• 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ

category:

ブログ

date:

2019.05.13

日本は地震大国です。
近年でも東日本大震災や熊本地震など、地震の規模もそれで小尾田被害も大きい地震が発生しています。

したがって、家を建てる時に「耐震性」も重要視しなければなりません。
しかし、その「耐震性」が何を基準にどのように判断されているのかご存知ない方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、耐震性を決める要素についてお話しいたします。

■基礎

基礎は建物を支える重要な部分で、木造住宅の基礎としては布基礎とベタ基礎広く普及しています。
布基礎は1階の壁のみに鉄筋コンクリートの基礎を形成する工法で、ベタ基礎は1階の床前面に鉄筋コンクリートの基礎を形成します。

後者のほうが広い面で支えることになりますので、より耐震性が向上します。
いずれの工法でも、配筋量や間隔、強度などを設計通りに施行することが求められます。

■重量

地震エネルギーは建物の重さに比例するので、建物自体の重さが軽いと地震エネルギーによる被害も少なくすることができます。
木造住宅において、この建物の重さを左右するのは屋根材と外壁仕上げ材です。
したがって、外壁をより軽量なサイディング、屋根材を軽量瓦やストレートを使用すると耐震性を向上させられます。

■壁

壁は木造住宅で耐震性を左右する重要な構造体の1つです。
現在の木造住宅の多くは、耐震壁(地震の揺れに強い構造設計の壁)を採用しており、これを適切な量・適切なバランスで配置することで、耐震性を向上させることができます。
特に壁のバランスは、建物の重心と剛心(建物で最も剛性が強い部分)の関係を決めるので、重要なポイントです。

■地盤

地盤が地震に耐えられるか調査することは、建築業界では常識であるほどに大切なポイントです。
もし、その調査の結果で地盤が弱いことが判明したら、地盤補強を行う必要があります。
べた基礎、杭改良、表層改良の3つがよく行われる工法で、その費用は数万円から数百万円とケースによって異なります。

したがって、土地を購入する際には、その土地の地盤の強さも知っておいた方がいいでしょう。

■金物

木造住宅にはたくさんの金物が使用されており、木材同士の継ぎ目を補強したり、基礎と骨組みを頑丈に繋いだりするために必要なものです。
地震が発生した際には耐震壁がある部分の基礎に大きな負担がかかるので、剥がされないようにするためにも適した位置に適した金物を使用することが重要です。

いかがでしたか?
今回ご紹介したことを参考に、家の耐震性にも気を配るようにしてください。

category:

ブログ

date:

2019.05.10

みなさん、構造計算と壁量計算という言葉をご存知ですか?どちらも家の強さを図るための計算です。
一見同じようなものに見えますが、実は中身は全く異なります。この違い含めて、マイホームの購入を検討されている方には知っておいてほしいのです。

そこで今回は、構造計算と壁量計算の違いについてお話しいたします。

■鉛直荷重

これは、上から下に流れて伝わる力のことを指します。構造計算においては、建物、積雪、家具、人など、家全体の重さを考慮します。
一方壁量計算では、一棟ずつ算出することはせずに、屋根材が軽いか重いかなどの違いのみ注目し、積雪荷重も考慮されません。
加えてこちらの計算では長期荷重の規定がないために、短期荷重のみ検討します。

■地震荷重と風荷重

前者は、地震によって建物が受ける力のことを指します。構造計算においては、建物の重さに比例して変化すると想定し、地震が発生したときの力を算出します。
後者は風、特に台風などの強い風を受けたときの力を指します。
構造計算だと、建物の高さと風荷重は比例すると考えます。

一方壁量計算においては、この地震荷重と風荷重を区別せずに考えます。
建物に影響を与える地震や台風の力を、耐力壁以外の壁が1/3を負担することを想定して規定されています。

