メニュー

  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ

category:

ブログ

date:

2018.08.01

菊川市に引っ越しのご予定がある皆さん、地区選びに苦労していませんか?
「ホームページを見てもよくわからない」「情報が多すぎてややこしい」「地区ごとのまとまった紹介がほしい」など、このような悩みを抱いている方が多くいらっしゃると思います。

そんな皆さんのために、今回は菊川市「平川地区」の気になる特徴や利便性、周辺施設などについて私たちがご紹介致します。

 

・平川地区とは?

菊川市平川地区には「上平川」「池村」「堤」「志瑞」「石原」「八幡谷」「東組」「奥の谷」「新道」「下新道」「本町」「岳洋」「五反通」「志茂組」「平ノ都」が含まれます。
総人口は約4200人の大きな地区です。学区は小学校なら小笠北小学校、中学校なら岳洋中学校です。

 

・アクセス

上平川周辺地域は菊川駅から車で約20分、小笠北小学校へは徒歩30分、岳洋中学校へは約40分のアクセスです。
徒歩で考えると少し小学校が遠いでしょうか。
上平川以外はもう少し南にかたまっていて、菊川駅から車で約20分、小笠北小学校までは徒歩約15分のアクセスです。
岳洋中学校へも徒歩約15~20分と大変通学に便利な地域ですね。

 

・周辺施設

上平川周辺と平川地区の南の地域を比べると、南の地域の方が周辺施設は豊富といえます。
上平川周辺は住宅街というわけでもなくまばらに住宅があるほかは消防所、飲食店などがあります。

南の方は小学校と中学校があるためか住宅街が集まっていて、大きなスーパーや病院、銀行、薬局、郵便局などがいたるところにありとてもにぎわっています。
平川地区のどの地域に住んでも車で5分ほどの距離に大きなスーパーなどがあるので利便性は優れているのではないでしょうか。

 

おがさセントラルパーク

平川地区の南の方の地域にある「おがさセントラルパーク」をご存知ですか?
公民館と芝生広場、多目的広場、さらに水遊び場まで完備され、まさに平川地区の地域交流やふれあいの中心地です。
さらにここでは年間を通して様々なイベントが行われています。

例えば「スポーツレクリエーションフェスティバル」ではお子様から高齢者の方まで幅広く楽しめるスポーツ大会を開催し、また「ブラジルフェスティバル」も行われました。
タイトルからしても楽しそうな雰囲気が伝わってきますね。
毎年「今年は何があるかな」と住民の皆さんも楽しみにしているそうです。

 

・まとめ

以上で「平川地区」の特徴・魅力・利便性などについてご説明致しました。
平川地区には住宅街が多いのですが、交流の場を積極的に設けているので地域交流がとても盛んです。
そんな平川地区に注文住宅をお考えの方は、私たちにお気軽にご相談ください。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.07.31

菊川市に引っ越しが決まったという方、これから地区選びをする方、他の地区と迷っている方、皆さん共通のお悩みがあると思います。
「欲しい情報が載っていない」と感じている方いませんか?
地区ごとの特徴や周辺施設、利便性、学区など知りたい情報を一つ一つ調べるのは大変ですよね。

今回はそんな皆さんに菊川市「嶺田地区」の特徴、利便性などを私たちがご紹介致します。

 

・嶺田地区って?

菊川市嶺田地区には「東嶺田」「中嶺田」「西嶺田」「大石」「西ヶ崎」「堂山」が含まれます。
学区は小学校なら小笠北小学校、中学校なら岳洋中学校です。総人口2000近くの地区です。
大きく「嶺田地域」「大石地域」「堂山地域」がそれぞれかたまっています。

 

・アクセス

嶺田地域「東嶺田」「中嶺田」「西嶺田」

菊川駅から車で約20分のアクセスです。
小学校へは徒歩10分ほど、中学校なら徒歩20分ほどと通学に便利な地域です。

 

大石地域「大石」

菊川駅から車で約25分のアクセスです。
小学校へは徒歩15分ほど、中学校へは徒歩30分ほどかかります。

 

