メニュー

  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
ドイツ編 羨ましい気候風土

category:

ブログ, 世界の家づくり

date:

2017.01.19

今回は、ドイツと日本の気候の違いからの家づくりの違いです。

ドイツはどの家にも地下室がありました。

降水量が少なく湿度が低いからでしょうか、

洗濯物はこの地下室に干すスタイルが多いようで、

生活感を表に出さない美しい街並みでした。

日本では地下室に洗濯物はカビが心配でなかなか難しいですよね。

 

また、ドイツには蚊を含め虫があまりいないため、

窓には網戸がなく、夜のオープンカフェでも光に集まるたくさんの虫に

悩まされることもないそうです。ちょっと羨ましいですね…。

日本には、地震があり・四季があり・湿気があり、

さらに東海大地震に備えなければならない静岡の家づくりは、

世界一難しい家づくりをしているのかもしれません。

 

今回のドイツ訪問で、ドイツと日本の違い、

ドイツの家に対する意識、たくさんのことを学び、

感じることができました。日本も技術力は優れています。

 

 

固定観念に縛られず柔軟に考え、ドイツだけでなく、

世界中の家づくりの良いところをどんどん融合して、

「世界最高の家」をつくりたい!と思います。

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2020.06.16

梅雨の洗濯も安心!「臭い・乾かない」のない家づくり

雨の日の洗濯、悩んでませんか?平松建築で家を建てた広報担当の小木です。東海地方も梅雨入り。雨の予報が...

2020.05.07

オンライン家づくりしてみませんか? 

今こそ家づくり考えてみませんか?平松建築で家を建てた広報担当の小木です。 コロナウイルスの...

2020.04.17

新学期のモヤモヤをワクワクに変える3つの仕組み 

宿題をする場所は決まっていますか?元お客様の広報担当、小木です。 ついに全国に緊急事態宣言...

2020.03.16

家づくりでできる3つの花粉症対策

つらい花粉症。家づくりで和らげませんか?元お客様の広報担当、小木です。新型コロナウイルスの流行で大変...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!