メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
快適な家に住むことで1000万円コスト削減できる家づくりのコツ

開催日:

12/16(日)

開催時間:

13:30〜14:30

【家は欲しいけどお金に不安があります・・・】

勉強会への参加ご予約はこちらから
 

《ありがちな家づくりの問題点》

「理想の家をつくりたいです」

「いいですね。じゃあ一緒につくりましょう」

「はい。よろしくお願いします」

過去に、こんなやり取りでご契約にいたったお客様は・・・

 

 

1人もいません。

 

 

当たり前ですよね。

家づくりには色々な「問題」があるからです。

 

 

例えば、

・あとで後悔しないように間取りで失敗したくない

・家づくりで無駄に高い家を購入して損したくない

・夏暑くて冬寒い、そんな家には住みたくない

・長く満足できる家がどんな家か分からない

こういった問題があります。

 

 

他にも、人によってこだわりのポイントは違うので、

何を問題とするかは人によって違いますし、

その問題をどのくらい気にするかによって、

問題の解決や解消にかかる時間がだいぶ変わってきます。

 

 

でも、これまで100家族以上と話をしてきて、

1つだけ共通する問題があります。

 

 

お金です。

 

 

 

 

《家づくりの一番の心配事は「お金」》

断言しても良いと思います。

住宅に限らず、お金について心配しない方はほぼいません。

それが、何千万円という価格の買い物をするわけなので、

家づくりの一番の心配事はまず間違いなく「お金」です。

 

 

話をする中で特によく聞くのは、

「住宅ローンの支払いで生活が苦しくならないかな」

という心配です。

そこで多くの方が気にするのは、

坪単価や最初にかかるコストといった、

パっと見で分かる総額です。

総額を見ればその家が高いか安いかがすぐ分かるので、

比較しやすいですよね。

では、ここで1つ気になっていることを聞かせてください。

 

 

家って、消耗品でしょうか?

 

 

 

《住宅は買い換えることを考えない買い物》

例えばシャンプーや歯ブラシといった消耗品であれば、

まず買って、使ってみて、また使い古したら買い換える。

買い換える時は、使い慣れている同じものを買ったり、

あるいはもっと良さそうなものにしたり、

値段の安いものにしたりすると思います。

 

 

でも、住宅は違いますよね。

 

 

住宅は、ほとんどの方が買い換えることを考えない買い物になると思います。

それを消耗品と同じような感覚で、同じような判断で、

目に見える分かりやすい値段で決めて良いものでしょうか。

30年・40年・50年・・・と、長く住む家ですから、

すぐにイメージできる金額だけでなく、

一生を通じてかかる金額をイメージして検討することで、

より失敗の少ない買い物ができるのではないでしょうか。

 

 

そこで必要になるのが、生涯住居コストという考え方です。

 

 

 

勉強会への参加ご予約はこちらから
 

【生涯住居コストという考え方】

いきなり、一生に通じてかかる金額と言われてもピンとこないと思います。

そこで、1つ例え話をさせてください。

ここに、最近家を建てたAさん・Bさん宅があります。

 

AさんもBさんも家族構成が似ていて、

30代の夫婦+お子さまが2人の4人家族です。

 

 

 

《Aさんの家》

Aさんは 1500万円 でローンを組んで家を建てました。

毎月の住宅ローン返済額は 約45,300円 です。

水道光熱費に毎月およそ 25,000円 かかるので、

家関連の毎月の出費は 約70,300円 です。

 

Aさんはできるだけ安く家を建てたかったので、

デザインには少しこだわりましたが、

それ以外はできるだけ安く作ってほしいとお願いしたため、

特に受けられる優遇制度というものはありません。

 

 

 

《Bさんの家》

Bさんは 3000万円 でローンを組んで家を建てました。

毎月の住宅ローン返済額は 約88,800円 です。

水道光熱費は毎月およそ 10,000円 かかるので、

家関連の毎月の出費は 約98,800円 です。

 

