メニュー

  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ

category:

ブログ

date:

2021.07.18

防災イベントに参加します


7/31・8/1(土・日)に磐田市で『カラフル・ブリッジフェア』が開催されます!
平成25年からスタートした”みんなで子育て”がコンセプトのこのイベント。
 
今年のテーマは『備えない防災』。
 
「えっ、どういうこと!?」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は日常のさまざまなところに防災が溢れているんですよ。
 
平松建築はいざという時に自宅を避難所として利用できるように、住宅の防災をご案内します。
お金に苦労せず、地震に耐え住み続けられる家。そんな家に住めたら最高だと思いませんか?
大切な家族が安心して住むことができる幸せな家づくりと人生づくりを提案させていただきます。
 
さらに今回のイベントは『ペット防災』のコーナーがあり、ワンちゃんを預けて学ぶことができます。
ワンちゃんも大切な家族の一員という皆様、安心してワンちゃんと一緒に遊びにいらしてください♪
 
 
 

【カラフル・ブリッジフェア】


日時:7月31日・8月1日(土・日)
10:00〜16:00・10:00〜15:00
場所:iプラザ2階ふれあい交流室
静岡県磐田市国府台57-7
 
 
 

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2021.07.01

夏はひんやり、冬はあたたかいものな〜んだ?


平松建築で家を建てた広報担当の小木です。
なぞなぞのようにスタートしてしまいましたが、皆さん何のことかわかりますか?
平松建築の事務所にもお施主様宅の多くにも我が家にもあって、私の大好きなものです。
 
答えは『無垢床』。
 
「憧れてはいるけど小さい子がいるからなんとなく心配…」と思っている方もいるのではないでしょうか。
大丈夫です、我が家には4人の子どもがいますが無垢床にしてよかったと思っています。
これまでのブログでも無垢床の良さについて何度か申し上げてきましたが、改めて魅力を思いっきり語らせてください。
 
 
 

この時期気になる❝床のアレ❞


梅雨のじめじめした時や夏の暑い日、室内を裸足で歩いて不快に思ったことはありませんか?私はあります。
平松建築で建てた家に暮らすまでは床のべたつきが気になっていました。
足にぺたぺたする感触があってなんだか嫌だけど、それが当たり前だと思っていました。
 
子どもは特に汗をかくし、すぐに裸足になります。(うちだけですか?)
「裸足で歩かないで〜!」ってあんまり言いたくない。でもついつい言いたくなっちゃうこともありますよね。
 
それが無垢床では全くありません。一年中さらっとしています。これがとても気持ちいい。
裸足で歩いてもべたつかないし心地よくて大人も裸足で過ごしたくなっちゃいます。
 
子どもにも本物の木の感触を肌で感じてほしい。「どんどん裸足で歩いて!」と少し寛大になれた気がします。
 
 
 

足跡がついても大丈夫なワケとは


いつでもサラサラな無垢床ですが、もちろん足跡はつきます。気づくと汗や脂や泥汚れなどで光が当たると足跡が…なんてことがあります。
だけどそんな時のお手入れ方法もとっても簡単なんですよ。
 
我が家はリボスの『グラノス』というワックス&クリーナーを愛用しています。
このクリーナー、雑巾にしゅっとつけてさっと拭くだけで無垢床がきれいになるすぐれもの。
気になる足跡もスッキリきれいになります。


鉛筆やペンの落書き汚れだって消えちゃいました。


その上ワックス&クリーナーという名の通り、雑巾がけ感覚でワックスがけまでできるんです。
普段のお掃除で手軽に床をピカピカにできちゃいますよ。
天然成分のクリーナーなので小さなお子さんのいるおうちでも安心して使うことができます。
 
無垢床=掃除が大変なイメージがありましたが、実際住んでみてあまりの楽さにビックリしました。
 
 
 

どの部屋を無垢床にしたらいいの?


我が家ではトイレ以外全て無垢床にしました。
 
・居室
・洗面台まわり
・キッチン
・脱衣所
 
全部です。
でも、これが正解というのはありません。暮らす方が心地よいように、というのが1番だと思います。
 
私がトイレに無垢床を採用しなかったのは、お手入れに自信がなかったから。
家を建ててから2回のトイトレも経験したし、末っ子はいまだにトイレまで間に合わないこともあります。
 
一人で失敗なくトイレに行けるようになったとしても、気づかないうちに汚しちゃうことありますよね。そしてその汚れってなかなか気が付きにくいもの。
その都度拭ける自信のない私はトイレはフロアタイルにしました。
 
キッチンや脱衣所に無垢ってどうなの!?と思う方もいるかもしれませんが、4年弱住んでみて全く後悔していません。
お風呂上がりに子どもが濡れたまま飛び出して行ってしまっても拭けばOK。これって無垢床じゃなかったとしても同じですよね。
無垢だから濡らしちゃダメ!ってピリピリすることなく、今までどおり過ごせていますよ。


