メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ

category:

ブログ

date:

2019.01.22

前回、通気断熱WB工法、夏服の仕組み(https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog/2019/0121/)をご紹介しました。

今回は冬服仕様のお話しです。

 

冬の住宅で解決したいのは、つらい寒さ、そして湿気による結露ですよね。

この結露は室内の窓だけでなく、壁の中でも起きることがあるのはご存知でしょうか?

壁内結露は家の柱や土台といった木材を腐らせ、最悪の場合は家の寿命を縮めてしまうこともあります。

 

そこで登場するのが、通気断熱WB工法に使われるコットンクロスの壁紙です。

湿気を通す素材のため、室内の余分な湿気は壁を透過して壁内の通気層に排出されます。

そして、壁内の湿気は通気層を通って外へと排出され、壁内結露はもちろん、室内も結露はほとんどありません。

 

通気断熱WB工法では、気温が15℃まで下がると通気口は自動的に全閉となります。

まず、アンダーヘルスが冷たい外気の侵入を防ぎます。

また、冷たい空気は下へと下がる性質がありますが、バリアヘルスが閉まっているため、壁内通気層の冷えた空気が床下に流れ込むのを防ぎ、さらに床下の地熱を活用することで底冷えもありません。

保たれた通気層は保温層となり、空気をたっぷり含んだダウンジャケットのように、冷たい外気の影響から室内を守ります。

 

結露もクリアしながら底冷えしない冬の暖かさの秘密、お分かりいただけたでしょうか?

日本の風土に合った古来からの和風建築にヒントを得た通気断熱WB工法、夏は涼しく冬は暖かい家を実現しています。

 

WB工法紹介
① 3つの仕組み→☆https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog/2019/0118/

② 夏の仕様→☆https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog/2019/0121/

category:

ブログ

date:

2019.01.21

今回は、家の衣替え機能である平松建築の通気断熱WB工法、夏服の仕組みを詳しくみていきましょう。

 

夏、室内の温度が上昇してしまう主な原因は屋根からの焼け込みです。

ジリジリと照り付ける太陽の熱によって、屋根裏の温度は60℃を超えることもあります。

 

そこでWB工法の通気口の出番です。

20~25℃になると通気口が形状記憶合金によって電気を使わずに自動で全開になります。

すると、外壁と主断熱の間の第一通気層の空気が上へと流れ、屋根に取り付けた通気口のハットヘルスから、屋根裏の暑い空気を外へと押し出します。

この仕組みだけで、屋根裏の温度は14℃も下がります。

 

第二通気層ではアンダーヘルスから入った外気が床下の涼しい空気と混ざり、上昇気流によって引き上げられます。

涼しい空気が通気層を通ることによっても、室内の温度上昇を抑えます。

このとき、コットンクロスの壁を透過した湿度も一緒に家の外へ排出します。

室内の温度上昇が抑えられ、湿度も低く保たれることで、室内はとても快適になります。

 

梅雨時に部屋干しをしてもムワッと感じたり、生乾きの臭いもないため、お客様からも驚きと喜びの声をいただいています。

 

次回は夏服の仕組みに引き続き、衣替えをして冬服の仕組みをご紹介します。

 

WB工法紹介
1回目はこちら→https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog/2019/0118/

category:

ブログ

date:

2019.01.18

夏と冬、気温差の大きな日本では家も四季に合わせて衣替えがあるといいですよね。平松建築の通気断熱WB工法の家は、壁に衣替えの機能を持たせ、夏は涼しく、冬は暖かい省エネ住宅を実現しています。

 

家の衣替え、通気断熱WB工法の秘密は三つです。

 

まず、壁に二重の通気層があることです。

外壁と主断熱の間の第一通気層、主断熱と内壁の間の第二通気層、この二つの通気層が夏と冬で異なる役割を果たします。

 

次に、WB工法の特許技術である形状記憶合金を使った、形状記憶自動開閉装置です。

外と床下の間に付けられるアンダーヘルス、床下と第二通気層の間をコントロールするバリアヘルス、屋根に付けられるハットヘルス、この三種類の通気口が働きます。

温度を感知して自動で開閉して、夏の暑い日には開き、冬の寒い日は閉じ、自動的に通気層の通風をコントロールします。大掛かりな換気システムや電力は使わない魔法の装置です。

 

最後に、壁紙のコットンクロスです。紙素材のコットンクロスは透湿性があり、室内の湿気は壁内に抜けていきます。

このとき、室内のホルムアルデヒドなどの有害物質も湿気に溶け込み、一緒に排出してしまいます。

コットンクロスは湿度を吸ったり吐いたりすることで膨張収縮するため、継ぎ目が目立ちやすいデメリットもありますが、湿度がコントロールされた室内の快適さを実現します。

 

壁の通気層、自動開閉する通気口、コットンクロス、これらがどう働いているのか!?

