メニュー

  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2020.09.15

私たちがお手伝いできる防災対策


平松建築で家を建てた広報担当の小木です。
9月1日は防災の日でしたね。ご家庭で改めて防災について考えたり、対策や備蓄のチェックなどを行った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
災害はいつ来るかわからないからこそ、常日頃の備えが大事です。そこで今回は家づくりの観点でできる防災対策についてお話します。
 
 
 

丈夫な家、その前に○○は大丈夫?


さて、災害に強い家を建てよう。と思った時にまず何を気にしますか?家の構造、耐震性能…大切ですよね。丈夫な家を建てることはもちろん大事ですが、その家を建てる土地は大丈夫でしょうか?
 
どういうこと?と思った方もいるのではないかと思います。土地探しの時に多くの皆さんが重要視しているのは土地の広さや値段・周りにどんなお店や交通手段があるかなどの生活の便利さではないでしょうか。
 
実はそれだけで決めてはいけない重要なポイントがあるんです。
 
それが地盤の強さです。地盤の強い土地に建てないと、災害時に土台から崩れたり沈下したりしてしまうだけでなく、住んでいるうちに少しずつ家が傾いていたなんてことも起こってしまうかもしれません。
 
もしまだ住みたい土地が決まっていないなら、ぜひ平松建築にご相談ください!実際に土地を一緒に見て回り、地盤改良の必要がある土地かどうかプロの目線でアドバイスします。
 
すでに土地が決まっている方も安心してください。地盤調査を行い、改良が必要な場合は地盤改良のご提案をさせていただきます。
安心して住める家づくりの第一歩、土地探しからお手伝いします。
 
 
 

おしゃれなだけじゃない!造作家具のススメ


一戸建てに引っ越したら好きなテイストの家具で揃えて〜と夢が広がりますね。長く住む家だからお気に入りの家具に囲まれて、素敵なお家で暮らしたい。大好きなものに囲まれた暮らしはそれだけで毎日幸せです。
 
だけど、忘れちゃいけない防災対策。
 
災害時に家具が転倒して、下敷きになってしまったり、逃げ遅れてしまったりしたら大変です。もしもの時のために家具は固定しておきましょう。
 
固定したら見栄えが…と気になる方や、自分で固定をする自信がない方は、造作家具がおすすめです。我が家もほとんどの家具を造作にしてもらいました。
 
生活スタイルに合わせて必要な場所に必要な分だけ作ることができるので、無駄もなく使い勝手も良いです。サイズや色・デザインなども相談しながら作ってもらうので、好みに合ったあなただけの家具になり愛着がわきます。折りたたみ式や可動棚にしてもらうことで、後々生活スタイルが変わった時にも形を変えて活用できます。
 
そして今回のテーマの防災対策にも一役買ってくれる。メリットだらけの造作家具、私は胸を張っておすすめします。
 
 
 

備蓄はOK?でも隠したいのが本音


造作家具の話と少しかぶってしまいますが、備蓄や非常用持ち出し袋などを収納するスペースはありますか?いざという時に備えて準備は大切。すぐに使える所に置いておきたい。でも目のつく所に置いておくのは正直言って生活の邪魔になるし、見た目もいまいち。
 
それなら、備蓄品の収納には扉付きの収納はいかがでしょうか?こちらもじっくり相談しながら、好みや生活スタイルに合ったものを作ることができます。すぐに取り出しやすいリビングやキッチン・玄関に、普段は扉で目隠しをして置いておけたら安心ですね。
 
我が家は玄関収納も広く作ってもらいました。玄関ドアは一つだけど、家族と来客用で靴を脱ぐスペースを分けています。家族用の方には土間にも収納スペースをとり、外遊びの道具をしまったり、段ボールや空き缶のゴミの一時置き場にしたりしています。
 
靴を脱いであがったところにも収納スペース。学校・幼稚園グッズや上着・帽子などを収納しています。扉などはつけていませんが、お客様の目に触れないのでいろいろ収納できちゃいます。普段は見えないけどすぐに取り出しやすい、防災グッズの収納にもぴったりです。
 
 
 

好みも安全も妥協しない、自分に合った家づくり


せっかく建てた家と大事な家族を守るため、しっかり防災対策を整えた家づくりをしましょう。その上で生活スタイルや好みに合わせた、ご家族にぴったりフィットするお家を作りたいですね。私たちにお手伝いさせてください。どんな些細なことでも相談してくださればお答えします。お気軽に声をおかけくださいね。
 
 
 

平松建築|代表の平松から


4/16の緊急事態宣言を受け、平松建築では打ち合わせをすべて非対面で進められるよう、オンラインミーティングを実施しています。緊急事態宣言は解除されたもののまだまだ予断を許さない状況ですが、コロナの影響で得た良い変化については終息後も変化したままだと考えています。
 
具体的には、こういったオンライン打ち合わせを初めとしたインターネットの活用による、移動時間や社内打ち合わせ時間の削減といったものです。家づくりは、初めてお会いしてからお引渡しまでに1年以上かかることが大半です。
 
こんな時期だから打ち合わせは先送りにする・・・のではなく、これからの打ち合わせのために是非オンラインミーティングをご活用ください。オンライン打ち合わせなんてやったことがないという方が大半ですので、ご興味ありましたら下記から遠慮なくお問い合わせください。 もちろん、従来どおりの対面打ち合わせも行っておりますので、やりやすい方に合わせて提案させていただきます。
 
 
 
■平松建築|オンライン無料相談
http://bit.ly/39WCKvu
 
■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html
 
■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html
 
 
 

ライター紹介


平松建築 広報担当の小木です。
男児3人+女児1人の4児のママです。
長男の小学校入学を機に平松建築でお家を建てました。
子どもの成長を感じ、楽しみながら日々育児に奮闘しています。
子どもと暮らすママならではの目線でお家についてお話していきたいと思っています。

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2020.08.15

子どもがずっと家にいる夏休みどう過ごす?

 
平松建築で家を建てた広報担当の小木です。
コロナの影響でイベントが中止になったり、人混みは避けたいからなかなか外出できなかったり、例年よりも「子どもの夏休みどう過ごそう!?」と悩んだ方も多いのではないでしょうか?もう夏休みも終盤ですが、4人の子どもとステイホームで過ごす我が家の夏休みについてお話しさせてください。
 
 
 

やっぱり作ってよかった“畳コーナー”


以前も紹介しましたが、リビングの畳コーナーに作った造作カウンターで小学生は毎日宿題をしています。家族がいるから寂しくないし、ダイニングテーブルと別だから生活の邪魔にもならない。子どものタイミングで勉強しやすいです。
 
もしダイニングテーブルで勉強していたらどうなるでしょうか?例えば早起きして宿題をやっていたら「朝食の準備をするから片付けて」と言われてしまったり、遅く起きてきた下の子が朝食を食べるから中断しなきゃいけなくなったり。おやつや食事のたびに中断・片付けしなきゃいけなくなってしまいます。かと言って子ども部屋で勉強だと、まだ小さい子には心細く、リビングでみんなが遊んでると思うと自分も遊びたくて逆に集中できないなんてことも。
 
