メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
注文住宅はどこに建てる?掛川市掛川第五地区の特徴について

category:

ブログ

date:

2018.06.07

掛川市で注文住宅を建てる方の中には、土地選びにも悩んでいる方が多いのではないでしょうか。
土地の大きさだけを見て買って、あとで「生活の利便性が悪い」となってしまっては残念ですよね。
そこで今回は、家を建てる前に土地選びで悩んでいる方に向けて、「掛川市掛川第五地区」の魅力をご紹介します。

■掛川第五地区

掛川第五地区は、掛川市の掛川第一地区から掛川第五地区まである中の一つで、掛川駅北に広がるエリアの中に含まれています。
そんな掛川第五地区に含まれる地域は以下の通りです。
二瀬川区(フタセガワ)
上屋敷区(カミヤシキ)
秋葉通り区(アキハドオリ)
鳥居町区(トリイチョウ)
橘町区(タチバナチョウ)
末広町区(スエヒロチョウ)
長谷区(ナガヤ)
七日町区(ナノカマチ)
秋葉路区(アキハミチ)

「二瀬川」と「七日町」は、駅前と掛川城を分かつ逆川(さかがわ)と逆川から分岐した倉真川の間に挟まれた中洲部分の町になります。
第五地区は駅方やや北よりの東に位置する地域です。周囲の地区には、逆川を辿って東に行ったところの城西にある掛川第四地区、逆川より南側の部分の掛川第三地区があります。

掛川第五地区は、掛川エリアを東から包むように位置しており、「上屋敷」「秋葉通り」「秋葉路」「鳥居町」「橘町」「末広町」「長谷」は掛川駅前エリア東側の北から順になっています。
地理的には倉真川と逆川の外側を全て覆うように掛川第五地区は位置しているのです。

■周辺施設

「二瀬川」「七日町」の中州部分は住宅街になっており、多くのアパートや一軒家が並んでいます。
買い物や外食に行こうと思ったら、逆川を越えて南の方に行くか、少し東のお城へ続く大通りへと出て飲食店を当たらなければいけません。
東側部分の「鳥居町」「橘町」付近には、「ユニクロ」や「マクドナルド」をはじめとした大型チェーン店や飲食店が多く立ち並んでいます。
スーパーやホームセンター、携帯ショップ、車屋といった多くのお店が一箇所に集まっているため、日常生活には適しているでしょう。

■学区

掛川第五地区の「鳥居町」の区域には掛川第二小学校があります。
これは、駅西を走る倉真川の西側にある小学校で、駅の西側に住む生徒さんにとってはとても通いやすい場所です。

さらに、逆川を東に渡ってすぐの第三地区に行くと、掛川市立西中学校があります。
どちらも数百メートルの範囲内にあるので、徒歩で十分通えるところです。

一方、高校はというと少し離れていて最も近い掛川西高校で2km離れています。
駅南の地域にある掛川東高校も同じくらい遠いところにあります。
しかし、自転車を使えば十分に通学可能な距離ですので、そこまで心配する必要はないかと思います。

■まとめ

掛川第五地区は、掛川にある5つの地区の中で、最も面積が広く掛川エリアの東側を覆うように広く位置しています。
飲食店などのお店も多く居住には適した地区ですので、ぜひ土地を探している方は検討してみてください。

 

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2019.05.20

「耐震等級」って知っていますか?わかりやすく説明します!

みなさん、こんにちは。家を建てる時に気になることの1つが耐震性能ではないでしょうか?その耐震性能を計...

2019.05.17

知らないと危険!?構造計算なしの家に潜む危険性って?

みなさん、「構造計算」をご存知ですか?これは家にかかる様々な力を想定し、それに耐えうる強度を持たせる...

2019.05.16

聞いたことはあるけど…「耐震構造」って結局何?

耐震強度偽装問題をテレビで取り扱ったこともあり、「耐震構造」という言葉を聞いたことのある方は多いかと...

2019.05.15

地震に強い「モノコック構造」のメリット・デメリット

地震の多い日本で家を建てるのなら、意識しなければならないのが「耐震面」だと思います。長く安心して暮ら...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!