• 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2022.12.01

大工さんの作業場紹介「in森工場」

 

我が家を平松建築で建てた、広報担当の松浦です。
 
平松建築で作る住宅は木造建築になりますが、
お家づくりに欠かせない重要な役割をしてくださっているのが
作り手である大工さん
 
そんな大工さんたちの作業現場を今回はご紹介したいと思います!
 
前回のブログでご紹介させて頂いた「造作家具」などもこちらで制作されているんです♪
 
そんな訳で…
 
今回は平松建築の「自社工場”森工場”」特集です!
 
気になる方はぜひ最後まで読んでいってくださいね。
 
 
 

自社工場「森工場」のご紹介

 
平松建築の本社は静岡県西部に位置する磐田市にありますが、そこから北へ車で30分、自然豊かな道を走っていくと森町にある工場へ到着します。
 

 
聞こえてくるのは、鳥の声と、木を加工する大工仕事の音だけで、普段の生活ではなかなか味わえないような、たっぷりの緑に囲まれた施設です。
 
 
正面と右側の建物が大工さんの作業場となっています。

 
こちら、工場の入り口と大工さんの休憩所の入り口に目立つように貼られている「安全十則」。安全管理や整理整頓等、共通認識を大切にしながら、毎日仕事に取り組まれています。
 

 
 
 

大工さんの仕事内容は?

 

 
家を建築する上で、重要な役割を果たしている大工さんですが、大工さんのお仕事について少しご紹介したいと思います!
 
「現場で、実際に家を建てる」のがイメージとして強いかと思われますが、建材と呼ばれる建築に用いる木の材料を準備するのも大工さんのお仕事の一つ。大工さんの手で準備された建材を使って、家や造作家具を作り上げていく作業は、非常に高度な技術が必要です。
 
そして、お客様と設計士さんが作り上げた設計図から、建材を正確に作るための知識や技術も求められる、すごく繊細なお仕事なんです。
 
そこから現場で微調整が加えられ、組み立て、内装と、私達が目にする完成後の姿になっていくわけですね。
 

 
完成した姿となるまでには高度な技術と多くの工程、長時間の作業が生み出す職人技です。
直接見る機会は少ない大工さんのお仕事ですが、本当にかっこいいんですよ〜!!
 
 
そんな大工さん達の職人トーク、気になりませんか?
 
平松建築YouTubeでは、なかなか直接聞く機会のない大工さんの熱い想いを公開しています。
大工さんの本音を聞ける貴重なLIVEとなっています。
こちらも是非チェックしてみてくださいね♪
 

 
 
そして、実際の作業現場をご覧になりたい方は「構造見学会」もおすすめです!
事前予約が必要ですが、家の”建て方”が解る貴重な見学ができますよ♪
随時開催中ですので、気になる方はいつでもご連絡ください。
構造見学会

 
 
 

森のYouTubeスタジオ

 

 
最後は、工場の横に建てられた、こちらの建物。
 
天気の良い日にはウッドデッキにデスクを置き、スタッフがPC作業を行ったりすることもあります♪
緑に囲まれた青空の下でのお仕事は心も体もリフレッシュ!!
 

 
数年前のCMで、森の中でのオフィスの光景、見たことあるような〜と思いまして…笑
記憶をもとに調べてみたら、3年前のコーヒーのCM!「クラフトボス」のサテライトオフィス編でした。
自然の中で仕事ができちゃうのってすごい!と感動した記憶がありました。
 
CMのようなおしゃれな足湯やツリーハウスはありませんが、
それを体現しているようで魅力的な場所だな、と個人的に大好きな場所だったりもします。
 
 

 
ちなみに、ウッドデッキも自然の木。
バンキライ(「セランガンバツ」、「バラウ」とも呼ばれるそうです)という固く耐久性の高い木材を使用しています。
設置されてから2-3年経過し、木材の色の経年変化はみられますが、まだまだ丈夫に支えてくれています。
 
そして、こちらの施設はこの冬から平松建築のYouTubeスタジオとして稼働し始めました!
今後、平松建築YouTubeチャンネルにも登場していくかと思いますので、今後の発展もぜひお楽しみに♪
 
室内もおしゃれです♪

 
 
 

最後に

 

 
今回は「自社工場”森工場”」についてご紹介しました。
大工さんの仕事場を見る機会は普段なかなかありませんが、家づくりのなかでもとても重要な役割をしてくれています。そんな大工さんたちの魅力が、少しでもお伝えできていれば嬉しいです。
 
YouTubeスタジオとしての発信も、今まで以上に力を入れていきますよ〜♪
今後の平松建築もお楽しみに!!!
 
平松建築では、HPやYouTube、Instagramなどでも情報発信しています。
 
こんなこと聞いてみたい。実際に体感してみたい等、些細なことでも大丈夫です。
お気軽にお問い合わせくださいね♪
 
みなさまの家づくりの参考になりますように。
 
 
 

↓現在募集しているイベント情報はこちらから↓

 

平松建築|代表の平松から


平松建築では打ち合わせをすべて非対面で進められるよう、オンラインミーティングを実施しています。コロナ禍で外出が不安・なるべく自粛したいという方もいらっしゃると思います。早く安心して暮らせる日に戻ってほしいところではありますが、コロナの影響で得た良い変化については終息後も変化したままだと考えています。

具体的には、こういったオンライン打ち合わせを初めとしたインターネットの活用による、移動時間や社内打ち合わせ時間の削減といったものです。家づくりは、初めてお会いしてからお引渡しまでに1年以上かかることが大半です。

こんな時期だから打ち合わせは先送りにする・・・のではなく、これからの打ち合わせのために是非オンラインミーティングをご活用ください。オンライン打ち合わせなんてやったことがないという方が大半ですので、ご興味ありましたら下記から遠慮なくお問い合わせください。 もちろん、従来どおりの対面打ち合わせも行っておりますので、やりやすい方に合わせて提案させていただきます。

■平松建築|オンライン無料相談
http://bit.ly/39WCKvu

■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html

■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html

ライター紹介


平松建築 サポートスタッフの松浦です。
長女の幼稚園入園を前に、2018年に平松建築で家を建てました。
建築会社を選ぶときの基準は人それぞれかと思いますが、
私が平松建築を選んだ1番の理由は「健康に過ごせる家」であったこと。
WB工法で建てた実際の暮らしから感じたことや、お客さんからスタッフとなった今
だからこそ伝えられること、ブログを通してお伝えできればと思っています。

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2022.11.01

造作家具のある暮らし

 

 
我が家を平松建築で建てた、広報担当の松浦です。
 
平松建築で建てられたお家には
どこかしらにある「造作家具」
既製品とは違った”わが家らしさ”が詰まったお家づくり、
何だかワクワクしませんか?
 
今回は平松建築の「造作家具」について
たっぷりご紹介させて頂きます♪
 
気になる方はぜひ最後まで読んでいってくださいね。
 
 
 

まず、造作家具とは何を指す?

 

 
 
一般的には大工工事で作る”作り付け”の家具や棚、収納スペースのことを指します。
建築用語で言うと「建物内部の柱・梁などの構造を除いた仕上げ・取付工事」の総称です。
平松建築でも、天井や床はもちろん、階段、カウンター、収納、ランドリースペース、
小さな収納のニッチなど、多くの造作家具がお家づくりに一役買ってくれています。
 
 
 

造作家具のメリットは?

 
◇置く場所や使うアイテムに合わせたぴったりの寸法で作れる
 
まず最大のメリットであるのが、自分好みのサイズや場所で設置できること。

空間に合わせて家具や棚を準備するのは意外と大変。

造作家具であれば、元々持っている家具や電化製品といったアイテムに合わせ、

高さや幅をミリ単位で設定することができるのが嬉しいポイント。

既製品と造作家具の組み合わせもできますよ♪
 

 
 
 
◇アイデアを生かした、自分だけの空間が作れる
 
既製品では見つけることができない、

自分の生活スタイルに合わせた空間を作ることも可能です。

ダイニングテーブルは置かずに、キッチンカウンターに食事スペースを設けたり、

洗面台の横に、自分サイズの作業台を設置したり、

収納棚の数なども、家族の人数と合わせることも可能です。

アイデア次第で、自分達らしい暮らしを楽しむことができます♪
 

 
 
 
◇室内のテイストに合わせた色や素材で、統一感を演出できる
 
平松建築では無垢の床が標準仕様となりますが、

木材の種類や塗装で様々なイメージの空間にすることが可能です。

お部屋のテイストも、床と造作家具の色味を同じにすることで、

イメージに合わせた、統一感のある空間を作ることができます。

逆に、存在感が出すぎてしまう部分を、上手に隠す収納を

作ることも可能です!
 

 
 
 
◇備え付けることで、耐震面でも安心
 
既製品をそのまま置くことに比べ、

作り付けの棚や家具は、耐震面でも安心です。

平松建築のあるここ静岡県西部は、かれこれ40年ほど前からずっと

いつか東海大地震が来ると言われ続けている地域。

気にしておきたいポイントでもありますね。
 

 
 
 

造作家具のデメリットは

 
自分好みの空間ができる、メリット沢山の造作家具ですが、
基本的に造作家具は、床や壁、天井などに固定する為、

移動ができない点があげられます。

家族の成長と共に変わってく収納スペースなどは、可動棚にする等、

生活の変化も考えて設置するのがおすすめです。
 
また、職人さんが1つ1つ手作業で作り上げてくれていることもあり、

どうしても避けて通れないのが金額面。

一概にはいえませんが、既製品と比べると高額になる傾向が高いです。

ココこそはっ!!のこだわりポイントを決め、予算にあった造作家具を取り入れてみてくださいね。
 
 
 

平松建築の施工事例

 
建てられたお客様のこだわりが、たっぷり詰まった造作家具をいくつかご紹介します!
 
 

まずはこちらのカウンターキッチン。
木のナチュラルな雰囲気で統一された柔らかな雰囲気のダイニングキッチンです。
キッチンカウンターを広く長くとり、カウンターで食事ができる、まるでカフェのよう。
床の塗装色と合わせたカウンターや照明、後方のキッチン収納。統一感がでて落ち着く空間となっています。
食後の片付け動線も少なくなり、実用性も兼ね備えています◎
 
 

次はこちらの収納スペース。
家族の人数に合わせ1人1つの収納を作ることで、
自分のスペースは自分で管理がしやすいですね。
誰か1人だけが頑張らない、みんなで暮らす優しい工夫でもあるように感じます。
 
ちなみに、こちらのお部屋には鏡のついた作業スペースも設置されており、
ここで身支度が完結するもの嬉しいポイント。
素敵なアイデア満載の1部屋です。
 
 

最後にご紹介するのが、こちらのワークスペース。
木のぬくもりたっぷりの素敵な空間ですが、注目していただきたいのが
ここが階段の途中に設けられた
“スキップフロア”であるということ。
秘密基地のようなのに、家族の気配も感じられる。
大人もワクワクしてしまいそうな魅力的なスペースとなっています。
このフロアの下も、しっかりと収納スペースとして活用されており
考え抜かれたワークスペースとなっています。
 
 
このように、設置する場所や大きさ、スペースの使い方など、
アイデア次第でとっても魅力的なスペースを作り上げることができます。
 
そして、造作家具についてInstagramでもいくつかご紹介しています♪
良ければご覧になってみてくださいね。
 
↓↓↓ Instagram「造作家具特集」 ↓↓↓
 
造作アイデア満載の快適洗面動線

 


 
 
 

最後に

 

 
今回は造作家具」についてご紹介しました。
 
素敵なアイデアの詰まった造作家具ですが、
平松建築では自社工場で、職人さんたちが丁寧に作り上げてくれています。
次回はそんな自社工場の様子をたっぷりお伝えできればと思っています。
お楽しみに!!
 
