メニュー

  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ

category:

ブログ

date:

2019.12.12

「マイホームを持ちたいけど、どこに建てればいいか分からない」
そんな方も多いのではないでしょうか。
家を建てる場所を決めるには、その土地の広さや形に気をつけることも大切ですが、それ以上にその土地の場所を確認して「どのような日常生活を送れるか」ということも意識しておかなければいけません。

そこで家を建てる地域のことをもっと良く知ってもらうために、ここでは掛川市の各地域の魅力をご紹介します。
今回は、掛川市粟本地区の情報です。いったいどのような街なのでしょうか。

■掛川市粟本地区

掛川市粟本地区は、掛川駅の北に広がる大きな地区です。
北側半分は山になっていて、あまり住む場所はありません。地区全体は縦長で、最も遠いところだと5km以上も離れています。
そんな粟本地区には、3つの区域がありその名称は以下の通りです。

水垂区(ミズタリ)
葛ケ丘(カツラガオカ)
初馬(ハツマ)

「葛ケ丘」と「水垂」が、南にある掛川第一地区の「旭ヶ丘」や西山口地区の宮脇と南北に隣接し、「初馬」が北に少し離れた奥地にあるという位置関係です。
しかし、「初馬」が離れていると言っても、さらに北の奥地まで粟本地区は続いているため、「葛ヶ丘」や「水垂」に接している辺りはまだまだ居住範囲になります。

■アクセス、学区

粟本地区での、最も便利な移動手段は車での移動でしょう。
「旭ヶ丘」との境のところに掛川バイパスが通っているため、車での移動がしやすいところです。
駅までは少し離れていて、「葛ケ丘」と「水垂」で2km、「初馬」だと3kmほどの距離があります。そのため、電車を利用する場合は車で行くことになるでしょう。
粟本地区の真ん中は南北に貫く大きな道路が走っているので、地域内は車で簡単に移動できます。

また粟本地区から通う小学校は城北小学校になります。
お城の北に行って、掛川バイパスの南側に位置する場所で、この地区であれば十分徒歩で通うことが可能です。
中学校は城北小学校からバイパスを越えて少し北に行った掛川市立北小学校になります。
地区の中でも少し北なので、「初馬」に住む方にとってはとても近いですね。

■周辺施設

粟本地区は、どの地域も基本的に住宅の密集したエリアになるので、あまり多くの施設はありません。
飲食店や薬局が少しあるだけなので、用があるときは西に行って国道39号線沿いのスーパー等を利用する、もしくは南に行って駅の方面に出るという手段を取ることになります。

■まとめ

掛川の北に位置し、大規模な住宅地を展開しているエリア、それが粟本地区です。
家が多い地域で学校も全て歩いて行ける範囲内には揃っているので、お子さんのいるご家庭でも安心して暮らすことができます。

 

 

category:

ブログ

date:

2019.12.11

掛川市で注文住宅を建てようとお考えの方には、家を建てたい地域の下調べをしている方もいらっしゃると思います。
家を建てるための下調べはとても重要で、住み始めてからの生活の利便性を大きく左右します。
そこで今回は、これから家を建てる予定で住まいの土地探しを行っている方のために、掛川市西南郷地区の魅力をご紹介します。

■掛川市西南郷地区

西南郷地区は、JR東海道本線掛川駅の南西側に広がる地域になります。
駅のすぐ南側ということで、多くのマンションやアパートが立ち並んでいます。
そんな西南郷地区に含まれる地区は以下の通りです。

下俣区(シモマタ)
亀の甲区(カメノコウ)
神代地区(カンダイヂ)
久保区(クボ)
結縁寺区(ケチエンジ)

JR線沿いの西から「下俣」「亀の甲」「神代地」と順に並んでおり、その南側の西が「久保」、東が「結縁寺」です。
駅の南側は広くなっていることもあり、他の地域に比べて一つ一つの地区の面積は広くなっています。
南に行くにつれて山がちになっているので、人が住まない地域と言うことで地区も広くとられています。