Bさんは、事前に一生分の収入と支出を計算するライフプランを作ってもらい、

最初の支出が多くなってもトータルコストが安くなる家づくりをお願いしたため、

3000万円の中に15kW分の太陽光発電設備を含んでおり、

20年間は毎月 約25,000円 の売電収入があります。

また、長期優良住宅にすることで最初の10年間はローン金利が0.25%安くなりました。

それと、20年間劣化しにくい外壁を使ってメンテナンスコストを抑えました。

 

 

このように作った家に、2家族とも60年間住んだとします。

住宅ローンは国が扱うフラット35を使ったとして、

2018年12月時点の金利 1.41% を基準に計算します。

 

 

 

《60年間でかかる費用》

Aさんが35年間でかかるコストは

70,300円×35×12 = 29,526,000円

それに25年間の電気代を加えて

25,000円×25×12 = 7,500,000円

さらに、10年に1度の外壁メンテナンス費用を加えます

1,000,000円×6 = 6,000,000円

 

これらを計算すると、

Aさんは60年間で 43,026,000円 かかります。

 

 

Bさんが最初の20年間でかかるコストは

73,800円×20×12 = 17,712,000円

仮にその後の太陽光売電を0円とした後半15年間は

98,800円×15×12 = 17,784,000円

それに25年間の電気代を加えて

10,000円×25×12 = 3,000,000円

さらに、20年に1度の外壁メンテナンス費用を加えます1,000,000円×3 = 3,000,000円

 

これらを計算すると、

Bさんは60年間で 41,496,000円 かかります。

 

 

 

《60年間で150万円の差・・・だけじゃないんです》

比べてみると60年間で 150万円 の差が出ていますが、

実際にはもっと差がでます。

例えば、ここでは20年後に太陽光売電が0円になったとして計算していますが、

仮にそうなったとしても発電した自分の家の電気代に充てられます。

それに、性能の良い家を建てると様々な補助金を受けられる可能性が出てきます。

 

 

さらに、家を建て替えるとしたらどうでしょうか?

 

 

 

《家の建て替えサイクルは32年》

日本の住宅の平均建て替えサイクルは約32年と言われています。

しかし、Bさんの家はそのサイクルをもっと伸ばせる性能の家になっていて、

60年間、あるいはそれ以上長い間建て替えを考えなくても良い家のため、

もしAさんが30年後くらいに超ローコスト住宅で1000万円くらいの家を購入したとしたら、

その購入費の分だけ更にトータルコストの差が出ます。

さらに、Bさんの家は性能が高く、夏涼しく冬暖かい家になっています。

 

 

値段が高く良い家を買うと、

実際には安く買う家よりももっと安く快適に暮らせる。

こんな嘘のような本当の話が

今の日本の住宅業界で起こっているんです。

 

 

 

《比較して分かったこと》

これが、AさんとBさんを比べたときに、

Bさんの方が高い家を買っているのに、

長期間のトータルコストで見るとBさんの方が安くなる。

という一例です。

 

 

数字を細かく見てみると、特に大きく影響があるのが光熱費だと気づくと思います。

この差は、壁の中にあって普段は見えない断熱材や、

窓(サッシ)の性能差によるものがとても大きいのですが、

実は、それに加えてもう1つ重要な要素があります。

 

 

パッシブデザインです。

 

 

 

勉強会への参加ご予約はこちらから
 

【パッシブデザイン】

パッシブデザインを一言で表すと、

自然光や自然風を活用した家づくりです。

 

パッシブの反対の言葉はアクティブです。

あまりアクティブデザインという表現は聞いたことがありませんが、

強いて言えば、機械を使った採光や自動的な換気システムなどがアクティブデザインで、

自然光や風を使った採光や通風の仕組みを、

パッシブデザインといいます。

特徴は、電気代や機械などを使わない、運用コストのかからない光熱費対策という点です。

 

 

このパッシブデザインで重要な5つの要素があります。

断熱

日射遮蔽

昼光利用

自然風利用

日射熱利用暖房

この5つです。

 

 

パッシブデザインではこれらを考慮することで

照明やエアコン・暖房に頼った住まいから、

自然光や自然風を活用した家づくりが可能になり、

必要以上に使っていた光熱費を無理なく抑えることができます。

 