したがって、地震力を2/3に減らすという考えです。
その手法は比較的単純なものであり、その大部分が設計者に託されています。

■応力度チェック

応力度とは、単位面積に外部からどれだけの力が加わって、その力によって内部にどれだけの抵抗力が生じるのかというものです。
つまり応力度チェックというのは、建物に外部の力(地震や台風など)が加わったときに、柱や梁にその力が伝わったときに、どの程度までなら耐えられるかをチェックするということです。

構造計算では、部材(梁や柱)にどれだけの力が加わるのか、またどの程度でダメージが加わるのかをチェックします。
壁量計算ではこの規定がないので、専門家の経験値と勘で部材を決定しているというのが現状です。

■偏心率チェック

剛心(建物で最も剛性が強い部分)と建物の重心のズレを偏心といい、そのズレの程度を偏心率という。
地震の力は建物の重心に最もかかってくるので、この偏心率が大きいと建物自体にねじれが発生してしまうため、耐震性も低くなってしまいます。
構造計算ではこのような偏心率をチェックしますが、壁量計算では略式検討のみのとどまっており、尚且つこの項目が導入されたのは2000年以降です。

いかがでしたか?
各項目における構造計算と壁量計算の違いを少し理解していただけたでしょうか?
壁量計算は2階建てまでの木造住宅によく利用されており、構造計算は3階建て以上の木造住宅や鉄骨構造、鉄筋コンクリート造などに利用されています。
家を建てられる方は、この違いを理解しておきましょう

category:

ブログ

date:

2019.05.09

せっかく家を建てるのなら、地震に強く長持ちする家にしたいですよね。
そこで知っておいてほしいのが、地震に強い3つの構造です。

それが「耐震構造」、「免震構造」、「制振構造」です。でも名前だけを聞いてもそれぞれがどういう内容で、どう違うのかよくわからないと思います。
そこで今回は、この3つの特徴と違いについてお話しいたします。

■耐震構造

これは、建物を支える柱や梁を太く頑丈なものにし、地震が起こっても耐えられる強度に作られた構造のことを指します。
現在使われている新耐震基準に基づき、震度6強から震度7程度の地震(阪神・淡路大震災レベル)でも構造部分にダメージがなく、安全な建物であることを目標にしています。

したがって、倒壊や建物自体がダメージを受ける心配はありません。
しかし、柔軟性のある構造で地震エネルギーを逃がすような作りになっているので、高層になればなるほど上部の揺れが大きくなるという点には注意が必要です。

免震構造や制振構造に比べて地震エネルギーが直接建物に伝わるので、壁や家具に被害が出ることがあります。
そのため、このような構造の建物の上層階では家具を固定したり、棚の中のものが飛び出しにくいような作りの家具を使ったりすることをおすすめします。

■免震構造

これは建物と基礎となる地盤との間に免振装置となる積層ゴムなどを設置することで、建物の揺れを軽減させてダメージを受けにくくする構造です。
建物の揺れを1/3から1/5にまで小さくすることができるため家具の転倒も少なく、人および室内での被害も最小限に抑えられます。
長期周期地震動に共振しやすくて構造へのダメージも少なくできますが、想定外の地震エネルギーが加わると免振装置が破断する恐れがあります。

また、液状化する恐れのある地盤や軟弱地盤には不向きである、縦揺れには弱いなどという欠点もあります。

■制振構造

これは比較的新しい構造形式であり、建物の部分ごとに地震エネルギーを吸収するダンパーなどの制振装置を設置することで、建物の揺れや振動を最小限にとどめるものです。
地震エネルギーを建物が一旦受けることになりますが、すぐさまそのエネルギーを制振装置が吸収してくれます。

オイルダンパー、鋼材ダンパー、精神パネルなどの制振装置があり、コンクリート建築のような重い建物では各階に、鉄骨建築の軽い建物では最上階に設置されます。
超高層建築物でよく使用される構造で、風にも強い、反復される揺れに強い、揺れが収まった時に建物自体の揺れも素早く抑えるという特徴があります。

いかがでしたか?
今回ご紹介したことを参考に、立地や地盤、コストなどを踏まえて判断するようにしましょう。

category:

ブログ

date:

2019.05.08

今日は平松建築のショールームにあるメモリーストックのご紹介。

メモリーストックってなに?

