

2019.03.15

高齢者にやさしい家は、すなわちご家族みんなに優しい家。

高齢者と暮らす予定がなくても、ご自分たちの老後に備えた家づくりをしておきませんか。

備えられることには、出入り口の段差をなくす、床材を滑りにくいものにしておく、引き戸のドアにしておく、車椅子になったときのために廊下やトイレを広くとっておく、などいろいろありますね。

備えを考え始めると、2階リビングの間取りは老後大変ではないだろうか?と心配される方もいらっしゃることでしょう。

しかし、2階に毎日上がることが、逆にトレーニングになると考えてみませんか?

階段に手すりをつけ、段の高さを抑え、踊り場を設け、安全に配慮してみてはどうでしょう。


そして、もう一つご提案が。

こうした目にみえるバリアフリー以外に、家の中の温度差をなくすバリアフリーも大切です。


平松建築のある遠州地域は温暖な地域のため、部屋ごとの温度への配慮を考えた家づくりがなされてこなかった気がします。

そのため、暖かいリビングと浴室・脱衣所の温度差が大きく、急激な血圧変化によって、心筋梗塞・脳出血・脳梗塞などの突然死を引き起こすヒートショックのリスクが、家全体を暖める寒冷地よりも逆に高かったのです。

家の断熱性能・気密性能を高め、エアコンで家全体を効率よく暖めて、温度のバリアフリーを実現することが、健康で長生きできる家づくりにつながりそうですね。家づくりは、いろんな見方を持って、柔軟に考えたいものです。

category:

ブログ

date:

2019.03.14

Q:平松建築の家づくりが向いているのは、どんな考えの人ですか?

あなたが家づくりで一番大切にしたいことは何ですか?
住み心地か、耐久性を求めるのか、デザイン・外観を優先したいのか、価格を重視するのか、何を重視するかをまず明確にしてみましょう。

平松建築では、長期視点で見たときに、一番お得になる家を目指しています。

初期価格や坪単価を重視するお客様は合わないかもしれません。

 

家族が健康に暮らせて医療費があまり掛からない空気環境、老後に建て替えする心配がない100年持つ家づくり、光熱費を削減する機能性、と長い目でみたとき結果的にお得になる家づくりをしています。


人生設計から家づくりをしたい人に平松建築はおススメです。

私たちは、より良い家づくりのために、お客様と平松建築が双方向で助け合いながら、進めていきたいと願っています。

言い換えると、建築会社に完全お任せにしたい方には向いていないかもしれませんね。

あと、スーツを着たかしこまった営業は期待しないで下さいね。

 

工務店との付き合いは、アフターサービスまで末永く続きます。

お客様自身に合った工務店がみつかりますように。

category:

ブログ

date:

2019.03.13

前回(https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog/2019/0312/)は、日本の在来種である「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」の対策についてみてきました。

今回は、在来種とは全く別の性質を持つ、外来種シロアリについてご紹介します。

・アメリカカンザイシロアリ
ついに、外来種のアメリカカンザイシロアリが浜松でも確認されました。

輸入建材と共に港より持ち込まれたと考えられます。
アメリカカンザイシロアリはヤマトシロアリやイエシロアリのように土の中に生息しません。

そのため、在来種対策として行ってきた、基礎をしっかりと作ったり、床下や壁内の通風に気を配ったりという対策が意味をなしません。

建物の上からでも、さらに乾いた木材でも加害するため、今までの対策が通用しない例外のシロアリです。

 

シロアリ対策は地域に生息するシロアリを見極め、薬剤処理の際は必要なものだけを、人やペットの哺乳類に害のないものを、きちんと選んで使うことが、家を守るだけでなく、私たちの健康を守るためにも大切ですね。

category:

ブログ

date:

2019.03.12

想いを込めて作った大切な家。

シロアリの被害は心配ですよね。

建物に被害をもたらすシロアリの主な種類が「イエシロアリ」と「ヤマトシロアリ」です。

・ヤマトシロアリ
日本全体に広く分布しているシロアリですが、湿った場所に生息し、食害力も強くはありませんが、加害場所には木材腐朽菌が持ち込まれるので注意が必要です。