畳コーナーに設けたスタディスペースはそれらの問題を解決してくれます。
 
その他にも畳コーナーはお昼寝スペースとしても活躍しています。上の子たちがテレビの方でゲームをしている間、下の子は畳でゴロンとお昼寝。見える場所だからお互い安心だし、少し分かれた空間なので落ち着いて眠れます。
 
 
 

水遊びに家庭菜園、お庭は遊びが満載


アパートから一軒家のマイホームに変わってよかったことは子どもを思いっきり遊ばせられること。この時期は毎日お庭で水遊びをしています。芝生の上にビニールプールを置いて好きな時間に出たり入ったり、気兼ねなく遊んでいます。子どもたちが走り回れる芝生の庭を作ったことは、よかったなぁと思うポイントの一つです。
 
庭の片隅には畑も作ってもらいました。今は夏野菜を育てています。子どもたちも毎日水やりをしたり野菜の成長を見たり楽しんでいます。お庭を好きなように使えるのはマイホームのいいところですね。
 
 
 

自然光も子どもも入りやすい大きな窓


プールで思いっきり遊んだあとはリビングにある大きな窓から家に入ります。玄関から出入りするとポーチが水浸しになってしまうので、窓の前に足拭きタオルを敷いてすぐに部屋に入れるようにしています。
 
大きな窓は室内から子どもの様子を見るのにも最適だし、自然光が差し込むので夏は夜になるまで電気をつけずに過ごせます。それなのに直射日光が入ってこないので部屋にいるのに日差しが暑すぎる!なんてことがありません。リビングに大きな窓をつけてもらってよかったなぁと感じています。
 
一つ「こうすればよかった」と思うことは、ウッドデッキをつけたかったということです。予算の関係で「後からつけよう」と思っていたけど、今のところ予定はなくいつになるかわかりません。ウッドデッキがあれば窓からの出入りがもっと楽になるし、水着のままウッドデッキに座ってアイスを食べたりなんかもできるだろうなと夢見ています。
 
 
 

猛暑でも心地よい涼しさで健康的な家


我が家よりも前に家を建てた人からよく言われるのが「(自分の家より夏は)もっと涼しいでしょ?」「(冬は)もっと暖かいでしょ?」ということ。最近の家は夏涼しく冬暖かいというのが常識になりつつあるのでしょうか?
 
確かに平松建築の家はWB工法を取り入れており、夏は涼しく冬は暖かいです。今の時期子どもの習い事などで外から帰ってくると「家の中涼しい!」って感じます。ただ勘違いされやすいですが、エアコンをがんがんに効かせたくらい涼しいわけではないです。すごく暑い日にはエアコンも利用します。だけどエアコンの台数も時間も少なく、温度もそこまで下げなくても家の中が涼しくなるので電気代を抑えることができます。室内と外の気温が違いすぎると体の調子もおかしくなってしまうので、程よい涼しさがとても快適に感じます。
 
 
 

家族にあった家づくりでノンストレスな家


その他にも我が家は以前紹介した広々キッチンで子どもと一緒に料理やおやつ作りを楽しんだり、室内干しスペースで汗や水遊びでこの時期多くなる洗濯物を時間を気にせず干せたり、快適に過ごせる工夫がたくさんあります。自分たちのライフスタイルに合わせた家づくりをすることで過ごしやすい環境を整えることができ、ステイホームを楽しむことができます。まだまだお家で過ごす時間が多くなりそうな今の状況ですが、こんな時だからこそお家づくりを楽しんで、ストレスのたまりにくい環境を作りたいですね。
 
 
 

平松建築|代表の平松から


4/16の緊急事態宣言を受け、平松建築では打ち合わせをすべて非対面で進められるよう、オンラインミーティングを実施しています。緊急事態宣言は解除されたもののまだまだ予断を許さない状況ですが、コロナの影響で得た良い変化については終息後も変化したままだと考えています。
 
具体的には、こういったオンライン打ち合わせを初めとしたインターネットの活用による、移動時間や社内打ち合わせ時間の削減といったものです。家づくりは、初めてお会いしてからお引渡しまでに1年以上かかることが大半です。
 
こんな時期だから打ち合わせは先送りにする・・・のではなく、これからの打ち合わせのために是非オンラインミーティングをご活用ください。オンライン打ち合わせなんてやったことがないという方が大半ですので、ご興味ありましたら下記から遠慮なくお問い合わせください。 もちろん、従来どおりの対面打ち合わせも行っておりますので、やりやすい方に合わせて提案させていただきます。
 
 
 
■平松建築|オンライン無料相談
http://bit.ly/39WCKvu
 
■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html
 
■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html
 
 
 

ライター紹介


平松建築 広報担当の小木です。
男児3人+女児1人の4児のママです。
長男の小学校入学を機に平松建築でお家を建てました。
子どもの成長を感じ、楽しみながら日々育児に奮闘しています。
子どもと暮らすママならではの目線でお家についてお話していきたいと思っています。

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2020.07.16

ズボラママが憧れの無垢床に住んでみました

 
平松建築で家を建てた広報担当の小木です。
天気予報はほとんど毎日雨マーク。大雨で大変な被害に遭われた地域もあります。早く天気が落ち着く日がきて欲しいと願う一方で、梅雨明けしたら暑さに悩む毎日になりそうですね。
 
暑いと子どもってすぐ靴下脱ぎませんか?暑い日は大人だって裸足になりたいですよね。そんな素足に心地よい、無垢床についてご紹介したいと思います。
 
平松建築の家は標準仕様が無垢床です。事務所の無垢床に触れて、見た目と質感の良さは充分に感じていましたが、ズボラな私に管理ができるのか正直不安もありました。無垢にしようか、合板にしようか悩んだことのある方の多くが何となく「無垢床=手入れが面倒」というイメージを持っているのではないでしょうか?私もそうでした。実際住んでみたら「無垢床=最高!」でした。
 
 
 

小さい子がいてもできる無垢床掃除

 
小さなお子さんのいるご家庭は子どもが汚すから…と無垢床を諦めてしまいがちですよね。食事のたびに食べこぼしがあったり、時にはジュースをこぼしたり。そんな時に我が家がしているのは濡れた雑巾で拭いた後、乾いた雑巾で拭くことです。
 
あれ?今までと同じじゃないですか?
 
無垢の床は水をこぼしたらアウトなんて思ってましたが、そんなことありませんでした。オイル塗装を施した無垢床なら木の質感はそのままに、こぼしたらすぐに拭くだけでOKなんです。合板フローリングだってジュースをこぼしたまま放置なんてしないですよね。
 
普段の掃除も掃除機だけ。半年に一度くらいのペースでワックスをかけますが、普通の水拭きと大差なく簡単にできます。ワックス用のモップを使えばお掃除ワイパー感覚でできちゃいます。我が家は気分の乗った時に少しずつワックスをかけてるので全く苦になりません。
 
 
 

無垢床は傷がつきやすいって本当?