堂山地域「西ヶ崎」「堂山」

菊川駅からかかる時間は他と大差ありません。車で25分ほどです。
だいぶ南の方に位置しているので小学校へは徒歩30分以上かかります。
中学校へは徒歩40分ほどのアクセスです。

 

・周辺施設・利便性

嶺田地域

小笠北小学校があるので通学にはとても便利です。
嶺田の中でも特に北に住宅が集中していて南の方はほとんど田んぼです。
地域内には特に大型スーパーや病院はありません。

お隣の地区(平川地区)にたくさん周辺施設が集まっているのでそちらまで行けば何でもそろえることができます。
車で5分もかからないと思うので利便性はそこそこ高いのではないでしょうか。

 

大石地域

川を挟んで西側の地域です。住宅は嶺田より少ないです。
周辺には「蓮池公園」があります。
日本風庭園のようなたたずまいで、秋には美しい紅葉が楽しめます。簡単なアスレチック遊具もありますよ。

大型スーパーなどは地域内にはありませんが、嶺田と同様に車で5分圏内に「平川地区」があります。

 

堂山地域

嶺田地区で比較的住宅が少ない地域です。主に田んぼと工場が占めています。
特に「西ヶ崎」はすぐお隣に大きな工場があります。
周辺施設はほとんど何もないので、買い物のたびに車で下平川方面に行く必要があります。
他の地域と比べると少し遠いので不便に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

・まとめ

以上で嶺田地区に関する情報をご説明致しました。
皆さんのご不明点や疑問にお答えできたでしょうか。

嶺田地区は都心部に近すぎず遠すぎず、車通りもそんなに多くない自然豊かな地区です。
そんな嶺田地区に注文住宅をお考えの方は、ぜひ私たちにお気軽にご相談ください。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.07.30

注文住宅の建築をご検討中のみなさんが、抱える悩みの1つに土地の選定があるかと思います。
そこで今回は浜松市で土地探しをされているみなさんのために、県居(あがたい)地区をご紹介したいと思います。

 

・浜松市中区県居(あがたい)地区の魅力って?

県居(あがたい)地区とは

県居地区は、浜松市の7つの行政区のうちの1つである中区の一部で、
元魚町(もとうおちょう)
旅籠町(はたごまち)
平田町(なめだちょう)
塩町(しおまち)
成子町(なるこちょう)
菅原町(すがわらちょう)
東伊場(ひがしいば)1~2丁目
から成り立つ地区です。

 

・周辺施設

伊場遺跡公園

伊場遺跡の一部を公園として一般公開しているのが伊場遺跡公園です。
公園内には古墳時代の住居や、弥生時代の環濠、葦原、奈良・平安時代の建築物をそのまま保存していたり、復元したりしています。
歴史を感じながらゆっくり散策できるスポットです。

入場は無料で、JR浜松駅からバス・徒歩あわせて約20分で行けます。

 

縣居神社

国学の四大人(しうし)である賀茂真淵(かものまぶち)が祀られている神社です。
国学の四大人とは、賀茂真淵、荷田春満(かだのあずままろ)、本居宣長、平田篤胤(ひらたあつたね)の4人を指しています。
この4人には、それぞれを祀った神社があり、そのうちの賀茂真淵のものが縣居神社なのです。

学問の神様としての賀茂真淵にあやかり、学業成就の神社として、受験シーズンともなれば多くの受験生が訪れます。
一年を通して行事が行われていますので、気になるお祭りがあればぜひ行ってみてくださいね。

なお、JR浜松駅から徒歩25分くらいの場所にあるので、県居地区に住めば、散歩コースの中に取り入れられるかもしれませんね。

 

・交通アクセス

JR浜松駅まで徒歩圏内の県居地区では2つの鉄道を利用できます。
1つはJRが運行する東海道本線で、JR「浜松」駅が最寄りです。

JR浜松駅は新幹線が利用できる駅でもあります。
また駅前には商業施設が多くあるので買い物にも便利でしょう。

もう1つは遠州鉄道が運行する鉄道線で、「新浜松」駅が最寄りです。
遠州鉄道は市内を南北にわたり運行しています。
このほかにも、東西の移動には市内を走るバスが利用できます。