 
平松建築では、HPやYouTube、Instagramなどでも情報発信しています。
 
こんなこと聞いてみたい。実際に体感してみたい等、些細なことでも大丈夫です。
お気軽にお問い合わせくださいね♪
 
みなさまの家づくりの参考になりますように。
 
 
 

↓現在募集しているイベント情報はこちらから↓

 

平松建築|代表の平松から


平松建築では打ち合わせをすべて非対面で進められるよう、オンラインミーティングを実施しています。コロナ禍で外出が不安・なるべく自粛したいという方もいらっしゃると思います。早く安心して暮らせる日に戻ってほしいところではありますが、コロナの影響で得た良い変化については終息後も変化したままだと考えています。

具体的には、こういったオンライン打ち合わせを初めとしたインターネットの活用による、移動時間や社内打ち合わせ時間の削減といったものです。家づくりは、初めてお会いしてからお引渡しまでに1年以上かかることが大半です。

こんな時期だから打ち合わせは先送りにする・・・のではなく、これからの打ち合わせのために是非オンラインミーティングをご活用ください。オンライン打ち合わせなんてやったことがないという方が大半ですので、ご興味ありましたら下記から遠慮なくお問い合わせください。 もちろん、従来どおりの対面打ち合わせも行っておりますので、やりやすい方に合わせて提案させていただきます。

■平松建築|オンライン無料相談
http://bit.ly/39WCKvu

■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html

■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html

ライター紹介


平松建築 サポートスタッフの松浦です。
長女の幼稚園入園を前に、2018年に平松建築で家を建てました。
建築会社を選ぶときの基準は人それぞれかと思いますが、
私が平松建築を選んだ1番の理由は「健康に過ごせる家」であったこと。
WB工法で建てた実際の暮らしから感じたことや、お客さんからスタッフとなった今
だからこそ伝えられること、ブログを通してお伝えできればと思っています。

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2022.10.01

床材は何を使う?

 

 
 
我が家を平松建築で建てた、広報担当の松浦です。
 
皆さん、お家の床材について理想はありますか?
 
家づくりの時には、間取りや設備に加え、床材ももちろん選ばなくてはいけません。
 
色々あって迷う…
手入れが楽な方が良いな…
 
等、そこまで具体的にイメージしたことは無いかもしれません。
 
私自身、「アパートでもあまり意識していなかったし、同じ様な感じで良いかな。」と。
 
ですが、実際に今無垢床で暮らすわが家は、毎日快適です。
 
今回はその秘密をお伝えできたらと思います。
 
気になる方はぜひ最後まで読んでいってくださいね♪
 
 
 

そもそも無垢床とは?

 
木製フローリング材の1つである、無垢床。(無垢フローリングとも呼ばれます)
100%無垢の木材を使用して形成されたフローリング材です。
無垢とは「混じりのない、素材そのもの」のこと。
 
他の木製フローリングには、合板材に無垢材やシートを接着した複合フローリングと呼ばれるものがあります。
複合フローリングは大量生産が可能であり、無垢に比べ膨張や収縮が少なく機能性に優れています。
 
 
 

平松建築の無垢床への想い

 
どんな床材にもメリット・デメリットはあり、どれか1つが「正解」では無いのですが、私達が大切にしている想いを少しご紹介させていただきます。
 
それは…
 
まず、無垢の床板は本物の木そのもの。
裸足でそこを歩いたり、手が触れることで、本物の木の感触を知って体感して欲しいという願いから、平松建築では無垢床×自然塗料の組み合わせが「標準仕様」となっています。
 
 
そしてもう一つ。
 
床は毎日触れるものだから、健康への安全にもこだわりたい。
大人よりも床に近い位置にいる子供達が、化学物質に触れてしまう機会をなるべく少なくしてあげたい、そんな想いを持って平松建築では家づくりをしています。
 
 
更に!
 
使用されている自然塗料にもこだわっています。
平松建築では高品質な亜麻仁油と天然ワックスから生まれた、ドイツ製の自然塗料、
「リボス自然健康塗料」を使用しています。
 
一般的な塗料は、合成樹脂や化学物質を主成分として作られているのに対し、リボス自然健康塗料は植物由来の亜麻仁油を使用しています。
その亜麻仁油もコールドプレッシング製法で抽出されており、食品レベルでの安全性を生み出しています。
誤って口に含んでも大丈夫!と言われる程なのがすごいポイントです◎
 
もちろん、木材保護塗料としても大変優れており、仕上がりもとてもキレイです♪

 
 
 

無垢床の嬉しい効果

 
実際に無垢床にした時のメリット・効果も気になりますよね。
無垢床の魅力を簡単にお伝えすると…
 
 
◇あたたかみ
木は内部に熱を貯めておくことができるため、触れると心地よいあたたかみを感じられます。そのため芯から冷える冷たさにはならず、冬場でも裸足で過ごせる!と言われる方が多いです。
 
◇調湿作用
木は室内の湿度が高ければ湿気を吸い、乾燥していれば湿気を吐き出します。
この独特の作用によって、常に快適な空間を保ってくれます。
梅雨時期にさらっとベタつかないのが嬉しいポイントです。
 
◇香り
木が持つ精油成分”フィトンチッド”にはリラックス効果があり、アロマテラピーにも利用されています。杉の香は集中力を高め、ひのきには癒やしの効果がある等、お部屋ごとに使い分けてみるのもオススメです。
 
◇経年変化
木の色合いは光に含まれる紫外線によって段々と変化します。
年月を経て美しく味わいが出てくるので、家族の暮らしと共に変化を楽しむのも素敵です。
 
 
 

無垢床にはどんな種類があるの?

 
無垢床全般のご紹介をしましたが、木によって特色も特徴も異なります。
平松建築で多く使用されている無垢をいくつかご紹介します。
 
 
・レッドパイン(赤松)
やわらかくあたたかみがあるのが特徴。転倒時の衝撃も吸収。経年変化で飴色に。平松建築で標準仕様となっています。
 
こちらは、パイン材に「クリアー」塗装がされたリビング。

 
こちらも同じパイン材を使用していますが、塗料の色に「チェスナット」を使用しています。

 
 
・バーチ(カバ)
白くて木目がおとなしく適度な硬さがあるため、どんなシチュエーションも素敵に演出してくれます。
 

 
 
・ウォルナット
木目が美しく深みのある色合い。強度に優れ加工性も良いため、高級家具や楽器、フローリングなどに使用されます。
 

 
 
・アカシア
硬く重い木で、芯材は濃茶色、辺材は白色とはっきりした濃淡があります。
落ち着いた高級感のある赤褐色。季節による伸縮が少ないです。
 

 
 
木の種類や、塗装の色味によっても雰囲気がぐっと変わる無垢床。
今回ご紹介したものだけでなく、色々な種類があるので、是非自分好みを探してみてくださいね♪
 
 
 
↓↓↓ Instagramでも「無垢床」をご紹介しています ↓↓↓
 


 
 
 

無垢床のメンテナンスって大変…?

 
自然のものだから、汚したら修復できない?
毎日手入れしなきゃいけないの?
 
そんな心配をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
でも、実はそんな事も無いんです。
 
特徴を知っていれば上手に付き合っていける無垢床
過去のブログで日々のお手入れや傷の修復方法など、たっぷりご紹介しているので、ぜひこちらもご覧になってみてくださいね♪
 
 
手入れは?傷は?ズボラが無垢床を選んだ3つの理由

 
【掃除大変?】小さい子がいても無垢床をおすすめしたい4つの理由

 
 
 

最後に

 
今回は「無垢床」についてご紹介しました。
 
間取りや動線の快適さとは少し違い、床の快適さって日々実感するものでもないかもしれません。
(素材に違いはあっても、日々過ごしているとそれが自分の基準になってきますよね)
でも、「そういえば、わが家で暮らし始めてから床のベタッとした感じ、経験してないな。」とか「冬に靴下なしでも案外平気だ!」とか。
ふとした時に無垢床の快適な暮らしを実感し嬉しくなっていたりします。
 
是非、実物を見に触りに、体感しにいらしてくださいね。
 
平松建築では、HPやYouTube、Instagramなどでも情報発信しています。
 
また、こんなこと聞いてみたい。実際に体感してみたい等、些細なことでも大丈夫です。
お気軽にお問い合わせくださいね♪
 
みなさまの家づくりの参考になりますように。
 
 
 

↓現在募集しているイベント情報はこちらから↓

 

平松建築|代表の平松から


平松建築では打ち合わせをすべて非対面で進められるよう、オンラインミーティングを実施しています。コロナ禍で外出が不安・なるべく自粛したいという方もいらっしゃると思います。早く安心して暮らせる日に戻ってほしいところではありますが、コロナの影響で得た良い変化については終息後も変化したままだと考えています。

具体的には、こういったオンライン打ち合わせを初めとしたインターネットの活用による、移動時間や社内打ち合わせ時間の削減といったものです。家づくりは、初めてお会いしてからお引渡しまでに1年以上かかることが大半です。

こんな時期だから打ち合わせは先送りにする・・・のではなく、これからの打ち合わせのために是非オンラインミーティングをご活用ください。オンライン打ち合わせなんてやったことがないという方が大半ですので、ご興味ありましたら下記から遠慮なくお問い合わせください。 もちろん、従来どおりの対面打ち合わせも行っておりますので、やりやすい方に合わせて提案させていただきます。

■平松建築|オンライン無料相談
http://bit.ly/39WCKvu

■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html

■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html

ライター紹介


平松建築 サポートスタッフの松浦です。
長女の幼稚園入園を前に、2018年に平松建築で家を建てました。
その後次女が産まれ、現在は夫婦二人、4つ違いの姉妹と共に、バタバタな毎日を楽しみながら過ごしています。
家族4人での実際の暮らしから、お家のことをお伝えしていきたいと思っています。

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2022.09.01

お部屋のインテリアも楽しめる収納ワザ

 

 
我が家を平松建築で建てた、広報担当の松浦です。
 
まだまだ日差しは暑いですが、朝晩には秋を感じるような涼しい空気が入って来るようになりました。
秋はもう目前ですね。
涼しくなってくると、お部屋のインテリアにもちょっぴりこだわりたくなるのは、私だけでしょうか。
 
そんな(個人的な!?)希望を叶えてくれる
収納アイデアの1つ、「ニッチ収納」をご存知ですか?
 
