メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ

category:

ブログ

date:

2018.12.17

無垢の床板、温かみのある質感が醸し出す雰囲気にあこがれますよね。

でも、メンテナンスが大変じゃないの?予算オーバーしない?

というご心配をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

平松建築では無垢の床板に自然塗料の組み合わせを床の「標準仕様」にしています。

床は毎日触れるものだから、健康への安全にもこだわりたいと考えます。

無垢の床板は、本物の木そのものです。

例えば裸足でそこを歩いたり、手が触れることで、子供たちに本物の感触を知って体感して欲しいという願いからです。

天井や壁、どこを優先していくか、直接触れる床をまず木にしてみませんか。

まず床を木に、という理由のもう一つ。

大人よりも床に近い位置にいる子供たちが、化学物質に触れてしまう機会をなるべく少なくしてあげたいからです。

WB工法によって化学物質は湿気とともに壁に抜けてはいきますが、発生源からできる限り少なくしてあげたいですよね。


無垢の床板は調湿機能を持っているので、梅雨時でもベタつかずサラッとしています。

冬は乾燥によって縮みますが、熱伝導も低く木が持つ空気層で触れると温かく感じます。

自然塗料を使うのも、コーティングで木の呼吸を妨げないためです。

ご心配のメンテナンスですが、実は一般的なフローリングよりもお手入れ簡単です。

合板フローリングはワックスの掛け直しも、傷のリペアも、DIYでやるのは難しいですよね。

無垢の床板は、気になる傷や汚れはサンドペーパーで削って塗料を塗れば元通りです。

部屋ごとに木の種類を使い分けてみるのも楽しいですよ。

杉の香りは集中力を高める効果があるので、仕事や勉強をするお部屋に。

ひのきの癒し効果は寝室で活かしてみてはいかがでしょうか。

木の節がみせる表情も楽しみながらお気に入りを選んでくださいね。

category:

ブログ

date:

2018.12.14

100年住める家と考えれば、長い長いお付き合いになります。

最初に安くても、後々メンテナンスが必要だったり、交換が必要だったりしては、結局、高くつくことになりますよね。

長持ちする素材を選ぶことも家づくりの大事なポイントです。

 

例えば外壁材は、金属サイディングのガルバリウム鋼板を主に使っています。

イニシャルコストがかかっても20~30年ほどはメンテナンスが不要でコストを抑えることができます。

景観を考えると塗り壁も魅力的なのですが、塗り壁は職人さんの施工費用が必要になるので高くつきますし、小まめなメンテナンスに生涯コストとして約300万円を見ておきましょう。

このお金を老後に取っておくかどうかは、ライフプランをみて見極めてください。

 

建材のこだわりとして他に、県産材の天竜杉や天竜ヒノキなど、地元の材料、地元の企業を意識して使うようにしています。

輸送距離が抑えられることは、コスト的にも地球エネルギー的にもメリットがあります。

ちなみに、平松建築は収納の内側も杉板で仕上げています。

布団や洋服といった身にまとうものに、化学物質が吸着しないよう、見えないところも気遣っています。

 

私たちの家づくりは、年を重ねるごとに魅力が増していく自然素材を使いながら、長い目で見て良い家とご納得いただけるものを手掛けていきますのでどうぞご期待ください。

category:

ブログ

date:

2018.12.13

前回お話ししたWB工法(https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog/2018/1212/)には、壁が呼吸することが不可欠です。

 

そこで平松建築がお勧めしているのが表面に和紙などを使った紙素材のコットンクロスです。

このコットンクロスは、ビニールクロスとは全く違います。

 

室内の湿気を壁に抜いてくれるので、室内の湿度は快適に保たれ、湿気と一緒に化学物質も抜けていき空気環境がとても良くなります。

ビニールのような静電気が起きないのでほこりがつきにくいのも嬉しいポイントです。

お値段はビニールクロスより少しお高めですが、塗り壁よりは安く済みます。

 

火事のときに燃えて危ないのでは?という心配の声も聞かれますが、危ないのは逆にビニールクロスなんです。

難燃性のビニールクロスは熱が加わると有害ガスを発生するため、とても危険です。

コットンクロスは、ビニールクロスに比べて汚れが落ちにくく、表面がけば立ちやすいというデリケートな点はありますが、気になった部分の張替も可能で、とても優秀な素材です。

 

WB工法にすると、湿気とともに化学物質は壁に抜けていきます。

平松建築の家にお越しいただいたら、キレイな空気を体感してみてくださいね。

 

category:

ブログ

date:

2018.12.12

老後までの50~60年、家は持つのでしょうか?

