メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ

category:

ブログ

date:

2018.09.25

浜松市の「花川地区」について皆さんご存知でしょうか。
浜松市の大きな地区「中区」というくくりで一緒にされてしまうことが多いのでなかなか皆さんも情報が集められない地区だと思います。

そこで今回は、地元工務店が花川地区に焦点を当てて特徴をご紹介します。

 

・花川地区とは

花川地区には「花川町」「西丘町」が含まれます。
学区は小学校なら「花川小学校」、中学校なら「開成中学校」です。

中区の一部で浜松市の西の方に位置します。
また、浜松環状線やインターチェンジが近いので利便性に優れた地区です。

 

・周辺施設

花川地区の近くは住宅地よりも茶畑が多くを占めています。
小学校や幼稚園は大変近いですが大きなスーパーや病院などは地区内にはありません。
車ですぐのところに都心部があるので必要なものはいろいろと揃えられるはずです。

花川地区の人気スポットもいくつかご紹介します。

 

*花川運動公園

花川地区きっての運動施設で「テニス」特化の運動公園です。
室内外両方のテニスコートを完備しており、年間を通して様々なテニスの試合が行われています。
国体予選や中学総体の会場でもある一方、個人でコートを借りることもできるので手軽に楽しめますし、軟式・硬式テニスのスクールもあるので本格的なレベルアップが期待できる施設です。

また、春にはたくさんの桜が咲くので毎年多くの人たちがお花見に来ています。

 

*ばらの都苑

誰でも無料のオープンガーデン、知る人ぞ知る隠れ庭園です。
施設だとは思えないほど立派な約1500株(300種類)のバラ園は毎年5月が見頃です。
ばらの都苑の見どころはそれだけではありません。
バラの美しさを引きたてるお城や五重塔のモニュメント、バラで作られた文字も必見です。

また、園内には桃の花やゆりもありそれぞれ見頃が異なるので年間を通して楽しめます。
これらはすべて苑主の方おひとりで作り上げたそうで、今ではなんと結婚式場としても使われるようになったそうです。
ぜひ花川地区にお越しの際は立ち寄ってみてください。

 

・アクセス

最寄りの駅は遠州鉄道「金指駅」で車だと約15分のアクセスです。
東海道本線「浜松駅」からは「金指駅」まで約1時間、車で花川地区まで30分ほどのアクセスです。
花川地区内から花川小学校へはとても近く平均徒歩10分ほど、開成中学校へは徒歩だと40分ほどのアクセスです。

 

花川地区についてお分かりいただけたでしょうか。
都心に程よい距離で自然を楽しめる、そんな花川地区に住みたい方、興味がある方はぜひ私たちにお気軽にご相談ください。
私たちは老後の先まで見据えた健康注文住宅を提供しています。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.09.24

浜松市に引っ越しが決まった方、まずは土地選びですね。
浜松市といっても広いですし、地域によって特徴が異なります。
「地区ごとの情報はなかなかまとまってないしどうしようか」とお悩みの方も多くいらっしゃると思います。

そんな皆さんのために浜松市の「浜北区」についてまとめてみました。

 

・浜北区とは

緑豊かな自然に囲まれた5地区が集まった地域です。
含まれる地区は「浜名地区」「北浜地区」「中瀬地区」「赤佐地区」「麁玉地区」です。

学区が細かく分かれているので小学校区を起点に見ると、浜名/内野小学校区は「浜名中学校」、北浜/北浜南/伎倍小学校区は「北浜中学校」、中瀬/赤佐小学校区は「浜北北部中学校」、麁玉/新原小学校区は「麁玉中学校」、北浜東/北浜北小学校区は「北浜東部中学校」です。

 

・周辺施設

浜北区は「みどりのまち」と呼ばれるほど自然公園がたくさんあります。
そのうち人気なスポットを3つご紹介します。

 

*万葉の森公園

浜北区平口にあるこの公園ではその名の通り万葉時代の文化が体験できる公園です。
園内には植物が300種類ほど植えられており、それらを楽しめる庭園や資料館があります。