興味がある方も、そうでない方も、
是非チェックして頂きたい収納ワザです!
 
気になる方はぜひ最後まで読んでいってくださいね〜♪
 
 
 

「ニッチ収納」って?

 

 
まず、ニッチとは、「建築物において凹みやくぼみを施した部分」であり、飾り棚や収納の用途として使われるスペースです。
 
玄関ホールやキッチン・トイレなど、ニッチなら場所を取らずに作ることができ、お好みの位置や大きさで作ることが可能です。
 
 
 

ニッチ収納の嬉しいメリット

 
・空間をスッキリ見せることができる
家具などで棚を作るのに比べて、壁の内部に空間を作るため動線の邪魔になりません。
見た目もスッキリするのが嬉しいポイント。
壁付にするとどうしても出っ張りが出来てしまうエアコンのリモコンや給湯器のパネル等も、ニッチ内にまとめて配置することで、出っ張りをなくし広々とした空間を演出することが可能です。
 
・収納力を高める
好みの大きさで作ることが可能なので、ニッチ内に棚をつければ収納力も高まります。
(可動棚にすることも可能です♪)
コンセントも設置してしまえば、携帯やゲームの充電もニッチでまとめてできちゃいます。
クロスをマグネットにすることで、写真を飾ったり大切なプリント類の確認場所にもなったりと、ごちゃつきやすい細かな収納をスッキリさせることが可能です。
 
・オシャレさの演出
人目につく玄関やリビングに作ることで、インテリアを楽しむスペースに。
ニッチ内に照明を入れたり、アクセントクロスを使用すれば、オシャレ感がアップします。
大きなスペースでないからこそ、その時のお気に入りを飾りやすいのがポイントです。
 
 
 

忘れずチェック!ニッチ収納のデメリット

 
ニッチ収納のデメリットとしては、
 
薄い壁や外壁面の壁には作れないことが多い点です。
ニッチ内にスイッチ類をまとめすぎると、逆に動線が悪くなってしまう場合も。
壁の強度や家全体のトータルの動線を確認した上で、打ち合わせ段階で設置場所を決める事が大切です。
 
また、どうしてもホコリは溜まってしまうので、こまめな掃除は必要です。
ほったらかしにしすぎず、日々活用しきれる範囲での設置がオススメです(^^)
 
 
 

平松建築で人気のニッチ収納をご紹介

 
まずはこちら。インテリアを楽しむ“玄関ニッチ”です。
リビングドアの柔らかい雰囲気の中に、少し大きめに作られたニッチ。
玄関の第一印象がとても魅力的なお宅です。
 
家族の思い出を飾るも良し、季節ごとニッチ内のインテリアを変えるのも良し。
家の中で一番初めに目にする玄関だからこそ、お客様からの印象や家族のモチベーションをアップさせる特別な空間づくりを楽しむことが出来ます。
 

 
 
 
次にご紹介するのは、スッキリもインテリアも収納も閉じ込めた“キッチンニッチ”です。
スッキリとしつつも実用的なニッチのあるお宅。棚の木の風合いとのバランスがとっても素敵です。
 
家事の中でもキッチンの滞在時間は案外長いのではないでしょうか。
そんな時にもちょっと手を伸ばせば届く距離にスイッチがまとまっているのは助かります。
インターフォンやエコキュートのパネルも、1つ1つは意外と存在感が大きかったりもします。
お部屋のテイストから浮いてしまう…といったお悩みも、ニッチ内にまとめて設置することで空間が締まりますね。
 
スイッチ類をまとめすぎて動線が崩れてしまわないよう、誰がメインで使うのか、他の部屋との兼ね合いも考えて設置するのがオススメです。
 

 
 
 
最後は、こちら。“ダイニングニッチ”です。
創作のカウンターと収納棚とニッチの棚板が統一された、温かみのあるダイニングが素敵なお宅です。
ダイニングテーブルと高さを合わせることで、空間がスッキリとしています。
 
ダイニングは家族が揃う場でもあるので、ちょっとした思い出や、季節を感じるインテリアをちょこんと置くだけで、食事の時間が楽しくなりそうですよね。
また、よく使うティッシュやウエットティシュをニッチに収納し、実用的に使用すれば、テーブル上をスッキリ保つこともできます。
お子さんがいるお宅などは、体温チェックから記入までが毎日のルーティンとなっているのではないでしょうか。
バタバタする朝の支度時間に、子どもたちが自分で出しやすいようニッチ内にペン立てや体温計を保管してしまうのも良いかもしれませんね♪
 

 
 
 
そして、ニッチ収納については、Instagramでもご紹介中です♪


 
 
そして、第二弾もがんばって作成中です!
今回ご紹介しきれなかったニッチアイデアもたくさんありますので、是非お楽しみに♪
 
 
 

最後に

 

 
今回は「ニッチ収納」についてご紹介しました。
 
快適さや自分好みの空間づくりにも一役買ってくれるニッチ収納。
ちょっとした場所に自分らしさを詰め込める素敵なスペースです♪
 
あなたならどこに付けたいですか??(^^)
 
 
平松建築では、HPやYouTube、Instagramなどでも情報発信しています。
 
些細なことでも大丈夫です!こんなこと聞いてみたい。実際に体感してみたい等、
お気軽にお問い合わせくださいね♪
 
是非、みなさまの家づくりの参考になりますように。
 
 
 

↓現在募集しているイベント情報はこちらから↓

 

平松建築|代表の平松から


平松建築では打ち合わせをすべて非対面で進められるよう、オンラインミーティングを実施しています。コロナ禍で外出が不安・なるべく自粛したいという方もいらっしゃると思います。早く安心して暮らせる日に戻ってほしいところではありますが、コロナの影響で得た良い変化については終息後も変化したままだと考えています。

具体的には、こういったオンライン打ち合わせを初めとしたインターネットの活用による、移動時間や社内打ち合わせ時間の削減といったものです。家づくりは、初めてお会いしてからお引渡しまでに1年以上かかることが大半です。

こんな時期だから打ち合わせは先送りにする・・・のではなく、これからの打ち合わせのために是非オンラインミーティングをご活用ください。オンライン打ち合わせなんてやったことがないという方が大半ですので、ご興味ありましたら下記から遠慮なくお問い合わせください。 もちろん、従来どおりの対面打ち合わせも行っておりますので、やりやすい方に合わせて提案させていただきます。

■平松建築|オンライン無料相談
http://bit.ly/39WCKvu

■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html

■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html

ライター紹介


平松建築 サポートスタッフの松浦です。
長女の幼稚園入園を前に、2018年に平松建築で家を建てました。
その後次女が産まれ、現在は夫婦二人、4つ違いの姉妹と共に、バタバタな毎日を楽しみながら過ごしています。
家族4人での実際の暮らしから、お家のことをお伝えしていきたいと思っています。

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2022.08.01

夏に気にしたい住宅性能のポイント


 
我が家を平松建築で建てた、広報担当の松浦です。
 
7月は、心配になるほどの大雨が降ったかと思えば、
日差しの出ている日は熱中症が心配になるくらい暑かったり、
天気も落ち着かない日が続きましたね。
 
皆様、体調崩されていませんか。
 
まだまだ暑い日が続いていく8月ですが、
無理なく過ごしていきたいですね。
 
そして、毎日過ごす自宅でこそ気にしたい「住宅性能」
実は暑い夏の季節にも要チェックなポイントがあるんです!
 
気になる方はぜひ最後まで読んでいってくださいね♪
 
 
 

自宅で熱中症予防?

 

 
この時期はテレビでもよく耳にする「熱中症」。
自宅で熱中症になってしまうこともあるというから、少しゾッとします。
 
熱中症の環境要因には「湿度」「風がない」「冷房器具不使用」があげられるそうです。
それに加え、健康状態や疲労や睡眠…など要因は多々ありますが、
誰にでも起こりうることだと言えます。
 
もちろん、家の性能だけで予防ができる訳ではありませんが、
住宅性能のおかげで暑い夏も快適に過ごせる秘密を少しご紹介したいと思います。
 
 
 

暑い夏の日差しをコントロールする

 
窓からさす暖かな光の中で過ごす新居での姿。
想像するだけで素敵ですよね。
 
でも暑い夏の日差しがガンガン入ってきたら…
暑くてそれどころではありません。
エアコンの設定温度も思わず低くしてしまいそうです。
 
どれだけ性能や数値が良い家であっても、
窓から入ってくる光の影響は想像以上に大きいです。
 
平松建築では、実際に住み始めた時の体感温度が暑すぎる、寒すぎる、
といったことが起こってしまうことの無いよう、
「日照シュミレーション」を行っています。
 
ちょっと見落としやすいのが、夏と冬で太陽の位置が異なること。
これに対しても、屋根や庇(ひさし)の長さを調節して、冬の正午に陽が入るように。
夏の正午には太陽熱が入ってこないように、ご希望に応じて日射遮蔽の提案をしてくれるのでとても安心です。
 

 
このように、自然の力を取り入れたものを「パッシブデザイン設計」といいます。
 
自然の力を最大限に活かし、夏の暑い時期に「電気代を気にして冷房の使用を無理に控える」ことをせずとも、そのままの生活で省エネができるのはとても心強いです。
 
 
平松建築スタッフの自宅での実際の様子も、過去にご紹介しています。
 
無理なく冷房使ってこの値段!?「夏の光熱費」

驚愕!6人家族のリアルな光熱費公開しちゃいます
 
夏の日差しも怖くない!?「陽当りシュミレーション」

冬を快適に過ごす。陽当りシミュレーション、いかがですか?
 
実際に暮らしている、体感盛りだくさんの内容となっています。
ぜひご覧になってみてくださいね。
 
 
 

そもそも住宅性能って何を気にしたらいいの?

 
性能は悪いより良い方がいい。
とは思っても、何を基準にどう考えたらいいの?
会社によってどうちがうの?
など、疑問を持たれている方も多いのではないでしょうか。
 
まず、数値でわかるものとして、断熱・気密性能があげられます。
「UA値数」・・・外皮平均熱貫流量(家の断熱性能)
「C値」・・・相当すき間面積(家の気密性)
「窓性能」
これらは数値が低い方が高性能と言われています。
 
ですが、こういったデータだけではなかなかイメージも膨らまなかったりしませんか。
(自宅を建築中の当時の私は、恥ずかしながらわかったような、わかっていなかったような状態のままであったように思います…。)
 
じゃあ何で判断したら良いの?
と思った方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
 
 
そんな方におすすめなのが、現在開催されている
「高性能規格住宅(OOYANE)見学会&品質相談会」
です。
 

高性能規格住宅「OOYANE」モデルハウス見学会&品質相談会を開催!
 