 

今回は、浜松市中区県居地区についてお伝えしました。
県居地区は浜松の中心地から非常に近く、生活するのに大変便利な場所です。
浜松市で家づくりをする際には、ぜひ候補地の1つとしてぜひご検討ください。

注文住宅のことで何かお困りのことがあれば、平松建築株式会社までお気軽にご相談くださいませ。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.07.29

浜松市で注文住宅の購入をお考えのみなさんは、積志(せきし)地区をご存知でしょうか?
歴史と文化が残る積志地区は、もしかするとみなさんの暮らしにピッタリな土地かもしれません。

そんな積志地区を今回はご紹介いたします。

 

・浜松市東区積志(せきし)地区はこんなところ!

積志地区とは

積志地区は、浜松市の7つの行政区のうち東区の中に位置する地区です。
積志町(せきしちょう)
有玉北町(ありたまきたまち)
有玉台(ありたまだい)
半田町(はんだちょう)
半田山(はんだやま)
西ヶ崎町(にしがざきちょう)
中郡町(なかごおりちょう)
などの多くの町から成り立ちます。

 

・周辺施設

積志地区には、寺社や古墳、句碑など歴史を感じられる施設が多くあります。
その一方で公園や緑地もあるので、四季折々の自然を楽しむことができるでしょう。

 

半田公園

住宅地にある公園です。
園内には複合遊具やゆるやかな斜面を利用したローラー滑り台などが揃い、子供たちがのびのび遊ぶのにもってこいです。
休みの日に家族を連れて、遊具近くにある屋根付きベンチに腰掛けながら、みんなでピクニックなんていうのも楽しそうですよね。

数多くの家が立ち並ぶエリアの真ん中にあるので、「半田公園で子どもを遊ばせられるから」という理由で土地を買う場所を選ぶのもアリですね。

 

千人塚古墳

5世紀中ごろに築かれたもので、天竜川右岸地域を支配した豪族の墓であるとされています。
直径が49m、高さが7.2mある千人塚古墳は、浜松市内の円墳としては最も大きな規模です。
このほかにも周辺には、ひょうたん塚古墳や大型の古墳が分布しています。

子どもが小さいときは公園でのびのび遊ばせて、大きくなったら歴史に触れて勉強させて。子育てに良い場所と言えそうです。

 

・交通アクセス

積志地区は遠州鉄道や国道152号の沿線に位置し、交通の便が良い地域です。
そのため、古くからの大きな農家の屋敷だけでなく、新しくできた住宅も多くあります。
特に半田山や有玉台などの新興住宅地は新しい住宅が密集しています。

 

今回は、浜松市東区積志地区についてご紹介しました。
歴史と文化が感じられる積志地区の魅力を感じていただけたでしょうか。

過ごしやすく、交通の便も悪くない積志地区
ぜひ一度住まいの候補地として検討ください。

 

平松建築株式会社では、注文住宅の購入をお考えの方に最適な家づくりを提案いたしております。
どうぞお気軽にご相談くださいませ。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.07.28

浜松市で注文住宅の購入をご検討中のみなさん、富塚(とみつか)地区についてご存知ですか?
知っていたという方も知らなかったという方も、この機会にぜひ富塚地区の魅力を知って、住宅建築の候補地にしてみてください。

今回は、浜松市富塚地区の特徴をお伝えしたいと思います。

 

・富塚地区ってどんなところ?