でも傷がつきやすいんじゃないの?それは確かにそうかもしれません。硬い床と比べたら重いものを落とした時や尖ったもので引っかいた時に傷がつきやすいのが正直なところ。だけど傷の目立ちやすさでいったら特別目立つというわけではないというのが私の感想です。
 
合板フローリングの家に暮らしていた頃、傷の部分は中から違う色が見えていました。無垢床の場合、一枚の厚い木でできているため傷の部分も同じ木の質感のままです。少々の傷は味のある風合いのようにさえ感じることもできます。自然の木目にまぎれて目立ちにくいという点もあります。
 
 
 

無垢床のへこみを自分で直す方法


このブログを書くにあたって無垢床について調べたところ、無垢床のへこみ傷は水とアイロンで直せることを知りました。今朝長女がタイムリーに「穴があいてる〜!」と床のへこみを見つけたので、実際に試してみました。
 
水が染み込みやすいようへこみ部分に紙やすりをかけ、水をたらし30分放置。その後濡れた布をあててアイロンをかけます。
 
私のやすりが下手だったらしく少し汚いけど、へこみは完全になくなってました!家にある道具で簡単に直せて感動!思わず他のへこみも探してしまいました(笑)。そんなに頻繁にやる作業ではないので、実験みたいで楽しめそうです。
 
 
 

木の肌触りを体感してください


ここまで読んだ方には無垢床ってそんなに大変じゃないかも…って思っていただけたでしょうか?多少の汚れも傷もいい味に感じ、特別面倒な手入れもいりません。
 
そして何より本物の木の質感を楽しめる。
 
冬も木のぬくもりを感じるので床が冷たいなんてことはなく、夏は裸足で歩いてもベタベタしません。さらさら感が心地よく、最近では家に帰ると子どものように靴下を脱いでしまう私です(笑)。子どもと一緒に床に寝そべったりもしています。この感覚は実際に触れてみないとお伝えできません!気になる方はぜひ一度平松建築のおうちを見に来てください。お子さんと一緒に本物の木に触れてみませんか?
 
 
 

平松建築|代表の平松から


4/16の緊急事態宣言を受け、平松建築では打ち合わせをすべて非対面で進められるよう、オンラインミーティングを実施しています。緊急事態宣言は解除されたもののまだまだ予断を許さない状況ですが、コロナの影響で得た良い変化については終息後も変化したままだと考えています。
 
具体的には、こういったオンライン打ち合わせを初めとしたインターネットの活用による、移動時間や社内打ち合わせ時間の削減といったものです。家づくりは、初めてお会いしてからお引渡しまでに1年以上かかることが大半です。
 
こんな時期だから打ち合わせは先送りにする・・・のではなく、これからの打ち合わせのために是非オンラインミーティングをご活用ください。オンライン打ち合わせなんてやったことがないという方が大半ですので、ご興味ありましたら下記から遠慮なくお問い合わせください。 もちろん、従来どおりの対面打ち合わせも行っておりますので、やりやすい方に合わせて提案させていただきます。
 
 
 
■平松建築|オンライン無料相談
http://bit.ly/39WCKvu
 
■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html
 
■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html
 
 
 

ライター紹介


平松建築 広報担当の小木です。
男児3人+女児1人の4児のママです。
長男の小学校入学を機に平松建築でお家を建てました。
子どもの成長を感じ、楽しみながら日々育児に奮闘しています。
子どもと暮らすママならではの目線でお家についてお話していきたいと思っています。

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2020.06.16

雨の日の洗濯、悩んでませんか?

 
平松建築で家を建てた広報担当の小木です。
東海地方も梅雨入り。雨の予報が続いていますね。こんな時期に頭を悩ませるのが「洗濯」。
 
雨だから室内干ししたけど、しっかり乾かず生乾きの臭いが…なんてことありませんか?私もアパート時代は次の日使いたい幼稚園グッズが乾かなくて焦ったり、生乾きの臭いに悩んだりしていました。でも、お天気が悪いから乾かなくて当たり前・臭いも当たり前だと思っていました。
 
それが今の家に引っ越してからは、洗濯の悩みがすっかりなくなりました!
 
今回はそんな我が家の秘密をお話しします。
 
 
 

梅雨でも乾く秘密は”WB工法”

 
平松建築では通気断熱WB工法を取り入れています。WBとは「ダブルブレス」の略で、二つの通気層で呼吸しているという意味です。家がまるで呼吸しているように、壁の中を空気が流れています。嫌な臭いも化学物質も湿気と共に壁を通過して出ていってくれます。
 
その仕組みにより、室内に洗濯物を干してもよく乾くし臭いもしない、この時期のむわっとした蒸し暑さも感じないのです。
 
 
 

子どもが服を汚してもイライラしなくなりました


この話を聞いた時正直半信半疑でした。だけど実際住んでみて今、身をもって実感しています。我が家の二階に設けた室内干しスペース。雨の日用にして、晴れた日は外に干そうかななんて最初は考えていました。
 
だけどあまりの快適さに結局毎日部屋干ししてます。
 
朝干せば夕方にはすっかり乾く。お天気の悪い日が続くと夕方には乾かないこともありますが、次の日の朝には乾いている。そんな時ももちろん臭いはしません。
 
小さい子どもがいるとお天気関係なしに大量の洗濯物が出たりします。「洗濯機回したばっかりなのに!」「もうお昼なのに!」なんてこともしばしば。それでも気持ちよく乾いてくれるお家のおかげで安心してお洗濯できます。子どもに「もうっ!」って言う回数が減りました(笑)
 
 
 

きれいな空気を感じてください


暑い日が出てくるこの時期、子どもたちが水遊びをする日も多くなります。いつも以上に大量の洗濯物。それに1日に何度も。先日バタバタしていてお風呂場にさっと干したら、久しぶりの生乾きの臭いにびっくりしました。
 
「あぁ〜こんな臭いだったな」
 
って懐かしく思えるほど久しぶりの出来事でした。浴室はWB工法ではないため乾くのが遅く、空気の透過・透湿もしないため、嫌な臭いがすることもわかりました。改めてお家の呼吸で空気をキレイにしてくれてることを実感できました。
 
この話を聞いても信じられない方もいるかと思います。ぜひ一度平松建築で建てたお家を見に来て下さい。一歩室内へ入るとキレイな空気を感じていただけると思います。
 
 
 

平松建築|代表の平松から


4/16の緊急事態宣言を受け、平松建築では打ち合わせをすべて非対面で進められるよう、オンラインミーティングを実施しています。緊急事態宣言は解除されたもののまだまだ予断を許さない状況ですが、コロナの影響で得た良い変化については終息後も変化したままだと考えています。
 
具体的には、こういったオンライン打ち合わせを初めとしたインターネットの活用による、移動時間や社内打ち合わせ時間の削減といったものです。家づくりは、初めてお会いしてからお引渡しまでに1年以上かかることが大半です。
 
こんな時期だから打ち合わせは先送りにする・・・のではなく、これからの打ち合わせのために是非オンラインミーティングをご活用ください。オンライン打ち合わせなんてやったことがない。という方が大半ですし、私たちもまだ初めたばかりです。ご興味ありましたら、下記から遠慮なくお問い合わせください。
 
 
 
■平松建築|オンライン無料相談
http://bit.ly/39WCKvu
 
■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html
 
■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html
 
 
 

ライター紹介


平松建築 広報担当の小木です。
男児3人+女児1人の4児のママです。
長男の小学校入学を機に平松建築でお家を建てました。
子どもの成長を感じ、楽しみながら日々育児に奮闘しています。
子どもと暮らすママならではの目線でお家についてお話していきたいと思っています。

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2020.05.07

今こそ家づくり考えてみませんか?