 
こちらの相談会では
 
・夏涼しく、冬暖かい家(気密・断熱性能)
・繰り返しの地震に強い家(耐震性能)
・環境と家計に優しい家(創電・売電)
・深呼吸したくなる家(WB工法)
 
といった、住宅性能についてのお話をたっぷり聞いていただける
貴重な機会となっています。
 
お見逃しなく♪
 
 
 

平松建築の高性能規格住宅「OOYANE」

 

 
そして、今年完成した高性能規格住宅「OOYANE」
 
規格住宅と聞くと、性能はあんまりなのかな?
と不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。
 
こちらの住宅はリビングは大きな吹き抜けとなっており開放感は抜群。
 
ですが、「暖房効率が悪いのでは?」という心配は無用です。
 
なぜなら平松建築でも過去最高レベルの断熱性能を実現した
高性能規格住宅となっており、
「夏は涼しく冬暖かい」を実現してくれています。
 
尚、8月にはこちらのモデルハウスも含んだ7棟一斉見学会も
開催されますので、
ご興味のある方はこの機会に直接体感しにきてくださいね。
 

お施主様邸も見学できる《7棟同時》一斉見学会
 
 
 

最後に

 
今回は「住宅性能」についてご紹介しました。
 
後悔のない家づくりをするために、
知っておく、体感しておくことはメリットだらけです。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせくださいね♪
 
平松建築では、HPやYouTube、Instagramなどでも情報発信しています。
是非、みなさまの家づくりの参考になりますように。
 
 
 

↓現在募集しているイベント情報はこちらから↓

 

平松建築|代表の平松から


平松建築では打ち合わせをすべて非対面で進められるよう、オンラインミーティングを実施しています。コロナ禍で外出が不安・なるべく自粛したいという方もいらっしゃると思います。早く安心して暮らせる日に戻ってほしいところではありますが、コロナの影響で得た良い変化については終息後も変化したままだと考えています。

具体的には、こういったオンライン打ち合わせを初めとしたインターネットの活用による、移動時間や社内打ち合わせ時間の削減といったものです。家づくりは、初めてお会いしてからお引渡しまでに1年以上かかることが大半です。

こんな時期だから打ち合わせは先送りにする・・・のではなく、これからの打ち合わせのために是非オンラインミーティングをご活用ください。オンライン打ち合わせなんてやったことがないという方が大半ですので、ご興味ありましたら下記から遠慮なくお問い合わせください。 もちろん、従来どおりの対面打ち合わせも行っておりますので、やりやすい方に合わせて提案させていただきます。

■平松建築|オンライン無料相談
http://bit.ly/39WCKvu

■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html

■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html

ライター紹介


平松建築 サポートスタッフの松浦です。
長女の幼稚園入園を前に、2018年に平松建築で家を建てました。
その後次女が産まれ、現在は夫婦二人、4つ違いの姉妹と共に、バタバタな毎日を楽しみながら過ごしています。
家族4人での実際の暮らしから、お家のことをお伝えしていきたいと思っています。

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2022.07.01

暑さでぐったりしているあなたへ


平松建築で家を建てた広報担当の小木です。
6月半ばから気温の高い日が続いていますね。
7月に入り、いよいよ夏本番という感じ。
ますます暑くなるのか…と憂鬱な気持ちになっている方もいるかもしれません。
 
そんな夏の暑さを少しでも解消できる方法があったらぜひ知りたい!と思いませんか?
今回、平松建築で家を建ててくださったお施主様にアンケートをとらせていただきました。
夏の住まいのお悩み、快適さ、光熱費や暑さ・節電対策についてなど
実際に住んでみてのリアルなご意見をいただきました。
 
これから家づくりを考えている方も、今のおうちでもっと快適に過ごしたいと考えている方も、
参考にしていただけましたら幸いです。
 
 
 

平松建築で家を建てる前、夏の住まいについてお悩みはありましたか?


平松建築で家を建てる前、夏の住まいについてお悩みはあったかどうかをお聞きしました。
96.3%の方が「お悩みがあった」と回答されました。
 
では実際どのようなお悩みがあったのでしょう。
 
 
 

どんなお悩みがありましたか?


65.4%と半数以上の方が「家の中が暑い」と回答されました。
次いで「湿気が多い」「光熱費が高い」と続き、夏でも結露にお悩みの方もいらっしゃいました。
 
では、抱えていたお悩みが平松建築のに変わると、どうなったのでしょうか。
 
 
 

平松建築で家を建てた家に住んで、夏の住まいを快適に感じるようになりましたか?


まだ家を建ててから夏を過ごしていないという方を除いてほとんどの方が「はい」と答えてくださりました。
実際にどんなところを快適と感じているのかお聞きしたので回答を紹介します。
  
 
・じめじめしない
・ニオイがない
・エアコンをつけなくても涼しい
・床の肌触りがベタつかない
・風通しが良い
・家に入ってモワ〜っとしない
・光熱費が下がり余裕ができた
・他のおうちへ行くと自宅の快適さに気づく

 
「じめじめしない」など湿気に関する快適さを回答された方が多数いらっしゃいました。
「エアコンをつけなくても涼しい」と回答された方も多く、
「他のおうちではエアコンを使っているのにうちではまだ使っていない」、
「会社や実家へ行くと自宅の快適さを感じる」など、
毎日自宅で過ごしているとなかなか気づけない快適さを
他のお宅へ行った際に感じられる方も多数いらっしゃいました。
 
私自身、丸一日家をあけて夜に帰ったときなど
玄関ドアを開けた瞬間の快適な空気に驚いた経験があります。
夏の暑い日でもムワっとした空気がなく、
室内干しの臭いやいわゆる「家の匂い」と言われるものもありません。
帰宅するといつでも心地よい空気を感じられるので、
おうちに帰るのが楽しみになりました。

 
快適だとのご意見が多かったのですが、エアコンなどの光熱費についても聞いています。
 
 
 

平松建築で建てた家に住んで光熱費はどうなりましたか?


光熱費についても変化をお聞きしました。
こちらも「まだ夏を過ごしていない」という方を除いて
ほとんどの方が「安くなった」との回答でした。
 
これについても私も安さを実感しています。
アパート時代よりも家が広くなり、部屋の数も家族も増え、
家にいる時間も増え、食洗機を使うようにもなりました。
その分上がって当たり前と思っていた光熱費が
家を建ててからのほうがむしろ安くて驚きました!
 
ちなみに6人家族の我が家の3年分の光熱費データがこちらです。
※オール電化

以前のブログでさらに詳しく書いていますので
そちらをお読みいただくとこの驚きをご理解いただけるかもしれません。
 
 
 

節電・暑さ対策してますか?


こんなに光熱費を安くおさえるには、何か工夫をしてるのでは?
と思う方もいるかもしれませんね。
そこで、暑さ・節電対策についてお施主様に聞いてみました。
 
・窓を開けて室内に風を通す
窓を開けるだけでエアコンをつけなくても涼しいとのご意見を数名からいただきました。
 
・25℃を超える日は窓を開けない方が涼しい
逆に暑い日は窓を開けずに、気温の低い朝晩に換気をするなどして工夫されている方もいらっしゃいました。
 

・シーリングファンで空気を循環させる
・エアコンの位置も考えて設計したので家全体がすぐ涼しくなる

エアコンをつけた場合もすぐに室内が涼しくなるので、使いすぎを防ぐことができます。
さらにシーリングファンで空気を循環させることで家全体に涼しい空気が行き届きます。
 
・南側の窓にシェードを設置
シェードを使用している方も多数いらっしゃいました。
設計時に陽当たりシミュレーションを行って窓の位置や大きさなども決めるので
夏に日差しが入りすぎて暑いということはないのですが
シェードをつけることでさらに涼しく過ごせることができそうです。
 

ゴーヤや朝顔などを栽培しながらシェードの役割も果たす「グリーンカーテン」も人気ですね。
お庭に緑が増えて景観もよく、暑さ対策もすることができます。
 
ここまでさまざまな工夫をご紹介しましたが、
中には次のようなご意見も複数寄せられました。
 

・節約しようと思っていないけど電気代が安い
・暑くなってきたら節約しない
・我慢せずエアコンをガンガン使っている

 
実は私もこのタイプで、特に節約を考えているわけではないのに光熱費が安くなり驚きました。
節電ももちろん大事です。
でも、暑さ寒さを我慢して体に不調が出たり、ストレスになってしまったりは考えものですよね。
我慢せずにエアコンを使っていても、他のおうちよりも使用頻度が低く済む。
それが平松建築で採用しているWB工法の魅力の一つだと思います。

 
 
 

肌で感じてほしいです


今回はお施主様のリアルなご意見をお届けしましたが、
「本当にそんな涼しいの?」を実感するには実際におうちに入ってみるのが一番だと思います。
平松建築では実際に住んでいるおうちをモデルハウスとして見学していただくことができます。
家に入った瞬間に感じる心地よい香り、室内の陽当たりや温度など、ぜひ一度体感してみてください。
こちらから見学可能なお家をご覧いただけます。
 
 
 

↓現在募集しているイベント情報はこちらから↓

 
 
 

平松建築|代表の平松から


平松建築では打ち合わせをすべて非対面で進められるよう、オンラインミーティングを実施しています。コロナ禍で外出が不安・なるべく自粛したいという方もいらっしゃると思います。早く安心して暮らせる日に戻ってほしいところではありますが、コロナの影響で得た良い変化については終息後も変化したままだと考えています。
 
具体的には、こういったオンライン打ち合わせを初めとしたインターネットの活用による、移動時間や社内打ち合わせ時間の削減といったものです。家づくりは、初めてお会いしてからお引渡しまでに1年以上かかることが大半です。
 
こんな時期だから打ち合わせは先送りにする・・・のではなく、これからの打ち合わせのために是非オンラインミーティングをご活用ください。オンライン打ち合わせなんてやったことがないという方が大半ですので、ご興味ありましたら下記から遠慮なくお問い合わせください。 もちろん、従来どおりの対面打ち合わせも行っておりますので、やりやすい方に合わせて提案させていただきます。
 
 
 
■平松建築|オンライン無料相談
http://bit.ly/39WCKvu
 
■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html
 
■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html
 
 
 

ライター紹介


平松建築 広報担当の小木です。
男児3人+女児1人の4児のママです。
長男の小学校入学を機に平松建築でお家を建てました。
子どもの成長を感じ、楽しみながら日々育児に奮闘しています。
子どもと暮らすママならではの目線でお家についてお話していきたいと思っています。

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2022.06.01

梅雨の時期の洗濯にも嬉しい、ランドリールーム

 

 
我が家を平松建築で建てた、広報担当の松浦です。
 
6月と言えば”梅雨”。皆さん雨の日の洗濯物に悩んでいませんか??
今回は、梅雨の時期にも嬉しい、室内干しもできてしまう「ランドリールーム特集」です。
 
そして、最近平松建築でも施工事例の増えてきている「ランドリールーム兼ウォークインクローゼット」についても、ご紹介したいと思います!!
 
洗濯物を干す部屋と、収納が一緒??
それって大丈夫??
 
心配になりますよね。でも、実現したら感動!ではないですか??
 