富塚地区とは

富塚地区は、浜松市の7つの行政区の1つである中区に位置しており、富塚町東、富塚町西、富塚町北、富塚町中、富塚町御前谷、西和という6つの自治会から成り立ちます。

中区は浜松市の中心的存在であり、面積は市全体のわずか3%でありながら市民のおよそ30%近くの人々が住んでいる地域です。
主要幹線が通り、中央には市の玄関口となっているJR浜松駅やバスターミナルがあります。

富塚町もそのような都市部の一部のため、中心市街地への道路が整備されていて、スーパーや商店などのアクセスも良好です。
一方で、富塚公園や長坂緑地などの自然も比較的多くあります。

 

・周辺施設

富塚小学校・中学校

富塚地区に住むことになった場合、義務教育課程のお子さんは、富塚小学校や富塚中学校に通うことになるかと思います。
これらの学校の学区内には富塚公園、長坂緑地などの自然が多く、子育てにも適した地域であると言えます。

 

富塚スポーツ

富塚地区内には、気軽にスポーツを楽しめる施設として富塚スポーツがあります。
バッティングセンターやテニスコート、ゴルフ、卓球、空手までさまざまなスポーツができます。
お子さんだけでなく、お仕事帰りのお父さんがちょっと立ち寄るのにもよいかもしれません。
年中無休なのでいつでも利用できるのもポイントですね。

 

・交通アクセス

富塚地区では路線バスを利用するのがおすすめです。

・8系統:鶴見富塚じゅんかん(せいれいまわり)
・8系統:鶴見富塚じゅんかん(医療センターまわり)
・8-33系統:伊佐見線
・30系統:舘山寺線
・37系統:大久保線
・36系統:大塚ひとみヶ丘線

などが利用可能です。

 

今回は、浜松市中区富塚地区についてお話ししてきました。
都心部から近いだけでなく、生活や子育てでも暮らしやすい富塚地区の魅力が伝わったでしょうか。
新居を構えるのに適した地域であると感じた方もいらっしゃるかもしれません。

 

平松建築株式会社では、浜松市などの地域に密着した家づくりを行っています。
住宅の購入で何かお困りごとがあれば、ぜひお気軽に弊社ホームページよりお問い合わせください。
お客様それぞれに最適な家づくりをご提案いたします。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.07.27

浜松市で注文住宅の購入をご検討中のみなさま、どの地域に家を建てるかはお決まりになりましたか?
「まだ決まっていない」という方もご安心ください。

今回はこれから住み場所を考える方のために、浜松市中ノ町地区の特徴についてお話ししたいと思います。

 

・中ノ町地区とは

中ノ町地区は、浜松市を構成する7つの行政区のうちの1つである東区に含まれます。

この地区は

国吉町(くによしちょう)
白鳥町(しらとりちょう)
中里町(なかさとちょう)
中野町(なかのまち)
松小池町(まつこいけちょう)

から成り立っています。

 

・周辺施設

古くからの住宅も多くある中ノ町地区は、農地と住宅が混在している地域です。
国道一号線沿いにはスーパー、保育園、小学校など、生活に必要な施設が整っているほか、歴史や文化に関するスポットが多くあります。

今回はそのうち2つをご紹介します。

 

ポケットパーク・中ノ町フラワーロード

中ノ町フラワーロードは、新天竜川橋拡幅工事と同時に整備された小さな公園です。
地域住民が花を育てており、通行するドライバーを楽しませています。
四季折々の花が見事に咲き誇ります。

 

舟橋紀功碑

かつて「暴れ天龍」と呼ばれた天竜川の架橋に尽力した浅野茂平の功績を刻んだ石碑です。
明治天皇が東行されるのに際し、天竜川に舟橋を架け、安全に川を渡れるようにしました。

これにより天竜川をはさんだ東西の交流が活発になったとも言われています。
石碑は明治27年に建てられたものです。

 

・交通アクセス

公共交通機関を利用する場合には、鉄道駅からの距離が離れているため、バスを利用するのがおすすめです。
JR浜松駅からは、遠鉄バス中ノ町磐田線に乗車すれば、最寄りの「中ノ町」停留所に到着します。
お車を利用される方は、東名高速浜松ICより約5分、新東名高速浜松浜北ICより約20分で中ノ町地区に入ります。

 

今回は、浜松市東区中ノ町地区の特徴についてお話ししました。

天竜川の西岸にあたる中ノ町地区では、夏には中野煙火花火大会が開かれます。
地域住民が組織する実行委員会によって行われ、約4000発の花火が打ち上げられます。

このようなイベントにも注目してみると、まだまだ中ノ町地区の魅力ははかり知れませんね。

 