■周辺施設

駅の南側は、マンションやアパートといった住宅が多く立ち並んでおり、そこに企業のオフィスや工場がいくつかあります。

そのため、生活に関わる施設はあまり多くありません。

飲食店やコンビニはいくつかあるものの、大きなスーパーはないので、買い物の際は駅の北側にある「遠鉄ストア」か「掛川スーパーマーケット」に行くことになるでしょう。「遠鉄ストア」までは高架下を通って数百メートルでたどり着くので、そこまで時間をかけることなく行けます。

西南郷地区には、飲食店・小売店のほかにいくつかの公園や「掛川花鳥園」という屋内型の娯楽施設があります。
飲食店やコンビニ、公園も基本的には駅の南を走っている東名高速道路の北側にあるので、家を建てる場合にも高速道路の北側がおすすめです。

■学区

西南郷地区の学校は、小学校が掛川市立中央小学校、中学校が掛川市立西中学校です。

いずれも掛川第三地区という駅の向こう側の地区にあるため、西南郷地区は小学校・中学校に通うのにはあまり便の良くない地域です。

一方で、掛川市の高校のひとつ、県立掛川東高校はこの西南郷地区にあります。
掛川駅の南にある東名高速よりさらに南の西側「久保区」にあたる場所で、JR線の線路沿いから直線距離で1kmほど、掛川駅からは1.5kmのところです。
駅北の地区に住む方にとってはかなり遠くなりますが、西南郷地区住めばかなり近くなります。

そのため、高校への通学には苦労しませんね。

■まとめ

西南郷地区は、駅南に大きく広がる住宅が密集したエリアです。
掛川エリアに4つしかない高校の一つ、掛川東高校すぐ近くの場所に家を建ててみてはいかがでしょうか。

category:

ブログ

date:

2019.12.10

これから掛川で注文住宅を建てようとお考えの方はいらっしゃいますか?
注文住宅を建てる際は、家のつくりを考えるだけでなく家を建てる場所も考えないと、良いマイホーム・ライフを送れません。

家の場所で後悔しないためには、その地域の特性を知っておかないといけないのです。
今回は、掛川市の地域の魅力を知ってもらえるよう、西山口地区をご紹介します。

■掛川市西山口地区

西山口地区はJR東海道本線掛川駅の東側、線路を南北から挟んで位置しています。
駅北側の東に位置する掛川第一地区や駅南側の東に位置する南郷地区と接する位置関係です。

そんな西山口地区には以下のような地域があります。
満水区(タマリ)
薗ヶ谷区(ソノガヤ)
宮脇区(ミヤワキ)
成滝区(ナルタキ)
葛川区(クズカワ)
青葉台区(アオバダイ)
金城区(カネシロ)

「青葉台」だけが駅南に位置する地区で、あとは「葛川」「金城」が線路のすぐ北に、「宮脇」「薗ケ谷」「成滝」がその北側にあるという立地です。

■アクセス、学区

駅までのアクセスは、「青葉台」「葛川」「金城」の3地域は、線路沿いにおよそ1km行ったところにあるので、行き方も簡単ですし距離も遠くありません。

一方で、それ以外の地域については線路からもだいぶ離れており、近いところで1km、遠いところだと、2km以上離れるところもあり、場所選びが重要になってきます。
駅から1.5km離れると徒歩で18分かかる計算になるので、少し遠い印象ですね。

通学については、学校までの距離も近く便利です。
高校は、線路以南の県立掛川工業高校、その次に掛川城横の県立掛川西高校が近い学校です。

中学校は、掛川第一地区内の北よりに掛川東中学校というところがあるので、大変通いやすいです。
また、小学校に関しては、掛川市立西山口小学校が「成滝」の区域にあるのでそこに通うと良いでしょう。

■周辺施設

西山口地区は、小学校・中学校・高校の全てが近くにあります。
周辺には交番もあるので、安全面も問題ないでしょう。

普段の買い物に使えるスーパーには「スーパーマーケット バロー」が「成滝」地区にありますので、普段の買い物はここで済ますことができます。
そのほかにも、ドラッグストアや病院も充実しているのでもしものときも安心です。
日常生活に必要な施設の揃った、住みやすい住宅街と言えますね。

■まとめ

掛川市西山口地区は、掛川駅の東側に位置し大きな住宅街を構成しています。
大きなスーパーも近くにあり日常生活では便利な地域ですので、掛川で注文住宅を建てようとお考えの方は是非ご検討ください。

 

 

category:

住宅の温度

date:

2019.12.10

平松建築の小野です。

今年1月からはじめた温度ブログも今回が最後です。

平松建築で建てた家の室温はどんな感じになっているでしょうか?