植物の観察だけでなく万葉時代の食文化が体験できる「万葉亭」や草木染を体験できる工房、多目的広場やお土産屋さんまでそろっています。
休日にのんびりと過ごせる、こんな公園もいいですね。

 

*美薗中央公園

浜北区中瀬にある美薗中央公園にはテニスコートや多目的広場、子供に大人気の「どんぐりの森」があります。
この公園の近くには「中瀬南部緑地」という屋外スポーツが楽しめる施設と屋内文化体験が可能な「中瀬南部緑地会館」があるので大人から子供まで幅広く楽しめます。

春には美薗中央公園の花見広場がお花見に来た家族連れでにぎわう素敵な公園です。

 

*浜北森林アスレチック

日本フィールドアスレチック協会公認のアスレチックパークでアスレチック以外にもゴーカートやパターゴルフも楽しめるという地元の方に人気のスポーツ施設です。
アスレチックは簡単なものから難しいものまで様々なものが用意されていてとても短時間では回りきれないので大人も十分楽しめます。

 

・アクセス

浜北区の最寄り駅は遠州鉄道「浜北駅」です。
浜北区役所は浜北駅から徒歩1分のところにあるのでアクセスは便利です。
東海道本線「浜松駅」からお越しの際は「浜松駅」から徒歩5分ほどのところの遠州鉄道「新浜松」から30分ほどのアクセスです。

 

みどりのまち「浜北区」についてお分かりいただけたでしょうか。
自然豊かな浜北区に住みたいなとお考えの方はぜひ一度私たちにご相談ください。
私たちは「人と地球と財布に優しい大満足の家」を提供します。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.09.23

引っ越しの際に考えなければならないことって山積みですよね。
その中でも住むところ選びは特に重要だと思います。
「なかなか地区の情報が見つからない」といった方も多いのはないでしょうか。

そんな皆さんに浜松市南区の特徴について地元工務店が解説いたします。

 

・南区とは

浜松市南区は東南部の7地区の集まりで構成されています。
含まれる地区は「白脇」「新津」「飯田」「芳川」「河輪」「五島」「可美」です。
多くの地区が集まり、世帯数も多いので学区は非常に細かく分かれています。

相生(三島町)/飯田小学校区は「東部中学校」、竜禅寺/白脇小学校区は「南部中学校」、新津/砂丘小学校区は「新津中学校」、芳川(西伝寺町自治会)/芳川北小学校区は「南陽中学校」、南の星/砂丘(白羽町・中田島町)小学校区は「江南中学校」、河輪/芳川小学校区は「東陽中学校」可美小学校区は「可美中学校」です。

 

・周辺施設

*中田島砂丘

日本3大砂丘のひとつ「中田島砂丘」が南区「中田島町」にあります。
JR浜松駅から中田島砂丘行きのバスも出ており観光客にも大変人気なスポットです。

毎年5月に行われる「浜松まつり」の凧揚げ合戦もここで行われています。
近くに「サンクチュアリネイチャーセンター」があり、夏ごろにはアカウミガメの産卵を見ることができるスポットとしても大変人気です。

 

*遠州灘海浜公園

広大な土地を生かした多目的運動公園です。
球戯場から芝生公園、遊具広場までそろっており、休日にはフリーマーケットなどでにぎわいます。
スポーツが楽しめるだけではなくここでは野鳥の観察といった学習にも利用されています。

中田島砂丘の近くにあるので砂丘を堪能した後に一休みで立ち寄るのもいいですね。
浜名湖の近くということもあり津波発生時の避難ビルも完備しています。

 

*浜松まつり会館

県でも有名な浜松まつり。
毎年100万人以上の観光客が訪れるほどの人気で毎年祭りの季節はにぎやかです。
そんな中でもひときわ目立つのがこの浜松まつり会館です。

浜松まつりの凧や屋台といった資料が展示してあるだけでなく浜松まつりグッズもおいているので立ち寄った際はぜひご覧ください。

 

・アクセス

南区役所までは東海道本線浜松駅からバスで20分ほどのアクセスです。
バスターミナル6番乗り場からだと「南区役所」行きのバスに乗れます。
車だと国道1号線の「中田島東」バイパスの交差点を遠州大橋方面に曲がって「江之島高校北」交差点の手前の交差点にあります。