 
 
 

実はメンテナンスもセルフで簡単


「でも傷がつきやすいんでしょ?」「メンテナンス大変じゃない?」
 
そんなことありません。
確かに傷はつきやすいのかもしれませんが、一枚の木でできているため傷がついても色が変わらず目立ちません。私はむしろ「いい味出てる!」と思っています。
 
そしてメンテナンスも全然大変じゃないんです。実は簡単に自宅で傷を直せちゃう方法があります。
以前のブログに詳しく書いてありますので気になる方は読んでみてくださいね。
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog/2020/0716/
 
 
 

家づくりで後悔しないために


私の無垢床愛と無垢床の良さが伝わったでしょうか?
 
実は私も家づくり中は「無垢床かぁ〜心配」と思っていました。
子どもがいるし掃除も自信がない。ボロボロになっちゃわないかな?なんて思っていたんです。
 
しかし平松建築の事務所やお施主様宅で実際見たり触れたりしてどんどん無垢床に対する憧れが強くなりました。
「絶対この床にしたい!」その気持ちだけは強かったのですが、ズボラな性格は家を建てても変わることなく(笑)
特に掃除もメンテナンスもがんばらずのほほんと暮らしています。こんなに楽じゃなかったら今頃ヒーヒー言ってたかもしれません(笑)
 
もし少しでも無垢床に興味を持っていただけたなら、ぜひ実物を見て触ってみていただきたいです。
今月は17・18日に見学会がございます。バラエティに富んださまざまな家を見学できる機会となっております。皆様のお好みやライフスタイルに合った家を見ていただけたらと思います。
当日ご都合のつかない方もぜひ一度ご相談くださいね。
 
また、今回随所に挿入させていただきましたが、平松建築のInstagram(@hiramatsu__kenchiku)でも主にリールで無垢床について投稿しています。これからもママ目線で発信していきますので覗いてみてくださいね。
 
 
 

平松建築|代表の平松から


昨年4/16の緊急事態宣言を受け、平松建築では打ち合わせをすべて非対面で進められるよう、オンラインミーティングを実施しています。緊急事態宣言は解除されたもののまだまだ予断を許さない状況ですが、コロナの影響で得た良い変化については終息後も変化したままだと考えています。
 
具体的には、こういったオンライン打ち合わせを初めとしたインターネットの活用による、移動時間や社内打ち合わせ時間の削減といったものです。家づくりは、初めてお会いしてからお引渡しまでに1年以上かかることが大半です。
 
こんな時期だから打ち合わせは先送りにする・・・のではなく、これからの打ち合わせのために是非オンラインミーティングをご活用ください。オンライン打ち合わせなんてやったことがないという方が大半ですので、ご興味ありましたら下記から遠慮なくお問い合わせください。 もちろん、従来どおりの対面打ち合わせも行っておりますので、やりやすい方に合わせて提案させていただきます。
 
 
 
■平松建築|オンライン無料相談
http://bit.ly/39WCKvu
 
■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html
 
■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html
 
 
 

ライター紹介


平松建築 広報担当の小木です。
男児3人+女児1人の4児のママです。
長男の小学校入学を機に平松建築でお家を建てました。
子どもの成長を感じ、楽しみながら日々育児に奮闘しています。
子どもと暮らすママならではの目線でお家についてお話していきたいと思っています。

category:

ブログ

date:

2021.06.18

新聞で紹介されました


代表平松の著書「お金が貯まる家3.0」はお手にとっていただけましたでしょうか?
この度出版業界紙「新聞化」という新聞に本の紹介が掲載されました。
本の内容や平松の想いがぎゅっと詰め込まれています。
 
本書を読んでいただかた方には「そうそう」と納得いただけ、未読の方には「へぇー!?」と興味を持っていただけるのではないかと思います。
 
 
 

You TubeLIVEやってます


本日You TubeLIVEで代表平松が皆様の疑問・質問にお答えします!
家づくりや会社について聞いてみたい!本のことが知りたい!という方、他のみんなはどんなことが気になってるんだろう?と知りたい方、
ぜひぜひ本日20時からのYou TubeLIVEをご覧ください。
ライブ中もコメントで質問いただけたらその場でお答えいたします♪

本日予定の合わない方や見逃してしまった方も平松建築のYou Tubeチャンネルで見返すことができますので、お時間のある時にご視聴くださいませ。
 
 
 

「お金が貯まる家づくり3.0」について


↑平松建築Instagram(@hiramatsu__kenchiku)インスタもやってます!見てくださいね♪
https://www.instagram.com/hiramatsu__kenchiku
 