 

この光熱費を抑えることが、トータルコストの削減に大きく関係します。

 

 

具体的に先ほどの例で説明すると

Aさんの光熱費は25,000円/月、

Bさんは10,000円/月でした。

その差は毎月15,000円です。

 

これを60年間で考えると、

15,000 × 12 × 60 = 10,800,000円

これだけでも 約1,000万円 の違いが出ます。

 

これが、

トータルコストを1000万円削減する家づくりのコツです。

 

 

 

《もっと具体的な説明を聞きたいあなたへ プレゼントです》

これまでの私の話を聞いて、

「そんなうまい話があるわけない」

「これが本当ならどこの会社でもやってるでしょう」

「こういうのは話半分に聞いておくのが丁度良いかな」

と思っていませんか?

 

 

なかなかこんな情報を聞くことが無いかもしれないので、

そう思われるのは無理もないと思います。

でも、これらの内容を全て文章だけで伝えるのは難しいので、

パッシブデザインをはじめ、

長期間で最も安く快適に暮らせる家づくりについて、

 

 

もっと詳細を学べる勉強会を開催します。

 

 

 

勉強会への参加ご予約はこちらから
 

【快適な家に住むことで1000万円コスト削減する勉強会を開催します】

この勉強会では、以下のことが勉強できます。

①パッシブデザインについて

②高性能住宅とは

③パッシブデザインと高性能住宅を導入するメリット

④1985アクションとは?

⑤生涯住居コストについて

 

 

この勉強会に参加すると、

パッシブデザインの5大要素の詳細が理解でき、

家づくりのリスクや家を建てた後のリスクについて学べ、

冒頭にも挙げた家づくりの不安を取り除くことができます。

 

 

・あとで後悔しないように間取りで失敗したくない
→パッシブデザインや導線を考慮した失敗の少ない間取りの作り方がわかる

 

・家づくりで無駄に高い家を購入して損したくない
→長期間で考えたときに一番安い家を購入できる

 

・夏暑くて冬寒い、そんな家には住みたくない
→夏涼しくて冬暖かい家の理由が理解できる

 

・長く満足できる家がどんな家か分からない
→長く満足できる家の基準が分かる

 

・住宅ローンで生活が苦しくならないかな
→30年や60年といった長期間の家庭の収支が分かり経済的に安全な家づくりが分かる

 

 

家づくりを検討していてこのような不安がある。

住宅を購入したいけど何から進めたらよいか分からない。

パッシブデザインについて勉強されたい、という方は

是非この勉強会にご参加ください。

 

 

勉強会のお申込みは以下からお願いします。

申し訳ありませんが、場所と席数に限りがありますので、

この勉強会は6組様限定とさせていただきます。
 

 

 

【勉強会のご案内】

平松建築 代表の平松です。

 

この勉強会では、パッシブデザインと呼ばれる自然エネルギーを取り込んだ住宅づくりと、そのメリット・デメリット、それ以外にも長期的にみた家づくりに関するあらゆることを勉強できますので、

 

ご夫婦一緒に、ご両親と一緒に、または気兼ねなく話ができるご友人同士で、是非ご参加ください。

 

この勉強会に参加された方だけの特典もいくつかご用意しております。

 

詳しくは下記の参加特典をご覧ください。

 

 

 

《日程》

日時 12月16日(日)

開場 13:00〜

開始 13:30〜14:30

※席に限りがありますので上限を6組様までとさせていただきます

 

場所:

磐田市下万能373-1

Googleマップはこちら

 

 

 

《勉強会参加の3つのステップ》

 

ステップ① ご予約

勉強会に今すぐ申し込む↓

※フォームの中にある日程選択は水色のボタンを押してください(時間が書かれたこんな色のボタンです)
 


 

上記の予約フォームからお名前・連絡先などをご入力、送信してください。

 

 

または平松建築のLINEにご登録いただき、LINEでご予約をお願い致します。予約だけでなく、お問い合わせ・ご質問もLINEでご連絡いただいて大丈夫です。

 

電話で色々と質問しながら予約を検討したい、という場合は平松建築にお電話をください。

 

