• 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
意外に知らないフラット35のデメリット、向いていない方も?

category:

ブログ

date:

2018.02.19

みなさんこんにちは!
これからの住宅つくりとライフプラン計画の中で、「全期間固定金利」の住宅ローン契約を考えている方はいらっしゃいますでしょうか。

もしくは、その名前は知っているけど、「本当にお得なの?」と疑問を感じている方もいらっしゃるかもしれませんね。

確かに「フラット35」などの全期間固定金利型住宅ローンは、魅力的ですが、その一方で意外と知られていないデメリットも存在します。
そこで今回は、そんなフラット35のデメリットや向いていない方のご紹介をさせていただきます。

これを読んで、フラット35に本当に向いているのか、それとも向いていないのかを判断してみてくださいね。

金利が割高

現在は、「低金利時代」と言われているので、フラット35の金利を見てみてもかなり低く感じますが、それでもやはり変動金利型の金利と比べると、ちょっと割高なことは否めません。
現在の低金利時代や低金利政策が続くとなると、10年、20年先に「何か損をしている気がする。」と感じてしまうこともあるかもしれませんね。
一方、低金利時代が終わりを告げたら、固定金利の方が得をすることも間違いありませんので、ぜひその兼ね合いを検討してみてくださいね。

審査に時間がかかる

フラット35の審査は、少し時間がかかりやすいということが言われています。

というのも、フラット35は住宅金融支援機構の商品であり、それを各種金融機関が代理販売しているような状況ですので、少し手続きが複雑なのです。
この審査が通らなければ、「予算」に関しても決めづらく、家づくりのスピードにも関わってきてしまいますので、迅速に家づくりをしたいという方は、この審査の遅さを念頭に入れて、お早めに準備を進めていったほうが良いかもしれませんね。

団体信用生命保険の加入が必要

この生命保険は、いわゆる「団信」と呼ばれるもので、債権者の死亡や病気などの際に、住宅ローンが減額されたり、消滅したりする保険のことを指します。
民間の金融機関でローンを組んだ場合、この保険への加入が義務となっているので、この保険料は返済額のうちに組み込まれるのですが、フラット35の場合では、義務ではないので加入が任意となります。

すなわち、加入する場合は別払いの一括で金額を振り込む必要があるのです。
損というわけではありませんが、一括払いができないという方にとっては厳しいかもしれませんね。

まとめ

以上が、意外に知られていないフラット35のデメリットや注意点になります。

これを読んで、考え直すもよし、継続するもよしです。

大切なのは、お客様自身でライフプランを立てて、それに合わせた住宅ローンを組むことですので、ぜひご家族でご相談の上、より良いローンを組んでみてくださいね。

 

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2022.08.01

「夏も快適に過ごす」住宅性能の話。

夏に気にしたい住宅性能のポイント 我が家を平松建築で建てた、広報担当の松浦です。 ...

2022.07.13

【太陽光発電】知らないと損する太陽光パネルの条件

知らないと損する太陽光パネルの条件 平松建築株式会社代表の平松明展です。 &nb...

2022.07.05

【規格住宅】2022年おすすめの規格住宅

2022年おすすめの規格住宅 平松建築株式会社代表の平松明展です。  ...

2022.07.01

お施主様のリアルなご意見「夏の住み心地」正直どう?

暑さでぐったりしているあなたへ平松建築で家を建てた広報担当の小木です。6月半ばから気温の高い日が続い...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!