「お金が貯まる家づくり3.0」はAmazonまたはyodobashi.comで購入できます。
東京の一部の書店と、静岡県を中心とした地元の書店でも発売中です。お近くにお住いの方は本屋さんに立ち寄った際に探してみてくださいね。
平松建築がテーマとする「家づくりは人生づくり」を表した一冊となっております。
これから家を建てる若い世代の夫婦や、土地の相続などの決定権を持つ親世代に読んでいただきたい、そんな思いがこもっています。
一生に一度の買い物である家。建ててから「失敗した!」とならないように。
家を建てる前に本書を読んでみてください。
 
■amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4778204751
 
■yodobashi.com
https://www.yodobashi.com/product/100000009003432337/
 
本書について多数のニュースサイトで掲載されています。
皆様ももしどこかで見かけたら「見たよ」と教えてくださると嬉しいです。
 
本についてや平松建築の家づくりについてもお気軽にお問い合わせください。
 
問い合わせフォーム:https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/inquiry/
LINE:https://page.line.me/nun8106r?openQrModal=true
メール:info@hiramatsukenchiku.net
電話:0538-74-3343
 
 
 

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2021.06.01

梅雨時期に悩む皆様にお伝えしたいこと


平松建築で家を建てた広報担当の小木です。
 
今年は例年より早い梅雨入りでしたね。
平松建築で建てた家に住み始めて4回目の梅雨。
「雨が続いて洗濯物が乾かない!」「室内干しだと生乾きの臭いが!」
そんな悩みから解放されてもうだいぶ経ちます。
 
今まででもブログやその他SNS等で発信しているのでご存知の方もいるかと思いますが、
 
平松建築の家は雨でもイヤな臭いがなく洗濯物が乾きます。
 
「それって本当なの?」と信じられない方も多いと思います。私も半信半疑でした。
実際に住んでみて初めて実感できる良さかもしれませんが少しでも皆様に伝わるように、ある実験をしてみました。
 
 
 

この梅雨私が始めた○○チャレンジ


先程皆様に平松建築の家の良さを伝えるためと言いましたが、実は半分は私の好奇心で始めた実験(笑)。
「洗濯物のイヤな臭いがしないのって、柔軟剤のおかげなんじゃないの?」
 
柔軟剤ってとってもいい香りがしますよね。
もしかしたら柔軟剤の強い香りが、洗濯物のイヤな臭いを消しているのかも…とある日ふと頭をよぎったんです。そしてひらめきました。
 
「柔軟剤を使わずに洗濯してみよう!」
 
それでこの梅雨時、雨続きの日にイヤな臭いがしなかったら本物だ!そう思ったんです。
こうして私は『柔軟剤なしチャレンジ』を開始しました。
 
 
 

ドキドキの結果は…

 
正直ドキドキしてました。もしこれでイヤな臭いがしたらどうしよう…。
今まで「室内干しでも臭いません!」って言ってきたのが嘘になってしまうし、臭い服を着るのは嫌だ。
 
勇気を出してチャレンジ開始した1日目。洗濯機を開けるといつもの柔軟剤の香りがしません。
そしていつものように室内干しして様子を見ました。
 
夕方、いつものように洗濯物は乾いています。気になる臭いは…
 
しませんでした!
 
柔軟剤のような良い香りはしませんが、イヤな臭いもありません。ホッとしました。
それから数日柔軟剤なしで洗濯を続けましたが、生乾きのイヤな臭いがする日はありません。
 
洗濯物の乾き具合は、1日中雨だったり雨続きの場合厚手のタオルやデニムなどは朝干して翌朝までに乾くといった感じ。
何もかもカラッと夕方までに乾くというわけではありませんが、それでもイヤな臭いはしませんでした。
 
 
 

臭わないその秘密とは


さて、今回の実験で改めて感じた「平松建築の家は室内干しでも臭くない」ということ。それは何故かをお話しします。
 
平松建築ではWB工法を取り入れています。WB工法の「WB」とは「ダブルブレス」、2重通気層を意味しています。
「家の呼吸」と「壁面の呼吸」2つの呼吸で空気を循環させ、湿気を排出しています。
湿気が出て行くからよく乾き、 湿気とともに室内の有害な化学物質や生活臭も排出されるからイヤな臭いがしません。
 
イヤな臭いがしない・雨の日でも洗濯物が乾く、それだけでもすごく嬉しい目に見える感動ですが、有害な化学物質が出ていってくれるから健康にも良いという目に見えない良さもあります。
 
これから暑くなってくる季節。ムワッとした湿気や熱気は壁の中を流れるため、夏でも快適に過ごせます。服と一緒におうちも衣替え、素敵ですよね。
 
 
 

