メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
住宅ローンを借りる前にライフプランを作りませんか

開催日:

お問い合わせください

開催時間:

お問い合わせください

【住宅ローンを借りる前に絶対に知っておきたい 2000組にお金の提案をし続けたある男の物語】

 

お問い合わせはこちらから

 

代表の平松です。

 

5年ほど前に家づくりどころか人生が変わる衝撃的な出会いがありました。この出会いがなかったら今の私の人生も家づくりの提案も全く異なるものになっていたに違いありません。

 

物語の始まりはある建材業社さんからの紹介でした。ここではUさんとしておきましょう。

 

Uさん「平松さん、住宅提案に特化した日本でもトップレベルの※FPを紹介できますよ。ただかなりこだわりが強い方なので紹介しても実際に一緒に組んでくれるかどうかは正直なところわかりませんけどね・・・」※ファイナンシャルプランナーのこと

 

平松「FPですか。確かに家づくりの提案にお金の提案力は欠かせないですし、まだ苦手なところなので是非紹介してください!名前はなんていう方なんですか?」

 

Uさん「名前は鴨藤さんです。知る人ぞ知るプロのFPに指導する立場でもあり、工務店の社長からひっきりなしに仕事をお願いされるかなり多忙な方ですよ」

 

 

 

《工務店の社長が頭を下げてお願いする格上FP》

 
一月後・・・

 

鴨藤さんが忙しい中で時間を調整して会っていただけることになりました。工務店の社長がこぞって頭を下げてお願いする方だと聞いていたので、ドキドキしながらの初対面でした。パリッとしたスーツを身にまとい、いかにも「デキる」感じのビジネスマン。そんな第一印象でした。

 

この鴨藤さんとの初めての出会いから私の人生や家づくりの提案力が急速に進化し始めました。

 

鴨藤さんは私の人生や家づくりの提案方法を確立していただけた師匠になります。そんな師匠から一番最初に教えられた考え方は・・・

 

 

 

《ギブ・ギブ・ギブ》

 
鴨藤さん「平松さん、仕事の基本はギブ・ギブ・ギブですよ」

 

平松「ギブ・ギブ・ギブ・・・ですか。初めて聞きました。ギブアンドテイクなら聞いたことがあるのですが・・・」

 

鴨藤さん「仕事はまず徹底的に相手に与え続けることです。それこそ自分の都合など考えずにただひたすら相手の喜ぶことだけを提供するんですよ。」

 

平松「確かにお客様からの立場からするとそんなスタンスで提案してくれる人がいたらかなり信頼してしまいますね」

 

鴨藤さん「そうすると結果的にはいつか自分にも帰ってくるんです。ただそれを目の前の相手に求めてはいけませんよ。長い目で見てください。相手のことだけ考えていけばそれが地域やコミュニティー内での厚い信頼につながり、たくさんの方から仕事を頼まれるようになります。」

 

平松「わかりました。ギブ・ギブ・ギブですね。お客様にとことん提供していきます!」

 

平松建築の家づくりがここから急速に進化し始めました。

 

 

 

《子供のための家と子供が犠牲になる家の違い》

 
ここであなたに一つ質問です。

 

家は子どものために建てたい。そう考えていませんか?私もそのように考えて自分の家を建てましたが、場合により子どものためにならない家を作ってしまうこともあることが、鴨藤さんの指導でわかるようになりました。

 

その違いは住宅計画の「初期」にライフプランを行うのか行わないのかの違いでした。

 

家は子供や家族のために建てるはずです。でもせっかく素敵な家ができても・・・「あれなんだか返済が苦しくて最近遊びにもいけていないね」「気がついたらお小遣いが減っていて楽しみも減ってしまった」

 

こんなことになったら本末転倒ですよね。

 

あくまでも家は人生の一部で、人生そのものではないわけです。だとすると、優先順位としてまず始めに人生の計画(ライフプラン)を立てて、その後に家を検討しましょうとなるはずです。

 

ここまでは大丈夫でしょうか。

 