「勉強会の予約希望です。」とか「どんな感じの勉強会なの?」という感じでお問い合わせいただければ、スタッフがお答えします。

 

受付時間: 10:00〜18:00

連絡先 : 0538-74-3343

 

※画像タップで電話できます
 

ステップ② お車などで会場へ

上記の住所とGoogleマップを見て、現地まで気を付けてお越しください。現地には平松建築ののぼりがありますので、それを目印に気をつけてお越しくださいませ。スタッフが駐車場でお出迎えします。

 

ステップ③ 勉強会の参加

平松建築の事務所内で、勉強会にご参加ください。

 

勉強会の前後には、モデルハウス内を自由に見学いただけます。小さなお子様は必ず手を繋いで見学するようにお願いいたします。

 

平松建築の家づくりに興味をもった場合は、別日程で最大6つの無料相談(下記参照)ができますので、お気軽にお申し付けください。

 

ご希望でない限り、こちらからご提案・電話・訪問はしませんので、安心してお越しください。

 

 

 

《平松建築で対応できる無料の相談内容》

ステップ1 ライフプラン作成

ステップ2 融資事前審査

ステップ3 資金計画(最大30パターン)

ステップ4 家づくりヒアリング

ステップ5 土地探し(現地同行アドバイス)/敷地調査

ステップ6 家の間取り作成・ご提案

↑ステップ6までは無料です

それ以降は設計契約料として10万円(税別)が必要です。

 

 

 

《ご予約参加特典》

 

■特典1:

平松建築家づくりガイドブックプレゼント

何から始めたらいいかわからない人のために家づくりの正しい順番がわかる内容です。

 

 

 

■特典2:

健康空間を実現する家づくりの仕様説明書

住まいが原因のアトピー・アレルギー・喘息などを避けて子供が元気に過ごせる家づくりの秘密の情報セットもプレゼント!

 

・通気断熱WB工法冊子・DVD

・カビ・化学物質対策のマンガ

・電磁波対策の冊子

・電磁波対策のマンガ

・低コストで家中きれいなセントラル浄水器

・花粉を分解除去できる不思議な窓の情報

 

 

 

■特典3:

悩み別家づくり勉強本6冊 6000円相当分を無料プレゼント

 

失敗しない家づくり1巻:

家づくりにかかるお金の話

 

失敗しない家づくり2巻:

家を建てる段取りがよくわかる本

 

失敗しない家づくり3巻:

住宅の土地探しがよくわかる本

 

失敗しない家づくり4巻:

家を買うタイミングがよくわかる本

 

失敗しない家づくり5巻:

失敗事例から学ぶ家づくり成功の秘訣

 

失敗しない家づくり6巻:

工務店とハウスメーカーの違いがよくわかる本

 

 

 

【ご予約・お問い合わせはこちら】

勉強会に今すぐ申し込む↓
https://chouseisancal.com/hiramatsukenchiku

上記の予約フォームからご希望の時間帯の枠をタップしていただき、氏名・メールアドレスなどの必要事項をご入力ください。

 

 

または平松建築のLINEにご登録いただき、LINEでご予約をお願い致します。予約だけでなく、お問い合わせ・ご質問もLINEでご連絡いただいて大丈夫です。

 

電話で色々と質問しながら予約を検討したい、という場合は平松建築にお電話をください。「勉強会予約希望です。」とか「どんな感じの勉強会なの?」という感じでお問い合わせいただければ、スタッフがお答えします。

 

受付時間: 10:00~18:00

連絡先 : 0538-74-3343

 

電話はこちらから↓

※画像タップで電話できます

 

今回は参加が難しい場合でも、LINE@の友だち追加で、今後のイベント情報やLINE@限定の重要情報を受け取っていただけます。

 

 

 

平松建築のLINE@

お友だち登録はこちらから↓
 

LINEからもお問い合わせ・お申込みいただけます。

LINEでは家づくりの手順・お金の不安解消法・施工品質・住宅健康法・会社選びの基準のつくり方など、様々な情報を動画やデジタル教科書でお届けします。

 
一覧へ戻る
 
© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!