メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
知らないと数百万円も損? 住宅にかかるお金の勉強会(終了)

開催日:

9/9(日)

開催時間:

午前10時〜/午後14時〜

【ある制度を知っているかどうかで何百万円も損?】

勉強会への参加ご予約はこちらから
 

《今は2LDKのアパートに住んでいます》

私も夫も30歳。

 

結婚してから3年。今は磐田市内にある2LDKのアパートに住んでいて、子どもはもうじき1歳になります。

 

子どもは、先月つかまり立ちができるようになったところで、歩けるようになるのはもうちょっと先かなって思うんですが、

 

ハイハイしていて壁にぶつかって、すぐまた戻ってきて、また壁で止まって。というのを見ていると、

 

もうちょっと広い部屋に引っ越したいな。って考えちゃいます。

 

周りからは、引っ越すくらいなら家を建てるのも良いんじゃないの?なんて言われるんですが、

 

家を建てるのってどうしてもお金かかるイメージがあって、踏み切れないんですよね。

 

 

 

《夫からの意外な言葉》

いま私は育休中で、子どもが1歳になる頃には元の仕事に復帰する予定ですが、

 

私がしっかり働いていた時も、夫婦合わせての世帯年収が500万円くらい。

 

今は夫の収入だけなので、300万円ちょっとという感じですね。

 

貯金もそんなにありません。なので、新築にはあこがれるけど、夫とはちょっと厳しいかな。って話していたんです。

 

そんなある日、夫が帰ってきてびっくりすることを口にしたんです。

 

「ちょっと聞いてよ。家、建てれるかもしれないよ」

 

 

 

《親からの援助》

これを言われたとき、ほんと嬉しかったんですよ。

 

でもなんで急に?

 

と思っていたら、今日の仕事帰りに実家に寄ったらしく、親と家の話をしたみたいなんです。

 

そこで、家を建てるんだったら援助するぞ。って言ってもらえたみたいで。なるほどね、って。

 

そうなると、嬉しいんですけど、なんか申し訳ない気持ちも出てくるんですよね。

 

いくら援助してもらえるのかっていうのはまだ分からないんですが、

 

結構な金額なのは間違いないと思うので、なんかこう、どうお礼しよう。

 

みたいなことを私は考えていたんですが、夫はこう言うんですよ。

 

「俺もよく分かってないけど、非課税だからあまり気にするなって言ってたよ」

 

 

 

《住宅資金の援助は非課税?》

「非課税って何?税金かからないってこと?」

 

「そう」

 

「私もそういうの全然知らないけど、それって大丈夫なの?」

 

「まあ、親が大丈夫って言ってるし」

 

「そっか。いや、でも大丈夫って言われても、お金のことよく分からずに親まかせで済ますのって、なんか不安じゃない?」

 

「不安っちゃ不安だけど。でも何、今から勉強するの?」

 

「それは・・・」

 

そう言われると、お互いそんなに勉強熱心でもないので、

 

0から何かやるっていうのは難しいっていうか、やりたくないのが本音っていうか。

 

でも、これから家づくりをするなら何千万とかいうお金の話が出てくるのは分かっているので、

 

これを機に、そういう家づくりに関するお金の話を教えてくれる勉強会みたいのがないか、ちょっと調べてみました。

 

そしたら、あったんです。

 

 

 

《インスタで見つけた、住宅にかかるお金の勉強会》

「すぐみつかったね。」

 

「これ行こうよ!」

 

なんか、意外とすぐにみつかったのは驚きましたが、

 

家のこと考えてるタイミングじゃないと、時間経つとなかなか動き出すのが面倒になったりするので、

 

これに行かないのは勿体ないなと思って、行ってみることにしました。

 

そのセミナーは工務店の事務所内でやっていました。

 

事務所といっても、いわゆる事務所!という感じではなくて、普通の家よりも広い家という感じでした。

 

後から聞いたんですが、そこは社長の自宅兼事務所らしく、勉強会をした場所は自宅のリビングだったようです。

 

時間になると、講師の先生が話しはじめました。

 

 

 

【住宅に関するお金の話】

簡単な自己紹介をしたあと、ざっと勉強会の概要を説明してくれました。

 

だいたいこんな感じでした。

 

・家づくり費用の疑問

・住宅ローンと金利

・住宅資金贈与について

・税金の話

 