 

浜名湖隣接の南区の特徴お分かりいただけたでしょうか。
地域のふれあいを重んじる浜松市代表観光地区「南区」に住みたい、興味がある、といった方は浜松市の注文住宅を手広く手掛ける私たちにお気軽にご相談ください。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.09.22

浜松市最大の地区「天竜区」について皆さんご存知ですか?
最大と聞くと大都市な感じがしますが天竜区は大自然に囲まれた地区なんです。

今回はそんな「天竜区」の魅力・特徴を皆さんにお伝えしていきます。

 

・天竜区とは

浜松市天竜区は5つの地区が集まった大きな区で世帯数は1万世帯を超える大地区です。
含まれている地区は「天竜地区」「春野地区」「佐久間地区」「水窪地区」「龍山地区」です。学区は大変細かく分かれています。

二俣/上阿多古/下阿多古/熊小学校区は「清竜中学校」、光明/横山小学校区は「光が丘中学校」、犬居/気田小学校区は「春野中学校」、水窪小学校地区は「水窪中学校」です。

 

・周辺施設/イベント

浜松市のおよそ6割を占める天竜区の中から各地区の代表をご紹介します。

 

*秋葉ダム

天竜区の一角「龍山地区」にある秋葉ダムはそれだけでも眺めは素晴らしいですが特に桜の季節はダム周辺の「千本桜」を一目見ようと多くの人が訪れます。
天竜川沿いに10キロほどにわたって並ぶ桜並木は「千本桜」の名にふさわしい圧巻の眺めです。

 

*くんま水車の里

こちらは「天竜地区」に位置する道の駅です。「食」「買い物」「体験」と三つの経験ができます。
何といってもおすすめは「体験」です。
くんま水車の里では「そば打ち」「五平餅つくり」「こんにゃくづくり」と3つの体験ができるんです。
大自然の食材を使った伝統の味、皆さんも是非体験してみてはいかがでしょうか。

 

*春埜杉(はるのすぎ)

こちらは「春野地区」にある春埜山大光寺の千年杉です。
周りの杉と比べてもさすが千年杉といった貫録で堂々と立っています。
県の指定天然記念物にも登録された天竜区代表の自然遺産です。

 

*川合花の舞

「佐久間地区」の八坂神社で毎年10月ごろに行われる神事です。
鎌倉時代から続く伝統芸能の一つで県の無形民俗文化財にも指定されています。
実際の舞はとても長くかつては夜通し行っていたようですが現代ではいくつか省略して深夜までに終わるように調節された舞が披露されているようです。

 

*峠の国盗り綱引き合戦

「水窪地区」の代名詞「峠の国盗り綱引き合戦」は長野県と静岡県の県境で行われる県境をかけた一大イベントです。
勝ったら県境を1メートル動かせるのでまさに「国盗り」ですね。

 

・アクセス

浜松駅からは遠く、車で場所によっては1時間ほどかかる場合もあります。
近くの二俣本町駅や天竜二俣駅には電車がとっていますがそれ以外はほとんどバスが主な公共交通手段です。
バスは各地域通っているのでアクセスに困る、ということはありません。

 

天竜区の特徴、いかがだったでしょうか。
皆さんも大自然に囲まれた天竜区で落ち着いた田舎暮らしをしてみませんか?
浜松市に注文住宅をお考えの方は是非一度私たちにご相談ください。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.09.21

静岡県浜松市に引っ越しを考えている方、たくさんいらっしゃると思います。
程よい都会でアクセス便利な東区に興味がある方も多いのではないでしょうか。
浜松市の東区といえども広くて多くの地区で構成されているのでなかなか地区や町を細かく知るのは難しいですよね。

今回は東区の人気地区「長上地区」についてご紹介します。

 

・長上地区とは

浜松市東区の中の「長上地区」には「上石田町」「市野町」「小池町」「中田町」「鷺の宮団地」「原島町」「天王町」「下石田町」が含まれます。
学区は「市野町(東・南)/上石田町/下石田町/天王町/原島町」は与進小学校、「市野町(北)/小池町/中田町」は与進北小学校です。
中学校はどちらの小学校区も与進中学校です。