平松建築株式会社では、地域に密着した家づくりを行っております。
注文住宅のご購入でお困りのことがあれば、弊社ホームページよりお気軽にご相談ください。
みなさまのご連絡をお待ちしております。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.07.26

突然ですが、浜松市中区花川地区をご存知ですか?
魅力あふれる花川地区は、注文住宅のご購入を考えられているあなたにピッタリの場所かもしれません。

そこで今回は、花川地区の特徴についてみなさんにお伝えします。

 

・花川地区の特徴を知ろう

花川地区とは

花川地区は、浜松市の7つの行政区の1つである中区にあります。
花川町と西岡町の2つの町から構成されています。
地区名・町名である「花川」の由来は町の南部を流れる川から取ったもので、山の椎の木に咲く花が散り、浮いていた様子に由来すると言われています。

中区では最も北側にある地区で、地区内には、山や河川が多くあり、自然豊かな町だと言えるでしょう。
その一方で浜松西ICや浜松環状線が隣接しているので、自家用車での移動を考えている方なら利便性のいいところです。

 

・周辺施設

花川運動公園

緑豊かな自然環境の中でスポーツを楽しめる運動公園です。
敷地内には人工芝のテニスコートが20面も設備されています。
レクリエーションのほかに、大会の開催や観戦が行われ、湧き水でできた池を散策できる自然体験ゾーンや遊具が楽しめる多目的利用ゾーンまで、数多くの施設があります。

公園のへのアクセスは、浜松駅よりバスが利用できます。
16番のりばでバスに乗車し、「花川運動公園」で下車します。

 

ばらの都苑

ゆったりとした庭園でバラを楽しめる隠れたスポットとして人気なのが、ばらの都苑です。
バラ好きであった亡き妻の供養にとご主人が作ったのがきっかけで開苑したバラ苑ですが、現在ではバラ以外にも、さまざまな種類の花が植えられています。

まだ少し冷たい空気が残る3~4月には寒さに強いクリスマスローズが楽しめます。
4月上旬からは、白・赤・ピンクに色づいた花桃、5月からはメインであるバラが見ごろです。
そしてバラと入れ替わりで6月から大輪のユリが咲き始めます。季節折々の美しい花々を堪能できる素敵な場所です。

こちらのバラ苑へは、お車を利用するのがおすすめです。東名高速「浜松西」ICより北北東へ10分ほどの距離にあります。

 

・交通アクセス

浜松市中区花川町は、バスでのアクセスが便利です。
遠鉄バスという遠州鉄道が運行しているバスが使えます。

 

今回は、浜松市中区花川町についてご紹介しました。
自然あふれる花川町の魅力を感じていただけたでしょうか。お子さんがいらっしゃるご家庭の方も、花川町でならのびのびとした子育てができそうだとは思いませんか?

自家用車で移動できればいいとお考えの方には、十分暮らしやすい地域です。
これを機に、ぜひ一度ご検討ください。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.07.25

浜松市にお住まいをご購入されるみなさん、自然豊かな天竜区で暮らしませんか。
「そんなこと言われても、天竜区ってどんな魅力があるの」と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで今回は、浜松市天竜区の特徴をお伝えしたいと思います。

 

・浜松市天竜区はどんなところ?

天竜地区とは

天竜区は浜松市を構成する7つの行政区のうちの1つです。
2005年に浜松市に編入された、旧天竜市、旧春野町、旧佐久間町、旧龍山村、旧水窪町の5市町村によって成り立ちました。

現在は
天竜地区(てんりゅうちく)
春野地区(はるのちく)
佐久間地区(さくまちく)
水窪地区(みさくぼちく)
龍山地区(たつやまちく)
と改変された地域が区域となっています。

 

・周辺施設

天竜区は、浜松市北部に位置し「北遠地区」とも呼ばれており、区域の大部分を森林が占めます。
浜松市の主要産業である林業が天竜地区の主力でもあります。
そのような天竜区では、河川やダムなど、水に関する施設が多くあります。