12月の記録を発表します。

 

■過去のデータ

1月の投稿はこちら

2月の投稿はこちら

3月の投稿はこちら

4月の投稿はこちら

5月の投稿はこちら

6月の投稿はこちら

7月の投稿はこちら

8月の投稿はこちら

9月の投稿はこちら

10月の投稿はこちら

11月の投稿はこちら

全月まとめたスプレッドシートはこちら

 

 

 

私の家と、平松建築の家のグレード ※2月の投稿と同じです

■■■ 以下は2月の投稿と同じ内容です ここから ■■■

私の家は 2016年7月 に引き渡しを受けた、

WBグレード の家です。

なので、2019年2月時点でおよそ2年半暮らしています。

 

「WBグレード」ってなんだ?という話になると思いますので、

平松建築の4つのグレードについて簡単に説明します。

 

■グレード一覧

・エナジーハウス

・WZグレード

・WBグレード

・シンプルグレード

 

■シンプルグレード

長期優良住宅に適合した家

基本サッシはサーモスII-H

構造材が集成材105mm角

許容応力度計算の実施

コーチパネル

耐震等級3

 

■WBグレード

シンプルグレードに加え、

WB工法

断熱材ネオマフォーム

 

■WZグレード

WBグレードに加え、

基本サッシがサーモスX

構造材が県産材の120mm角

断熱材ネオマフォームの厚みアップ

 

■エナジーハウス

WZグレードに加え、

家中を浄水するセントラルウォーター

家中をアーシングするオールアース

プラチナチタン触媒 エアープロット

 

 

グレードによってこのような違いがあります。

 

また、今年2019年以降に契約された方で、

WZグレード以上の物件では、HEAT20のG2グレード

この地域(地域区分6)のUA値0.46をを基準としています。

 

HEAT20についてはこちら

 

■■■ ここまでが2月の投稿と同じ内容です ■■■

 

 

 

測定条件と当日の室温/外気温

・FLIR E4を初期化後、表示色だけレインボーに変更

・温度バーはオート表示 ※固定表示ではない

・毎月10日の朝6時頃から撮影開始

・手動撮影なので月ごとに撮影ポイントは微妙にずれます

 

はじめは温度計です。

数字が見づらいですが、

室温20.1℃、湿度66%、外気温11.2℃となっています。

 

右側の温度バーの見方ですが、この写真の場合は

一番温度が高い温度が25.7℃、

一番ひくい温度が17.4℃になっていて、

黄色と緑の間くらいがちょうど真ん中くらいなので

(25.7+17.4)÷2 で計算すると、

写真の中で見える黄色と緑の色あたりの温度が

だいたい21.6℃くらいとなります。

 

中央値:21.6℃ という感じで各画像の上に書きます。

 

 

温度バーが固定表示ではなくオート表示という設定のため、

写真ごとに色と温度が違っている点はご注意ください。

例)ある写真では赤いところが18℃くらい

別の写真では赤いところが12℃くらい など

 

我が家の12月10日の朝6時過ぎの外気温は11.2℃ということですが・・・

これを見るとこの日の朝6時は11.2℃ということなので、

気象庁で確認できる温度と比べても、ちょうど同じですね。

 

 

では早速、各部屋を回ってみます。

※以下は空調なしの状態で撮影しています

 

 

 

各部屋の温度

■01.リビング(南東から北西に向かって撮影)

中央値:22℃

 

■02.リビング(南面の窓)

中央値:18.9℃

 

■03.室内側から見た勝手口

中央値:19.2℃

 

■04.リビング(南西から北東に向かって撮影)

中央値:21.6℃

 

■05.キッチン

中央値:23.1℃

 

■06.リビング(北西から南東に向かって撮影)