日の当たる場所には出られず、通風があれば死んでしまいますし、湿気がなくても死んでしまいます。

巣も環境の変化に合わせて移動させるため、被害も大きくなりにくいシロアリです。

・イエシロアリ 


寒さに弱く、太平洋側の温暖な地域の沿岸部に生息します。

平松建築のある静岡県磐田市は海に面しています。

凶悪なイエシロアリも生息する地域です。

特に、磐田市を東西に走る国道150号線より南側地域では、イエシロアリの対策をしっかりとしておきましょう。


乾燥した場所にも水を運び、激しく加害します。

巣もヤマトシロアリに比べて大きく、一か所に長くとどまることから、食料となってしまった家の被害は大きくなります。


ヤマトシロアリ対策と同様の湿気対策と通風確保の他に、念のためホウ酸処理や薬剤処理も行っておきます。


湿気対策と通風のコントロールが出来ていれば、シロアリの被害からはほとんどが守ることが出来ます。

WB工法は1万棟の実績がありますが、シロアリ被害は未だ報告されていません。

 

しかしながら、在来種シロアリとはまったく性質の異なる外来種のシロアリが浜松でも確認されましたので、今後、気を付けなければなりません。

詳しくは次回でお話しします。

category:

ブログ

date:

2019.03.11

昔よりペットとの距離が近くなっていますよね。

家族の一員として一緒に暮らしているワンちゃん、ネコちゃんたち。

室内飼いの子たちも増えてきていることから、人とペットがお互いに気持ちよく暮らせる家づくりを考えたいと思います。

室内で犬を飼う際に気を付けてあげたいのが床です。

ツルツルと滑るフローリングは足腰に負担がかかって腰痛になってしまうワンちゃんもいます。

おすすめは無垢材の床です。

杉や松などは、柔らかくクッション性が高く、グリップもしやすい素材です。

私たち人にとっても、本物の木で出来ている床に触れていることは心地よく、化学物質の心配も減らせますね。

犬用のスペースとして広めの土間を作り、鍵がかけられる格子扉を付けたお家もありました。

完全な室内飼いとは少し違いますが、犬と人のスペースを分けることで、すぐ近くに気配は感じつつもお互いにストレスなく暮らせる一つの方法ではないでしょうか。


ネコを飼っているお家では、トイレを広く取り、ネコ用トイレも置けるようにご要望をいただきました。

ペットドアを取り付けて、ネコちゃんが自分で自由にトイレに出入りできる仕組みです。

 

またネコ専用の動線を考え、キャットウォークを設けて、頭上や壁を行き来できるようにしました。

ネコちゃんが歩く姿やお昼寝する姿があちこちで見られて、それだけでも癒されてしまいますね。

 

ペットと暮らすと気になるのが臭いですが、WB工法では壁が呼吸することで、湿気と共に臭いも壁から抜けていきます。

ペットたちは身体が小さい分、化学物質の影響も受けやすいのですが、WB工法ならシックハウス症候群が心配な化学物質も排出してしまうので、安心の空気環境を作ってあげられますね。

 

category:

住宅の温度

date:

2019.03.11

平松建築の小野です。

 

■過去のデータ

1月の投稿はこちら

2月の投稿はこちら

全月まとめたスプレッドシートはこちら

 

 

 

私の家と、平松建築の家のグレード ※2月の投稿と同じ

■■■ 以下は2月の投稿と同じ内容です ここから ■■■

我が家は 2016年7月 に引き渡しを受けた、

WBグレード の家です。

なので、2019年2月時点でおよそ2年半暮らしています。

 

「WBグレード」ってなんだ?という話になると思いますので、

平松建築の4つのグレードについて簡単に説明します。

 

■グレード一覧

・エナジーハウス

・WZグレード

・WBグレード

・シンプルグレード

 

■シンプルグレード

長期優良住宅に適合した家

基本サッシはサーモスII-H

構造材が集成材105mm角

許容応力度計算の実施

コーチパネル

耐震等級3

 

■WBグレード

シンプルグレードに加え、

WB工法

断熱材ネオマフォーム

 