家も健康だと寿命が延びます。

WB工法を取り入れた平松建築の呼吸をする家は100年持つことを確信しています。

木造住宅の一般的な寿命は26~28年と言われています。

ということは、働き盛りに建てた一般的な家は、定年を迎える頃に建て替えが必要になってしまうということ!?

それでは費用も、地球の資源的にも大変です。

 

大工をしていた頃、リフォームや建て替えで、壁の中を見る機会がありました。新築後まだ日が浅いのに結露でカビだらけの家があったり、築数十年でも傷みが少ない家があり驚きました。

その違いは、通気性でした。

 

高気密高断熱が流行り始めた頃のとにかく暖かさだけを考えた家は、壁の通気を一切考えていませんでした。

そのため壁に入った湿気は密閉され、抜けなくなってしまったのが結露の原因でした。

 

法隆寺など、最古の木造建築が傷まずに残っていることをみても、通気はいかに大切かが分かります。

昔の知恵を活かしながら、現代の気候や住まいに合わせた技術で建築していきたいですね。

 

WB工法の呼吸をする家は、通気性と暖かさを兼ね備えています。

壁の中を通気することで、湿気が籠らず、木が痛まない家は長持ち。

夏には通気口からの自然な上昇気流で熱気を逃がし、冬には通気口を閉じて壁内の動かない空気層が外の冷気を伝えにくく、室温を逃しません。

室内の臭いや化学物質も湿気と一緒に壁を通過し、外へ逃がしてしまうので、家の空気もクリーンに保ちます。

 

暖かくて、涼しくて、空気がキレイで、長持ちする家が、末永い心地よさをお届けします。

category:

ブログ

date:

2018.12.11

お母さんは毎日大忙し、家事動線はやはりスムーズにしたいですよね。

一日30分でも家事時間を減らせると、積もり積もれば・・・と考えるとお母さんの顔もニッコリ!

少しでも家事をラクにしてお母さんの笑顔を増やしたいですね。

 

そこで、平松建築からのご提案。

お風呂を二階にしてみてはいかがでしょう。

家事や生活動線がガラリと変わるこのプラン。

実際に想像してみください。

 

二階の脱衣室で服を脱ぎ、お風呂に入る。

お風呂上りはベッドルームや子供部屋にそのまま直行!おやすみなさい。

脱いだ服や使ったタオルは脱衣室で洗濯をして、ベランダに持って行き洗濯物を干す。

取り込んだ洗濯物を畳んで各部屋にすぐ収納。

重い洗濯物を持って二階まで運ぶ必要もなくて家事動線がバッチリな上に、生活動線も良いので一階リビングのあちこちに洗濯物が…ということもなくなります。

それに、お風呂のスペース分、一階のLDKを広く取ることもできて一石二鳥です。

 

LDKが広く取れるようになった分、リビングに勉強スペースを持ってくることもできますね?

リビング学習が効果的というのは最近よく耳にします。

勉強スペースを一階に持ってきてしまえば、いつか巣立ってしまう子供部屋は極力小さく抑えてもよさそうです。

 

家事動線の工夫で小さくする部分と大きく取る部分、メリハリをつけて、施工費も光熱費もお得な大満足の家をご提案します。

category:

ブログ

date:

2018.12.10

平松建築では、プラン作成までの打ち合わせにじっくりと丁寧に時間を掛けます。

人生をどうしたいかまでお聞きして、それに合わせてプランニングしていくからです。

 