家に関係するお金のことを知りたいと思っていた私たちにとって、ぴったりのテーマだなと思いながら聞きました。

 

最初は家づくりにかかる費用の話で、なんで家って会社によって価格が全然違うの?とか、

 

目安って言われているけど、実は坪単価はあまり参考にならないんだよ、ということを話していました。

 

で、みんなそのお金どうしてるの?ということで、続いて住宅ローンと金利の話がありました。

 

 

 

《最近の住宅ローン事情》

2017年の10月にグっと金利が上がっているけど、これは団信という生命保険のようなものが金利に含まれたためで、

 

もしその団信を考えずに住宅ローンを組んだ場合、実際にはまだまだ1.1%台の低金利で固定ローンが組めること、

 

ローンには変動と固定の2種類があるけれど、まだまだ固定の方が圧倒的に安心してローンが組めることを聞きました。

 

・・・勉強会の出だしから数字の話が多かったので、ついていけるかな?と思ったんですが、

 

先生も私たちのような数字に苦手な人がいることを分かっていたのか、ここで少し休憩をはさんでくれました。

 

5分くらいの短い休憩でしたが、ちょっと一息つけて夫と話せたのは良かったですね。

 

この次が、私たちが最初に気にしていた贈与についての話でした。

 

 

 

《住宅取得等資金の贈与》

「今だと、両親や祖父母から家づくりに関する贈与を受けた場合、700万円までは非課税です」

 

これですね。これが聞きたかったです。確かに非課税と言っていました。

 

事前に調べた内容で合っていたんですが、やっぱり専門家に言ってもらえると納得感があります。

 

これが聞けただけで充分だったんですが、まだ話は続きます。

 

「更に、うちの場合は長期優良住宅の家を作っているので、1,200万円までが非課税になります」

 

??? ちょっと、この辺はよく分かりませんでした。

 

これはあとで図解してくれたんですが、ある基準を満たす家を作ると、非課税額の上限が上がるそうです。

 

そもそも、1,000万円も援助してもらえるなんて全然考えてなかったですけど、

 

家に関係してもらえるお金が確かに非課税になると聞けて、安心しました。

 

でも、もっとびっくりしたのはこの後です。

 

「実は、消費税が10%になってから家を契約すると、一定期間だけですがこの非課税額の上限が3,000万円になるんです」

 

 

 

《非課税額が3,000万円!?》

3,000万円・・・。

 

ちょっと、私のまわりで3,000万円も援助してくれる親がいるなんて思いつかないですが、

 

それでも、これを知っているのと知らないのとでは、だいぶ税金が変わるんだな、というのが分かりました。

 

あ、ちょっと違うかな。分かった気がしました。

 

普段、税金なんて消費税くらいしか意識していないのと、消費税と違って何百万、何千万という単位の話だったので、

 

税金がだいぶ変わるというのはなんとなく分かったんですが、実際にどのくらい変わるのかは分かりませんでした。

 

すると、先生の話はこう続きます。

 

「これを聞いて、なんとなくお得なのは伝わったかと思うのですが、どのくらいお得なのかが分かりづらいと思うので、

 

ここで少し税率の話と、具体的な金額の例を出して説明しますね」

 

 

 

【税金の話】

税率。

 

消費税が8%というのは知っていますが、他の税率ってそういえばあまり意識したことがなかったですね。

 

はじめに、贈与と相続の違いを説明してくれました。

 

生きている間に財産を渡すのが贈与、死亡がきっかけで財産を渡すのが相続ということで、

 

ちょっと数字が続いていた話の中で、割と単純で分かりやすかったのを覚えています。

 

続いて、税率の説明をしてくれました。

 

「消費税の税率って今は8%で固定じゃないですか。でも、贈与税とか相続税って、もらう金額によって税率が変わるんですよ。

 

実際には細かな税金の計算をするんですが、例えば1,000万円を親からもらったとして、その贈与税って30%なんですね。

 

これって、要するに税金で300万円近く国にもっていかれてるんですよ。

 

でも、それが家を建てるための贈与だよ、って申請すると、非課税になるんです。親から1000万円もらっても、税金が0円ですよ。これって、すごくお得じゃないですか?」

 

おお。ってなりました。

 

これはお得というか、この制度を知らずにただ親から援助を受けると、すごく損するんだなって思いました。

 

 

 