もっと知りたい!WB工法


WB工法を使った平松建築の家づくりの良さを感じていただけたでしょうか?
梅雨時になると「洗濯物困るよね」という会話が増えます。
我が家は臭くならないと言うと「柔軟剤何使ってるの?」と聞かれたことがあります。
「柔軟剤じゃなくて家に秘密があるんだよ」とこれからはますます自信を持って答えられそうです。
 
久しぶりに柔軟剤を使ってみたら毎日使っていたときには慣れてしまって感じていなかった強い香りを感じました。
私は柔軟剤の香りも好きですが、中には苦手な方もいますよね。そんな方にも平松建築の家をおすすめします。
 
柔軟剤を変えるのと違い家づくりは気軽に勧められるものではないですが、これから家づくりを考えている方はWB工法を取り入れることも検討してみてください。
今週金曜日のYouTubeLIVEでもWB工法についてお話しします。専門家をお招きしてWB工法の快適な秘密を検証します。
快適な梅雨ライフ・夏ライフを送るためにもぜひご覧ください。
 
6/4(金)20時~
https://youtu.be/nsBTX11tEr0
 
 
 

平松建築|代表の平松から


昨年4/16の緊急事態宣言を受け、平松建築では打ち合わせをすべて非対面で進められるよう、オンラインミーティングを実施しています。緊急事態宣言は解除されたもののまだまだ予断を許さない状況ですが、コロナの影響で得た良い変化については終息後も変化したままだと考えています。
 
具体的には、こういったオンライン打ち合わせを初めとしたインターネットの活用による、移動時間や社内打ち合わせ時間の削減といったものです。家づくりは、初めてお会いしてからお引渡しまでに1年以上かかることが大半です。
 
こんな時期だから打ち合わせは先送りにする・・・のではなく、これからの打ち合わせのために是非オンラインミーティングをご活用ください。オンライン打ち合わせなんてやったことがないという方が大半ですので、ご興味ありましたら下記から遠慮なくお問い合わせください。 もちろん、従来どおりの対面打ち合わせも行っておりますので、やりやすい方に合わせて提案させていただきます。
 
 
 
■平松建築|オンライン無料相談
http://bit.ly/39WCKvu
 
■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html
 
■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html
 
 
 

ライター紹介


平松建築 広報担当の小木です。
男児3人+女児1人の4児のママです。
長男の小学校入学を機に平松建築でお家を建てました。
子どもの成長を感じ、楽しみながら日々育児に奮闘しています。
子どもと暮らすママならではの目線でお家についてお話していきたいと思っています。

category:

ブログ

date:

2021.05.25

「新刊JP」にインタビューが載っています


代表平松の著書「お金が貯まる家3.0」はお手にとっていただけましたでしょうか?
この度「新刊JP」にインタビュー記事後編が掲載されました。
まだ持っていない方も既に購入してくださった方も、こちらのインタビューを読んでいただけたら嬉しいです。
 
http://www.sinkan.jp/news/10462
 
インタビュー記事ではこれから家づくりをする方に気をつけてほしいポイントや、コロナ禍で増えたリモートワークへの家づくりからの考え方などお話ししています。
家づくりに成功する人・失敗する人の特徴も載せていますので、家づくりを始める前にぜひ読んでいただきたいです。
 
 
 

「お金が貯まる家づくり3.0」について


↑平松建築Instagram(@hiramatsu__kenchiku)インスタもやってます!見てくださいね♪
https://www.instagram.com/hiramatsu__kenchiku
 
「お金が貯まる家づくり3.0」はAmazonまたはyodobashi.comで購入できます。
東京の一部の書店と、静岡県を中心とした地元の書店でも発売中です。お近くにお住いの方は本屋さんに立ち寄った際に探してみてくださいね。
平松建築がテーマとする「家づくりは人生づくり」を表した一冊となっております。
これから家を建てる若い世代の夫婦や、土地の相続などの決定権を持つ親世代に読んでいただきたい、そんな思いがこもっています。
一生に一度の買い物である家。建ててから「失敗した!」とならないように。
家を建てる前に本書を読んでみてください。
 
■amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4778204751
 
■yodobashi.com
https://www.yodobashi.com/product/100000009003432337/
 

その他メディアにも掲載されています


今回ご紹介した「新刊JP」以外にも多数のニュースサイトで掲載されています。
皆様ももしどこかで見かけたら「見たよ」と教えてくださると嬉しいです。
 
本について、平松建築の家づくりについてもお気軽にお問い合わせください。
 
問い合わせフォーム:https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/inquiry/
LINE:https://page.line.me/nun8106r?openQrModal=true
メール:info@hiramatsukenchiku.net
電話:0538-74-3343
 
 
 

category:

ブログ

date:

2021.05.25


代表平松の著書「お金が貯まる家3.0」お読みいただけたでしょうか?
特に20〜30代の若い方でこれから家を建てる予定の方にはぜひ家づくりを始める前に読んでいただきたい一冊となっております。
購入を迷っている…という方は、本書についてさまざまなニュースサイトに掲載されていますのでお読みになってご検討くださいね。
 

■新刊JP:
特集記事
https://www.sinkan.jp/pages/okane3.0/

インタビュー記事①
http://www.sinkan.jp/news/10455

インタビュー記事②
https://www.sinkan.jp/news/10462

 

■Bookウォッチ:
https://books.j-cast.com/book038/2021/05/12015115.html

 

■財経新聞:
https://www.zaikei.co.jp/releases/1296463/

 

■天才工場:
https://www.tensaikojo.com/new_books/4803.html

 

■LINEニュース:
https://news.line.me/article/feed/6f2070077b82

 

■mixi:
https://news.mixi.jp/view_news.pl?id=6515232&media_id=112

 

■ニコニコニュース:
https://news.nicovideo.jp/watch/nw9329404?news_ref=media24_media24

 

■ガジェットニュース:
https://getnews.jp/archives/3008086

 

■amebaニュース:
https://news.ameba.jp/entry/20210512-933/

 

■マピオンニュース:
https://www.mapion.co.jp/news/column/snkn10447/

 

■Daily News Online:
https://dailynewsonline.jp/intro/2670347/

 

■ライブドアニュース:
https://news.livedoor.com/article/detail/20179923/

 

■エキサイトニュース:
https://www.excite.co.jp/news/article/Sinkan_10447/

 

■antenna:
https://antenna.jp/articles/13174289

 

■gooニュース:
https://news.goo.ne.jp/article/sinkanjp/trend/sinkanjp-10447.html

 

■niftyニュース:
https://news.nifty.com/article/item/neta/12147-10447/

 

■dmenuニュース:
http://topics.smt.docomo.ne.jp/article/sinkanjp/trend/sinkanjp-10447

 

■サンスポ:
https://www.sanspo.com/geino/news/20210511/prl21051113310157-n1.html

 

 

ご購入はこちらからお願いします。

 

■amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4778204751

 

■yodobashi.com
https://www.yodobashi.com/product/100000009003432337/

 

 

この本に書かれていることについてもっと知りたい。

平松建築の考える家づくりについてもっと聞いてみたい。

という方は、下記からお問い合わせをお願いいたします。

 

問い合わせフォーム:https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/inquiry/
LINE:https://page.line.me/nun8106r?openQrModal=true
メール:info@hiramatsukenchiku.net
電話:0538-74-3343

 

平松建築株式会社
代表取締役 平松明展
〒438-0818 静岡県磐田市下万能373-1

category:

ブログ

date:

2021.05.18

「新刊JP」にインタビューが載っています


代表平松の著書「お金が貯まる家3.0」はお手にとっていただけましたでしょうか?
この度「新刊JP」にインタビュー記事が掲載されました。
まだ持っていない方も既に購入してくださった方も、こちらのインタビューを読んでいただけたら嬉しいです。
 
http://www.sinkan.jp/news/10455
 
インタビュー記事では本書を執筆した経緯やタイトルに込められた意味などお話ししています。
平松建築で取り入れているWB工法についても改めてその良さに触れられる内容となっております。
 
 
 

「お金が貯まる家づくり3.0」について


↑平松建築Instagram(@hiramatsu__kenchiku)インスタもやってます!見てくださいね♪
https://www.instagram.com/hiramatsu__kenchiku
 
「お金が貯まる家づくり3.0」はAmazonまたはyodobashi.comで購入できます。
東京の一部の書店と、静岡県を中心とした地元の書店でも発売中です。お近くにお住いの方は本屋さんに立ち寄った際に探してみてくださいね。
平松建築がテーマとする「家づくりは人生づくり」を表した一冊となっております。
これから家を建てる若い世代の夫婦や、土地の相続などの決定権を持つ親世代に読んでいただきたい、そんな思いがこもっています。
一生に一度の買い物である家。建ててから「失敗した!」とならないように。
家を建てる前に本書を読んでみてください。
 
■amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4778204751
 
■yodobashi.com
https://www.yodobashi.com/product/100000009003432337/
 

その他メディアにも掲載されています


今回ご紹介した「新刊JP」以外にも多数のニュースサイトで掲載されています。
また後日ブログで紹介させていただきますね。
皆様ももしどこかで見かけたら「見たよ」と教えてくださると嬉しいです。
 
本について、平松建築の家づくりについてもお気軽にお問い合わせください。
 
問い合わせフォーム:https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/inquiry/
LINE:https://page.line.me/nun8106r?openQrModal=true
メール:info@hiramatsukenchiku.net
電話:0538-74-3343
 
 
 

category:

ブログ

date:

2021.05.12

「新刊JP」に掲載されました


代表平松の著書「お金が貯まる家3.0」の特集記事がメディア「新刊JP」に掲載されました。
気になるタイトルの「3.0」って?「お金の貯まる家」って?
そして「お金が貯まる」だけじゃない、「健康になれる」「長く住める」そんな夢のような家があるの?
金利も世の中の状況も昔とは大きく変わった令和の今、家を建てる前に知っておいてください。
きっと多くの方が気づいていない家づくりの問題に気づき、意識を変えていくことができます。
特集記事では、そんな本書のタイトルに込めた意味が書いてあります。ぜひ読んでみてくださいね。
 
https://www.sinkan.jp/news/10447
 
 
 

「お金が貯まる家づくり3.0」について


「お金が貯まる家づくり3.0」は本日よりAmazonで購入できます。
東京の一部の書店と、静岡県を中心とした地元の書店でも5/13から随時販売されます。
平松建築がテーマとする「家づくりは人生づくり」を表した一冊となっております。
これから家を建てる若い世代の夫婦や、土地の相続などの決定権を持つ親世代に読んでいただきたい、そんな思いがこもっています。
一生に一度の買い物である家。建ててから「失敗した!」とならないように。
家を建てる前に本書を読んでみてください。
Amazonではこちらから購入できます。
 
 
 

出版記念ライブのお知らせ


「お金が貯まる家づくり3.0」の出版を記念してYouTubeLIVEを行います!
5/14(日)20時から。今週の金曜日です。お見逃しなく!

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2021.05.01

衣替え面倒くさいって思っていませんか?


平松建築で家を建てた広報担当の小木です。
 
新学期が始まったと思ったらもうゴールデンウィーク!?とバタバタしている皆様、毎日お疲れ様です。
暑かったり涼しかったりと服装に悩む季節の変わり目。お子さんが突然「半袖着たい!」って言ったりしませんか?うちの子は言います(笑)
 
「待って、まだ夏物しまってある!」と焦って奥から引っ張り出してきた服を着せて、「冬物しまうの面倒くさいな〜」とか思っているうちに気づけば冬…衣替えできなかった!なんてことありませんか?かく言う私もアパートに住んでいた頃は「衣替え=面倒くさい」と思っていました。
 
それが家を建ててからは何の苦もなく衣替えできています。
 
今回のブログでは面倒くさがりな私でも一瞬で(と言うのは大げさかもしれませんが)衣替えできちゃう我が家の秘密について、お話しします。これを読んで衣替え楽々な家づくりの参考にしてくださいね。
 
 
 

アウター全部ここ!が楽


先月ご紹介した我が家の家族用玄関。お見せしたランドセル置き場の向かいには、ハンガーをかけられるスペースを作りました。ここには今の時期着るであろうアウターを家族分全部かけています。
 
小学生は自分で取ったりかけたりしやすいように後から下の段に吊り下げるタイプのバーをつけました。お子さんが自分で支度できるようにしたい、アウターをたくさん持っている、という方は初めからバーを2本つけるのもいいかなと思います。
 
今着るアウターは全部ここ!というのが子どもにもわかりやすく、大人の私も片付けが楽。肌寒いかな?と思う日はここでアウターを羽織って出かけられます。これからの時期出番の多くなりそうなレインコートも年中ここにかけているので雨の日のお出かけ準備も楽々。
 
 
 

子どもの服全部ここ!が楽


2階の廊下の突き当たりにもファミリークローゼットを設けました。先月お見せした子どもの作品ボックスはここの枕棚に収納しています。
 
ここには季節外のアウターやまだサイズが大きいなどですぐには着られない子ども服を全てしまっています。
アウターは全てかける収納なので「もう暑いから着ないかな」と思ったものはすぐに玄関からハンガーごと持ってきてここにかけています。
逆に今の時期着やすい薄手のアウターは冬の間ここに収納していましたが、暖かくなってきたのでハンガーごと玄関収納に移動しました。
子どものアウターは全てここと玄関収納の往復で衣替え完了できてしまうのでとっても楽です。
 
クローゼット出てすぐの廊下にはチェストを二つ並べ、アウター以外の子ども服は全部ここ。一人一人夏服・冬服でざっくり段を分けてしまっています。子どもが自分で「今日は暑いかな」などと言ってその日に合った服を選んでくれるので助かります。
 
 
 

大人の服全部ここ!がやっぱり楽


さて、大人の服ですが、これはされているご家庭も多いかもしれませんがやはり一箇所にまとめています。我が家の大人の服は全て寝室のウォークインクローゼットです。
 
基本はかける収納で夏服も冬服も全てここにしまってあり、すぐ着るアウターだけ玄関収納にハンガーごとかけています。我が家はL字型にバーをつけてもらったので一面が私・もう一面が夫とわかりやすいです。
 