実は、家の設計は大きく作るより、小さく設計するほうが難しいといわれます。

簡単そうに見える大きな家の設計は、結果的に建築費用は高くなり、冷暖房効率も悪くなりがち。

一方、でき得る限り小さく設計するためには、ご家族にとって大事なことは何かを十分にお聞きし、削れる部分を削り、お客様らしい部分を取り入れるという、ヒアリングがとても大切です。

シンプルで小さいけれど大満足の家を設計するところが、私たちの腕のみせどころです。

 

ヒアリングした材料をもとに、いよいよプランニング。

ご家族がお互いの雰囲気を感じながら、気持ちよく安心して暮らせる家。

一番に日当たりと通風、次に家事動線を重視して考えます。

間取りや窓の位置を変えると、空間ごとに日当たりがどう変わるのか、内観パースに日差しも落とし込みながらご提案していきます。

 

「そこまで聞くの?」とお客様を驚かせてしまうところまでお聞きして作った家は住んだ後の満足が全然違うよ、とお客様からお聞きします。

これこそ注文住宅だから出来ることではないでしょうか。

人生、そして生活スタイルの深いところから設計していくと、本当に欲しい「これだ!」という家になります。

家はあくまでも家ですが、その家がご家族が幸せになるためのカギを握っているような気がします。

 

次回は家事動線についてプランのお話しをさせていただきます。

category:

ブログ

date:

2018.12.07

平松建築が、家づくりの最初にさせていただくのが人生設計です。

どんな家ならご家族が幸せになるか、確信をもって提案させていただくために、まずライフプランのシミュレーションをさせていただきます。

人によって掛けられる予算はさまざま、土地の価格帯によっても異なるため、家にどれだけのお金を掛けられるのか、何十パターンもの資金計画を出してみます。こうすることで分かるのが、老後の生活の様子です。

今、無理をして家にお金を掛け過ぎてしまうことのないように、シミュレーションで月々の生活費まで算出するのです。

ライフプランをつくり老後までの長期視点で、自然と視野が広がります。

例えば、一見、見た目が同じ1000万円の家と2000万円の家。どちらを選べば将来お得でしょうか。

光熱費を削減する機能や、老後の建て替えが心配ない100年持つ家。

最初に少しお金を掛けて将来の費用を削減する方法でお金を使うことが無理ではないのか?、検討して判断させていただきます。

お客様には、まだ気づいていない心の中で本当に求めているものが必ずあります。

それを一緒に探して家づくりに取り入れるのが平松建築の長期目線です。

将来を見通しながら、今の生活も充実した人生設計を私たちと一緒に考えてみませんか。

category:

ブログ

date:

2018.12.06

こんにちは、平松建築です。
家族がリビングに集い、笑顔で語り合っている・・・。そんな和やかな光景が思い浮かぶ家にやさしさをいっぱい詰め込んでご家族の笑顔につながる、3つのやさしいをコンセプトに家づくりをしています。今回は私たち平松建築の家づくりで大切にしている「3つのやさしい家」についてお伝えします。

Ⅰ.人にやさしい
人の体にやさしい空気のきれいな家で暮らすことは、健康につながります。健康で元気だと笑顔が増えて心も元気に。

Ⅱ.地球にやさしい
冬、暖かい家では光熱費が抑えられます。すなわち、地球のエネルギーの中でも一次エネルギーを節約。さらに、太陽光発電を設置して、CO2を排出しないクリーンなエネルギー活用で環境に貢献します。そして、平松建築の100年持つ家は、20~30年で建て替えが必要な家ではありません。資源を大切にした家づくりです。

Ⅲ.財布にやさしい
人にやさしい家で暮らすと家族が健康で医療費がかかりません。地球にやさしい家は光熱費が下がるし、建て替え資金も必要なし。人と地球にやさしいことがお財布にやさしい家につながりました。

人・地球・財布の3つがお互いにバランスよくつながってこそ、大満足の家になると思います。平松建築は、皆さんの笑顔をずっとずっと未来までつないでいくことを目指した家づくりをしていきます。

category:

ブログ

date:

2018.12.05

月々返済はなるべく少なくしたい・・・でも

天気が悪くても気にせずに干せる室内干し空間が欲しい。
予算が合えば旦那にも書斎を用意してあげたい。
物が片付きやすい収納スペースを確保したい。
共働きだから家事の時間が短縮できる理想の家事動線がいい。
あなたは今そんなことを考えていませんか?