■WZグレード

WBグレードに加え、

基本サッシがサーモスX

構造材が県産材の120mm角

断熱材ネオマフォームの厚みアップ

 

■エナジーハウス

WZグレードに加え、

家中を浄水するセントラルウォーター

家中をアーシングするオールアース

プラチナチタン触媒 エアープロット

 

 

グレードによってこのような違いがあります。

 

また、今年2019年以降に契約された方で、

WZグレード以上の物件では、HEAT20のG2グレード

この地域(地域区分6)のUA値0.46をを基準としています。

 

HEAT20についてはこちら

 

■■■ ここまでが2月の投稿と同じ内容です ■■■

 

 

 

測定条件と当日の室温/外気温

・FLIR E4を初期化後、表示色だけレインボーに変更

・温度バーはオート表示 ※固定表示ではない

・毎月10日の朝6時頃から撮影開始

・手動撮影なので月ごとに撮影ポイントは微妙にずれます

 

はじめは温度計です。

数字が見づらいですが、

室温18.6℃、湿度45%、外気温7.8℃となっています。

 

右側の温度バーの見方ですが、この写真の場合は

一番温度が高い温度が24.3℃、

一番ひくい温度が16.0℃になっていて、

黄色と緑の間くらいがちょうど真ん中くらいなので

(24.3+16.0)÷2 で計算すると、

写真の中で見える黄色と緑の色あたりの温度が

だいたい20.2℃くらいとなります。

 

中央値:20.2℃ という感じで各画像の上に書きます。

 

温度バーが固定表示ではなくオート表示という設定のため、

写真ごとに色と温度が違っている点はご注意ください。

例)ある写真では赤いところが18℃くらい

別の写真では赤いところが12℃くらい など

 

我が家の3月10日の朝6時過ぎの外気温は7.8℃ということですが・・・

これを見るとこの日の朝6時は8.5℃ということなので、

気象庁で確認できる温度と比べると、先月同様にちょっと寒いですね。

 

 

では早速、各部屋を回ってみます。

以下は無暖房で撮影したものとしてご覧ください。

 

 

 

各部屋の温度

■01.リビング(南東から北西に向かって撮影)

中央値:20.8℃

 

■02.リビング(南面の窓)

中央値:16.7℃

 

■03.室内側から見た勝手口

中央値:16.3℃

 

■04.リビング(南西から北東に向かって撮影)

中央値:19.9℃

 

■05.キッチン

中央値:21.0℃

 

■06.リビング(北西から南東に向かって撮影)

中央値:19.3℃

 

■07.リビング(北東から南西に向かって撮影)

中央値:17.8℃

 

■08.寝室

中央値:21.3℃

 

■09.ウォークインクローゼット

中央値:18.9℃

 

■10.子ども部屋

中央値:17.1℃

 

■11.トイレ

中央値:19.8℃

 

■12.洗面脱衣室

中央値:15.7℃

 

■13.風呂

中央値:15.2℃

 

■14.リビングから玄関に向かう引き戸

中央値:18.8℃

 

■15.玄関から見たリビング

中央値:18.4℃

 

■16.室内側から見た玄関ドア

中央値:15.3℃

 

■17.外から見た玄関ドア

中央値:7.6℃

 

■18.外から見た家の東面

中央値:7.3℃

 

■19.庭から見た南面の窓

中央値:7.1℃

 

■20.外から見た勝手口

中央値:8.7℃

 

 

 

感想を聞かせてください

我が家の温度を写真と数字で見てみて、

どんな感想をもったでしょうか?

 

「まあこんなもんか」

「うちと全然違う」

「快適そうだな」

 

など、いろんな感想があるんじゃないかと思いますので、

是非聞かせていただけると嬉しいです。

その際、もっとこんなデータもありませんか?

など気になっているものがあれば、要望いただければ

できる範囲で調査もいたします。

 

 

 

展示場・モデルハウス案内

さて、いざ撮影して記事にしてみると、何となく伝わるかな?

という感じはしているのですが、

やはり人から聞いたり数字や写真で見るのと、

その場に足を運んで実体験するのでは違うと思います。

 

そこで、もし興味があれば

平松建築の家で実際の温度や空気感を体験してみませんか?