で話を戻すと、子どものための家づくりで絶対に外してはいけない最初の手順がライフプランの「正確で誠実な」作成でした。

 

 

 

《偽プランが横行する建築業界》

 
鴨藤さん「平松さん、一言にライフプランといっても作り込まれたライフプランがあるんですよ」

 

平松「作り込まれたライフプラン?どういうことですか?」

 

鴨藤さん「FPには2種類います。一つは誠実なプロのFP。そしてもう一つは住宅会社の御用聞きFPです」

 

平松「御用聞きFP?もしかして住宅会社の建てたい家を提案しやすいようにライフプランを偽造するFPがいるんですか?」

 

鴨藤さん「そうですね。一部のFPの中には住宅会社の御用聞きで会社に都合が良いようにコストを少なく見積もり、家の予算を増やしてもらうために実際には人生が成り立たないようなライフプランを提案してしまう人もいます。」

 

建築業界にいるとなんとなく聞いたことはある話で、確かにあり得る話だとは思っていました。

 

私のところに相談にきたお客様の中にも実際に偽造されたライフプランを作成されていたお客様が来られたことがありました。

 

 

 

《同じはずのライフプランで2800万円の違い》

 
私も過去の経験で家の提案時のライフプラン作成に100件以上携わりました。ですので、だいたい大枠で話を聞くだけでそのプランが成り立つのか成り立たないのかある程度すぐに判断ができるようになってきました。

 

その私が・・・

「ん?何かおかしい」と思ったので、「一度作ったライフプランがあるかもしれませんが念のためもう一度作成しましょう」と提案しました。そのお客様には快諾いただけたので鴨藤さんにライフプランを再作成していただきました。

 

で結果は・・・

なんと2800万円の差が出てしまいました。

 

元々のライフプランをよく読み込んでいくと、老後の月々の生活費が10万円で計上されていました。ちなみに今の物価水準で老後の基本生活費の平均値は23万円ぐらいと言われています。単純計算で月13万円を12ヶ月で65歳から80歳までの15年間で考えると・・・

 

13万円×12ヶ月×15年間=2340万円

これだけでかなりの差が出てしまいます。

 

ライフプランを作ったから安心と思っても、もう一つ大きな落とし穴があるかもしれないことを覚えておいてください。

 

 

 

【良いFPを見極める5つの条件】

 
じゃあどんなFPならいいのだろうと思いますよね。
その条件が下記の5点です。

 

①住宅会社の御用聞きFPではないこと
②住宅ローンに詳しいこと
③人生経験と相談実績が豊富なこと
④運用の提案もできること
⑤建築に精通していること

 

一つづつ説明していきます。

 

 

 

《①住宅会社の御用聞きFPではないこと》

 
①は先ほどの話ですので割愛します。

 

 

《②住宅ローンに詳しいこと》

 
②はかなり大事なコンセプトです。なぜならFPにより得意とするシチュエーションがそれぞれあるからです。保険を検討するためにおこなうライフプランを得意とするFPと、住宅提案時に行うライフプランを得意とするFPなどそれぞれの計画検討したいものによって最適なFPは変わります。

 

住宅ローンはローンの組み方の提案を間違えると数百万円から数千万円の余分な金利コストを払わなければいけないこともあります。そんな損をお客様にさせないためにもかなり住宅ローンに精通する必要があります。

 

ここを自信を持って提案できるFPは業界ではかなり少なくなります。

 

 

《③人生経験と相談実績が豊富なこと》

 
ちょっとイメージしてみてください。たとえば相談実績10件程度の20代のFPに人生の相談をできるでしょうか。

 

私なら相談はしたくありません。経験していない人のアドバイスは意味がないことをよく知っています。

 

 

《④運用の提案もできること》

 
500万円を36年間2%で複利運用するとちょうど2倍の1000万円になります。年利2%運用はかなり堅実な運用です。ただそうはいっても運用にリスクはつきものです。

 

あなたの大切な資産を無駄なリスクに晒さないためにも、運用の実績がある、そのFPが行なっている運用方法を直接教えてもらうことがベターですよね。

 