 
平松建築で家を建てた広報担当の小木です。
 
コロナウイルスの影響で今年は静かに過ごすGWでしたね。
 
帰省できず寂しい思いをされた方もいらっしゃると思います。中にはオンライン帰省やオンライン飲み会で自宅にいながら遠くの家族や友達と楽しんだ方もいるのではないでしょうか?私の周りでもZoomなどのビデオ通話を使う機会が増え、便利な時代だなぁと改めて感じています。
 
おうちで過ごす時間が増えて一軒家への憧れが出てきた方、家づくりについてじっくり家族と話したり考えたりする時間ができた方もきっといますよね。でもこんな時期に出かけるなんて…とついつい先延ばしにしてしまいがち。
 
大丈夫です。
平松建築なら出かけなくても家づくりができます。
 
えぇ〜!?どうやって?ハテナが浮かぶ方も多いと思います。今回はその仕組みを紹介させていただきますね。
 
 
 

オンラインミーティング始めました

 
具体的にはZoomやLINEなどのビデオ通話を使って、ご自宅にいながら家づくりをしていきます。こちらのPC画面をお客様のPCやスマホの画面に写しながら話をするので、対面と同じく資料を見ながら打ち合わせができます。
 
資料はその場で見ていただくだけでなくPDFでも送りますので、後からじっくり考え直したり資料を確認したりとご活用ください。
 
 
 

全て非対面で可能です

 
ヒアリング、ライフプラン作成、土地探し、プラン提案、契約など家づくりの全てを非対面で対応します。前述したビデオ通話やPDF送付の他、郵送や、土地の視察を別々に行くことでお客様のペースで進めていただくことができます。
 
オンライン家づくりなら感染対策になるだけでなく、忙しかったりお住まいが遠かったりする方にも無理なく家づくりをしていただけます。
 
 
 

お気軽にお申し込みください

 
でもオンラインってなんだか難しそう…Zoom使ったことないし…と迷っている方、安心してください!
 
平松建築が1からサポートいたします。
 
スマホでもPCでもOK。普段家でくつろいでいる感覚でリラックスして家づくりをしていきましょう。お子さんがぐずっても気にしないで抱っこしてあげてくださいね。
 
お客様に安心して家づくりしていただけることを私たちは望んでいます。ぜひお気軽にお問い合わせください。
 
 
 

平松建築|代表の平松から


4/16の緊急事態宣言を受け、平松建築では打ち合わせをすべて非対面で進められるよう、オンラインミーティングを実施しています。現在大変な状況になっておりますが、コロナの影響で得た良い変化については終息後も変化したままだと考えています。
 
具体的には、こういったオンライン打ち合わせを初めとしたインターネットの活用による、移動時間や社内打ち合わせ時間の削減といったものです。家づくりは、初めてお会いしてからお引渡しまでに1年以上かかることが大半です。
 
こんな時期だから打ち合わせは先送りにする・・・のではなく、これからの打ち合わせのために是非オンラインミーティングをご活用ください。オンライン打ち合わせなんてやったことがない。という方が大半ですし、私たちもまだ初めたばかりです。ご興味ありましたら、下記から遠慮なくお問い合わせください。
 
 
 
■平松建築|オンライン無料相談
http://bit.ly/39WCKvu
 
■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html
 
■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html
 
 
 

ライター紹介


平松建築 広報担当の小木です。
男児3人+女児1人の4児のママです。
長男の小学校入学を機に平松建築でお家を建てました。
子どもの成長を感じ、楽しみながら日々育児に奮闘しています。
子どもと暮らすママならではの目線でお家についてお話していきたいと思っています。

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2020.04.17

宿題をする場所は決まっていますか?


元お客様の広報担当、小木です。
 
ついに全国に緊急事態宣言が出て、コロナウイルスの勢力が収まらず不安な毎日ですね。新年度早々休校になってしまったところもあり、複雑な思いをされていることと思います。
 
休校中、子どもたちとどう過ごそうか悩んでしまいますよね。その中でも家でどうやって勉強させるかというのは難しいところ。お子さんが入学してこれから宿題をしっかりできるか不安…と感じている方もいるのではないでしょうか。
 
今回は我が家の勉強スペースを紹介します。楽しい新学期の参考に見てみてください。
 
 
 

アイデアカウンターでお部屋も頭もスッキリ!


私の家はリビングに小上がりの畳コーナーを設置しました。その畳コーナーの壁側に造作のカウンターを取り付け、子どもたちのスタディスペースにしました。畳に座って勉強するのにちょうどいい高さで、兄弟並んで使える。我が家にぴったりのカウンターです。
 
しかもなんと折りたたみ式。
 
使わない時は折りたたんで壁にくっつけておくことができ、邪魔にならないんです。初めて見たとき感動しました。今は毎日使うので出しっぱなしにしていますが、子どもが大きくなって使わなくなったらしまっておけばスッキリ。
 
リビングにあるので家事や他の兄弟のお世話をしていても目の届くところで勉強させられます。小学生の宿題は親が見ることも多く、わからない時もすぐに教えてあげることができます。漢字辞典・国語辞典・ことわざ辞典などはカウンターに置いてあり、自分ですぐに調べることもできます。同じ部屋にママがいるということが小さな子どもの安心感にも繋がり、落ち着いて宿題をする環境を作ってあげられていると感じます。
 
 
 

子どもが自分で支度も片付けもできちゃう秘密


勉強机を買わなかった我が家ですが、よく聞かれるのが「教科書はどこにしまってるの?」ということ。
 
答えは「玄関」です。
 
靴を脱ぐスペースをお客様用と家族用で分け、家族用玄関を上がったところに収納を設けました。壁一面に可動式の棚をつけてもらい、ランドセル・教科書・体操服など必要な道具はほとんどそこに置いています。
帰ってきてランドセルを下ろすと同時に片付けられるので、部屋にランドセルが転がってるなんてことを防げます。次の日の支度もその場ででき、朝は玄関でランドセルを背負ってすぐに出かけられます。幼稚園の園服も手の届く位置に置いているので自分で朝のお支度をさせやすいです。
 
 
 

家族で読書習慣を


本は好きですか?私はあまり読めていませんが、たくさん本を読む生活に憧れています。子どもたちにもたくさん本を読んで育ってほしい。時間のある時には読み聞かせもしています。
 
なるべくたくさんの本と触れ合えるように、2階の廊下に共同の本棚を作りました。赤ちゃんの本、少し字の多い本、漫画などいろいろな本を入れています。読みたい時に読みたい本を持ってこられる仕組みです。
 
たくさんの本の中から自分で読みたい本を探すのもいい経験になります。いろいろな本が並んでいると「この本読んでみようかな」と気軽に手に取ることができます。もうすぐ2歳になる三男も自分で読みたい本を選んでパラパラめくったり、「読んで」と持ってきたりしています。子どもの好奇心を育む手助けになればいいなと思います。
 