中央値:20.5℃

 

■07.リビング(北東から南西に向かって撮影)

中央値:20.3℃

 

■08.寝室

中央値:28.6℃

 

■09.ウォークインクローゼット

中央値:22.9℃

■10.子ども部屋

中央値:19.8℃

 

■11.トイレ

中央値:21.6℃

 

■12.洗面脱衣室

中央値:18.2℃

 

■13.風呂

中央値:14.9℃

 

■14.リビングから玄関に向かう引き戸

中央値:21.3℃

 

■15.玄関から見たリビング

中央値:20.2℃

 

■16.室内側から見た玄関ドア

中央値:17.8℃

 

■17.外から見た玄関ドア

 

中央値:10.9℃

 

■18.外から見た家の東面

中央値:10.1℃

 

■19.庭から見た南面の窓
中央値:11.6℃

 

■20.外から見た勝手口

中央値:12.2℃

 

 

 

感想を聞かせてください

我が家の温度を写真と数字で見てみて、

どんな感想をもったでしょうか?

 

「まあこんなもんか」

「うちと全然違う」

「快適そうだな」

 

など、いろんな感想があるんじゃないかと思いますので、

是非聞かせていただけると嬉しいです。

その際、もっとこんなデータもありませんか?

など気になっているものがあれば、要望いただければ

できる範囲で調査もいたします。

 

冒頭にも書いたように、月1更新の温度調査も今回が最後です。

私の家はこの温度ブログを書いていた2019年時点で築3年なので、

次回やるとしたら5年後とか10年後とか、

何年か経過したときにどのくらい変化があるかどうか。

というのをお見せできたらと思います。

 

 

 

展示場・モデルハウス案内

さて、いざ撮影して記事にしてみると、何となく伝わるかな?

という感じはしているのですが、

やはり人から聞いたり数字や写真で見るのと、

その場に足を運んで実体験するのでは違うと思います。

 

そこで、もし興味があれば

平松建築の家で実際の温度や空気感を体験してみませんか?

 

 

平松建築には、ここで紹介した浜北展示場と、

磐田展示場の2つの展示場があります。

どちらも住宅展示場内にあるモデルハウスではなく、

実際に人が住んでいる家を展示場のため、

ご予約いただいたうえで住所をご案内しています。

 

ここでは温度に特化した内容で紹介しましたが、

実際の家は温度に加えて空気もきれいで、

とても快適な住環境になっていますので

ぜひ体験に来てください。

なお、浜北展示場は平屋、

磐田展示場は2階建てとなっています。

 

平松建築への問い合わせは、

以下3つのうち使いやすいものでお問い合わせください。

 

 

 

①LINEから問い合わせる↓

こちらから平松建築のLINE@にご登録いただき、

ご連絡いただければ日程調整をさせていただきます。

 

 

 

②問い合わせフォームから問い合わせる↓

お名前 *
メールアドレス *
見学されたい場所 *
希望日程について

例)平日希望で、できれば午後13時-17時の間 など

事前に何か聞きたいこと等あればご記入ください

 

 

 

③電話で問い合わせる↓

※図をタップで電話できます

「展示場を見学したいんですが」とご連絡いただければ、

日程調整させていただきます。

 

お問い合わせはどの方法でも構いませんので、

お気軽にお問い合わせください。

また、展示場に限らず平松建築に興味がある場合も

どうぞ遠慮なくお問い合わせください。

category:

ブログ

date:

2019.12.09

注文住宅を建てようと思っている方は、同時に家を建てる土地探しも行おうと思っているはずです。
しかし、家をどこに建てるかというのはその土地の良さを判断するだけでなく、周辺環境も合わせた居住環境としての良さを見なければいけません。
そのため、地域の特徴を知ることは大変重要です。
今回は、これから家を建てようと思っている方向けの地域の魅力紹介として、掛川市「掛川第三地区」をご紹介します。

■掛川第三地区

掛川第三地区は、掛川市の掛川第一地区~掛川第五地区まである中の一つで、掛川第一地区と並ぶ最も大きな地区です。
そんな掛川第三地区は、JR東海道本線掛川駅の北側、駅の正面から西にかけて広がる地域にあります。