実は我が家、洗濯動線についてはちょっとした後悔が…
私の個人的な経験談も含め、良い家づくりの参考にしていただければと思います!!笑
 
気になる方はぜひ最後まで読んでいってくださいね♪
 
 
 

我が家の小さな後悔


 
私が家づくりを検討し始めたのは今から5、6年ほど前。いくつかの工務店や見学会にも足を運んでいましたが、当時は”ランドリールーム”について意識したことがなかったんです。
 
実家では基本外干し、雨の日は母が苦労して室内に干していたのを見ていたので、アパート時代に浴室乾燥機能がついていたことに感動しました。
ただ、浴室に干せる量なんて限られているんですよね…。なので、新居には室内干しスペースをちゃんと作りました。
 
でも甘かった(泣)
 
実家の暮らしがベースになっていた私は、「雨の日に困ったら室内でも干せる」くらいの考えで部屋干しスペースは2階に。
 
それが今では、天気のいい日にはシーツやバスタオルなどは外干しもしますが、基本毎日部屋干しです。
なんと言っても室内でもよく乾くんです。そして部屋干し臭と言われる生臭い匂いもしません。(※雨続きで常に湿度が高い時期はサーキュレーターなどで工夫するのがオススメです)
 
そして室内干しなら、夕方急いで取り込む必要はないし、朝忙しければ夜から干しておける。
本当に嬉しいです。
 
そんな嬉しいスペースなのですが、1階で洗濯し2階まで干しに行くのは…正直大変です。
毎日のことなので尚更です。
 
ですが、手間以上に室内に干すことにメリットを感じているので、それでも毎日洗濯物を干しに2階に駆け上がっています!!
 
こんな個人的な経験からではありますが…
 
洗濯動線はワンフロアで完結がオススメですよ〜!!
 
 
 

ランドリールームとは??

 

 
ランドリールームをご存知ですか?
 
ランドリールームとは、洗濯に関する家事をするための部屋です。
「洗う、干す、取り込む、アイロンがけ、たたむ」といった洗濯に関わる作業を全て一室で行うことが出来るので、洗濯家事の効率があがります。
 
室内なので天気に左右されないのはもちろん、共働きや子育て世代など、「日中時間をとることが難しい」といった方にとっても、時間帯を気にせず作業できるのが魅力です。
 
 
 

ランドリールーム施工例

 
平松建築の施工例の中から、ランドリールームの施工例をいくつかご紹介したいと思います。
 
まずこちらは、洗濯して、干して、アイロンがけまで一気に一部屋で完結できる、室内干しスペース。
 

(HPで施工事例もご紹介しています:“快適”があふれる暮らしやすい家
 
室内干し用のポールも充実の三本。毎日の洗濯スペースに困りません。
実はこの部屋に直結する形で、ファミリークローゼットも設けられています。動線も考え抜かれたランドリールームとなっています。
 
 
 
次に、L字型の造作洗面台が特徴のランドリールーム。
 

(HPで施工事例もご紹介しています:大人シンプルなおうちリゾートの家
 
家事専用の作業台があることで使い勝手も抜群です。造作だからこそ、家族の生活スタイルに合わせて、”丁度いい”使い勝手を実現することができるのが魅力です。
そして、洗面台のおしゃれさも大切ですよね。気分が上がり、慌ただしい毎日の活力になること間違いなしです♪
 
 
 

ランドリールーム兼ウォークインクローゼット

 
魅力いっぱいのランドリールームですが、平松建築では、更にウォークインクローゼットを兼用したお部屋が最近徐々に増えています。
 

 
「干す」と「収納」が一緒で大丈夫??と思われるかもしれません。
 
それが、大丈夫なんです。
 
我が家の例でもご紹介したように、室内で洗濯物を干してもしっかり乾きます。尚且、室内の空気が循環してくれているので、湿気がこもらないんです。
それを実現してくれているのが、平松建築で採用している「WB工法」なんです。
 
 
 

WB工法

WB工法という言葉、初めて聞く方もいらっしゃるかと思います。
 
家を長持ちさせるための秘訣は”風通しの良さ”。
 
自然の力で風を循環してくれる工法は、家にもそこに住む人にも動物にも快適な室内空間を実現してくれます。
とても魅力的な工法ですので、もし気になった方は是非ご覧になってみてください♪
 

 
 
 
そしてもう1歩、深くまで知りたい!と思ってくださった方には、こちらの動画もおすすめです。
WBハウスについてより詳しく、部屋干しでもしっかり乾く理由について解説しています。
 
家づくりをこれから始める方にも、是非見ていただきたい内容となっています。
 

 
 
 

最後に

 
今回は、ランドリールームとウォークインクローゼットについてご紹介しました!!
 
実は、施工例でご紹介した二枚のお写真のおうちは、平松建築の”実際に暮らしているモデルハウス”にもなっています。
(モデルハウスによっては、ご覧いただける場所が外構、事務所スペースのみとなっている場合もあります。)
 
実際に見て、暮らしの様子を直接聞くことのできる、メリットいっぱいのモデルハウスです。
 
実際に暮らしているモデルハウス

 
“実際に暮らしている”家ですので、事前予約は忘れずに♪
ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせくださいね♪
 
 
 

↓現在募集しているイベント情報はこちらから↓

 

平松建築|代表の平松から


平松建築では打ち合わせをすべて非対面で進められるよう、オンラインミーティングを実施しています。コロナ禍で外出が不安・なるべく自粛したいという方もいらっしゃると思います。早く安心して暮らせる日に戻ってほしいところではありますが、コロナの影響で得た良い変化については終息後も変化したままだと考えています。

具体的には、こういったオンライン打ち合わせを初めとしたインターネットの活用による、移動時間や社内打ち合わせ時間の削減といったものです。家づくりは、初めてお会いしてからお引渡しまでに1年以上かかることが大半です。

こんな時期だから打ち合わせは先送りにする・・・のではなく、これからの打ち合わせのために是非オンラインミーティングをご活用ください。オンライン打ち合わせなんてやったことがないという方が大半ですので、ご興味ありましたら下記から遠慮なくお問い合わせください。 もちろん、従来どおりの対面打ち合わせも行っておりますので、やりやすい方に合わせて提案させていただきます。

■平松建築|オンライン無料相談
http://bit.ly/39WCKvu

■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html

■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html

ライター紹介


平松建築 サポートスタッフの松浦です。
長女の幼稚園入園を前に、2018年に平松建築で家を建てました。
その後次女が産まれ、現在は夫婦二人、4つ違いの姉妹と共に、バタバタな毎日を楽しみながら過ごしています。
家族4人での実際の暮らしから、お家のことをお伝えしていきたいと思っています。

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2022.05.02

外の空気が気持ち良い!バーベキューシーズン到来


 
我が家を平松建築で建てた、広報担当の松浦です。
 
5月になりました!
ドキドキ・ワクワクの新年度が始まって1ヶ月。
新しい環境にも徐々に慣れ、緊張が解けてくる反面、少し気の疲れも出てくる時期でもあったりします。
 
我が家も長女が小学校に入学し、毎日楽しそうに登校していますが、帰宅後はくたくた。
私自身も、子供に合わせ起床時間が早くなり、新しいリズムに体を慣らすのに苦戦中です。(汗)
 
夏に向けてもうひと頑張りするために、家族でリフレッシュが必要そうです。
 
 
そんな体の疲れも癒やしてくれそうなくらい、新緑が眩しい季節でもある5月。
 
初夏である今の時期は、外に出るだけでもとっても気持ちが良い!!
今年もバーベキューシーズンがやってきました♪
 
アウトドアに興味はあるけど、キャンプとなると準備も大変…でも外で楽しく過ごしたい!
そんな方にもぴったりな、【おうちバーベキュー】について、今回はご紹介したいと思います〜!!

 
 
 

おうちバーベキュー、なぜおすすめ?


 
まず、自宅で出来ることが最大のメリットであるおうちバーベキュー。
 
「キャンプ」となると道具の準備からキャンプ場の予約…ちょっとした息抜きをしたい方にとっては、少し準備量が多いかもしれません。
 
その点、”おうち”であれば、場所は我が家なので予約はなし!(笑)
道具や材料の準備はありますが、普段室内で使っているホットプレートだって外でやればお手軽バーベキュー。材料だってクーラーボックスがなくとも冷蔵庫で保管できます。
自宅だからこそ代用がきく部分も多いので、そんなに構えることなく挑戦できるのが嬉しいところです♪
 
個人的には、外で楽しみながら疲れたらちょっと部屋の中で休憩ができたり、完全アウトドアではできない「ゆったりアウトドア」が出来る点がとても魅力だと感じています。
お子さんが小さいうちは、屋外、室内と気温調整してあげながら、長時間過ごせるのもとっても安心。
気兼ねなく過ごせるお友達を呼んだり、プールでの水遊びを楽しめたり、時間を気にせず過ごせるのも、”おうち”だからこそのメリットです。
 
 
 

おすすめの3箇所


スタンダードなお庭バーベキューから、お庭でなくとも楽しめるとっておきの場所まで、 平松建築の施工例の中から今回は以下の3箇所をご紹介します。
  
 1.庭
 3.テラス
 4.ガレージ
 
ひとつひとつ解説していきます♪
 
 
 


 
自宅でのバーベキューを思い浮かべた時、1番イメージとしてあがりやすいのがお庭ではないでしょうか。
テーブルや椅子を置いても余裕がある6〜8畳ほどを目安にスペースを確保できると、のびのびとバーベキューを楽しむことができます。
 
バーベキューコンロを使った作業や、プールなどの水遊びも楽しみやすいのが、お庭でおこなうメリットです。
 
本格的なバーベキューを定期的に楽しみたい方は、備え付けのバーベキューコンロで楽しむのも1つ!
新築のタイミングで外構工事の計画に含めてしまうのも良いかもしれません♪ 
 
お庭バーベキューの注意点としては、芝(人工芝含む)に火はNG。砂利やタイルの上など、火の扱いに十分注意しバーベキューコンロを使用する場所を決めましょう。
 
 
 

テラス


 
テラスやデッキなど、部屋とつながる屋外スペースのおうちであれば、部屋との行き来がスムーズです。
室内で下準備をしながら、テラスで焼いて…行ったり来たりするのに玄関を経由しなくて良いのは、嬉しいですよね。
 
お肉はパパたちに任せて、ママたちは室内のキッチンでサラダやデザートの準備。
などと役割を分けても、みんなで過ごしている一体感が感じられるのがメリットです。
 
普段からアウトドアを楽しむスペースとしても、子どもたちの遊び場としても、ゆっくり一息つくリラックス空間としても、使い方は多様なのが嬉しいスペースです。
 
 
 

ガレージ


 
収納としても大活躍なガレージですが、バーベキュー道具の収納と、実際行う場所が近いのはとても効率的です!
ガレージ前に少し空間を作っておくことで、いつでもすぐにバーベキューができちゃいます♪
 
また、ガレージなので屋根がついているので、天候に左右されにくい点もメリットです。
雨の日でも、火を扱う場所が確保できれば、ガレージ内で食べながらのんびり過ごせますし、日差しの強い日にはタープの準備をしなくとも日陰が確保出来るのが嬉しいですね。
 
 
 