次回は、電力を使わない衣替えの仕組みを詳しくご紹介していきます!!

 

category:

ブログ

date:

2019.01.17

前回(https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog/2019/0116/)、3Dくるくるパースを使うとその場にいるかのような目線で具体的にイメージしながらプランを作成出来るというお話しをしました。

 

動く3Dパースはこちら→http://studiohotline.co.jp/panorama/1605isamatei/

 

太陽の光がどう当たるかもシミュレーション出来るので、いろいろなところで役立ちます。

深い庇を設定して、夏の高い位置の太陽光は遮り、冬の低い太陽光は取り入れて暖かく、などの計算が可能です。

気になる土地があったときにも、周辺の環境を入力し土地に家を置いてみて、窓をこうすると隣家の陰にならずにリビングに一日しっかり日が当たる、これならいいね!!と動画も使って判断できます。

日当たりの悪そうな土地は人気がありませんが、こんなふうに工夫してシミュレーションしてみると、意外といける!!ということはよくあります。

土地を安く購入できた予算で太陽光を載せれば、光熱費を浮かすことも出来ますね。

 

また、3Dで見ていて、あっ、この空間がもったいないな、と思ったら、その場で棚を入力してみることが出来ます。

打ち合わせでヒアリングをしながら変えていくことが出来るので、今まで気付いていなかったご要望を引き出すことが出来たり、家事のやり方もお聞きしながら、家事動線をより良く工夫してみたり、こだわりをどんどん表現できます。

 

3Dくるくるパースで家づくりのイメージをぐんぐん膨らませ、夢をかなえたこだわりの住まいを実現してくださいね。

category:

ブログ

date:

2019.01.16

自由設計が出来る注文住宅、たくさんのアイデアを盛り込んで、完成が楽しみですね。

しかし、オリジナルのためモデルハウスなどがありません。

平面図は慣れた専門家にとってはイメージも簡単ですが、図面を普段見ることのないお客様には、具体的なイメージが分かりづらく手探りの家づくりになりかねません。

 

そこで取り入れたのが3Dくるくるパースです。

平面図の間取りからだけでは難しいイメージを、立体で見ることができます。

建物外観だけでなくお部屋の中も見ることができ、そこに立っているかのような目線で、ぐるりと一周見まわしたり、上下にも動かしながらみることができます。

 

動く3Dパースはこちら→http://studiohotline.co.jp/panorama/1605isamatei/

 

この3Dパースが高齢の方や奥様にもとても分かりやすいと、特に女性から好評をいただいています。

しかも、3Dくるくるパースのアドレスを送ればご家庭のパソコンやスマホでも見ることが出来ます。

もう少し廊下の幅は広くしようかな、などを家でじっくりと考えることができ、次回の打ち合わせ時には、さらに詳しくご要望を詰めることができます。

次回、3Dくるくるパースを使って打ち合わせする様子を、さらに詳しくお届けします。

category:

ブログ

date:

2019.01.15

第三者機関による監査で安心の家をお届けする平松建築、前回(https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog/2019/0111/
)に引き続きNEXT STAGEによる監査について詳しくお話しします。

 

NEXT STAGEには、法的根拠のない部分にまで施工基準は及び、300近いチェック項目を設定しています。

基礎から始まり建物完成まで、10回に及ぶ監査行程があり、特に完成時には見えなくなるような5工程は現場監査士が赴き実施します。

NEXT STAGEによる標準施工の基準があることで、大工さんだけでなく、電気屋さん、水道屋さん、左官さん、様々な業種のたくさんの人が携わる現場で経験やスキルによる工事のムラをなくせるのです。

 

また、監査をする側のスキルも重要です。

現場監査士は建築士の国家資格を持っており、ネクストステージの教育を受け、NEXT STAGEの現場監査士に認定されます。

 