駅北側の東方面には第一地区が広がり、中央は第二地区、そして西方面には第三地区があるといった配置です。
掛川第三地区にも以下のような区域名がいくつかあります。

研屋町区(トンヤマチ)
西町区(ニシマチ)
瓦町区(カワラマチ)
十王区(ジュウオウ)
下俣町区(シモマタチョウ)
十九首区(ジュウクシュ)
小鷹町区(オダカチョウ)
中央一丁目区
中央二丁目区
中央三丁目区
中央高町区(チュウオウタカマチ)

■周辺施設

日常生活で使える施設としては、「掛川スーパーマーケット」と「遠鉄ストア掛川中央店」があり、普段の買い物にはあまり苦労しません。
「遠鉄ストア」は、浜松市を中心に展開するスーパーマーケットチェーン店で、食材から洗剤まで生活に欠かせない日用品を数多く取り揃えています。
また駅前エリアには飲食店が多くあり、カフェなどもあることから、主婦が買い物の合間に休憩できる場所として利用できます。
その他にも、郵便局、ガソリンスタンド、薬局、寺社となんでもそろっているのが、この掛川第三地区だと言えるでしょう。

■学区

掛川第三地区には、小学校が一つと中学校が一つエリア内に含まれています。

ここにお子さんが通うようになれば、学校までほとんど時間をかけずに通学することが可能です。
駅から少し西のところに掛川市立中央小学校、さらに少し西に行ったところに掛川市立西中学校があります。
どちらも掛川第三地区の中央1丁目から中央3丁目までに含まれる、大変利便性の良い場所です。

■まとめ

駅東の広い範囲に広がり、生活に必要なものが何でも揃っている場所、それが掛川第三地区です。
駅へのアクセスという意味では、駅前の第二地区にはやや劣りますが、住むことを現実的に考えれば最も住みやすい場所の一つになると思います。

掛川周辺に家を建てようとお考えの方は、ぜひご検討ください。

category:

ブログ

date:

2019.12.06

「家にはこだわりたいけど、家を建てる場所にもこだわりたい」
そんな方も多いと思います。
土地にこだわるということは家を建てるための土地を探すだけでは十分ではなく、その周辺の環境を含めた居住環境としての土地の特徴を知っておかなければいけません。

そこで今回は、これから家を建てようとお考えの方に向けて、静岡県掛川市の掛川第二地区をご紹介します。

■掛川第二地区

掛川第二地区は、掛川市の掛川第一地区から掛川第五地区まである中の一つです。
掛川駅の駅前に広がる地域で、掛川市の中で最も中心に位置しています。

そんな掛川第二地区に含まれる地名は以下の通りです。
栄町区(サカエチョウ)
紺屋町区(コウヤマチ)
中町区(ナカマチ)
緑町区(ミドリチョウ)
連雀区(レンジャク)
大手町区(オオテマチ)
松尾区(マツオ)
城内区(ジョウナイ)
全部で8つの区域が掛川第二地区の中に含まれています。
第二地区には、駅前のほぼ全ての区域が含まれているので、掛川の中心と言えます。

■周辺施設

掛川第二地区には、なんといっても掛川の象徴「掛川城」があります。
駅から真っすぐ北に上がってすぐのところには、大きな城がそびえたっており、この周辺が掛川第二地区の区域になっているのです。

城から駅にかけての土地は、かつての城下町の名残できれいな碁盤目状になっており、多くの飲食店が立ち並んでいます。
その他にも、駅前には病院や郵便局、コンビニもあり日常生活で困ることはありません。

大きなスーパーマーケットとしては、西に少し行ったところに「掛川スーパーマーケット」と「遠鉄ストア掛川中央店」の二つがあります。
少し距離はありますが、駅前から十分歩いていける距離のため、行くのに不便はしないでしょう。

■学区

掛川第二地区の学区となる小学校は、掛川城の東側にある掛川第一小学校です
北に上ってお城の手前を走る逆川を越え、200mほど行ったところにあります。
お城のふもとで学校から天守閣も眺めることができ、景色の良いところですね。

