メニュー

  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
ドイツ編 羨ましい気候風土

category:

ブログ, 世界の家づくり

date:

2017.01.19

今回は、ドイツと日本の気候の違いからの家づくりの違いです。

ドイツはどの家にも地下室がありました。

降水量が少なく湿度が低いからでしょうか、

洗濯物はこの地下室に干すスタイルが多いようで、

生活感を表に出さない美しい街並みでした。

日本では地下室に洗濯物はカビが心配でなかなか難しいですよね。

 

また、ドイツには蚊を含め虫があまりいないため、

窓には網戸がなく、夜のオープンカフェでも光に集まるたくさんの虫に

悩まされることもないそうです。ちょっと羨ましいですね…。

日本には、地震があり・四季があり・湿気があり、

さらに東海大地震に備えなければならない静岡の家づくりは、

世界一難しい家づくりをしているのかもしれません。

 

今回のドイツ訪問で、ドイツと日本の違い、

ドイツの家に対する意識、たくさんのことを学び、

感じることができました。日本も技術力は優れています。

 

 

固定観念に縛られず柔軟に考え、ドイツだけでなく、

世界中の家づくりの良いところをどんどん融合して、

「世界最高の家」をつくりたい!と思います。

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2021.09.20

避難所に行かなくても良い家づくりのために最初に知っておくべきこと

平松建築株式会社代表の平松です。元大工で住宅歴21年。東日本大震災・熊本地震・千曲川の氾濫など、さま...

2021.09.15

【ルームツアー】6人家族で実際に住んでいるお宅公開【フレンチスタイル】

6人家族の工夫がつまったお家をご覧ください6人家族で4年間実際に住んでいるお宅を公開!【フレンチスタ...

2021.09.01

驚愕!6人家族のリアルな光熱費公開しちゃいます

気になる光熱費…我が家の額が判明しました!平松建築で家を建てた広報担当の小木です。雨続きの日が終わっ...

2021.08.01

長い夏休みを乗り切る!おうちプールのススメ

夏休みの過ごし方に悩んでいるママへ平松建築で家を建てた広報担当の小木です。暑い日が続いていますね。お...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!