チェック項目は品質監査アプリに入力され、現場写真やコメントといった監査記録をパソコンで確認できます。

ミスのあった項目はそれを分析し施工基準に反映することで共有財産となり、品質がますます上がっていきます。

 

完工後は、お客様に現場監査記録書をお渡しします。

記録書は責任を持って建てた品質の証。

将来、転勤などで住宅を売却することになった時には、安心の家として付加価値にもなりますね。

category:

ブログ

date:

2019.01.11

家づくりにおいての心配事の一つに、欠陥住宅や手抜き工事は万が一にも行われないか、きちんと建てられているかどうか、があるのではないでしょうか。

「建築確認」で法に基づいた家と確認されれば安心でしょうか?

実は、家づくり全体の品質管理において建築基準法など法的根拠を有する施工管理のチェック領域は少なく、なんと4割は施工技術に指針がなく、現場監督や大工さん任せなのです。

耐力壁を柱に打ち込むとき、釘が壁材に5mmめり込んでしまうと、耐力が半分以下ということもあります。

つまり、計算上は建築基準法の1.5倍の耐力であっても、実際には0.75倍になってしまっているということもあり得るのです。

そこで平松建築ではNEXT STAGE(ネクストステージ)という第三者機関による監査をお願いしています。

NEXT STAGEの厳しい施工の基準をクリアして、チェックされた部分は是正をしないと審査に通りません。

どんなに優秀な大工さんであっても、ミスは起こり得るもの。

第三者機関にお願いすることで検査費用はかかりますが、工程ごとの監査でミスをいち早く発見して是正し、品質を確保することが、平松建築に信頼を寄せてくださっているお客様にお応えすることになると考えています。

category:

ブログ

date:

2019.01.10

前回(https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog/2019/0109/)に引き続き、資金計画のさらに具体的なお話しです。

平松建築オリジナルの資金計画はライフプランを元に、借り入れの上限額、家族構成を加味して、返済額、返済期間の年数を設定したら、

以下のように8パターンを算出します。

 

・建売ローコスト仕様
・太陽光パネル…なし+建替え費用を加算
・太陽光パネル…10kw以下+ 建替え費用を加算
・太陽光パネル…10kw以上+建替え費用を加算
・太陽光パネル…10kw以下+ WB工法の100年持つ家
・太陽光パネル…10kw以上+ WB工法の100年持つ家
・太陽光パネル…10kw以下+WB工法の100年持つ家+ゼロエネルギー住宅
・太陽光パネル…10kw以上+ WB工法の100年持つ家+ゼロエネルギー住宅

 

太陽光パネルによって光熱費も売電収入も変わってきます。

WB工法の家にすることでメンテナンス費用が下げられたり、建て替えも不要になります。

また、オール電化にすることで節約出来る光熱費も計算します。

 

こうして細かい設定をすることで導き出された8パターンの資金計画によって、イニシャルコストの安い家か、性能の良い家か、トータルコストでどちらがどれだけお得かを比較することができます。

月々の返済額を見ながら、アパートに住み続けるよりもはるかに安く、老後も安心して生活が出来る家をプランから納得してお選びいただけます。

 

ライフプランは人によって違うものです。

目の前にいらっしゃるお客様のために、一番良い計画をお出ししたいと、何よりも大切に、また売電価格など過大評価せず控えめな設定にしておくことで安心のプランが出せるよう取り組んでいます。

category:

住宅の温度

date:

2019.01.10

平松建築の小野です。

本年もよろしくお願いいたします。

 

さて早速ですが、今月から始めて毎月10日頃に

私の家の温度がどんな感じなのか公開したいと思います。

 

自己紹介

はじめての方も多いと思うので簡単に自己紹介しますね。

2019年1月時点で35歳。一緒に暮らすのは妻と1歳半の息子、

それに体重20kgほどの大きめの中型犬がいます。

 

こういうブログを書くくらいなので私も平松建築で自宅を

建てているのですが、よくある話とちょっと違うのは

【建ててから転職してきた】というところです。

 

社員だから平松建築で家を建てた ではなくて、

平松建築で家を建ててから社員になった という感じです。

今は私の自宅を「浜北展示場」として見せておりますので、

連絡いただければご案内いたします。

 