中学校は、小学校を越えて少し北東の方向に進んだところになります。
この地区の方にとっては、小学校よりは遠いですが川を越えて1kmといったところですので、そこまで苦労することはありません。
小学校、中学校共にアクセスが良いと言えます

■まとめ

掛川駅前の中心的なエリアに広がる掛川第二地区は、お店も多く学校も近い好立地です。
掛川駅になるべく近い範囲に住みたいとお考えの方は是非ご検討ください。

 

category:

ブログ

date:

2019.12.05

「家を建てる前に、どんな土地に家を建てるか考えておきたい」
そうお考えの方も多いのではないでしょうか。

家を建てる際の土地選びは、家のデザインの参考になるだけでなく、家を買ってからの生活環境を決めることにつながります。
そこで今回は、静岡で家を建てることをお考えの方に、掛川市掛川第一地区の魅力をご紹介します。

■掛川市掛川第一地区

掛川第一地区は、静岡県掛川市を5つの地区に区域分けした中の1つの名称です。
住所で言うところの○○市以下の、町や区にあたるのが、掛川第一です。
掛川第一地区の中も、さらに場所ごとに区域分けがされており、多くの地名があります。

仁藤町(ニトウチョウ)
肴町(サカナマチ)
塩町
喜町(キマチ)
新町
道神町(ドウシンチョウ)
六軒町(ロッケンチョウ)
神明町(シンメイチョウ)
旭町
旭ヶ丘

これが掛川第一区域に含まれる区域名で、住所としては、「静岡県掛川市掛川第一○○13-1」といったように最後に番地が付いた形になるのです。

■周辺施設、アクセス

掛川第一地区はJR東海道本線の掛川駅から少し東寄りの北に広がるエリアになります。
掛川駅からすぐのエリアのため大変便利です。

ただし、北に広く伸びているエリアになりますので北の旭丘地区の方を選ぶと駅から1kmほど離れてしまう可能性があります。
それでも1kmなので十分徒歩で行ける範囲内です。
土地の空き具合と地価を合わせた上で検討してみると良いのではないでしょうか。

掛川第一の区域内にはお寺や神社が多くあります。
旭ヶ丘や旭町のような北のエリアは住宅街になっており、周りに寺社があることで閑静な地域と言えるでしょう。

飲食店としては、中ほどにあるコメダ珈琲店以外は、駅前に集中しています。
買い物や外食の際は、掛川駅前まで出かけるといった形になるでしょう。

また学校は掛川市立東中学校が近くにあり、小学校も掛川市立第一小学校が少し西に行ったところにあります。
高校は、掛川県立西高等学校が駅の北にあるため苦労せずに行くことができるでしょう。
学区としても利便性の高い地域と言えます。

■まとめ

掛川第一地区は駅のすぐ東から北に広がるエリアです。
駅の近くのエリアに関しては交通の利便性も良く、お店も多く集まっているため大変利便性の良い場所だと言えます。
掛川市内で住みたいと思っている方にとっては人気のエリアですので、事前に空いている土地を探しておくと良いでしょう。
注文住宅を建てる際は同時に土地選びも行ってください。

 

category:

ブログ

date:

2019.12.04

静岡県は磐田市に住もうと考えている方はいらっしゃいませんか。
今回は、磐田市の中でも、於保地区についてご紹介いたします。

■於保地区とは

そもそもなんて読むかわからない、そんな方も多いのではないでしょうか。

「おほちく」と読みます。磐田市南部、今之浦川の右側に位置し、そのルーツは、於保村にあるようです。

於保地区の中には、大和田・上大原・中大原・下大之郷・浜部という地域が存在します。

■於保地区の周辺施設

於保地区は周辺の田原地区と同様、住宅が多いのですが、磐田駅に向かう道すがら、様々な施設があります。

⒈ スーパーマーケット
その土地で暮らしていけるかどうかを決めるのは、食事ではないでしょうか。

そして食事を作るためには、野菜、肉、魚などなど食材が必要です。
多くの人が食材を購入するのはスーパーマーケットだと思いますが、於保地区の周辺にはスーパーマーケットがあります。