《制度をうまく使えば数百万円もお得に》

本来かかる300万円くらいの税金をかけずに贈与できるなら、確かにだいぶ影響ありますよね。

 

正直なところ、なんとなくお金の援助って抵抗あったんですが、

 

これって援助してくれる夫の両親にとってもメリットがあるし、

 

もちろん援助してもらえる私たちにとってもメリットがあって、

 

こういう制度を知れてよかったと思いました。

 

でも同時に、金額が大きすぎて私の家は関係ないかな。って思ったのも本音です。

 

そしたら、見透かされちゃったんですかね。先生の話はこう続きました。

 

「でも、3000万円の贈与なんて、まあないですよね。うちでもまだ0件です。

 

そしたら、もっと身近な税金の話をしましょうか。さっき少し出てきた、消費税についてです。」

 

 

 

《2%の消費税増と比較するべきもの》

「消費税の増税前って、結構みなさん急いで家を建てたがるんですよ」

 

そりゃそうでしょ。と思いました。

 

贈与とか言われるとピンとこなかったけど、消費税なら身近なんでよく分かります。

 

いま8%だから、2000万円の家を買ったら消費税は160万。

 

これが10%になったら消費税で200万とられるんだから、40万も変わるじゃないですか。

 

そりゃ、消費税が増える前に家を建てたいって思うのは普通じゃないの?と思いました。

 

「気持ちはすごく分かるんです。何十万円も変わるのは大きいですよね。でも、意外な盲点があるんですよ」

 

盲点・・・なんだろう。

 

みんな同じことを考えていて混むとか?そんなことを思っていました。

 

でも、もっと単純で自分に関係することでした。

 

「その何十万円のために急いで契約して、家を建てて、完成した家にちょっと気に入らない部分があったとして、

 

これから60年間、気に入らない部分がある家に住むのって、勿体ないというか、怖くないですか?」

 

確かに。と思いました。

 

これが腑に落ちるって言うんでしょうか。言葉がスッと入ってきた感じでした。

 

実際、何十万円変わるのは大きいですけど、確かにこれから何十年住むことも考えるべきですよね。話はまだ続きます。

 

 

 

《これから家を建てたいあなたに知ってもらいたいこと》

「それに、実は消費税が増えた分を補填しようという考えの助成金もあるんですよ。

 

すまい給付金といって、今だと最大で30万円。消費税が10%になると、最大で50万円、国から支援があるんですね。

 

他にも、これから家を建てたいと思っている人に是非知ってもらいたいことがあるので、そのあたりもお伝えしますね」

 

 

 

・・・こうして、いつまでに契約すると8%で建てられるとか、

 

自分のお金だけじゃなく、会社のお金も気にするべきだとか、

 

あと少しだけ家づくりに関する話を聞いて、勉強会は終了しました。

 

なんていうか、この勉強会は控えめに言っても満足でした。

 

ネットとかで調べて何となく「こうだな」って思っていたものも、やっぱり専門家の話を聞くと説得力が違うし、

 

なにより自分で調べたものが本当に正しいかどうかって、特にお金が関係すると結構判断が難しいんですよね。

 

こういったお金の話を、1時間ちょっとでまとめて教えてもらえるのは、本当にためになりました。

 

 

 

この勉強会がどんな勉強会か、知りたくありませんか?

 

 

【セミナー案内】

平松建築 浜北展示場所長の小野です。

 

ここで登場した、住宅にかかるお金の勉強会を、磐田にある平松建築の事務所で開催します。

 

家づくりに関するお金の疑問、住宅ローンのこと、住宅資金贈与のこと、消費税のこと、住宅のお金に関するあらゆることを勉強できますので、

 

ご夫婦一緒に、ご両親と一緒に、または気兼ねなく話ができるご友人同士で、是非ご参加ください。

 

この勉強会に参加された方だけの特典もいくつかご用意しております。

 

詳しくは下記の参加特典をご覧ください。

 

 

 

《セミナー日程》

日時:

9月9日(日)

午前の部 10:00〜11:15

午後の部 14:00〜15:15

※各回、上限を6組様までとさせていただきます

 

場所:

磐田市下万能373-1

Googleマップはこちら

 

 

 

《勉強会参加の3つのステップ》

 

ステップ① ご予約

勉強会に今すぐ申し込む↓

 

上記の予約フォームからお名前・連絡先などをご入力、送信してください。

 

 