 

・周辺施設

最寄りの駅は遠州鉄道「自動車学校前」と「さぎの宮駅」がありますが、他にも「浜松インターチェンジ」がすぐ近くにあるのでアクセスが便利です。
また、長上地区は東区をまとめる東区役所もあるので申請や手続きに便利です。

イオンモールや病院、郵便局などの生活に必要な施設も一通りそろっています。
そのほかの周辺施設をまとめてみました。

 

*安間川公園

長上地区の東の方に位置する「安間川公園」は普通の公園とは一味違って遊具は少なめですが、オムニやクレーのテニスコートや野球ができる広さの広場があって多くの子供たちから人気です。

また、細い道路が公園内にあるので自転車の練習場としても使えます。
駐車場もたくさんあるので、休日は特に家族連れでにぎわっています。

 

*Anny coffee

長上地区の人気のコーヒー屋さんです。
人気の秘密は絶品自家焙煎コーヒーです。
好みの味を伝えるとそれに合わせてブレンドしてくれるそうで、地元のコーヒー好きの方たちでにぎわっています。

ノンカフェインのコーヒーもあるそうなので妊娠している方でも気兼ねなくコーヒーを楽しめるのも人気の理由です。
豆の販売はもちろん、クッキーなどのお茶菓子も販売しています。

 

・アクセス

東海道本線「浜松駅」から北口の10番バス乗り場から30分ほどの「産業展示館」で降りるほかに、車でのアクセスも可能です。
国道1号線・152号線「北島」交差点を浜松インターチェンジの方に進み、「流通元町」の交差点を東に進んでから南に曲がります。
車の場合も約30分のアクセスです。

 

長上地区についていかがだったでしょうか。
アクセスも良く、周辺施設も充実した利便性の高い地区「長上地区」に住みたい、興味がある方はぜひ私たちにお気軽にご相談ください。
私たちは老後の先まで安心して暮らせる健康注文住宅をみなさんに提供しています。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.09.20

浜松市に引っ越しをお考えの方、地域選びにネットで情報収集しますよね。
その時に「あれ、なかなか知りたい情報が載っていない」「地区情報が見つけにくいな」と感じたことはありませんか?

特に浜松市は「区」で分けられているので「地区」ごとの情報が見えにくいこともあると思います。
また、皆さんの中には他地区と比べるためにも大まかな地区情報を知りたい方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は皆さんに東区の中の「積志地区」に焦点を当てて解説していきます。

 

・積志地区とは

積志地区には「中郡町」「西ヶ崎町」「大島町」「大瀬町」「鷺の宮」「積志町」「有玉」「半田町」「旭ヶ丘」「医大宿舎」が含まれます。
学区は地域によって積志小学校、有玉小学校、中郡小学校、大瀬小学校に分かれます。
また、中学校区は積志/有玉小学校区は積志中学校、中郡/大島小学校区は中郡中学校です。

 

・周辺施設

遠州鉄道沿いの地区なので「自動車学校前」、「さぎの宮駅」、「積志駅」と「西ヶ崎駅」と4つの最寄り駅があります。
14,000世帯と東区の中でも最大の地区なので周辺施設は充実しています。
近くにはスーパーや病院など生活に欠かせない施設もそろっています。
そんな積志地区の中から特に人気の施設を紹介します。

 

*半田公園

小さな子供たちが安心して遊べる遊具から大きい子供たちも楽しいアスレチック遊具まで幅広くそろっています。
また、バスケットボールのゴールやサッカーができる広場もあるので地元の子供たちが学校帰りによく遊んでいます。
お母さん方に嬉しい屋根付きベンチや駐車場もあるので子供たち以外にも多くの地元の方が利用しています。

 

*風船落下の碑

福井県武生東小学校の3年3組が手紙を風船に飛ばしたところ積志地区に落ちたということで武生東小学校と積志小学校の交流が始まりました。
小学校同士の交流の発展、友情記念として建てられたのがこの「風船落下の碑」です。

 

*松岳院の句碑群

俳句の偉人である久米甘谷(くめかんこく)栩木夷白(とちぎいはく)の句碑がたくさん建てられています。
また、境内には子宝地蔵があり、お地蔵様の力にあやかりたいと多くの人が参拝に来るそうです。