 
 

勉強も家づくりもワクワクしよう


マイホームには自分の想いを込められるので夢が膨らみますね。いつもよりモヤモヤしてしまう新学期ですが、楽しい家づくりのことを考えてワクワクしてください。子どもや大人が勉強しやすい環境を取り入れた家づくりもおすすめですよ。
 
 
 

平松建築|代表の平松から


4/16の緊急事態宣言を受け、平松建築では5月6日までの打ち合わせをすべて非対面で進められるよう、オンラインミーティングを実施しています。現在大変な状況になっておりますが、コロナの影響で得た良い変化については終息後も変化したままだと考えています。
 
具体的には、こういったオンライン打ち合わせを初めとしたインターネットの活用による、移動時間や社内打ち合わせ時間の削減といったものです。家づくりは、初めてお会いしてからお引渡しまでに1年以上かかることが大半です。
 
こんな時期だから打ち合わせは先送りにする・・・のではなく、これからの打ち合わせのために是非オンラインミーティングをご活用ください。オンライン打ち合わせなんてやったことがない。という方が大半ですし、私たちもまだ初めたばかりです。ご興味ありましたら、下記から遠慮なくお問い合わせください。
 
 
 
■平松建築|オンライン無料相談
http://bit.ly/39WCKvu
 
■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html
 
■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html
 
 
 

ライター紹介


平松建築広報担当の小木です。
男児3人+女児1人の4児のママです。
長男の小学校入学を機に平松建築でお家を建てました。
子どもの成長を感じ、楽しみながら日々育児に奮闘しています。
子どもと暮らすママならではの目線でお家についてお話していきたいと思っています。

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2020.03.16

つらい花粉症。家づくりで和らげませんか?


元お客様の広報担当、小木です。

新型コロナウイルス の流行で大変なことになっていますね。臨時休校やイベント・お店などの自粛、日用品の品薄など生活の至る所で支障をきたしています。
 
マスク不足も深刻な問題となっていますが、この時期花粉症でつらい思いをしている方も多いのではないでしょうか?今回は家づくりでできる花粉症対策について紹介したいと思います。
 
 
 

花粉症が怖くなくなった秘密アイテムとは?


私は今『プラチナチタン触媒AIRPLOTマスク』を使っています。名前を聞いただけではどんなマスクなのか、想像もつきませんよね。
 
このマスク、アレルギー物質・ウイルス・細菌を分解除去してくれるんです。
 
どういう仕組みかというと、マスクの裏表両面に加工しているプラチナチタン触媒が太陽の力で有害物質を無害なH2OとCO2に分解し、空気中に戻して空気環境を綺麗にしてくれるそうです。
 
太陽光によって効果が復活するので、水洗いして日の当たる室内に干しておけば繰り返し使えます。今の時期とっても助かっています。
 
私は出かけるときに毎日使っていますが、先日マスクをつけるのを忘れて外に出たら花粉を吸い込んで頭が痛くなってしまい、効果を実感できました。
 
このプラチナチタン触媒を家づくりにも使えるんです。窓ガラスにエアープロットを塗布すると太陽光によって花粉やハウスダストを分解してくれます。
 
1回のコーティングで10年効果が続き、太陽光を使うのでとってもエコ。お出かけ時にはマスク、家にいる時にはエアープロットを塗布した窓で花粉をブロックしてくれたらとっても頼もしいですよね。
 
 
 

「ただいま」で花粉とバイバイする間取り


外から花粉を持ち込まないことも大事。玄関入ってすぐにコートクロークを作れば、花粉のついた上着を玄関で脱ぐことができます。
 
低めのコートかけを作ると子どもも自分で上着をしまう癖がつきます。靴を脱ぐのと同時にコートも脱げて、脱ぎ散らかし対策にもなります。花粉も防いで家も散らからない、一石二鳥のおすすめの間取りです。
 
 
 

部屋干ししたいけど臭いが気になる方へ


この時期屋外に洗濯物を干すのは花粉症の人にはとってもツライですよね。干したり取り込んだりする間外に出ているのも嫌だし、取り込んだ洗濯物に花粉が付くのも嫌…。だけど部屋干しだと嫌な臭いが…。と悩んでいる方、いませんか?
 
我が家は全く臭いません。
 
家族6人の大量の洗濯物を毎日部屋干ししていても1日で乾いて嫌な臭いもしない。この家に住んでから生乾きの臭いを忘れてしまいました。
 
階段の上のスペースを利用して、お客様には見えず邪魔にならないけど干しやすい位置を選びました。使わない時には天井にしまえてスッキリ。天気も時間も気にせず干せるこの室内干しスペース、花粉症の時期には特に大活躍しています。
 
 
 

安心の家づくりで花粉の時期を乗り越えよう


毎年訪れる花粉症。家づくりで対策して少しでも和らげましょう。今よりきっと快適に暮らすことができますよ。
 
平松建築では忙しくてなかなか時間がとれない方、花粉症やウイルス対策でなるべく外に出たくない方にもおすすめのオンラインミーティングができます。ぜひお気軽にお問い合わせください。
 
■平松建築|オンライン相談
http://bit.ly/39WCKvu
 
■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html
 
■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html
 
 
 

ライター紹介


平松建築広報担当の小木です。
男児3人+女児1人の4児のママです。
長男の小学校入学を機に平松建築でお家を建てました。
子どもの成長を感じ、楽しみながら日々育児に奮闘しています。
子どもと暮らすママならではの目線でお家についてお話していきたいと思っています。

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2020.02.14

毎日使うキッチン、笑顔で過ごせるポイントは?


元お客様の広報担当、小木です。

今日はバレンタインデーですね。我が家の長女も毎年大はりきり!今年も「手作りしたい」とワクワクしています。
 
さて2月というと、そろそろ新学期に向けて引っ越しや転勤などが多い季節。子どもや旦那の仕事のことを考えた新居選びはもちろん大事なんですが、家にいることの多いママとしては、キッチンなどの使い勝手も気になりますよね。
 
そこで今回は私の家のキッチンのこだわりポイントをご紹介します(^^)
 
 
 

見渡せるからママも子どもも安心


キッチンには色々な種類がありますね。アイランドキッチン、壁付けキッチン、セパレート型キッチンなどそれぞれ特徴があるので、ご家庭にあったキッチンを選ぶのが良いと思います。
我が家は対面式で片側が壁についているペニンシュラキッチンを採用しました。
 
「ママ、見て!」
 
料理をしていて子どもに呼ばれることは少なくありません。そんな時作業をしながらパッと子どもを見て声がかけられるのが対面式キッチンの良いところ。リビングで遊んでいる子どもを見渡せるのでママにとっても子どもにとっても安心できます。

我が家は壁についているコンロ側は正面にも壁をつけ半分隠れているスタイルにしました。シンク側も腰壁を作ったため手元を隠すことができます。オープンになりすぎず、すっきり見せやすいです。
 
 
 

ひろびろ通路で家族満足


2つ目のこだわりはキッチンの通路幅を広くとったことです。カップボードと作業台の間が約155cm。子どもが余裕で寝転べる広さです。
お料理や洗い物中に旦那さんが冷蔵庫のビールを取りにきてイラっ…なんてことありませんか?(笑)
 
通路幅を広く作れば一切イライラを感じません。
 
作業を中断することなくノンストレスでお料理できます。広々しているので子どもにもお手伝いさせやすいです。並んでの作業も、「ちょっとあれ取って」も快適。子どもの「やりたい!」を満たしてあげられて親子で大満足です。
 
 
 

キッチン奥は秘密基地

 
キッチンの奥に秘密基地を作っちゃいました。
 
私のワークスペースです。
 
自分の部屋やちょこっと趣味に使えるスペースが欲しいママも多いのではないでしょうか?我が家は部屋としては設けず、キッチンの壁側奥に造作の机と棚を設置しました。趣味に仕事に家事にいろいろ活用できるママの秘密基地。一番よく使うキッチンにあるからすぐに使えるんです。

お料理しながらパソコンでレシピを調べたり、子どものプリントをちょい置きしたりしています。リビングからは隠れた位置にあるのでちょっとした一人の空間を感じることができます。
 
 
 

あなたの理想のキッチンは?