快適なバーベキューライフのポイント


 
まず、バーベキューを行う場所の近くに「水」があるととっても便利。
庭で行う場合、外水栓の設置はもちろん、使う場所を考えて設置することで導線がとても楽になります。
バーベキューを日常に取り入れたい方は、水栓にシンクや作業台も予め設置しておくのはどうでしょうか。バーべキューだけでなく、魚釣りが好きな方にもおすすめです♪
 
次に、道具を揃えることでどうしても必要になるのが「収納」です。
コンロや燃料、椅子やテーブルといった屋外で使用するものが多くあるので、室内へ入れずに収納できるととても便利です!
屋外からも使える小さなガレージや、土間収納を上手に活用するなど、収納計画をしておくとより快適です。

 
 
また、過ごしやすい今の時期であっても、長時間外にいることを考えると、日差し対策も大切です。
真夏でないからといって油断は大敵!体調管理はもちろん、直射日光はできるだけ避け、水分補給は忘れずにしてくださいね。
 
 
 

おうちバーベキューの注意点

 
手軽でできるおうちだからこそ、注意したいポイントもいくつかあります。
特に「ご近所への配慮」は、忘れてはいけません。
 
 1.煙
 まずは煙と匂い。天気のいい日はバーベキュー日和ではありますが、お洗濯を外に干しているお家も少なくありません。煙の匂いは洗濯物につきやすいので、火だけでなく煙や匂いへの注意が必要です。特に住宅街などで楽しむ場合には、ご近所との距離が近いのが気になるところ。無煙グリルなどの便利グッズなどの検討もおすすめです。
 
 2.声
大勢でワイワイ過ごすのもバーベキューの楽しみの1つではありますが、大きな声や音で騒ぎすぎるのは要注意です!夜まで屋外で騒ぐことのないよう、時間帯にもしっかりと配慮しましょう。
 
 3.プライバシー確保
自宅とはいえ、外から丸見えであると目線が気になって過ごしにくいことも考えられます。また、近所の方のお宅が丸見えなのも、相手の方が良い気はしないかもしれません。予め柵や塀で目隠しをしておいたり、タープなどで見えないよう配慮するのも大切です。
 
おうちであるからこそ、ご近所への気遣いは忘れずに、お互いが気持ちよく過ごせるよう配慮することが大切ですね。

 
 
 

最後に

  
今回はおうちバーベキューについてまとめてみました!
おうちで、家族揃ってリフレッシュできる1つのアイデアとして、「おうちバーベキュー」はいかがでしょうか。
 
皆様のおうちでのリフレッシュ方法やバーベキューのこだわりアイデアもぜひお聞かせください♪
 
 
平松建築では、モデルハウス見学も常時受け付けております。
 
平松建築のモデルハウスは、全て“実際に暮らしている”物件なんです。
実際に暮らすイメージを確認したい!住んでみての感想を聞いてみたい!
など、自分の生活スタイルに合った家のヒントを探しに来ませんか♪
 
“実際に暮らしている”家ですので、事前予約は忘れずにご来場くださいね。
 
実際に暮らしているモデルハウス

 
 
他にも、HPやYouTube、Instagramなどでも情報発信しています。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください♪

 
 
 

↓現在募集しているイベント情報はこちらから↓

 
 
 

平松建築|代表の平松から


平松建築では打ち合わせをすべて非対面で進められるよう、オンラインミーティングを実施しています。コロナ禍で外出が不安・なるべく自粛したいという方もいらっしゃると思います。早く安心して暮らせる日に戻ってほしいところではありますが、コロナの影響で得た良い変化については終息後も変化したままだと考えています。
 
具体的には、こういったオンライン打ち合わせを初めとしたインターネットの活用による、移動時間や社内打ち合わせ時間の削減といったものです。家づくりは、初めてお会いしてからお引渡しまでに1年以上かかることが大半です。
 
こんな時期だから打ち合わせは先送りにする・・・のではなく、これからの打ち合わせのために是非オンラインミーティングをご活用ください。オンライン打ち合わせなんてやったことがないという方が大半ですので、ご興味ありましたら下記から遠慮なくお問い合わせください。 もちろん、従来どおりの対面打ち合わせも行っておりますので、やりやすい方に合わせて提案させていただきます。
 
 
 
■平松建築|オンライン無料相談
http://bit.ly/39WCKvu
 
■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html
 
■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html
 
 
 

ライター紹介


平松建築 サポートスタッフの松浦です。
長女の幼稚園入園を前に、2018年に平松建築で家を建てました。
その後次女が産まれ、現在は夫婦二人、4つ違いの姉妹と共に、バタバタな毎日を楽しみながら過ごしています。
家族4人での実際の暮らしから、お家のことをお伝えしていきたいと思っています。

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2022.04.01

新学期、気持ちも収納も新たに迎えたい!


4月になりましたね。
お子さんの入園・入学などでこの4月から新しい生活が始まる…という方も多いのではないでしょうか?
我が家も次男が小学校に入学。元気に通えるかな?お友だちできるかな?とドキドキワクワクしています。
 
そして…たくさんの学校用品への名前付けにあたふた。入学準備に追われています。
ブログを見てくださっているあなたは順調に入園・入学準備進んでますか?
 
「こんなにグッズがあるの!?」
「そういえばランドセルや教科書、どこにしまおう?」
 
急に手元に増えた新しい子ども用品の数々に、目の前が真っ暗になっている方もいるかもしれません。
そこで今回は、これから家づくりを考えているあなたに【イライラしない家づくり4つの工夫】をご紹介します!
「うちは入園・入学まだまだ先だわ」というあなたも、ぜひ今後のために読んでおいてくださいね。
 
 
 

【1】いちおしはランドセルを”ここ”に持ち込ませない間取り


ちっちゃな1年生にとって、学校ってとっても疲れるんですよね。
なんなら、ランドセル背負って登下校だけでも疲れちゃう!
 
「ただいま〜」と家に帰ってきた安心感で靴を脱ぎ捨ててリビングにごろん。
ついでにランドセルまで転がっちゃってますけどー!って”あるある”な風景だと思います。笑
 
そうなってから「片付けてよ!」って言っても、子どもはなかなか動きません。
じゃあママが片付ける?…それも避けたいですよね。
 
子どもにとってもママにとってもストレス少なく過ごせる工夫は
【ランドセルをリビングに持ち込ませない】こと!
 
どうやってやるのかというと、玄関収納にランドセル置き場を作っちゃうんです。
「ただいま」で靴を脱ぐのと同時にランドセルも玄関で脱いじゃう。
そうすればリビングにランドセルが転がってる事態を防げちゃいます!
 
可動棚にしておけば、子どもの身長や荷物の量の変化などによって
その時その時で棚のサイズを変えることもできますよ。
 
 
 

【2】その他玄関で完結できるとうれしいものとは


他にも玄関に作っておくと便利なのが【コートかけ】。
冬はアウターを、雨の日には雨具をかけておくことができます。
 
小さな子でも手の届く位置に作っておけば
子どもが自分でお支度できます。
玄関にコートかけがついていたら
お出かけも帰宅後も楽ちん。
そのまま手洗いうがいができるのも嬉しいですよね。
 

こんなふうにお風呂のそばに作るのもいいですね。
ママの洗濯動線が大幅に短縮できちゃいます。
 
 
 

【3】宿題が面倒くさくならない間取りの工夫


「ちょっと待って!玄関にランドセル置いておいたらそのまま宿題やらないんじゃ…」
と不安になっているあなた!大丈夫です!
 
そんなお子さんには、スタディスペースにランドセル置き場を作るのがおすすめ。
リビングに寝転がる前に、とりあえずリビングにあるスタディスペースにランドセルを置く習慣を作っちゃいましょう。
 
宿題をする時にはそこから取り出すだけでOK!
しかも家族の目の届くリビングなのでまだ宿題に慣れていない1年生でも安心です。
 
教科書や体操服など学校で必要なものは全部ここに置いてもいいですね。
準備や物の管理もしやすくなるし、
「ぼくの・わたしの場所」って嬉しいですよね。
 
 
 

【4】こちらもおすすめ「わたしだけの場所」


同じように「自分だけの場所」って認識しやすくおすすめな【個人のロッカー】。
自分のもの全部ここ!って決めちゃえば、「あれどこだっけ?」が減りますよね。
ハンガーには上着や園服をかけて。棚にはランドセルやハンカチ、教科書などをしまったり。

こちらも可動棚にしておけば、その時期に合わせて棚の大きさを変えることができます。
我が家もいろんな場所に可動棚をつけていますが、ママひとりでもラクラク高さを変えられるので気軽に模様替えが楽しめますよ。
 
 
 

ニコニコの新学期はおうちづくりの工夫から


いざその時にならないとなかなか気づけない子どもの新学期用品の収納。
おうちを建てる時点で考えておくと安心ですよね。
 
「早くしなさい!」「片付けなさい!」
怒らなくてもいい工夫は家づくりで解決できますよ。
 
【4つの工夫まとめ】
1.ランドセルはリビングに持ち込ませない
2.玄関にコートかけをつける
3.スタディスペースに子ども収納を作る
4.個人ロッカーを作る
 
ママもニコニコ、お子さんもスムーズに自分のお支度ができるおうちに住んでみたくありませんか?
 
平松建築では実際にスタッフやお施主様の住んでいるお家を見学することができます。
「実際にお子さんと暮らしてみてどう?」
「どこに学校グッズをしまってるの?」
など気になることを質問しながら見学してみてください。
こちらから見学可能なお家をご覧ください。
 
 
 

↓現在募集しているイベント情報はこちらから↓

 
 
 

平松建築|代表の平松から


平松建築では打ち合わせをすべて非対面で進められるよう、オンラインミーティングを実施しています。コロナ禍で外出が不安・なるべく自粛したいという方もいらっしゃると思います。早く安心して暮らせる日に戻ってほしいところではありますが、コロナの影響で得た良い変化については終息後も変化したままだと考えています。
 
具体的には、こういったオンライン打ち合わせを初めとしたインターネットの活用による、移動時間や社内打ち合わせ時間の削減といったものです。家づくりは、初めてお会いしてからお引渡しまでに1年以上かかることが大半です。
 
こんな時期だから打ち合わせは先送りにする・・・のではなく、これからの打ち合わせのために是非オンラインミーティングをご活用ください。オンライン打ち合わせなんてやったことがないという方が大半ですので、ご興味ありましたら下記から遠慮なくお問い合わせください。 もちろん、従来どおりの対面打ち合わせも行っておりますので、やりやすい方に合わせて提案させていただきます。
 
 
 
■平松建築|オンライン無料相談
http://bit.ly/39WCKvu
 
■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html
 
■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html
 
 
 

ライター紹介


平松建築 広報担当の小木です。
男児3人+女児1人の4児のママです。
長男の小学校入学を機に平松建築でお家を建てました。
子どもの成長を感じ、楽しみながら日々育児に奮闘しています。
子どもと暮らすママならではの目線でお家についてお話していきたいと思っています。

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2022.03.01

 子供の成長を祝う、ひな祭りやこどもの日


我が家を平松建築で建てた、広報担当の松浦です。
 
この時期といえば、ひな祭り(4月の地域もありますね)。
姉妹を育てる我が家も、今年もお雛様を飾りました。
 
5月のこどもの日には鯉のぼりや5月人形を飾ったりと、
華やかな風景が見られる春の季節、いいですよね♪
 
そんな素敵なイベントですが、避けられないのが
「準備・片付け・収納」
お家によって大きさやスタイルは様々ですが、
ある程度大掛かりな仕事になってしまう
お家が多いのではないでしょうか。
 
お父さん、お母さん、毎年お疲れさまです〜!!