まず、ピアゴがあります。地域密着性を売りに、静岡県にも多くのスーパーを展開しているところです。

また、更に駅前まで歩みを進めれば、マックスバリュがあります。マックスバリュはイオングループのスーパーマーケットです。マックスバリュはやはり大手ならではの安心感があります。

豊富なラインナップや価格も安いプライベートブランドの商品は大きな魅力です。

⒉ コンビニ
ちょっと〇〇が足りない…そんなとき助かるのがコンビニです。

ファミリーマート・ローソン・セブンイレブンなど有名なコンビニが様々なところにあります。

⒊ ファストフード
今日はパッと外で食べたいな…そんなときも結構多いですよね。於保地区の周辺にはファストフードの王様マクドナルドがあります。

ハンバーガーに、マックならではの細いポテト…想像するだけでよだれが垂れてきそうです。

⒋ 家電量販店
家電は生活していく上で欠かせないですよね。家電量販店はケーズデンキがあります。

冷蔵庫を買い換えたい、ホットプレートが欲しい、フードプロセッサーがあったら便利かな…
そんなときはケーズデンキへ。

⒌ その他
パーティー用品を買うならドンキホーテ、映画見たい・音楽聴きたいならツタヤ、と娯楽を提供してくれる施設も多くあります。

ドンキホーテは驚安の殿堂を謳っているだけあって、パーティー用品以外も安く手に入ります。おすすめですよ。

■於保地区の交通アクセス

最寄駅は、JR磐田駅です。上がり・下りいずれも一時間に五本ほどの電車が出ているため、安心です。

■まとめ

今回は、静岡県磐田市の於保地区についてご紹介いたしました。
買い物も娯楽も電車もそれなりに十分な環境のようですね。
ぜひ参考にしてください。

 

 

category:

ブログ

date:

2019.12.03

浜松市といえば、静岡県西部の中心的な都市です。実際、浜松駅前はかなり盛えています。

今回は浜松駅からも極めて近い、浜松市東地区の特徴についてご紹介いたします。

■静岡県浜松市東地区とは

静岡県浜松市東地区とは、
野口町(のぐちちょう)
八幡町(はちまんちょう)
船越町(ふなこしちょう)
常盤町(ときわちょう)
早馬町(はやうまちょう)
東田町(ひがしたまち)
板屋町(いたやまち)
中央1~3丁目
で構成されている地区です。

名前の通り、静岡県浜松市中区の中でも、東の方に位置している地区です。

東海道本線・遠州鉄道線・馬込川で囲まれた地区ともいえます。

■東地区の周辺施設

東地区の周辺施設をご紹介いたします。

・ショッピングセンター
浜松市の中心といえば浜松駅前です。浜松駅前には多くのショップがあります。

まず、浜松駅の中が充実しています。JRは駅ナカの開発を進めており、浜松駅の開発も進んでいます。
そして、駅前のショッピングセンターとしては、遠州百貨店やザザシティ浜松があります。

いずれも食料品・服・宝飾品・雑貨を扱う店が多数入っており、なにかプレゼントを選ぶときなど利用するのがおすすめです。

駅前まで行くのは大変だなぁ、そんなときは西友もあります。

西友は価格安くというスローガンを掲げていることもあって、良心的な価格で豊富な食材を取り扱っています。

お惣菜も非常においしいようです。

・病院
子供がいる親御さんは特に、近くに病院があるかどうかは気になるところだと思います。

東地区には遠州病院という非常に大きな病院があります。あまりに大きいため、遠州病院駅という駅の名前になっているほどです。

東小学校や、静岡文化芸術大学など学校も数多くあります、東地区ではありませんが、北地区まで足を伸ばせば、静岡大学などさらに多くの学校があります。

学校が多いということは治安がいいともいえます。

この点からも住みやすい地区と言えると思います。

■交通アクセス

最寄駅は、遠州鉄道の駅になります。住む町によっても異なりますが、新浜松駅・第一通り・遠州病院・八幡駅のどれかではないでしょうか。

遠州鉄道に乗れば、新浜松駅を経由してJR浜松駅に行けます。そして浜松駅の周辺には、上に挙げたようなショッピングセンターもあり、非常に便利です。

この点からも、この地区のアクセスの良さが窺い知れるのではないでしょうか。

■まとめ

今回は静岡県浜松市東地区の特徴についてご紹介しました。

この近辺に住もうかな…と考えている方は参考にしてみてはください。

 

category:

ブログ

date:

2019.12.01

静岡県西部の都市として思いつくのは?