家づくりの中でキッチンにはこだわりたいと思っている方。お料理は苦手だけどなるべく笑顔で過ごせるキッチンにしたいなと思ってる方。理想の生活を思い描きながら、こだわりのキッチンを作りませんか?もしよければ我が家も参考にしてみてくださいね。
 
平松建築には他にもいろいろなこだわりが詰まったお家がたくさんあります。ぜひ覗いてみてくださいね。
 
 
 
■平松建築のモデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html

ライター紹介


平松建築広報担当の小木です。
男児3人+女児1人の4児のママです。
長男の小学校入学を機に平松建築でお家を建てました。
子どもの成長を感じ、楽しみながら日々育児に奮闘しています。
子どもと暮らすママならではの目線でお家についてお話していきたいと思っています。

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2020.01.23

普通に暮らしているだけで風邪対策ができる家があるって本当?


元お客様の広報担当、小木です。

例年インフルエンザの流行のピークを迎える時期ですね。我が家でも年末に次男が熱を出しハラハラしました。子どもにはいつでも元気でいてほしいもの。もちろん自分だって倒れるわけにはいきません。家族みんなが元気に暮らしていけるために健康管理、気をつけています。
 
 
 

我が家が気をつけている6つのこと


私が特に気をつけている6つの風邪対策があります。
 
1.手洗い・うがい

2.体を冷やさない

3.栄養をとる

4.睡眠をとる

5.水分補給

6.湿度管理
 
この中には実は家づくりにも関係しているものもあるんです。
 
 
 

「手洗い・うがいした?」口うるさく言わないために


外から帰ったら手洗いうがい。習慣にしたくありませんか?
 
「手洗ってよ!」「うがいしたの?」
 
毎日口うるさく言うのは親も子もいい気分ではないですよね。子どもが自然に手洗い・うがいしてくれたらいいのになあと思っている方も多いのではないでしょうか。もしあなたが今現在やこれから家づくりを考えているならチャンス!
 
間取りで解決できちゃうかもしれません。
 
帰って靴を脱いでそのまま手洗い・うがいをするルーティンができる間取り。我が家では玄関入ってすぐのところに洗面台を採用しました。遊びにきた友達には「お風呂はどこにあるの?」と聞かれることがよくあります。洗面台は何となく脱衣室にあるイメージですよね。我が家は脱衣室に洗面台を設けず、玄関横に設置しました。
 
そのおかげで帰宅後すぐに手洗い・うがいをすることができ、来客にも気軽に洗面台を使ってもらえます。
 
 
 

エアコンいらずでエコな家


子どもの多い我が家は毎朝バタバタ。朝ごはんの支度・洗濯・子どもの支度、小学生と幼稚園児を送り出して…と目まぐるしく動いています。
子どもたちが出かけてふと室内を見ると
 
「えー!エアコンついてない!」
 
私は家族で一番の寒がり。いくら忙しくてもエアコンをつけ忘れるなんてありえないって思ってました。平松建築で家を建てて2度目の冬ですが、夜もエアコンをつけずに眠ることができ、朝もそのまま忘れて過ごしていた…なんて日がこの冬1度や2度じゃなく、しょっちゅうあります。
 
「冬暖かく夏涼しい家」と言われても毎日暮らしていると正直ピンときませんが、こんな時には思わず実感します。エアコンをつける日ももちろんありますが、温度も頻度も最小限で済んでいます。それ以外の暖房器具は一切ありません。
 
お財布にも体にもやさしい大満足の家です。
 
 
 

湿度は低すぎも高すぎも良くないって知っていますか?


お部屋の湿度は50%が理想だそうです。
 
40%未満だとインフルエンザウイルスが活発になるとか。乾燥はよくないというイメージから加湿器を使って対策をとっているおうちは多いですよね。だからと言って湿度が高すぎるのもカビや結露が発生して、お家や体を蝕む原因に。
 
室温と外気温の差が大きい冬。毎日窓の結露を拭くのに大変な思いをしている方も多いと思います。私もアパートに住んでいた頃は結露対策のシートさえもカビてしまうほどの結露に悩んでいましたが、それが当たり前だと思っていました。
 
平松建築で建てた家に引っ越してからは一度も結露に出会ったことはありません。
 
室内に洗濯物を干していてもじっとりせず、むしろちょうどいい乾燥対策になります。結露を拭く作業がなくなるだけでぐっと楽になりストレスも減ります。50%くらいの湿度を保つことは質の良い睡眠にも繋がるそうです。
 
 
 

家族が健康で笑顔溢れる毎日を目指して


その他にもビタミンや体を温める食材をとるなど食事に気をつけたり、こまめに水分補給をするなどの対策を行なっていますが、自然と風邪対策ができる家に住んでいることでさらに心強いです。
 
 
平松建築で建てる家には健康に暮らせるポイントが盛りだくさん。気になった方は是非一度見にきてください。
 
 
 
■平松建築のモデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html
 
 
 

ライター紹介


平松建築広報担当の小木です。
男児3人+女児1人の4児のママです。
長男の小学校入学を機に平松建築でお家を建てました。
子どもの成長を感じ、楽しみながら日々育児に奮闘しています。
子どもと暮らすママならではの目線でお家についてお話していきたいと思っています。

category:

お悩み解決, ブログ

date:

2020.01.12

自宅にいながら無料簡単オンライン相談


お申し込みはこちらから
 

代表の平松です。

一生に一度の家づくり。慎重に検討したいのはわかります。

情報収集をしっかりした上で動いていこうと考えていますよね。

でも、大変ではありませんか?

 

時間がなくて忙しい・・・

でも慎重に検討したいあなたが、

家づくりに必要な膨大な情報収集を一回で済ませてしまえたら楽ではないでしょうか。

 

・何から始めたらいいのかわからないんだけど・・・

・いくらまでの予算なら無理なく返済できるんだろう。

・そもそもローンを借りれるのか。

・住宅の価格が高くぼったくられないか。

・住宅会社をどう比較すればいいのかわからない。

・木造住宅って耐震は本当に大丈夫なの?

・土地が見つからないんだけど探し方間違ってる?