家を建てるまでの経緯は別の記事に書いていますので、

興味があればこちらをご覧ください。

 

 

 

 

さて、今は新居で暮らし始めて丸2年半になります。

 

私たち夫婦はもともとインドアな趣味が多く、

家に大勢集まって遊ぶ機会が多いので

いろんな人に自宅を見ていただくのですが、

 

冬は「足元冷えないのっていいね」とか

夏は「犬いたの?全然におわないね」など

いろんな感想を言ってもらえます、

 

ただ、この辺の意見ってどうしても感覚的なものなので

「実際どうなの?」

「私の家と比べてどうなの?」

「それって快適なの?」

というのが気になるところだと思います。

 

その感覚的なものを客観的にするにはどうしたらよいか。

その答えの1つが、数値化だと思います。

 

そこで、今年1年間はサーモカメラを使って数値化と

画像化をして、小野家の室温を公開することにしました。

 

ここで使っているのはFLIR社のE4です。

製品詳細はこちら ※メーカーサイトが開きます

ニオイも何か良い測定方法があればやってみたいですが、

とりあえずは温度を数値化してみます。

 

 

 

測定条件と当日の室温/外気温

・FLIR E4を初期化後、表示色だけレインボーに変更

・温度バーはオート表示 ※固定表示ではない

・毎月10日の朝6時頃から撮影開始

 

はじめは温度計です。

数字が見づらいですが、

室温15.1℃、湿度37%、外気温-2.6℃となっています。

 

右側の温度バーの見方ですが、この写真の場合は

一番温度が高い温度が19.7℃、

一番ひくい温度が11.4℃になっていて、

黄色と緑の間くらいがちょうど真ん中くらいなので

(19.7+11.4)÷2 で計算すると、

写真の中で見える黄色と緑の色あたりの温度が

だいたい15.5℃くらいとなります。

 

中央値:15.5℃ という感じで各画像の上に書きます。

 

温度バーが固定表示ではなくオート表示という設定のため、

写真ごとに色と温度が違っている点はご注意ください。

例)ある写真では赤いところが18℃くらい

別の写真では赤いところが12℃くらい など

 

外気温は-2.6℃ということですが・・・

これを見るとこの日の朝6時は0.1℃ということなので、

気象庁で確認できる温度と比べるとだいぶ寒いですね。

 

おそらくですが、うちは浜北でも北の方にあり、

まわりが田んぼばかりで遮るものがないのと、

屋外の温度計をもみじの木の枝にぶら下げており

思い切り風が当たる位置にあるため、気象庁発表の気温より

寒い温度になっているんじゃないかと思います。

 

では早速、各部屋を回ってみます。

 

※※※ 追記 2019/1/14 ※※※

ここで紹介しているサーモカメラの写真は、

6時頃に起きてすぐ撮影を開始しているため

まだエアコンをかけていない状態で撮影しています。

 

エアコンを写してなかったので以下は温度計データですが、

当日の朝6:02時点の室温は15.1℃で、

 

撮影を終えて少し経った6:37時点では14.9℃。

 

そのあとエアコンを入れているので急激に温度が上がって、

7:33時点で18.7℃まで上がっています。

 

以下は無暖房で撮影したものとしてご覧ください。

 

 

 

各部屋の温度

■01.リビング(南東から北西に向かって撮影)

赤くなっているのは炊飯器とインターネット機器ですね。

青いところは洗面脱衣室に続く廊下です。

中央値:14.7℃

 

■02.リビング(南面の窓)

赤いのは洗濯物です。

カーテンがめくれて窓が見えているところが

濃い青になっています。やっぱり窓際は冷えますね。

中央値:12.0℃

 

■03.室内側から見た勝手口

熱はサッシから逃げるといいますが、見事にそうなって

いますね。窓枠の部分が5℃台、両サイドの赤い部分は

壁なので、比べると8℃以上の差があります。

中央値:9.6℃

 

■04.リビング(南西から北東に向かって撮影)

赤いのは左側からLED照明/液晶テレビ/インターホンです。

テレビは待機電力だけでも結構暖かいみたいです。

中央値:14.9℃

 

※追記

↓写真のちょうどこの左上あたりにエアコンがありますが

動いていないため赤くなっていません

 