 

船明(ふなぎら)ダム

天竜川にあるダムのうち最も下流に位置する、発電および農業用水のダムです。
作りも大規模で迫力のある水の流れを見られます。

また近くにある船明ダム運動公園へは徒歩4分で行くことができます。
陸上競技場、野球、ソフトボール、サッカー、グランドゴルフなどのスポーツを楽しむことができます。

アクセスも良好で遠州鉄道鉄道線・天竜浜名湖線西鹿島駅からバスで15分程度です。

 

天竜川

天竜区の名にも入っている天竜川は、長野県から愛知県、静岡県を経て海へと流れ出る一級河川です。
一年を通じて川下りを行っています(舟下りは通年、ラフティングは5~10月)。

春には桜、秋には紅葉など四季折々の景色を堪能できるのと同時に、一級河川ならではのスリリングな急流を楽しめます。
飯田橋ICから車で約15分です。

 

・交通アクセス

天竜区では鉄道が3線利用可能です。
JR東海が運行する東海旅客鉄道飯田線は、区域内に13の駅があります。
遠州鉄道の鉄道線では西鹿島駅が利用できます。

湖西市から掛川市まで運行する天竜浜名湖鉄道の天竜浜名湖鉄道では、天竜二俣駅と二俣本町駅、西鹿島駅の3駅が区域内にあります。

 

今回は、浜松市天竜区についてみなさんにご紹介しました。
弊社では、地域に密着しワンストップな家づくりを行っております。
浜松で注文住宅の購入をお考えの方は、ぜひ一度ホームページよりお問い合わせくださいませ。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.07.24

浜松市で注文住宅の購入をお考えのみなさん、佐鳴台(さなるだい)地区をご存知でしょうか。
ちょっと変わった特徴のある、でも、住みやすい環境の整った地域をお探しのみなさんにピッタリなのがこの地区だと言えます。
そこで今回は、佐鳴台地区の魅力をお伝えしていきます。

 

・佐鳴台地区の住みやすさのワケとは?

佐鳴台地区とは

佐鳴台地区は、浜松市の7つの行政区のうち中区にあります。
区内では西南部、佐鳴湖東岸に位置する住宅地です。
もともと森林や田畑の多い地域だったのですが、1970年代以降に開発が進んだことで、現在のような住宅地が広がっていったようです。

また、2007年に浜松市が政令指定都市に移行したことにより中区となりました。

 

佐鳴台地区の特徴

佐鳴台の地区の主要道路には、色にちなんだ名前がついています。
これは街づくりの一環によるものだそうで、ホワイトストリート(白)、グリーンストリート(緑)、レモンストリート(黄)、パープルストリート(紫)、オレンジストリート(橙)の5つがあります。

区域分けもこの通り名に基づいているので、通りを覚えればおおよそ何がどこにあるか分かるようになります。

 

・周辺施設

佐鳴台協働センター

佐鳴台協働センターでは、住民票写しや印鑑登録証明など各種手続きを行うことが可能です。
市役所や区役所に行かなくともこのような手続きを行うことができるのは便利ですよね。

地域コミュティの中心となる施設として、地域づくりや身近な生涯学習を行っているので、何か困ったことがあった際にすぐに頼ることができます。
このような施設が暮らしの近くにあるのは嬉しいポイントでしょう。

アクセスは、JR浜松駅のバスターミナル3番のりばより、「鴨江・医療センター」、「鴨江・太平台」行に乗車、「佐鳴台小学校」で下車し徒歩1分の場所にあります。

 

佐鳴湖公園

佐鳴湖を中心に広がる緑豊かな公園です。
広大な敷地内には、芝生広場のほか遊具広場や散策コースまであります。
また、ボート、釣りなど佐鳴湖を最大限に楽しめるのもこの公園の魅力です。
春には咲き誇る桜を、夏には花火大会を、秋には紅葉狩りを、冬には渡り鳥の観察を楽しんでください。