・一番最適な家を建てる時期はいつなんだろう。

・太陽光ってもうお得な時期は終わったのかな。

 

そんなことを考えているあなたに向けて、

注文住宅を建てるために必要な情報を自宅にいながらオンライン相談でもれなくお伝えします。

 

 

 

基本編

 

★注文住宅の手順24ステップ〜

家づくりを始める前に後悔のない家づくりを進めるための最短ルートを知っておきましょう。このステップを知ることで家づくりの労力が大幅に減るはずです。

 

★各会社ごとの住宅の価格を冷静に比較する方法〜

家の予算や性能・仕様・その家のメリットデメリットを同じものさしで冷静に比較できる一覧表があったらいいと思いませんか?

 

★安心な家づくりの進め方~

家づくりの正しい手順を確認しながら順序よく家づくりを進めていくことで、最短で安心して進めていけるチェックリストを紹介します。

 

★住宅会社を決定するときに考えから外さないといけない要因とは~

この二つの要素を検討してしまうと、後で後悔することにもなりかねません。最近の子育て世代の多くの人が間違ってしまう二つの判断要因とは。

 

★プロ目線で住宅会社を比較するための10のポイントとは〜

この10のポイントを全て押さえて検討している方はほとんどいないかもしれません。重要な検討要素を事前にお伝えしますので、その上で後悔のないあなたにあった会社選びをしてみてください。

 

 

 

お金編

 

★銀行の提示する借入限度額と実際の限度額の違いとは〜

借入限度額を借りて結果的にローン返済が破綻することは100組に1組の割合で起こりえます。その破綻を避けるために必要な3つののポイントをお伝えします。

 

★消費税増税前に駆け込んでお得に建てようと焦っていませんか?〜

確かに駆け込むメリットがある人もいますが、あなたの場合はもしかしたら消費税増税後の方が税金のコストが減る可能性があるかもしれません。

 

★家づくりコストの考え方の枠組みを変えることで住居費を1000万円以上削減する考え方〜

現在一般的に建てられている住宅は、残念ながら数千万円単位で損をしてしまう家づくりになっていることがよくあります。せっかくの過去最大のお得に家を建てることができる状況を生かして、高品質な住まいを低価格で手に入れるチャンスをつかんでください。

 

★家づくり計画時にライフプランが絶対に必要な理由〜

人生の優先順位をライフプランで整理することで、家族全体で価値観が共有され家づくりの方向性や予算が明確になるからです。過去の実際にあったケースを参考にわかりやすく説明します。

 

★ライフプランを作成して自由自在に貯金を貯める簡単な方法とは〜

この方法を知ってしまうと、家計管理がとても簡単になり、お金を貯めることへの心理的ハードルが下がり、貯金がすごく楽になります。

 

★自分で事業を起こし自宅開業したい場合の合う業種と合わない業種とは〜

家づくり前に知っておくことで、あなたの給料を平均で100万円以上も上げることが簡単にできます。自宅開業が合う業種と合わない業種がありますので注意が必要ですが。

 

★火災保険を約3割以上安くする方法~

プロの保険外交員でも知らない、火災保険の組み方は?これであなたも必要以上に火災保険にお金を払う必要はありません。※構造・工法・性能による違いで変わる金額の差ではありませんよ

 

★日本の家づくりの常識は世界の非常識〜

私たちの家づくりの常識は世界では全く通用しないことを知っていましたか?日本の家づくりに欠けている二つの要因を改善することで、家のために働き続けなければならない負の連鎖から抜け出すことができます。

 

★リフォーム?中古住宅購入?新築?それとも一生賃貸派?〜

一番住居費用を損しないお得な住宅はどんな方法なのか知りたくないですか?あなたのケースに合わせてその場で10分程度で住宅コストを数十年に渡りシミュレーションします。

 

 

 

土地探し編

 

★土地探しにも手順があることをご存知ですか?〜

これを知らないで土地探しをするとあとあと後悔する土地を購入する羽目に合うか、数年間土地を無駄に探し続けることになるかもしれません。まずは手順を押さえて冷静に土地探しをする事前準備をしましょう。

 

★土地情報7倍取得法〜

不動産会社を本気にさせる問い合わせ方法とは。この方法をとることで、なかなか出ない厳しいエリアの土地でも優先的に土地情報を得ることができます。

 

★土地購入のリスクを回避する13のポイントとは〜

一生に一度の土地購入。売り手優先の不動産業界でトラブルなく、リスクを最小にして安全に購入するためのケースを紹介。

 

 

 

健康編

 

★日本の住宅の9割に使用されている「ある」建材が子供の健康を著しく損なうわけとは~

その建材は実はアメリカでは訴訟問題にまで発展しています。コストを無駄にあげること無く、健康的な住まいを作る方法をシェアします。

 

★バウビオロギーを取り入れた健康的な住まいと導入するにあったっての日本における注意点とは〜

ドイツ発祥のバウビオロギー(建築生物学)。とても健康的な住まいができるのですが、そのまま日本に持ってくると二つの盲点が発生します。健康的で老後まで安心して住まうことができる家づくりの真髄を、バウビオロギーの考えを含めて合計6つのポイントをお伝えすることで、家族が安心して住める健康性能最高の住まいを実現できます。

 

 

 

耐震編

 

★最新の日本の耐震基準である2000年基準といわれる家でも熊本地震に耐えることができなかった4つの理由~

木造住宅はこのポイントを押さえておかないと、耐震基準を満たしていたとしても倒壊する可能性が高くなります。間取りを作り始める前に事前に押さえておくポイントをお伝えします。

 

★住まいの耐用年数を大幅に低下させてしまう間違った施工方法とは~

日本の住宅の立て替えサイクルは27年。世界的に見てもこれほど寿命が短いのは日本ぐらいなものです。なぜそのような異常事態になってしまったのか。それには私が現場の大工として築27年以上の家を数々修繕してきてわかってきた「ある共通した特徴」がありました。

 

★家族と資産を守るための地盤の正しい考え方~

地盤改良の方法の選定を適切にすることで、後々に起こる可能性のある資産価値の目減りや健康被害を未然に防ぐことができます。

 

 

 

設計編

 

★梅雨時でも室内干しでカラッと乾く家の作り方〜

共働きの夫婦にとって朗報です。夜中に洗濯して室内に干しておくだけで、どんな湿気の多い時期でも生乾きの匂いなくカラッと乾く家の作り方をお伝えします。

 

★最短の家事動線の作り方〜

間取り検討の勝負は実は土地選びから始まっています。みんなが欲しがる南面道路付きの土地は、実は家事動線の観点から考えると不利になることが多いことをご存知ですか?みんなが欲しがらない土地でも設計次第で化けるのが注文住宅の醍醐味です。土地探しは家の要望を明確にしてから検討した方が良い理由を詳細にお伝えします。

 

★性能値にとらわれ過ぎていませんか?〜

確かに住宅の性能は大事ですよね。Ua値、C値、ηAC値、ηAH値などなど色々な基準がありますが、あなたの人生を向上させるのかどうかの判断はこの性能値ではなく、どのくらいの温度で、どのくらいの湿度で、どのくらいの気流を感じ、体感として快適なのか、またその快適な室内環境を維持するためにどのくらいの光熱費を必要とするのか。