最近クローゼット内に姿見を貼りました。それまでは一階に行ってお風呂の鏡や洗面台の鏡でチェックをしていたのですが、今はクローゼット内で着替えてそのままチェックができるようになりました。ますます楽になりました。広々ウォークインクローゼットを検討中の方は姿見をつけてみてもいいかもしれません。
 
 
 

ノンストレスで快適な家づくりを


我が家の衣替えの工夫を載せていきましたが、「全部ここ」ばっかりじゃん!と思いましたか?そうです、私には全部ここ!がとっても楽に過ごせるポイントなんです。
 
「2階と1階の行き来すら面倒くさい!」「衣替えしたくない!」そう思われる方は、例えば玄関に大きなファミリークローゼットを作って、そこに全ての服を収納したりはいかがでしょうか?
 
このように注文住宅では自分の使いやすさを考えて楽に快適に暮らせるお家を作ることができます。毎日暮らす家だから、ストレスは減らしたいですよね。『家づくりは人生づくり』、平松建築ではデザインも間取りもご家族にぴったりなお家を提案します。あなたも、衣替えのストレスから解放される家に住んでみませんか?
 
 
 

平松建築|代表の平松から


昨年4/16の緊急事態宣言を受け、平松建築では打ち合わせをすべて非対面で進められるよう、オンラインミーティングを実施しています。緊急事態宣言は解除されたもののまだまだ予断を許さない状況ですが、コロナの影響で得た良い変化については終息後も変化したままだと考えています。
 
具体的には、こういったオンライン打ち合わせを初めとしたインターネットの活用による、移動時間や社内打ち合わせ時間の削減といったものです。家づくりは、初めてお会いしてからお引渡しまでに1年以上かかることが大半です。
 
こんな時期だから打ち合わせは先送りにする・・・のではなく、これからの打ち合わせのために是非オンラインミーティングをご活用ください。オンライン打ち合わせなんてやったことがないという方が大半ですので、ご興味ありましたら下記から遠慮なくお問い合わせください。 もちろん、従来どおりの対面打ち合わせも行っておりますので、やりやすい方に合わせて提案させていただきます。
 
 
 
■平松建築|オンライン無料相談
http://bit.ly/39WCKvu
 
■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html
 
■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html
 
 
 

ライター紹介


平松建築 広報担当の小木です。
男児3人+女児1人の4児のママです。
長男の小学校入学を機に平松建築でお家を建てました。
子どもの成長を感じ、楽しみながら日々育児に奮闘しています。
子どもと暮らすママならではの目線でお家についてお話していきたいと思っています。

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2021.04.12

荷物の増える春、どう過ごす?


平松建築で家を建てた広報担当の小木です。
 
4月に入り、新しい生活がスタートした方も多いですよね。お子様がご入園・ご入学された皆様、おめでとうございます!
我が家も末っ子の2歳児が年少々に入園しました。小さな体を園服で身を包みカバンを背負ってバスに乗る姿は、なんだか嬉しいような寂しいような…毎日複雑な気持ちです。
 
春休み中に入園・入学準備に追われた方もきっといらっしゃいますよね。必要な物を買ったり、大量のグッズに名前を書いたり、大変ですよね。
そんな準備が終わったと思うと、次に悩まされるのが“置き場”ではないでしょうか?
今までなかったものが一気に増えるこの時期、4人の子がいる我が家の場合はどうしてるかお話しします。
 
 
 

絶妙なつくりのお気に入りポイント


我が家は玄関入って正面がお客様用、左に進むと家族用玄関と分かれています。
家族用玄関は土間収納にベビーカーや外遊びグッズなどが置け、靴を脱いで上がった場所はファミリークローゼットになっています。
そこでランドセルを置き、上着を脱いでかけることができます。
ファミリークローゼットを抜けると洗面台があるので手洗いうがいをしてからリビングに入れます。
上着もランドセルもしまってからリビングに来られるので、脱ぎ散らかした上着やランドセルがその辺に転がっている…なんてことを防げます。
 
親としては部屋をスッキリさせる最高のつくりですが、子どもにとっても使いやすくないといけませんよね。
ファミリークローゼットはお客様に見せない空間なので、ランドセル置き場は扉のないオープンな稼働棚になっています。そのため、ワンアクションでランドセルを背負ったり下ろしたりできます。
ランドセルの横には教科書や給食セット、体操服などを置いています。学校に必要なものは全てここにしまえます。次の日の準備もここにランドセルを置いたままできちゃうんです。
 
親にとっても子どもにとっても使いやすいお気に入りの場所です。
 
 
 