■05.キッチン

真っ青なのでものすごく寒そうに見えますが、これは

炊飯器と冷蔵庫が暖かいためです。温度バーを見ると、

濃い青でも15℃台ですのでそれほど寒くないというか、

他の場所に比べて食器棚とかで遮られている分、

むしろキッチンは朝6時台でも気持ち暖かったです。

中央値:19.5℃

 

■06.リビング(北西から南東に向かって撮影)

やっぱり赤くなっているテレビが目立ちますね。

右側の濃い青は洗濯物の奥に見える窓の床のあたりです。

中央値:14.4℃

 

■07.リビング(北東から南西に向かって撮影)

部屋が暖かいので真っ赤っかですね。

これでもエアコンはかかっていません。

 

青い部分は左から南面の窓、勝手口とその横の窓、

FIX(開閉できない固定された)窓です。

やはり窓から熱は逃げていくので、窓際は冷えます。

中央値:12.5℃

 

■08.寝室

左の赤いところは妻で、右は私が寝ていた枕あたりです。

他の部屋と比べて暖かいのは人がいるからですね。

カーテンの下から冷たい空気が入ってくる、

というのもよく分かる写真です。

中央値:18.8℃

 

■09.ウォークインクローゼット

寝室のすぐ隣りにある3帖ほどの部屋です。

窓が無いので意外と冷えてませんね。

窓が無いのって暗くて嫌という印象があると思うんですが、

温度を考えると、実は窓は無いほうが良いこともあります。

中央値:17.5℃

 

■10.子ども部屋

2部屋合わせて8帖弱の部屋です。将来的に2人目の子どもが

できたら真ん中に壁を作ろうと思っているので、

窓も2つ、入り口も2つあります。

 

ここは北側にある部屋で部屋の面積に比べて窓の面積が

大きいため、他の部屋よりも室温が低いです。

中央値:11.3℃

 

■11.トイレ

座面が暖かくなるトイレというのがひと目で分かります。

中央値:13.6℃

 

■12.洗面脱衣室

昨日風呂に入ったあと窓を開けて、閉じるのを忘れて

寝てしまいました。なので窓あたりは1.6℃です。

上下に下の方から開く窓なので、下の方が寒くて

上の方は赤い色になっています。

なお、窓は北面にあります。

中央値:6.2℃

 

■13.風呂

こちらも同様に閉め忘れですね。

空いているところは-0.5のようです。寒いです。来月の撮影時は気をつけます。

こちらも窓は北面にあります。

中央値:4.2℃

 

■14.リビングから玄関に向かう引き戸

インターホンって熱もっているんですね。

その左下にある黄色いところは照明のスイッチです。

中央値:14.6℃

 

■15.玄関から見たリビング

窓が冷えていてキッチンが暖かいというのを改めて認識

できますが、それに加えて、床がそんなに冷えていない

というのもこの写真で分かると思います。

中央値:13.8℃

 

■16.室内側から見た玄関ドア

勝手口の感想と同じですがやはり枠から熱が逃げています。

あとはドアノブ部分が暖かいのは嬉しいですね。

LIXILの技術力なんだと思います。

中央値:9.7℃

 

■17.外から見た玄関ドア

玄関ドア開けたら一気に冷えますね。

外気温は-2.6℃でしたが、外壁がガルバリウム鋼板という

金属なので、めちゃめちゃ冷えてます。

ぱっと見では赤いところが多いので暖かそうに見えますが、

実際には下に見える白い部分でも-0.6℃になっているので、

全然暖かくないです。寒いです。

中央値:-6.1℃

 

■18.外から見た家の東面

真ん中が赤いのは電気のメーターですね。

左の窓と比べて右の窓が赤いのは寝室だからだと思います。

手前の濃い青は車です。

中央値:-5.2℃

 

■19.庭から見た南面の窓

熱はサッシから逃げる、というのがよく分かる写真ですね。

よく聞く話ですがサーモカメラで撮ると一目瞭然でした。

なお、下の方が青・赤・青・赤と層のようになっていますが、

青い部分がウッドデッキで、赤い部分が基礎です。

中央値:-3.2℃

 

■20.外から見た勝手口

こちらは基礎が暖かいのがよく分かる写真です。

ちなみに、これは家から熱が逃げているのではなく、

地熱(地面の熱)を帯びているという状態です。

中央値:-1.4℃

 

 

 

感想

改めて、家の中は暖かいというのを実感しましたね。

私の実家は冬になると室内でも白い息が出ていたので、

そりゃ40年も前に建った家と2年前に建った家を比べたら

違って当然なんですが、それでも良い家だと思いました。

アパート時代と比べて結露がほぼ無いのも嬉しいです。

 

逆に聞きたいのですが、

見てみてどんな感想をもったでしょうか?