または平松建築のLINEにご登録いただき、LINEでご予約をお願い致します。予約だけでなく、お問い合わせ・ご質問もLINEでご連絡いただいて大丈夫です。

 

電話で色々と質問しながら予約を検討したい、という場合は平松建築にお電話をください。

 

「勉強会の予約希望です。」とか「どんな感じの勉強会なの?」という感じでお問い合わせいただければ、スタッフがお答えします。

 

受付時間: 10:00〜18:00

連絡先 : 0538-74-3343

 

 
※画像タップで電話できます
 

ステップ② お車などで会場へ

上記の住所とGoogleマップを見て、現地まで気を付けてお越しください。現地には平松建築ののぼりがありますので、それを目印に気をつけてお越しくださいませ。スタッフが駐車場でお出迎えします。

 

ステップ③ 勉強会の参加

平松建築の事務所内で、勉強会にご参加ください。

 

勉強会の前後には、モデルハウス内を自由に見学いただけます。小さなお子様は必ず手を繋いで見学するようにお願いいたします。

 

平松建築の家づくりに興味をもった場合は、別日程で最大6つの無料相談(下記参照)ができますので、お気軽にお申し付けください。

 

そうではない場合はそのままお帰りいただければ問題ありません。ご希望でない限り、こちらからご提案・電話・訪問はしませんので、安心してお越しください。

 

 

 

《平松建築で対応できる無料の相談内容》

ステップ1 ライフプラン作成

ステップ2 融資事前審査

ステップ3 資金計画(最大30パターン)

ステップ4 家づくりヒアリング

ステップ5 土地探し(現地同行アドバイス)/敷地調査

ステップ6 家の間取り作成・ご提案

↑ステップ6までは無料です

それ以降は設計契約料として10.8万円必要です。

 

 

 

《ご予約参加特典》

 

■特典1:

平松建築家づくりガイドブックプレゼント

何から始めたらいいかわからない人のために家づくりの正しい順番がわかる内容です。

 

 

 

■特典2:

健康空間を実現する家づくりの仕様説明書

住まいが原因のアトピー・アレルギー・喘息などを避けて子供が元気に過ごせる家づくりの秘密の情報セットもプレゼント!

 

・通気断熱WB工法冊子・DVD

・カビ・化学物質対策のマンガ

・電磁波対策の冊子

・電磁波対策のマンガ

・低コストで家中きれいなセントラル浄水器

・花粉を分解除去できる不思議な窓の情報

 

 

 

■特典3:

悩み別家づくり勉強本6冊 6000円相当分を無料プレゼント

 

失敗しない家づくり1巻:

家づくりにかかるお金の話

 

失敗しない家づくり2巻:

家を建てる段取りがよくわかる本

 

失敗しない家づくり3巻:

住宅の土地探しがよくわかる本

 

失敗しない家づくり4巻:

家を買うタイミングがよくわかる本

 

失敗しない家づくり5巻:

失敗事例から学ぶ家づくり成功の秘訣

 

失敗しない家づくり6巻:

工務店とハウスメーカーの違いがよくわかる本

 

 

 

【ご予約・お問い合わせはこちら】

勉強会に今すぐ申し込む↓
https://chouseisancal.com/hiramatsukenchiku

上記の予約フォームからご希望の時間帯の枠をタップしていただき、氏名・メールアドレスなどの必要事項をご入力ください。

 

 

または平松建築のLINEにご登録いただき、LINEでご予約をお願い致します。予約だけでなく、お問い合わせ・ご質問もLINEでご連絡いただいて大丈夫です。

 

電話で色々と質問しながら予約を検討したい、という場合は平松建築にお電話をください。「勉強会予約希望です。」とか「どんな感じの勉強会なの?」という感じでお問い合わせいただければ、スタッフがお答えします。

 

受付時間: 10:00~18:00

連絡先 : 0538-74-3343

 

電話はこちらから↓

 ※画像タップで電話できます

 

今回は参加が難しい場合でも、LINE@の友だち追加で、今後のイベント情報やLINE@限定の重要情報を受け取っていただけます。

 

 

 

平松建築のLINE@

お友だち登録はこちらから↓
 

LINEからもお問い合わせ・お申込みいただけます。

LINEでは家づくりの手順・お金の不安解消法・施工品質・住宅健康法・会社選びの基準のつくり方など、様々な情報を動画やデジタル教科書でお届けします。

 
一覧へ戻る
 
© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!