 

・アクセス

東海道本線「浜松駅」から徒歩すぐのところの遠州鉄道「新浜松駅」に乗車して「積志駅」まで約16分のアクセスです。
「浜松駅」からは車で30分ほどです。

 

「積志地区」についてお分かりいただけたでしょうか。
ほどよい都会の地区積志地区に注文住宅を考えている方は私たちにお気軽にご相談ください。
私たちは人と財布と地球にやさしい注文住宅を幅広く手掛けています。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.09.19

静岡県きっての大都市浜松市に注文住宅をとお考えの皆さんも多いことでしょう。
そんな時まずは、地区の情報を知ることが一番ですよね。

今回は地区情報から気になる周辺施設やアクセスまで私たちがご紹介します。

 

・中ノ町地区とは

浜松市の東の方に位置する中ノ町地区には「松小池町」「国吉町」「中野町東」「中野町西」「中野町南」「中野町北」「中野町大明神」「白鳥町」「中里町」が含まれます。
学区は小学校は中ノ町小学校、中学校は天竜中学校です。

 

・周辺施設

中ノ町地区の周辺にはたくさんの神社や歴史にまつわる場所、グルメがあります。
すべてではないですが一部の周辺施設と人気スポットなどご紹介していきます。

 

*六所神社

海の神様と航海の神様が祭られた神社で毎年8月には花火大会や夏祭りが行われています。
神社に向かう道の両脇にはたくさん屋台が立ち並び、地元の方たちでにぎわいます。
イベントもあるそうなので今から楽しみですね。

 

*天竜川の舟橋跡と木橋跡

古くから使われていた「舟橋」。
特にここの舟橋は明治のころに完成したもので東海道の交通に大きく貢献したということもあり今も大切に保管されています。

 

*中川屋

なんと130年以上続いている知る人ぞ知る「鰻(うなぎ)」の老舗店なんです。
戦争中も負けずに秘伝の味を受け継ぎ、その味は今も地元に愛されています。
テレビでも紹介されたこともあって毎日行列の人気店なので休日には予約が必須だということです。

 

*天竜川緑地

サッカーや野球のような屋外スポーツが主に楽しめる多目的公園です。
大きな芝生の広場や遊具、散歩道や自転車道も整備されているので大人から子供まで幅広く利用できます。
駐車場も完備なのでアクセスもしやすいですね。

 

*ポケットパーク・中ノ町フラワーロード

ポケットパークは比較的新しい散歩道の休憩スポットです。
休憩所といっても普通の休憩所ではないんです。
近くには中ノ町フラワーロードというこれまた新しいフラワーロードがあって四季の花々を眺めながら休憩できるという最高の休憩所なのです。
車からもいい眺めなので地域の方々に人気のロードです。

 

・アクセス

最寄り駅は東海道本線「天竜川駅」です。
車で約7分のアクセスです。
東海道本線「浜松駅」から車で20分ほどのアクセスです。
中ノ町小学校へは徒歩10分ほど、天竜中学校へは徒歩25分ほどかかると考えられます。

 

今回は中ノ町地区の魅力と特徴をお伝えしました。
都会の中にも自然や歴史を残している中ノ町地区に注文住宅をとお考えの方はぜひ静岡県の注文住宅を広く手掛ける私たちにお気軽にご相談ください。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.09.18

注文住宅とはご家族の希望に合わせて一から設計していく住宅のことを指します。
ご家族ごとに異なるライフスタイルに適した環境をあなたの意見で生み出せます。

大尉編力的な方法ですが、住宅購入には設計のみでなく周辺環境が重要です。
どこに作るか、それにより今後の生活が左右されます。

今回は菊川市で注文住宅をお探しの方へ、六郷地区の特徴についてご紹介します。

 

・菊川市と六郷地区の基本情報

菊川市は静岡県の東遠に位置した人口約25000人の市です。
温暖な気候でお茶の産地といて有名です。
お茶関連の産業の他、自動車関連部品、精密工作機械などを生産する工業都市でもあります。

