メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
注文住宅を検討中の方へ!掛川市の東山地区の特徴を解説します

category:

ブログ

date:

2018.10.03

「注文住宅を検討しているが、どこに建てるのが良いか分からない。」
「掛川市に建てるのは決めているが、その中でもどこの地区が良いか分からない。」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

どの地域に家を建てるかによって、その後の暮らしがかなり変わってきます。
そのため、家づくりをする際には、同時に地区についても知識を得る必要があります。

そこで今回は、掛川市の中から東山区を取り上げて、その特徴についてご紹介します。

 

・東山地区とは

東山地区とは、倉真温泉の東側に位置する、人口はおよそ500人足らずの小さな地区です。
また、新東名高速道路のすぐ南側に位置しており、山間部の地区です。
東山地区の中には学校がないため、子育てを考えておられる方にとっては少し不便かもしれません。

次に、東山地区の魅力についてご紹介します。

 

・東山といえば「茶文字」

東山地区では茶業農家によって、伝統的な茶草農法が行われており、お茶の産地として名高い地区です。
そのため、東山地区では、「茶」の字をかたどって檜が植樹されており、その見た目から「茶文字」と呼ばれています。
この茶文字は、新幹線や東名高速を走る車窓や空港からも見えることから、今では掛川のシンボルとなっています。

茶文字は、春は桜、新茶の季節は鮮やかな緑のお茶畑を望めます。
また、冬には真っ白な雪化粧をします。
このように、茶文字は四季折々で美しい景観を演出します。

 

・東山いっぷく処

栗ヶ岳の山麓にある東山いっぷく処では、東山のお茶を楽しめます。
また、ここでは「茶文字」を用いた、茶文字まんじゅうも人気です。
天気が良い日には、栗ヶ岳山頂から伊豆半島、遠州灘、富士山を望めるので、ハイキングをしに訪れる人も多いようです。

 

・お茶どころ、東山

東山地区では、お茶に関する祭礼やイベントが開催されます。
毎年元旦には、栗ヶ岳の山頂で初日の出を拝みながらの手揉み茶の実演が行われます。

また、9月の山王神社での祭典は五穀豊穣と茶業繁栄の祭りであると言われており、二輪の山車を曳いて祝われます。
他にも、11月の農業祭では、生粋東山茶、こんにゃく、田舎みそなどが販売されます。

 

・最後に

ここまで、掛川市東山地区の特徴についてご紹介しました。
お茶どころとして、伝統を受け継いだお茶の生産がされている東山地区では、地域全体でのイベントが多く、小さいながらも活気のある街であると言えます。
四季折々で異なる魅力を見せる「茶文字」とともに、自然豊かな東山地区で暮らしてみてはいかがでしょうか。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2018.12.11

1日30分の時短!お母さんニッコリの家づくりアイデア

お母さんは毎日大忙し、家事動線はやはりスムーズにしたいですよね。一日30分でも家事時間を減らせると、...

2018.12.10

小さいけれど大満足な家を建ててみませんか?

平松建築では、プラン作成までの打ち合わせにじっくりと丁寧に時間を掛けます。人生をどうしたいかまでお聞...

2018.12.07

見た目が同じ1000万円の家と2000万円の家、どちらが将来お得でしょうか?

平松建築が、家づくりの最初にさせていただくのが人生設計です。どんな家ならご家族が幸せになるか、確信を...

2018.12.06

3つの「やさしい」を詰め込んだ家づくり

こんにちは、平松建築です。家族がリビングに集い、笑顔で語り合っている・・・。そんな和やかな光景が思い...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!