予算を抑えたいという要望と、
間取りを充実させたいという要望。
この両方をかなえることは《十分に可能》です。

そんなことできるのかな?
そうあなたは思うかもしれません。
実は私も最初はそう思っていました。

でもその両方をかなえる方法を発見したんです。
建て物の形状と住宅設備の組み合わせで
家づくりを計画すると
両方の要望をかなえることができます。

間取りを充実させて理想の住まいを作る。
その上で返済額を減らしていく。
そのために必要なことは・・・

《4つの必須条件》

①建物の形状は片流れ屋根。
②太陽光発電を設置。
③太陽光の設置条件が満たされた土地。
④断熱性の高い住まい。

この条件で賢く資金計画や間取りを考えていくと、
返済負担を増やすことなく(場合によっては安くなる)
理想の間取りや家事動線が手に入る可能性があります。

《ゆったり家族とギリギリ家族の人生を比較》

ちょっと想像してみてください。

《ギリギリ家族》
月々の返済額が多い場合・・・
生活費が圧迫されて苦しくなり、
家族や友人との外食の回数が少なくなって、
住宅ローンの返済に追われて自由な時間も少なくなって、
子供にも十分な教育資金をかけられず、
金銭的な不安を抱えたまま老後生活に突入。

それとも・・・

《ゆったり家族》
月々の実質返済額を減らした場合・・・
賃貸で生活していた時より家計負担が軽減。
休日は自由に外食して家事から解放される時間が増え、
旦那さんのお小遣いもカットされず、
家事が楽で毎日30分の空き時間がプラスで確保ができて、
子供の教育資金も確保されて、
しっかり貯蓄しながらローン返済することで老後も安心。

あなたならどちらを選びますか?

《デメリットやリスクを把握して失敗しない》

「そうはいってもこの方法にはデメリットやリスクがあるんじゃないの?」
とあなたは思ったかもしれませんが確かにその通りなんです。

まずデメリットは、
建物の形状が限られること。(片流れ屋根)
土地選びにも条件が付くこと。(ある程度の日当たり)
太陽光発電と高断熱の住宅にするから初期費用が増えること。

で、リスクはというと、
太陽光発電の買取をしてくれなくなるかもしれないということ。

このリスクを限りなくゼロに近づけていく方法があります。

その上で家づくりを検討していくと
間取りは充実させて返済を楽にするという
両立できそうもないことが可能になります。

「本当にそんなことができるの?」と思った方や、より詳しいお話を聞いてみたい方は、
LINE・facebookメッセージ・メール・電話、使いやすいもの何でも構いませんので
平松建築までどうぞお気軽にお問い合わせください。

category:

ブログ

date:

2018.12.04

代表の平松です。
平松建築の家づくりのストーリーを書いてみました。

【家づくりがあなたの人生に大きな影響を与える・・・良くも悪くも】

私たちが家づくりを提案していていつも思うことです。

住まいの計画で大きく人生が変わると本当に強く感じます。

収入が多少多くても家づくりで失敗すると貯蓄が減ってしまい、

逆に少し収入が少ないくらいでも家づくりで成功できれば安心な老後が待っています。

住宅のコストは人生で平均的に稼ぐ収入の約3分の1です。

「え?そんなにかかりますか?」

あなたはそう思ったかもしれません。

でもだとすると少し家づくりの前にこれだけは知ってほしいことがあります。

【家づくりに大きく悩み失敗する】

あなたはもしかしたら今どんな家が本当に良い家なのか悩んでいるかもしれません。

最初は私も悩んでいました。

少しでも安くてお客様の要望に応えることができるのがいい家だと考えたこともありました。

なぜならお客様はいいものをなるべく安く手に入れたい・・・
そういった要望があると思っていたからです。

だからとにかく・・・

「住宅の見積もりは少しでも安く、その上でお客様の要望を少しでも多くかなえよう!」

そう考えて家づくりを提案していました。

あなたももしかしたらこのようなことを求めているかもしれませんね。

でもこれには大きな落とし穴がありました。

安いのは最初だけだということに気が付いたのです。

【大工の無力感を味わう】

大工で元請けというと力強く、あこがれられる存在だと思っていました。

でも実情はどうだったのか。

大工で独立した当初はほぼすべての業務を自分で行っていました。

敷地調査・見積・現場管理・現場施工・請求業務・会計処理・・・

正直いくら時間があっても足りません。

日中は現場仕事をしてへとへとになって帰り、
そこから日付が変わるまで見積もり業務をしたり。

「忙しいし大変だし責任重大だけど全然儲からんなあ」

そう思っていました。

でも、もともと好きで始めたことなのでそれでも仕事は楽しかったことを覚えています。

でも日々無力感を味わっていました。

本当に良い家ってなんだろう。

自分が家を建てるとしたらどんな家がいいのだろう。

自問自答の日々です。

【住宅マニアの同級生と再会】

ある日のこと・・・

高校の同級生の結婚式の二次会に参加したのですが、
そこで高校の同級生と住宅の話になり、
住宅について熱く語り合いました。

正直何をその時に話したのかはあまり覚えていません。

でもとにかくこの厳しい時代に好き好んで大工として自分は独立しています。

とにかく住宅建築にかけての情熱は誰にも負けない。

誰よりも住宅が好きだ。

そんな根拠のない自信だけはありました。

それを感じ取ってくれたのか、

「住宅を建てるときは相談に乗ってよ。」

そう話してくれたのがうれしかったです。

で、その友人は一つのことをとことん調べて追及する性格だったので、

かなりの「住宅マニア」だったのです。

悔しいのであまり言いたくないのですが、
たぶん部分的に知識量では負けていました。

【断熱にこだわる事で気が付いた大きな盲点】

「断熱はこだわりたいんだよね」

最初は友人にそういわれても正直ピンときませんでした。

今でこそ省エネルギーが注目されているので常識となりつつありますが、
住宅の気密性と断熱性を高めて光熱費がなるべくかからないようにすること。

これは当時の私からしたら本当に大きな盲点でした。

ここに気がつくことで家づくりが大きく進化し始めたのです。

初期費用が高い家は嫌がられるし、求められていない。

高い家は提案してはいけない。

ただでさえ家は高いのだから少しでも安く提供したい。

と変な思い込みがありました。

「ん?断熱材でコストアップしてもそれ以上に光熱費が削減できればむしろお客様の負担は軽くなるな」

考えてみれば当たり前のことだけど大きな盲点でした。

もともと自分でも家は長持ちさせないといけない。

長持ちしない家は安くても結果的に高くつく。

と、長期的な視点で考えていたのにもかかわらずです。
思い込みとは怖いものです。

と長くなったので続きはまたの機会にしますね。

1 / 4512345...102030...最後 »
2018.12.17

あこがれの無垢床、実はお手入れも簡単なんです

無垢の床板、温かみのある質感が醸し出す雰囲気にあこがれますよね。でも、メンテナンスが大変じゃないの?...

2018.12.14

年を重ねるごとに魅力も増す建材選びのアドバイス

100年住める家と考えれば、長い長いお付き合いになります。最初に安くても、後々メンテナンスが必要だっ...

2018.12.13

空気をキレイにしてくれる“コットンクロス”を知っていますか?

前回お話ししたWB工法(https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog...

2018.12.12

寿命28年の家と100年住める家、その違いとは?

老後までの50~60年、家は持つのでしょうか?家も健康だと寿命が延びます。WB工法を取り入れた平松建...

2018.12.11

1日30分の時短!お母さんニッコリの家づくりアイデア

お母さんは毎日大忙し、家事動線はやはりスムーズにしたいですよね。一日30分でも家事時間を減らせると、...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!