六郷地区は菊川市のやや南に位置します。
菊川駅から車で約10分、徒歩で約30分です。
人口約1万人と菊川市の中でも大きな地区となっています。
菊川市の中でも比較的都会に近い地区です。

 

・子育て

菊川市の中でも人口が多く、駅に近いので活気のある地域です。
菊川市は自然や公園が多く、六郷地区にも大小さまざまな公園があります。
市立六郷小学校があります。

菊川市は菊川駅を中心に市街地が建設され、発展しています。
駅近隣から離れると店が少なく買い物に不便ですが、六郷地区は駅から比較的近い位置にあります。
駅の近くにはショッピングモールやスーパー、コンビニエンスストア、薬局などがあり、生活用品の買い出しに便利です。

地区内には資料館、文化施設、公民館などの施設があります。
学校からの距離も近く、放課後に遊びにいけるでしょう。
夏休みの課題もはかどりそうですね。

 

・交通アクセス

菊川市はJR東海道本線菊川駅が通っており、菊川駅を中心に発展しています。
六郷地区は駅に近く、端の地域でも自転車で十分通うことのできる距離です。
菊川駅の一つ隣の駅は掛川駅であり、新幹線が留まるため休暇期間のお出掛けに便利です。

また、公共バス、私営バスが多数通っているので市内の移動にはバスが便利でしょう。

六郷地区は菊川市の中でも交通アクセスがよい地区です。
自転車、バスで移動は十分可能です。
しかし、菊川市内に線路はあまり通っていないので車があるとよいでしょう。

 

菊川市はお茶と工業で有名な市です。
しかし、人口の半数が60歳以上と高齢化が深刻な都市でもあります。
そのため、地域活性化のために交流拠点の設立に力をいれています。

六郷地区は菊川市の中でも中心地に位置し、アクセスのよい場所です。
買い物が便利ですが近隣には公園があり自然も楽しめます。
六郷地区で注文住宅購入を検討されている方はぜひ一度私たちにご相談ください。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.09.17

住宅購入の際、希望の条件リトスアップが終わり、ここいいんじゃないかな、と希望の地域が分かっても実際どのような雰囲気や風土をもった場所かわからず不安に思われる方が多いかと思います。
周辺環境は今後の生活に大きく影響するので吟味したいポイントです。

今回は菊川市、河城地区の特徴についてご紹介します。

 

・菊川市と河城地区についての基本情報

菊川市とは静岡県の東遠に位置する人口約20,000人の市です。
2005年に小笠郡の菊川町と小笠町が合併して誕生しました。
菊川市は北と西は山に囲まれ、東は盆地、南は平野が広がっています。
お茶と工業が盛んな都市です。

河城地区は菊川市の西に位置します。
人口約5,000人の地区であり、菊川市の中では中ぐらいの大きさです。

 

・買い物

菊川市は駅を中心に市街地が形成されています。
もともと茶の産地、工業都市であったのを後の開発で住宅が建てられるようになったため駅から離れた場所には個人経営の店が構えられ、大型店やショッピングモールはありません。
河城地区は自転車で駅周辺まで15分ですので発展したスーパーやショッピングモールで買い物ができます。

 

・教育機関

公立、私立幼稚園があります。
私立幼稚園でも補助金の利用で公立幼稚園と同じぐらいの金額で通えます。
その他、保育園や習い事の教室もあります。

また、コミュニティーセンターがあり、多様な文化活動が展開されています。
催しものが企画されているので地域の方とつながりながらお子様と一緒に楽しめる場所です。

 

・その他

近くには子宝・安産で有名な西福寺があります。また、JA遠州夢咲の支店もあります。

 

・交通アクセス

菊川市はJR東海道本線菊川駅が通っています。菊川駅駅の隣駅が掛川駅であり、新幹線が留まるため休暇期間の旅行にも便利です。
河城地区は駅の真西に位置しており、駅まで歩いてだいたい30分から50分、車でだいたい10分から20分です。
通えなくはない距離、といったところでしょう。自転車の利用が便利です。

市内に電車はあまり通っていませんがは公共バス、私営バスが通っており市内の移動にはバスを利用される方も多数います。
バス、自転車で十分移動が可能ですが、車があると買い物やお出掛けの際に便利でしょう。