小さいうちから自分でお支度の仕組みづくりを


年長さんになった次男と年少々に入園した三男の幼稚園グッズも、ファミリークローゼット内にあります。
背が小さい幼稚園児でも自分でお支度できるように、小学生組の棚の下にカラーボックスを置きました。それぞれのカラーボックスの間には突っ張り棒で園服をかけられるようにしてあります。
 
こちらも幼稚園グッズは全てここに収納できるようにしてあります。
幼稚園・小学校からのお便りや、給食の献立表などはファイリングしてそれぞれの棚に入れてあります。これを持ってくのは誰だっけ?何日までだっけ?など兄弟間でごっちゃになりやすいので1人1ファイルが私にはわかりやすいです。
年長さんの次男は字が読めるようになってきたのでファイルを広げて「今日の給食は何?」と一緒に見ています。
 
子どもと一緒にお支度できるちっちゃなロッカー、とっても便利です。
 
 
 

どんどん増える“アレ”困ってませんか?


少しさかのぼりますが、春休み中に「置き場所どうしよう?」と悩みがちなのは入園・入学グッズだけではありません。
 
春休み前に持ち帰る作品の数々に驚かれた方も多いのではないでしょうか?
 
子どもが複数いれば人数分の作品がどっさり増えていきます。毎年増えていく作品の収納、悩んでしまいますよね。
 
我が家は1人ずつボックスに入れて、クローゼットの上の棚に収納しています。
持ち帰った作品は子どもと一緒に見て、「残しておく」か「写真を撮って処分」か仕分けします。残しておく作品だけボックスに入れ、ボックスがいっぱいになったら過去の作品も見直します。
ボックスの外側に名前を書いたテープを貼り、誰のものか一目見てわかるようにしています。
 
正直、作品は持ち帰ってきた時以外滅多に見ないので取り出しやすさはあまり考えず、邪魔になりにくい上の棚にしまっています。
 
 
 

使いやすさ重視ですっきり!


今回のブログでは、この時期悩みがちな子どものグッズ・作品収納についてピックアップして書いてみました。
家づくりをするにあたって奥さまが気になることの上位に入るのが“収納”ではないでしょうか?
とにかく多ければ多いほどいい!と思うかもしれませんが、使い道を決めて作れば少ない収納でもより使いやすくなりますよ。
来月も収納特集を書いていく予定ですのでぜひご覧くださいね。
 
 
 

平松建築|代表の平松から


昨年4/16の緊急事態宣言を受け、平松建築では打ち合わせをすべて非対面で進められるよう、オンラインミーティングを実施しています。緊急事態宣言は解除されたもののまだまだ予断を許さない状況ですが、コロナの影響で得た良い変化については終息後も変化したままだと考えています。
 
具体的には、こういったオンライン打ち合わせを初めとしたインターネットの活用による、移動時間や社内打ち合わせ時間の削減といったものです。家づくりは、初めてお会いしてからお引渡しまでに1年以上かかることが大半です。
 
こんな時期だから打ち合わせは先送りにする・・・のではなく、これからの打ち合わせのために是非オンラインミーティングをご活用ください。オンライン打ち合わせなんてやったことがないという方が大半ですので、ご興味ありましたら下記から遠慮なくお問い合わせください。 もちろん、従来どおりの対面打ち合わせも行っておりますので、やりやすい方に合わせて提案させていただきます。
 
 
 
■平松建築|オンライン無料相談
http://bit.ly/39WCKvu
 
■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html
 
■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html
 
 
 

ライター紹介


平松建築 広報担当の小木です。
男児3人+女児1人の4児のママです。
長男の小学校入学を機に平松建築でお家を建てました。
子どもの成長を感じ、楽しみながら日々育児に奮闘しています。
子どもと暮らすママならではの目線でお家についてお話していきたいと思っています。

2021.07.18

【防災イベント】7/31・8/1(土・日)カラフル・ブリッジフェア【備えない防災】

防災イベントに参加します7/31・8/1(土・日)に磐田市で『カラフル・ブリッジフェア』が開催されま...

2021.07.01

【掃除大変?】小さい子がいても無垢床をおすすめしたい4つの理由

夏はひんやり、冬はあたたかいものな〜んだ?平松建築で家を建てた広報担当の小木です。なぞなぞのようにス...

2021.06.18

出版業界誌「新文化」に「お金が貯まる家3.0」が掲載されました

新聞で紹介されました代表平松の著書「お金が貯まる家3.0」はお手にとっていただけましたでしょうか?こ...

2021.06.01

臭い大丈夫?梅雨時にまさかの洗濯○○チャレンジ

梅雨時期に悩む皆様にお伝えしたいこと平松建築で家を建てた広報担当の小木です。 今年は例年よ...

2021.05.25

「新刊JP」にインタビュー後編が掲載されました!

「新刊JP」にインタビューが載っています代表平松の著書「お金が貯まる家3.0」はお手にとっていただけ...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!