こう聞かれて、多くの方が思いつくのは浜松市ではないでしょうか。

浜松市に住もうかな、そんな風に考えている方もいらっしゃることと思います。
しかし、住むにあたってはどんな施設があるのか…などなど気になることがいっぱいですよね。今回は静岡県浜松市中央地区の特徴についてご紹介いたします。

■中央地区とは

中央地区という名前の通り、静岡県浜松市の中央に位置する地区になります。
中央地区は、
利町(ときまち)     紺屋町(こうやちょう)
松城町(まつしろちょう) 元城町(もとしろちょう)
神明町(しんめいちょう) 連尺町(れんじゃくちょう)
肴町(さかなまち)    田町(たまち)
池町(いけまち)     尾張町(おわりちょう)
元目町(げんもくちょう) 北田町(きたたまち)
旭町(あさひまち)    鍛冶町(かじまち)
千歳町(ちとせちょう)  伝馬町(てんまちょう)
大工町(だいくまち)
から成る非常に大きな地区です。

■中央地区の周辺施設

浜松市の中心ともいうべき地区であるため、様々な施設があります。

・ザザシティ浜松
鍛治町にザザシティ浜松というショッピングセンターがあります。

例えば、服屋さんが入っています。代表的なものを挙げれば、ファストファッションの王様ユニクロが入っています。

飲食店も充実のラインナップです。銀だこ・モスバーガーなどテイクアウトできる店や、蕎麦屋さん・カレー屋さんもあります。

カフェとして利用するならスターバックスもあります。甘いものが欲しければ、31アイスクリーム、ティッピンドッツアイスクリームがあります。

娯楽施設には、TOHOシネマズがあるため映画も観れますし、ゲームセンターで遊ぶこともできます。

親御さんの大きな味方トイザらスが入っているのもポイントです。

そして、晩御飯なににしようかな、そんなときにもザザシティ浜松にいくのがおすすめです。

生鮮館TAIGAという大きなスーパーがあります。

・遠鉄百貨店・ビックカメラ浜松店
駅前も便利です。遠鉄百貨店とビックカメラがあります。

あの家電が欲しい…、手土産を買いたい…そんなときは浜松駅に向かえば事足ります。

■交通アクセス

最寄駅は浜松駅と新浜松駅です。

浜松駅はJRの駅で、東海道新幹線も在来線の東海道本線も通っており、静岡県西部の拠点といってもいいほどの大きな駅です。

新幹線はこだまとひかりが止まりまるので、旅行好きな人にはおすすめです。

新幹線が通っていることもあり駅の中の開発も進んでいます。
新浜松駅は遠州鉄道の駅で、浜北や鹿島の方まで行けます。

先ほどの遠鉄百貨店とつながっている点でも便利です。

■まとめ

今回は、静岡県浜松市中央地区の特徴についてご紹介いたしました。ぜひ参考にしてください。

 

2021.04.12

増えていく子どもの荷物どうする?我が家の3つの工夫

荷物の増える春、どう過ごす?平松建築で家を建てた広報担当の小木です。 4月に入り、新しい生...

2021.04.12

平松建築の住宅仕様について

■はじめにここを見ているあなたに質問です。 正直なところ家の性能って、会社によってどう違う...

2021.03.15

地震や火災、災害に備えた家づくりで大切な人を守ります

東日本大震災から10年平松建築で家を建てた広報担当の小木です。 3.11から10年。あの日...

2021.02.17

花粉の時期到来!花粉症が楽になる家づくりとは?

花粉症ピーク間近!対策を考えましょう平松建築で家を建てた広報担当の小木です。 今月はじめに...

2021.01.20

間取りに策あり!子育てしやすい家づくり3つのポイント

今建てるならどんな家がオススメ?平松建築で家を建てた広報担当の小木です。 新年明けてもう半...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!