アクセスは、JR浜松駅から出ているバスなら、40分ほどで到着します。
なお、駐車場も300台近く備えておりますので、お車で行くのもよいでしょう。
その場合、東名高速浜松西ICより県道65号、48号を富塚町方面に7㎞程度進むと到着します。

 

今回は、浜松市中区の佐鳴台地区についてお話ししてきました。
ぜひ、住まいの土地探しの参考になさってくださいね。
注文住宅のご購入なら、平松建築株式会社までお問い合わせください。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.07.23

浜松市で新居を構えるみなさん、自然に囲まれた南区で生活してみませんか?
「自然が豊かってどんなふうに?」と疑問を持たれた方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、自然触れる浜松市南区の魅力をお伝えします。

 

・浜松市南区はこんなところ

南区とは

浜松市の7つの行政区のひとつ、南区は
白脇地区(しろわきちく)
新津地区(しんづちく)
飯田地区(いいだちく)
芳川地区(ほうがわちく)
河輪地区(かわわちく)
五島地区(ごとうちく)
可美地区(かみちく)
によって構成されています。

浜松市の総面積の約3%にあたる区域の中に市民の13%ほどの人口が暮らしています。
外国人の人口も多く、区の人口に占める外国人市民の割合が、7つの行政区の中で最も高いです。

 

・周辺施設

中田島砂丘

東西4km、南北600mにわたって広がる中田島砂丘は日本三大砂丘の1つとも言われています。
毎年春から夏にかけて、産卵のために数多くのアカウミガメが浜辺に上陸することでも有名です。

遠州灘の砂丘は、水はけがよく、防風林で遮断されていて、傾斜が穏やかで広く、満潮時でも海水につからないことから卵を産むのに適しているのです。

 

遠州灘海浜公園

砂丘の周辺には遠州灘公園があり、多くの市民に利用されています。
広大な敷地には、球技上、芝生広場、遊具広場、自然生態観測園が設置されています。
公園内では体験教室やフリーマーケットなどのイベントがたびたび開催され、親子で楽しむことができます。

 

交通アクセス

公共交通機関では、鉄道とバスの2つを利用することができます。
JR東海が運行する東海道本線は天竜川駅と高塚駅がそれぞれ東西に位置しています。
南区中央部に住む場合、中区の浜松駅がかなり近くなります。
遠州鉄道が運行する遠州鉄道バスを利用することも可能です。

ただし、区の南側では公共交通機関が不足している部分も見受けられるので、自家用車があった方が便利と言えるかもしれません。

 

今回は浜松市南区の特徴についてお話しました。
自然豊かでありつつも産業や工業が発展した南区の魅力がお分かりいただけたでしょうか。
平松建築株式会社では、浜松市で住宅購入をお考えのみなさんに最適な人生設計、家づくりを提案しております。

老後の生活までを考慮したトータルプランを算出することで、お金の不安を解消するのと同時に、住みやすい住宅を実現できるのです。
浜松の注文住宅購入でお困りのことがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

2020.10.14

台風対策おさえておきたい3つのポイント

台風対策何をすればいいの?平松建築で家を建てた広報担当の小木です。 今年は例年に比べて台風...

2020.09.15

好みも諦めない!災害に強い防災対策バッチリの家づくり

私たちがお手伝いできる防災対策平松建築で家を建てた広報担当の小木です。9月1日は防災の日でしたね。ご...

2020.08.15

夏休みに子どもと過ごす家やってよかった4つの工夫

子どもがずっと家にいる夏休みどう過ごす?平松建築で家を建てた広報担当の小木です。コロナの影響でイベン...

2020.07.16

手入れは?傷は?ズボラが無垢床を選んだ3つの理由

ズボラママが憧れの無垢床に住んでみました平松建築で家を建てた広報担当の小木です。天気予報はほとんど毎...

2020.06.16

梅雨の洗濯も安心!「臭い・乾かない」のない家づくり

雨の日の洗濯、悩んでませんか?平松建築で家を建てた広報担当の小木です。東海地方も梅雨入り。雨の予報が...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!