 

それが本当のゴールです。

 

性能に惑わされることなくこの証拠を提示できる会社で建てれば、まず会社選びを間違うことはなくなるでしょう。

 

★リスクを極めて低くした上で太陽光発電の収入を最大化する方法~

初期費用を最小化し、売電収入を最大化することで高効率の投資案件にする、太陽光専門業者では決して提案できない家づくりと絡めた納得の方法とは。投資対効果シミュレーションをその場で1分でお作りして提案することもできます。

 

★二世帯住宅検討時に絶対に外してはいけない下準備とは〜

二世帯住宅のメリットとデメリットをしっかりと把握して、その上で検討することが家族全員が納得できる家づくりの第一歩です。そのために必要な二つの下準備ととその方法を紹介します。

 

 

ネットで探してもそもそも出てこないような情報や、

探せたとしても膨大な時間がかかる情報収集を一度で済ませてしまえる

オンライン相談会を開催します。

 

 

 

【自宅で受けれるオンライン相談会】

 

自宅で受けれるオンライン相談会を、

随時開催します。

ご夫婦一緒に、ご両親と一緒に、または気兼ねなく話ができるご友人同士で、是非お申し込みください。

 

 

 

《開催日程》

日時:

平日10時から22時で承ります。

それ以外で希望の場合はご相談ください。

 

 

《イベント参加の3つのステップ》

■ステップ① ご予約

イベントに参加する ※Googleフォームが開きます
 

上記の予約フォームからお名前・メールアドレスなどをご入力、送信してください。

 

 

または平松建築のLINEにご登録いただき、LINEでご予約をお願い致します。予約だけでなく、お問い合わせ・ご質問もLINEでご連絡いただいて大丈夫です。

 

電話で色々と質問しながら予約を検討したい、という場合は平松建築にお電話をください。

 

「オンライン相談希望です」とか「どんな感じの相談会なの?」という感じでお問い合わせいただければ担当スタッフがお答えします。

 

受付時間: 10:00〜17:00

連絡先 : 0538-74-3343

 

※画像タップで電話できます
 

■ステップ② 相談予約時間になったらURLをクリック

ズームというアプリを使います。パソコンでもスマホでもインターネットと繋がる環境であれば問題ありません。

当日開催するメールまたはラインのメッセージを確認いただき、指示内容通りに対応いただければオンライン相談がスタートします。

操作方法がわからない場合は当日にこちらの番号にご連絡ください。

 

 

■ステップ③ イベントへの参加

相談会に参加いただき、平松建築の家づくりに興味をもった場合は、別日程で最大6つの無料相談(下記参照)ができますので、お気軽にお申し付けください。

 

なお、ご希望でない限りこちらからの訪問・電話・提案などはしませんので、安心してご参加ください。

 

【平松建築とは?】

はじめての方もいると思いますので、

平松建築について簡単に紹介させてください。

 

私たち平松建築は、
磐田市下万能に本社がある工務店です。

家づくりのコンセプトを
「人と地球と財布にやさしい大満足の家」としています。

 

社長は元大工で、新築や築30年以上の住宅リフォームを

現場で10年以上経験してきました。その経験をもとに、

普段は目につかない構造の部分まで長期間にわたって

劣化しづらく、且つ建てるときだけでなく60年・70年と

暮らすことを考え、メンテナンスや健康面も考慮した

長期間でみて最も快適でお得な家づくりを提案しています。

 

■会社概要
平松建築株式会社
〒438-0818 磐田市下万能373-1

 

■年間棟数 ※2019年時点
専属大工7名体制で15棟前後

 

■特徴
・WB工法という人にも家にも優しい工法での家づくり
・FP監修による約2時間かけて行うライフプランの作成 ※
・家づくりにかかるすべての金額を含めた資金計画
・空気と水と電磁波を対策する健康住宅
・長期優良住宅や国の規定以上の耐震/断熱性能
・自社や協力業者ではない第三者機関による現場監査を実施
・全国No.1工務店経営者に7年間師事
・無借金経営
※FP = ファイナンシャル・プランナー

 

■過去に開催したセミナー情報
・土地の情報を7倍集めやすくする方法
・空気と水と電磁波の対策をした健康住宅
・耐震等級だけでは測れない本当の耐震性能
・自然エネルギーを使った省エネパッシブハウス
・少なく見て数十万円安く住宅ローンを組める会社
・2019年度の1年間だけ使える国の4つのお得な制度
・家づくりの施工品質を確保するためのたった1つの手段
・お得なローンと住宅性能を組み合わせた資産が増える家
・家事にかかる時間を減らし自由な時間を増やすための動線
・住まいと事業を同時に計画 低コスト低リスクで みんなでSDGs

なにか気になるものがあればお問い合わせください。

《平松建築で対応できる無料の相談内容》

ステップ1 ライフプラン作成

ステップ2 融資事前審査

ステップ3 資金計画(最大30パターン)

ステップ4 家づくりヒアリング

ステップ5 土地探し(現地同行アドバイス)/敷地調査

ステップ6 家の間取り作成・ご提案

↑ステップ6までは無料です

それ以降は設計契約料として10万円(税別)が必要です。

 

【ご予約・お問い合わせはこちら】

イベントに参加する ※Googleフォームが開きます
上記の予約フォームからお名前・メールアドレスなどの必要事項をご入力ください。

 

 

または平松建築のLINEにご登録いただき、LINEでご予約をお願い致します。予約だけでなく、お問い合わせ・ご質問もLINEでご連絡いただいて大丈夫です。

 

電話で色々と質問しながら予約を検討したい、という場合は平松建築にお電話をください。「オンライン相談希望です」とか「どんな感じの相談会なの?」という感じでお問い合わせいただければ担当スタッフがお答えします。

 

受付時間: 10:00~18:00

連絡先 : 0538-74-3343

 

電話はこちらから↓

※画像タップで電話できます

 

今回は参加が難しい場合でも、LINE@の友だち追加で、今後のイベント情報やLINE@限定の重要情報を受け取っていただけます。

 

2020.09.15

好みも諦めない!災害に強い防災対策バッチリの家づくり

私たちがお手伝いできる防災対策平松建築で家を建てた広報担当の小木です。9月1日は防災の日でしたね。ご...

2020.08.15

夏休みに子どもと過ごす家やってよかった4つの工夫

子どもがずっと家にいる夏休みどう過ごす?平松建築で家を建てた広報担当の小木です。コロナの影響でイベン...

2020.07.16

手入れは?傷は?ズボラが無垢床を選んだ3つの理由

ズボラママが憧れの無垢床に住んでみました平松建築で家を建てた広報担当の小木です。天気予報はほとんど毎...

2020.06.16

梅雨の洗濯も安心!「臭い・乾かない」のない家づくり

雨の日の洗濯、悩んでませんか?平松建築で家を建てた広報担当の小木です。東海地方も梅雨入り。雨の予報が...

2020.05.07

オンライン家づくりしてみませんか? 

今こそ家づくり考えてみませんか?平松建築で家を建てた広報担当の小木です。 コロナウイルスの...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!