メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
今話題のフラット35と民間銀行の住宅ローンではどちらがお得か徹底比較!

category:

ブログ

date:

2017.12.22

みなさんこんにちは!

住宅ローンをお探しのお客様の中で、「リスクを取りたくないから長期固定金利を探している。」というお客様はいらっしゃるでしょうか。
そのようなお客様はきっと、「住宅金融支援機構のフラット35と民間銀行の長期金利プランのどっちにしよう?」と迷っていらっしゃると思います。

そこで今回は、フラット35と民間銀行の長期固定金利の二つを比較して、どちらがお得かどうかをご紹介させていただきます!
これを読めば、住宅ローンで損をすることもなくなると思いますので、是非お見逃しなくご覧ください!

金利の差は?

やはり一番最初に気になるのが、「金利でどれほどの差があるか。」でしょう。
フラット35で頭金が10%の場合、金利は1.34%となります。※2017年12月の金利。一方、民間銀行の30年固定金利プランは1.71%(三井住友信託銀行の場合)であり、これは標準的な相場と言えるでしょう。

しかし、フラット35には「フラット35子育て支援型」や「フラット35S」などの優遇プランが存在するので、契約当初の5〜10年間は0.25%ほどの金利優遇を受けられる可能性があることもお忘れずに。

手数料は?

では、どの住宅ローンでも必要になってくる事務手数料はどの程度の差があるでしょうか。
フラット35では、取り扱う銀行によって異なりますが、優良な銀行ですと借入額×0.66%などの数値が一般となってきます。
一方、大手銀行の住宅ローン事務手数料は3.24万円をとっている会社が多いです。

しかし、この数値は銀行によってかなりの差があるので、一概には言えないということが正しいかもしれません。

新規借り入れ、借り換えの違い

この二つの差異として一番にあげられるのが、「新規借り入れと借り換えの違い」です。簡単にいうと、民間銀行のプランは借り換えに強く、フラット35は新規借り入れに強いプランとなっています。

民間銀行が借り換えに強い理由は、他の銀行からの流入や競争力向上を図っているからであり、多くのメガバンクがこの借り換えに力を入れています。

一方、フラット35は先ほど述べた子育て支援型や、フラット35Sなどの新規借り入れ向けの優遇施策が多くあり、そういった点で新規のお客様に強いと言えるでしょう。

いかがでしたか。

長期固定金利に関して、民間銀行の住宅ローンと、フラット35のどちらが良いかをご理解いただけたでしょうか。これから家を建てようという方には、フラット35の方がオススメですが、もちろんデメリットやリスクも存在するので、そのような点を見逃すことなく、しっかりと検討してみてくださいね!

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2019.04.25

健康住宅は施工方法にもこだわりたっぷりです

今日は通気断熱WB工法の施工方法の説明をしますね。勾配天井なりに、高性能断熱材のフェノバボード60ミ...

2019.04.24

家の寿命と通気の関係を知っていますか?

今日は、壁や屋根の通気の考え方を紹介しますね。家の寿命に大きくかかわってくる部分です。外壁の外側通気...

2019.04.23

家づくりから考える3つの電気代対策

電気代がかかる原因を考えてみましょう。①給湯お風呂や、洗面所、キッチン等で使うお湯に使われる電気。②...

2019.04.22

健康空間を作るために大事な4つの要素

 シリーズでお届けしている平松建築の家づくり学。今回は、ドイツ発祥の「建築生物学(バウビオ...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!