住宅ローンと運用は同時に考えることで数百万円の機会損失コストをなくすことができます。
※投資は自己責任で行いましょう

 

 

《⑤建築に精通していること》

 
ライフプランで大きく変わる要素が住宅です。人生最大の買い物になるでしょうから。その人生最大の買い物の建物の価格の相場や、住みたいエリアの土地の相場も知っておかないとかなり的外れなライフプランを作ってしまうことにもなりかねません。

 

そうならないためにもあらかじめ予算をイメージできるような相場感を持っているFPに頼みましょう。さらに欲を言うと、建築の性能のこともわかっているとかなりお得な提案を受けることができます。

 

住宅性能が良い=光熱費が少なく済む と言う考え方が成り立つのですが、性能の高い家は建物の金額が高くなります。その高くなる金額を住宅ローンの金利も含めてどのくらい支出が増えるのか。代わりに電気代の支出がどれだけ減るのかわかれば何年その家に住むかによりどのくらいの性能の家にすればお得なのかもライフプランで算出できます。

 

ここまでFPに求めるのは正直なところかなり酷な話ですが、これに対応できるFPも実在します。

 

 

 

《過去累計2000組以上の提案実績の鴨藤さん》

 
そうです。もうお気づきですよね。5つの全ての条件を兼ね備えているのが鴨藤さんです。

 

鴨藤さんの経歴を5つの条件に沿って少しお話しすると・・・

 

①まず工務店の社長から頭を下げてお願いされる立場なので御用聞きではありません。そもそも目の前のお客様のためにならないことは絶対にしないと言うスタンスなので、それがわからないところとは付き合わない方です。

 

②次に鴨藤さんは住宅ローンの審査をしていた元銀行員です。当然住宅ローンについて裏も表も知っています。銀行が絶対に話してくれないような裏話などかなり貴重な情報を持っています。

 

③年齢も50代なので人生経験豊富で、お子さんを大学に進学させていることから人生でこれから何が起こるのか、何にいくらかかるのか、かなり明確に、わかっています。しかも過去の累計相談実績が2000件を超えます。住宅提案時のライフプランに限っての話です。並みの経験値ではありません。

 

④ご自身で億単位の運用をされています。一通りの投資は自分の財布でリスクを取りながら検証し、安全で効果的なものだけをオススメしてくれます。

 

⑤家づくりにこだわりがある工務店との付き合いが広く長く深いため必然的に家づくりにも、かなり精通しています。

 

以上の経歴から家づくりの計画時に作成するライフプランとしてはこれ以上の提案者はいないのではないかと思っています。

 

 

 

平松建築では、そんな住宅提案FPとしてプロ中のプロの鴨藤さんと、その鴨籐さんに100回以上にわたって指導を受けた代表の平松が、ライフプランを作成しています。

 

これからの将来のため、自分のため、家族のため、子どものために、まずは無料でライフプランを作ってみませんか?

 

 

 

【お問い合わせください】

 
平松建築 代表の平松です。

もし、この内容を読んでライフプランに興味をもってもらえたら、是非一度お問い合わせください。

平松建築へのお問い合わせ方法は3つあります。
※ライフプランの作成は磐田市下万能にある私たちの事務所で行います

 

 

 

①LINEから問い合わせる↓

こちらから平松建築のLINE@にご登録いただき、ご連絡いただければ日程調整をさせていただきます。

 

 

 

②問い合わせフォームから問い合わせる↓

ライフプラン作成希望日 *
希望時間帯・備考

例1)13時-15時の間
例2)時間不問
例3)平日希望(土日希望)など

お名前 *
ふりがな *
メールアドレス *
何か聞きたいこと等あればご記入ください

 

 

 

③電話で問い合わせる↓

※図をタップで電話できます

「ライフプランを作りたいんですが」とご連絡いただければ、日程調整させていただきます。

 

お問い合わせはどの方法でも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。
 
また、ライフプランに限らず平松建築の家づくりに興味がある場合も、どうぞ遠慮なくお問い合わせください。

 
一覧へ戻る
 
© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!