 
 
 

我が家のお雛様


我が家は長女が生まれ、最初のひな祭りに合わせ雛人形を購入しました。
お雛様とお内裏様のみの一段仕様、飾り台がそのまま収納箱となっているタイプです。
 
まだ娘は小さかったので、私(母親)好みではありますが、
長く大切にしていきたい、お気に入りのお雛様です。
 
収納場所は、季節モノの収納を兼ねて使っている2階のウォークインクローゼット。
収納スペースには困らなかったのですが、飾るのは1階リビング。
頻繁に出し入れしないと言えど、準備・片付けがまた大変なんです〜(泣)
 
実家にあったものは3段仕様だったので、だいぶ小ぶりの物を選んだつもりでしたが、
意外と場所を取るんですよね。そして重い。
 
そんな我が家の失敗を活かし(笑)皆様には素敵な収納方法を見つけていただきたい!
そんな思いで今回書かせていただきます!

 
 
 

収納に向いている場所


まず、雛人形、五月人形、
ともに収納場所に向いているポイントは2点。
 
・風通しがよく、湿気の少ない場所
・寒暖差が激しくない場所
 
水回りやキッチンなど湿気が溜まりやすい場所を避け、
人形にカビが生えないよう注意する必要があります。
また直射日光も衣装の痛みや変形を招く恐れがあるそうなので、
日陰に収納することが大切です。

 
 
 

実際に収納するなら?

 
平松建築で施工例の多いオススメ収納スペースの中から
今回は以下の3つを例にご紹介したいと思います!!
 
 1.小屋裏収納
 2.階段下収納
 3.ガレージ収納
 
1つずつ説明していきますね。
 
 
 

小屋裏収納


 
まず小屋裏収納とは、天井裏に作られた、高さのない収納スペースのことです。
屋根と天井の間の空間を活かし、収納スペースとして活用することができます。
 
生活スペースに影響せずに、収納スペースを確保できるのは嬉しいですよね♪
しかも、大容量の収納スペースとなるので、大きなモノの収納にも安心。
 
雛人形や5月人形だけでなく、クリスマスツリーや、釣りやサーフィンなどの趣味道具、キャンプなどのレジャー用品もたっぷり収納できちゃいます。
 
収納だけでなく、ちょっとした趣味部屋や子供の遊び場など、
アイデア次第で色々な使い方ができるのが魅力です。
 
 
1つ注意したいのが、屋根裏というだけあって、家の一番上に位置しています。
1階で使うもの、外で使うもの、大きいものや重いものなど
物の出し入れが大変だったり、注意が必要な場合があります。
階段の設置や動線についても事前にしっかり検討しておくと安心です。
 
↓Instagramにも小屋裏収納載せています♪↓


 
 
 

階段下収納


 
階段下スペースも上手に使うと活用方法がたくさんあるんです。
スリット階段にし、空間をオシャレに”見せる”のも1つですが、
壁を付けたり扉をつければ、生活空間の邪魔にならずに収納スペースにできるのが嬉しいですよね♪
 
1階などの人が集まる場所にお雛様を飾るお家でも
階段下ならアクセスはラクラク。
あらかじめ収納スペースを考えておけば、
出し入れの負担がとても減るのではないでしょうか。
 
そんなにスペースある?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、
階段の作りや、扉の位置によって収納可能なものや活用法も変わってきます。
例えば階段にスキップフロアを作ることで、
階段下の収納スペースも広く取れたりしちゃうんです。
 
↓階段下の上手な活用法はこちらの投稿をチェック↓


使い方次第で、実は魅力的な階段下収納もオススメです♪
 
 
 

ガレージ収納


 
外に飾るものは外に収納できると、本当は嬉しいですよね。
平松建築でも施工例が増えてきているガレージ収納。
鯉のぼりの収納にもとってもオススメです!
 
ガレージ収納は物置として使うだけでなく、趣味を楽しむ方が増えています。
アウトドアな趣味をお持ちの方にも、オススメなスペースです!
子供の大切な鯉のぼりと、大人の大切なワクワクを一緒に収納してはいかがでしょうか♪
 
 
 

季節モノ収納の強い味方!WB工法

 
ブログでも何度も登場しているWB工法ですが、
季節モノの収納にもとても適しているんです。
 
空気がきれいなのはもちろん、住居内の湿度を適切にコントロールしてくれるので、
基本的にどのお部屋に収納しても、「風通し、湿気」の心配はいりません。
 
 
我が家は寝室内のウォークインクローゼットに収納していますが、
実は、引き渡しの時にWB工法でも湿度が高くなりやすいと言われたのが”寝室”でした。
ですが、引っ越してから3回目のひな祭りを今年迎えますが、
お雛様のカビや痛みを感じたことはありません。
 
平松建築のYouTubeでもWB工法について、随時情報発信しています。
ぜひ参考にしてくださいね。
 

 
 
 

最後に

  
今回は季節モノの収納についてでした!
子どもたちの成長を一緒に見守ってくれるお雛様や五月人形。
長く大切にしていきたいですよね。
生活動線に合った収納場所を確保することで、
毎年の準備・片付けがとっても快適になりますよ。
 
今回の収納方法だけでなく、
皆様からの素敵な収納アイデアもぜひお聞かせください♪
 
オシャレで住みよい家づくりを、一緒に楽しみましょう。
 
平松建築では、HPやYouTube、Instagramなどでも情報発信しています。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせくださいね♪

 
 
 

↓現在募集しているイベント情報はこちらから↓

 
 
 

平松建築|代表の平松から


平松建築では打ち合わせをすべて非対面で進められるよう、オンラインミーティングを実施しています。コロナ禍で外出が不安・なるべく自粛したいという方もいらっしゃると思います。早く安心して暮らせる日に戻ってほしいところではありますが、コロナの影響で得た良い変化については終息後も変化したままだと考えています。
 
具体的には、こういったオンライン打ち合わせを初めとしたインターネットの活用による、移動時間や社内打ち合わせ時間の削減といったものです。家づくりは、初めてお会いしてからお引渡しまでに1年以上かかることが大半です。
 
こんな時期だから打ち合わせは先送りにする・・・のではなく、これからの打ち合わせのために是非オンラインミーティングをご活用ください。オンライン打ち合わせなんてやったことがないという方が大半ですので、ご興味ありましたら下記から遠慮なくお問い合わせください。 もちろん、従来どおりの対面打ち合わせも行っておりますので、やりやすい方に合わせて提案させていただきます。
 
 
 
■平松建築|オンライン無料相談
http://bit.ly/39WCKvu
 
■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html
 
■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html
 
 
 

ライター紹介


平松建築 サポートスタッフの松浦です。
長女の幼稚園入園を前に、2018年に平松建築で家を建てました。
その後次女が産まれ、現在は夫婦二人、4つ違いの姉妹と共に、バタバタな毎日を楽しみながら過ごしています。
家族4人での実際の暮らしから、お家のことをお伝えしていきたいと思っています。

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2022.02.01

 ウイルス対策と玄関手洗い


こんにちは!我が家を平松建築で建てた、広報担当の松浦です。
年が明けてあっという間に1ヶ月経ってしまいました。
暖かくなるまでもう一息。まだ寒さも乾燥も続いているこの時期は
体調を崩しやすい季節でもあります。
そんな季節に気になる”ウイルス対策”、皆様はどのようにされていますか。

 
 
 

お家時間を安心して過ごすために


帰宅したらすぐに手洗い・うがいをする習慣。
家族の健康を守るために、毎日のルーティーンにしていきたいところですが…
玄関を上がり、扉を開けたり、電気をつけたり、
どうしてもいろいろなところに触れてしまいがち。
きれいな状態でリビングに入りたいのに、
洗面所まで遠いとなかなかそうもいきません。
 
そこでオススメなのが玄関手洗いです。
お家時間も以前より長くなり、最近は玄関手洗いをつけるお家も増えてきています。
実際あるとどうなのかな?と気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな玄関手洗いのメリット・デメリットお教えします♪

 
 
 

玄関手洗いのメリット

“玄関手洗い”のメリットですが、ウイルス対策以外にも色々あるんです。
ここでは4つのメリットを、皆様にお伝えしたいと思います。
 
1.ウイルス・花粉対策
2.汚れ対策やちょっとした作業に
3.お客様対応に
4.身だしなみのチェック
 
ひとつひとつ解説していきますね。
 
 
 

1)ウイルス・花粉対策

 
1つ目は、ウイルス・花粉対策です。
 
玄関を開けて、靴を脱いで上着をかけて、荷物を片付けて・・・
と、手洗いまでの工程が多いと色々触ってしまったり、ついつい後回しになってしまうこと、
意外とありませんか?
帰宅後まず1番に手が洗えることで、ウイルス対策にも効果的です!
手洗いまでの工程が少ないことで、毎日の習慣にも取り入れやすいですね。
 
また、寒さが落ち着いてくると花粉も多く飛び始めてきます。
花粉症が辛い方には、憂鬱な時期でもあるんじゃないでしょうか。
そんな毎年悩まされる花粉症にも、手洗い・うがいは効果的です。
 
 
 

2)汚れ対策やちょっとした作業に

 
2つ目は、汚れ対策やちょっとした作業にもとっても便利な点です。
 
ガーデニングの作業後や洗車後など、そのまま室内に入りたくない時も
玄関で手洗いができたら気持ち良いですよね。
また、水をつかった玄関まわりの掃除など、ちょっとした作業にもとっても便利。
小さいお子様のいるご家庭では、公園帰りの土汚れや、
靴や上靴洗いにも頼もしい味方となりそうです。

 
 
 

3)お客様対応に

 
3つ目は、お客様対応にも心強い点です。
 
キッチンや脱衣所といった生活感の出やすい空間にお客様を通すことに抵抗がある…
そんなときにも大活躍です。
 
また、在宅サービスの利用や、自宅でのレッスン等、
お客様が定期的に来る予定のある方にもオススメです♪
お客様にも気兼ねなく使ってもらえるのが嬉しいですね。

 
 
 

4)身だしなみのチェック

 
4つ目は、ちょっとした身だしなみのチェックにも使えちゃう点です。
 
朝、家族の支度のタイミングが一緒だと、どうしても混雑してしまう洗面所。
そんな時に第2の洗面所があると心強いです。
出かける前に髪を整えたり、ちょっとした化粧直しにも大活躍しそうです。
 
 
 

玄関手洗いのデメリット


どんなことにもメリット・デメリットあるかと思いますが、
玄関手洗いのデメリットや注意点もご紹介します。
 
・費用面
 洗面所とは別に手洗い場を設置することで、どうしてもコストは上がってしまいます。
 既製品を設置するのか、造作するのかによっても価格が変わります。
 お湯の利用の有無も、あらかじめ確認し予算に組み込んでおく必要がありますね。
 