 

 

平松建築には、ここで紹介した浜北展示場と、

磐田展示場の2つの展示場があります。

どちらも住宅展示場内にあるモデルハウスではなく、

実際に人が住んでいる家を展示場のため、

ご予約いただいたうえで住所をご案内しています。

 

ここでは温度に特化した内容で紹介しましたが、

実際の家は温度に加えて空気もきれいで、

とても快適な住環境になっていますので

ぜひ体験に来てください。

なお、浜北展示場は平屋、

磐田展示場は2階建てとなっています。

 

平松建築への問い合わせは、

以下3つのうち使いやすいものでお問い合わせください。

 

 

 

①LINEから問い合わせる↓

こちらから平松建築のLINE@にご登録いただき、

ご連絡いただければ日程調整をさせていただきます。

 

 

 

②問い合わせフォームから問い合わせる↓

[mwform_formkey key=”2947″]

 

 

 

③電話で問い合わせる↓

※図をタップで電話できます

「展示場を見学したいんですが」とご連絡いただければ、

日程調整させていただきます。

 

お問い合わせはどの方法でも構いませんので、

お気軽にお問い合わせください。

また、展示場に限らず平松建築に興味がある場合も

どうぞ遠慮なくお問い合わせください。

category:

ブログ

date:

2019.03.08

防犯に強い家を目指して、前回(https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog/2019/0307/)の防犯意識についてのお話しに続いて、今回は家づくりで出来ることを考えていきましょう。

ドロボウの心理を読んで、この家は近づきにくいな、面倒だな、と思わせる策を考えていきましょう。

 

まず、近づきがたい家にする方法として、家の周囲に砕石を敷き詰めるのがお勧めです。

歩くとジャリ、ジャリ、と大きな音がする防犯砂利も売られています。

この防犯砂利は軽いため、女性にも扱いやすく、色も豊富で家の外観に合わせて選ぶこともできます。

次に、近づくものがあると周囲を明るく照らす防犯センサーライトを取り付けておくといいですね。

気づかれたくないドロボウにとって苦手な状況をつくり出します。

 

就寝時はシャッターや雨戸を閉めて2階の寝室へ、というライフスタイルから変わって、1階に寝室を設けるお家も増えてきました。

しかし夏の暑い時期は、防犯のためにシャッターや雨戸を閉めておくと、窓を開けても風があまり通りません。

そこで、格子を組み合わせておくのがおすすめです。

格子も縦横の井桁だけでなく、斜めにも組んであるもの、アルミ製よりもステンレス製が防犯性能はより高まります。

 

勝手口に採風窓があるドアを付ける場合には気を付けましょう。

ドアを施錠していても、採風窓が開いた状態では、網戸を破って手を入れると簡単に解錠されてしまいます。

お出かけの時は面倒でも採風窓も忘れずに閉めてくださいね。

 

その他にも、割られにくい防犯ガラスを使うなどの防犯対策があります。

ドロボウを絶対に入らせないというのは難しいですが、入るまでの時間を長くして、諦めさせるというのが防犯対策では大切ですね。

1 / 5112345...102030...最後 »
2019.03.20

「湿度」の上がりすぎは◯◯の発生を招く!?

季節の変わり目、体調を崩してしまいがちという方もいらっしゃるのではないでしょうか?どんな時でも健康に...

2019.03.19

「ほこり」が肌の痒みを引き起こすことを知っていますか?

前回(https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog/2019/031...

2019.03.18

家づくりから考えるアトピー性皮膚炎の要因4つとは?

アトピー性皮膚炎のお子さんがいらっしゃるお家では、掃除を小まめにしたりして、苦心されていることと思い...

2019.03.15

バリアフリーな家づくり6つの提案

高齢者にやさしい家は、すなわちご家族みんなに優しい家。高齢者と暮らす予定がなくても、ご自分たちの老後...

2019.03.14

平松建築の家づくりが向いているのはどんな考えの人?

Q:平松建築の家づくりが向いているのは、どんな考えの人ですか?あなたが家づくりで一番大切にしたいこと...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!