 

「まあこんなもんか」

「うちと全然違う」

「快適そうだな」

 

など、いろんな感想があるんじゃないかと思います。

いざ撮影して記事にしてみると、何となく伝わるかな?

という感じはしているのですが、

やはり人から聞くのと実体験するのでは違うと思います。

 

そこで、もし興味があれば

平松建築の家で実際の温度や空気感を体験してみませんか?

 

 

 

展示場案内

平松建築には、ここで紹介した浜北展示場と、

磐田展示場の2つの展示場があります。

どちらも住宅展示場内にあるモデルハウスではなく、

実際に人が住んでいる家を展示場としてご案内しています。

 

ここでは温度に特化した内容で紹介しましたが、

実際の家は温度に加えて空気もきれいで、

とても快適な住環境になっていますので

ぜひ体験に来てください。

なお、浜北展示場は平屋、

磐田展示場は2階建てとなっています。

 

平松建築への問い合わせは、

以下3つのうち使いやすいものでお問い合わせください。

 

 

 

①LINEから問い合わせる↓

こちらから平松建築のLINE@にご登録いただき、

ご連絡いただければ日程調整をさせていただきます。

 

 

 

②問い合わせフォームから問い合わせる↓

[mwform_formkey key=”2947″]

 

 

 

③電話で問い合わせる↓

※図をタップで電話できます

「展示場を見学したいんですが」とご連絡いただければ、

日程調整させていただきます。

 

お問い合わせはどの方法でも構いませんので、

お気軽にお問い合わせください。

また、展示場に限らず平松建築に興味がある場合も

どうぞ遠慮なくお問い合わせください。

category:

ブログ

date:

2019.01.09

子育て中の若いご夫婦は、子供が飛び跳ねても気兼ねなく過ごせる家が欲しいと思っているものの、頭金や返済など資金面が不安で躊躇している方もいるかもしれません。

平松建築では、丁寧なヒアリングからライフプランを立て、それをもとに綿密な資金計画を作成します。

このライフプランに連動して導き出せる資金計画は平松建築オリジナルで作成しています。

家づくりにかけても良い金額が明確になり、トータルコストで一番お得な家が分かることは、若い方ほど興味を持ってくださるようです。

借り入れの上限や人生設計、家族構成に応じて、一番良い家づくりは人によって違うものです。

お客様の年齢によってローンも自動計算し、金融資産を明確にします。

家づくりにかけられる金額が分かることで、どんな家を建てれば良いのか、老後に最もお金が残るプランを一目で比べていただけます。

 

この資金計画は平松建築が最も大切にしていることです。

目の前にいらっしゃるお客様のより良い人生を家が作ると考え、想いを尽くして計画をさせていただきます。

資金が不安な若い方こそ、遠慮なくご相談ください。

 

平松建築オリジナルの資金計画について、次回はさらに詳しくご紹介させていただきます。

2019.03.18

家づくりから考えるアトピー性皮膚炎の要因4つとは?

アトピー性皮膚炎のお子さんがいらっしゃるお家では、掃除を小まめにしたりして、苦心されていることと思い...

2019.03.15

バリアフリーな家づくり6つの提案

高齢者にやさしい家は、すなわちご家族みんなに優しい家。高齢者と暮らす予定がなくても、ご自分たちの老後...

2019.03.14

平松建築の家づくりが向いているのはどんな考えの人?

Q:平松建築の家づくりが向いているのは、どんな考えの人ですか?あなたが家づくりで一番大切にしたいこと...

2019.03.13

ついに浜松でも確認!ご存知ですか?外来種のシロアリ

前回(https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog/2019/031...

2019.03.12

日本の主なシロアリ2種の特徴を掴んで家を守ろう!

想いを込めて作った大切な家。シロアリの被害は心配ですよね。建物に被害をもたらすシロアリの主な種類が「...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!