・間取りへの配慮
 手洗い場を作ることで玄関が狭くなったり、導線の邪魔になるのは嫌ですよね。
 手洗い場も含めた広さや、導線を確保した間取りをあらかじめ考えておく必要があります。
 スッキリと見えるデザインを選ぶのも有効かもしれません。
 
・水はねや汚れの掃除負担
 水回りの汚れはどうしても気になる部分。掃除の負担もやはり増えてしまいます。
 設置場所の検討や壁の有無など、手洗い場の設置条件をしっかりと確認しておきたいですね。
 
 
 

おしゃれな施工例

  
平松建築のHPでは、玄関手洗いを採用されたお家の施工例も紹介しています。
 

“快適”があふれる暮らしやすい家
家族が快適に過ごす工夫が沢山盛り込まれたご自宅。
広々玄関に設置された手洗い場は、忙しい朝の時間帯にも大活躍してくれます♪
 
 

ワクワクがいっぱい詰まった家
こちらは、店舗件ご自宅として建てられました。
手洗い場だけでなく、収納力も兼ね備えられたファミリー玄関が魅力的です。

 
 
 

最後に


 
玄関手洗い、いかがでしたか。
玄関に手洗いのある環境は、衛生面・機能面とたくさんのメリットがあります。
コスト面や限りある玄関スペースを有効に使うために
どのような場面で使用したいか、設置場所や大きさなど具体的なイメージが大切です。
 
新しいお家でどんな生活がしたいのか…想像しきれないこともありますが、
玄関手洗いから生活全体のイメージを膨らましてみるのも面白いかもしれません♪
 
平松建築では、HPやYouTube、Instagramなどでも情報発信しています。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせくださいね♪

 
 
 

↓現在募集しているイベント情報はこちらから↓

 
 
 

平松建築|代表の平松から


平松建築では打ち合わせをすべて非対面で進められるよう、オンラインミーティングを実施しています。コロナ禍で外出が不安・なるべく自粛したいという方もいらっしゃると思います。早く安心して暮らせる日に戻ってほしいところではありますが、コロナの影響で得た良い変化については終息後も変化したままだと考えています。
 
具体的には、こういったオンライン打ち合わせを初めとしたインターネットの活用による、移動時間や社内打ち合わせ時間の削減といったものです。家づくりは、初めてお会いしてからお引渡しまでに1年以上かかることが大半です。
 
こんな時期だから打ち合わせは先送りにする・・・のではなく、これからの打ち合わせのために是非オンラインミーティングをご活用ください。オンライン打ち合わせなんてやったことがないという方が大半ですので、ご興味ありましたら下記から遠慮なくお問い合わせください。 もちろん、従来どおりの対面打ち合わせも行っておりますので、やりやすい方に合わせて提案させていただきます。
 
 
 
■平松建築|オンライン無料相談
http://bit.ly/39WCKvu
 
■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html
 
■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html
 
 
 

ライター紹介


平松建築 サポートスタッフの松浦です。
長女の幼稚園入園を前に、2018年に平松建築で家を建てました。
その後次女が産まれ、現在は夫婦二人、4つ違いの姉妹と共に、バタバタな毎日を楽しみながら過ごしています。
家族4人での実際の暮らしから、お家のことをお伝えしていきたいと思っています。

category:

ブログ, 子どもと暮らす家

date:

2022.01.01

光熱費の請求にドキドキしてませんか?


あけましておめでとうございます。
平松建築で家を建てた広報担当の小木です。
年末はぐっと冷え込み、
温暖な浜松でも雪がちらほらする日もあったほど。
 
こんなに寒いと家から出たくなくなってしまいますよね。
家族で1日家の中で過ごすことも多い年末年始。
思いがけない光熱費に、くらくらしてしまう方もいるのではないでしょうか。
 
「みんなこうなの!?」と気になる方もいるかと思います。
そこで今回は、6人家族の我が家の冬の光熱費をお伝えしますね。
 
 
 

3年分の光熱費公開します!


以前夏の光熱費も公開しましたが、
今回はさらに気になる方も多い冬の光熱費を大公開!
(夏の光熱費はこちらから見られます)
 

今期の分はまだ入っていませんが、
過去3年分の記録を載せてみました。
 
【我が家の環境】
・6人家族(大人2人、子ども4人)
・オール電化
・暖房条件(エアコン3台・冬の使用1〜2台)
 
年間を通した我が家の1ヶ月あたりの光熱費の平均は5,783円なので
やっぱり冬の光熱費は少し高いかなと感じるかもしれません。
12月から3月までの寒い時期の1ヶ月あたりの平均は7,371円!
1番高い月で9,326円、1番安い月で6,041円です。
 
どうでしょうか?
一般的な6人家族の冬の光熱費よりはだいぶ安いのではないでしょうか?
 
 
 

冬の光熱費が高くなる4つの理由


“冬の光熱費は高い”
今までの経験や漠然としたイメージから
そう思ってる方は多いと思います。
我が家のデータからも夏より冬の光熱費が高いことがわかります。
では、そもそも何故冬は光熱費が上がるのでしょうか?
 
それには大きく分けて4つの理由があります。
 
1.暖房器具を使うから
2.電気をつける時間が長くなるから
3.乾燥機や電子レンジなどを使う機会が多くなるから
4.在宅時間が長くなるから
 
ひとつひとつ解説していきますね。
 
 
 

暖房器具を使うから


1つ目は、誰もがすぐに思いつく理由ではないでしょうか。
夏はクーラーだけで過ごしていたご家庭も、
冬になるとエアコンにこたつ、電気毛布など
複数の暖房器具を組み合わせて使うことがありますよね。
また、室温と外気温との差が大きいことから
冷房より暖房のほうが消費電力が大きいと言われています。
 
これは平松建築で取り入れているWB工法の家なら解決できます。
私はめちゃくちゃ寒がりですが、我が家にはエアコン以外の
暖房器具は一切ありません。
冬の寒い日でもエアコンだけで快適に過ごせます。
 
 
 

電気をつける時間が長くなるから


2つ目は、日照時間が短く電気をつける時間が長くなるからという理由です。
朝起きてしばらくは電気をつけていないと暗く、
夕方も早くから電気なしでは暗いと感じる日が多いですよね。
下手すると日中も電気をつけっぱなしじゃないと薄暗い…
という日もあるかもしれません。
 
これも平松建築では解決できる家づくりをしています。
夏にはリビングに日光が入りにくく、
冬場はたっぷりと日が差し込む工夫があるんです。
先月公開したブログに詳しく書いてあるので読んでみてくださいね。
 
 
 

乾燥機や電子レンジなどを使う機会が多くなるから


3つ目の理由は、暖房器具以外の家電を使う機会も増えるからです。
温かいものを食べたくなる冬場は電子レンジを使う機会も増えるのではないでしょうか?
また、寒さや雪で冬の間は外に洗濯物を干したくないご家庭も多いですよね。
そのため乾燥機や、浴室乾燥を使う方もいるかと思います。
 
我が家も電子レンジやケトルを使う機会は増えますが、
洗濯に関しては室内に干しておくだけでしっかり乾くWB工法のおかげで
冬でも梅雨でも乾燥機いらずです。
 
 
 

在宅時間が長くなるから


4つ目は、年末年始で家族全員お休みになるご家庭も多く、
寒いからおうちの中で過ごす時間が増えるという理由です。
その分、上で書いたような暖房や照明を使う時間も増えますよね。
テレビ、ゲーム、パソコンなどを使う時間も増えるのではないでしょうか?
 
おうちで家族みんなでのんびり過ごす時間も大事だと思います。
リビングでまったりお正月番組を見たり、
家族でゲームをしたり、
そんな過ごし方も素敵ですよね。
 
光熱費が高くならなければ、そこを無理やり節約しなくても
家族で楽しいおうち時間を過ごせます。
 
 
 

ぜひ体感してみてください


こんなに光熱費が安くなるのは魅力的だけど…
そうは言っても、実はちょっと寒くても我慢してるんじゃない?
室内に日が入るってどの程度?本当に暗くないの?
など実際体感しないとわからないこともありますよね。
 
私のように寒いのが苦手なあなたには
冬の寒い日に見学をおすすめします!
平松建築の実際に暮らしているモデルハウスを見学して
日光の入り具合や暖かさを体感したり、
住んでいる方にリアルな住心地や光熱費についても聞いてみてください。
寒い冬にも暮らしやすいおうちを納得いただけると思います。
 
 
 

↓現在募集しているイベント情報はこちらから↓

 
 
 

平松建築|代表の平松から


平松建築では打ち合わせをすべて非対面で進められるよう、オンラインミーティングを実施しています。コロナ禍で外出が不安・なるべく自粛したいという方もいらっしゃると思います。早く安心して暮らせる日に戻ってほしいところではありますが、コロナの影響で得た良い変化については終息後も変化したままだと考えています。
 
具体的には、こういったオンライン打ち合わせを初めとしたインターネットの活用による、移動時間や社内打ち合わせ時間の削減といったものです。家づくりは、初めてお会いしてからお引渡しまでに1年以上かかることが大半です。
 
こんな時期だから打ち合わせは先送りにする・・・のではなく、これからの打ち合わせのために是非オンラインミーティングをご活用ください。オンライン打ち合わせなんてやったことがないという方が大半ですので、ご興味ありましたら下記から遠慮なくお問い合わせください。 もちろん、従来どおりの対面打ち合わせも行っておりますので、やりやすい方に合わせて提案させていただきます。
 
 
 
■平松建築|オンライン無料相談
http://bit.ly/39WCKvu
 
■平松建築|モデルハウス
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-modelhouse/index.html
 
■平松建築|構造見学
https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/lp-kouzou/index.html
 
 
 

ライター紹介


平松建築 広報担当の小木です。
男児3人+女児1人の4児のママです。
長男の小学校入学を機に平松建築でお家を建てました。
子どもの成長を感じ、楽しみながら日々育児に奮闘しています。
子どもと暮らすママならではの目線でお家についてお話していきたいと思っています。

2022.12.01

自社工場「森の工場」をご紹介!

大工さんの作業場紹介「in森工場」 我が家を平松建築で建てた、広報担当の松浦です。&nbs...

2022.11.24

【講演】紡ぎ場 〜TsumuGiver〜で勉強会を行います

平松建築でおうちを建て、平松建築のほとんどの外構を担当してくださっている株式会社soto.Craft...

2022.11.17

【ワークショップ】クリスマスオーナメントを作ってみませんか?

今週末11月19・20日(土・日)にカラフルブリッジフェアが開催されます。 平松建築もワー...

2022.11.17

平松建築の「ありがとう」感謝祭 開催しました!!

平松建築株式会社は2022年に、総業13周年・法人設立10周年を迎えることができました。 ...

2022.11.01

わが家らしさを楽しむ「造作家具」と暮らす家

造作家具のある暮らし  我が家を平松建築で建てた、広報担当の松浦です。 ...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!