 

菊川市はお茶の生産地、工業都市として発展してきました。
その後の東海道本線の開通に伴い駅中心に市街地が発展していきました。

そのため、駅から離れると買い物等が少し不便です。
河城地区は駅まで自転車で通える範囲であり、周辺に支店等施設もありますので落ち着きながらそれなりの利便性を求める方におすすめの地域です。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

category:

ブログ

date:

2018.09.16

住宅は生活の中心地となります。
大切な家族と過ごす時間を有意義に過ごしたいと思うのではないでしょうか?
注文住宅はご家族の細やかな希望に合わせた設計を可能にします。

しかし、生活は住宅の設計だけではありません。設計がよくとも周辺環境によって生活は大きく左右されます。
購入前に検討中の土地の周辺環境についてよく知っておくことが重要です。

今回は菊川市、小笠南地区周辺の特徴についてご紹介します。

 

・菊川市と小笠南地区の基本情報

小笠南地区は菊川市の南に位置しています。菊川市の中心地から車で約20分程度かかります。
菊川市は総人口約2万人の市です。そのうち半数以上、約56%が65歳以上です。
小笠南地区の人口は約3千人であり、約1000世帯が住んでいます。

 

・周辺の建物、施設情報

*小笠南コミュニティーセンター

平成21年にオープンした比較的新しい施設です。
料理教室、文化講座、健康・体力作りなど幅広い活動ができる場所となっています。

地域福祉部会などから構成されたみなみやまコミュニティー協議会があり、スポーツやイベントを通じて世代や国籍を超えてつながる活動を展開しています。
企画もたくさんあり子どもからお年寄りまで楽しめる場所です。
図書コーナーがあり、市の図書返却も可能です。その他、会議やサークル活動に利用できる会議室や和室があります。

 

*小学校と幼稚園

小笠南コミュニティーセンターのほど近くに市立の小学校と幼稚園があります。
センターから近いので学校帰りに本を借りたり、遊んだりできます。
また、各施設の場所が近いので通学路に人の行き交いがあり、登下校の心配が少ないでしょう。

 

*その他

他にも個人経営の語学などの習い事教室や飲食店、商会が点在しています。

 

・位置、交通アクセス

菊川市は菊川駅中心に市街地が形成されています。
小笠南地区は菊川駅から離れた南に位置しているため、電車の利用には他の交通手段が必要となります。

少し遠出する際はバス、車で移動します。普段のお買い物や生活には自転車があればさほど苦労しないでしょう。
しかし、都心のように交通網が発達していないので車の所持をおすすめします。

 

菊川市はお茶で有名な市です。
小笠南地区は菊川市の中心から離れており、静かで穏やかな地域です。
大型店があまりないので夜道は暗く不安もありますが、比較的治安のよい場所です。

高齢化が進む中、小笠南コミュニティーセンターなどの設立により地域住民の交流と活性化をはかり尽力しています。
小笠南地区に注文住宅購入をご検討されている方はぜひ私たちまでご相談ください。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

2019.06.25

磐田市竜洋・駒場地域の自然が楽しめる3つのスポット

磐田市で土地探しをしていらっしゃる方の中には、「自然豊かな地域で生活したい!」「休日に家族でステキな...

2019.06.24

豊田町駅のある磐田市立野地域が子育てにおすすめな3つのポイント

これから静岡県磐田市への引っ越しをご検討されている皆さん、こんにちは。新しい住宅を建てるにあたって、...

2019.06.21

磐田市中泉地域は駅周辺なのに地価が安いって本当?

「夫の仕事の関係で磐田市に引っ越すことになった」「子どもはもうすぐ小学校に入学する」「家族で生活する...

2019.06.20

掛川市大坂地域にある生活に便利な施設とは?

静岡県掛川市で土地探しをしていらっしゃる皆さん、こんにちは。皆さんの中には、「掛川市で新たに家を建て...

2019.06.19

掛川市中央・下俣地域で暮らす3つのメリット

「掛川市内に新築住宅を建てたい!」「家を建てることは決まったけれど、どの辺が暮らしやすいのだろう」新...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!