そんな声が聞こえてきそうです。

↑メモリーストックってこれです。

ショールームの壁に埋め込みの収納棚があるんですが、

その中にはなんと約400百種類のカラーのDVDケースが設置されています。

そのDVDケースの使い道なんですが・・・

お客様に建物をお引き渡しするときに家づくりの軌跡を記録した動画を作成します。

それをこのカラフルなDVDケースの中から一つ選んで、

プレゼントするんです。

住まいづくりはご家族の方にとって、

とても思い出深いイベントとなります。

その思い出深い記録をしっかりと残しておく。

何年かたった時にまた見ていただいて住まいにより愛着を持っていただきたいし、

大事に使っていただきたい。

そんな思いもあるし・・・

そもそも住まいづくりをただの完成品を受け取るだけではなく、

その出来上がるまでの思い出も楽しんでいただきたい。

住まいづくりの途中経過である「楽しい思い出」

出来上がった住まいに対する「高い満足度」

その両方を引き続き追求していきます。

category:

ブログ

date:

2019.05.07

家づくりに興味があってもWB工法がどんなものなのか。

そこに興味を持つ人はなかなかいないのではないでしょうか。

ということでWB工法の家を建てることによってどのようなメリットがあるのか。

まとめてみました。

1 夏涼しく冬暖かい
それにより…
1-1光熱費の削減で家計の負担減。
1-2天井から床までの温度に差が少なく快適。健康的。

2 湿度が低く抑えることができる。
それにより…
2-1カビの発生が抑えられ、アレルギー、蓄膿症などの症状が軽減する。
2-2 室内で洗濯物を干すと乾きやすい。嫌な匂いがつきにくい。

3 室内の壁に空気清浄機の役割をもたせることができる。
それにより…
3-1室内の匂いが機械換気することなく自然に消えていく。
3-2室内にある化学物質が自然に排出される。
3-3観葉植物や野菜などが長持ちする。

4 土壁の原理を応用し、通気と湿気の透過を促すことで、住宅の耐用年数を大幅に伸ばすことができる。
それにより…
4-1立て替えコストによる(おそらく2000万円近い)負担減。
4-2木材の伐採や加工時のエネルギー使用による環境負荷がなくなる。

ざっとあげてみましたがこのぐらいあります。

さて、それをふまえての大好きな現場のお話です。(だいぶ前置きが長くなってしまいましたが)

 

屋根の一番高いところの部分を棟(ムネ)といいます。

その部分に取り付ける部材を「ハットヘルス」といいます。

湿気や夏場の熱気を排出する役割の部材です。

 

 

ちょっとわかりづらいかも知れませんが、

通気部分が閉じている状態です。

冬場の寒いときは壁の中の空気が逃げてしまうと寒くなるのでこのような状態で閉じておくんです。

 

夏場はこのように開いた状態ですね。

この通気スリットの部分から熱や湿気、化学物質・においが排出されます。

開け閉めは形状記憶合金というものを使って熱感値で自動開閉する優れものです。

でも理論上や部材がいくら良いものでも実際に開いたり閉じたりしなければ意味がありません。

だから、施工品質や施工のチェックはとても大事なんですよ。

category:

ブログ

date:

2019.05.02

停電した時にどう対応しますか・・・。

今日は平松建建築で提案している方法をお話ししますね。

コンセントが二つ付いています。

一つは通常時に使えるように掃除機用のコンセントとしてついています。

もう一つは停電した時に太陽光発電のシステムから電力供給できるコンセントです。

ここで一つ注意点があります。

「なんでわざわざ別のコンセントが必要なの?」

そう思う人もいると思います。

別のコンセントが必要な理由・・・それは

太陽光発電があると全てのコンセントがそのまま使えるわけではないからです。

停電時に使用できるコンセントはパワーコンディショナーについているコンセント一か所のみです。

だから停電時に電気を使おうとすると、

わざわざパワーコンディショナーのあるところ(通常は配電盤の近く)まで延長コードでつながないと使うことができないんです。

その煩わしさを軽減するために、パワーコンディショナーを自立運転に切り替えると自動的にそのコンセントまで電力が送電できるように工夫して見ました。

配線を通してコンセントを付けるだけなのでそんなにコストもかからないので、

太陽光発電を取り付ける際には検討してみてください。

category:

ブログ

date:

2019.05.01

今日は住まいの脇役のお話し。

「床下点検口」について・・・

地味な話です。

でも大事なことを話します。

平松建築で標準仕様の点検口です。

昔の床下点検口とは一味違います。

さて何が違うでしょうか。

わかりますか?

一つ目の違いは樹脂製であることです。

昔の点検口はアルミ製が多かったですね。

素足だと冷たかったり・・・

踏むとギシギシ音がしたり・・・

キッチンの近くに良く設置してありましたね。

「音が鳴るから気になるし使わないから閉じてそのまま床張り替えちゃってください」

そんなご要望がよくありました。

フタの厚みも昔とは大違い。

こんなに厚いんです。

見えないところだからフタの厚みなんてどうでもいい?

そんなことないですよ。

とても大事です。

暑さが断熱性能や耐久性に影響してきますし、

このフタよく見ると気密パッキンという柔らかい部材が全周についてます。

だから気密性も高いんです。

一般的な床下点検口との違いをまとめると・・・

①樹脂製だから熱伝導率が低く冷たさが室内に伝わりづらいこと。

②厚みもあり柔らかいパッキンもついているから歩いても音が鳴らないこと。

③柔らかいパッキンで気密性が高まり隙間風が生じないこと。

そんなところです。

細かいところだけど脇役の床下点検口にもこだわりましょう。

ワンランク上の家づくりのちょっとしたコツでした。

category:

ブログ

date:

2019.04.30

今日は現場のルール作りの話です。

ルール作りがなぜ必要なのか。

建築基準法があるし、

瑕疵保険責任やフラット35の共通仕様、性能評価もある。

そのルールを守っていればいいじゃないの?

そう思う人もいるかもしれません。

でも実際は建築業界は基準があってないような部分が多々あります。

そもそも基準法などには大事な部分が抜けていてプロから見ると正直穴だらけです。

高品質な家づくりをする上で定めなければいけない施工要領が100%として・・・

そのうちの建築基準法が9%。

瑕疵保険・フラットの共通仕様が38%。

性能評価の施工要領が12%といわれています。

ということは・・・

なんと・・・

約41%は施工技術指針が全く存在しない

各職人や現場監督の技量に依存する部分があるということです。

だから標準施工手引書の作成が必要になります。

平松建築でも定期的により良い現場品質の確保のためにも、

標準施工手引書の編集を継続して行っていきます。

地味なとこだけど大事です。

category:

ブログ

date:

2019.04.26

アパートよりはるかに安く建てる方法を知りたくはありませんか?

今日はその方法の一要素である断熱材についてお話しして行きます。

断熱材…。

「壁の中に隠れちゃうしなんでもいいんじゃない?」

なんてまさか思っていませんよね。

一昔前は正直なところプロでもこだわっているところは少なかったように思います。

でも、いま断熱材の重要性に気がついていないところは論外ですが、

消費者サイドでも重要性に気づいていない人は大きく選択ミスをする可能性があります。

断熱材は隠れたところで非常に重要な仕事をし続けてくます。

その一つに健康的な住環境に貢献してくれること。

室内の急激な温度差によるヒートショックの年間死亡者数は交通事故の約3倍といわれています。

喘息なども温度差により発症するケースもあるようです。

温度差がなければ健康的かというともちろんそれだけではないですが、一要素ではあるということです。

そして、もう一つの大事な仕事とは……

あなたの代わりにお金を稼いでくれます。

どういうことか順を追って説明しますね。

まず現在のアパート住まいでかかる支出を基準として設定します。

あくまでも今回の話はアパートより安く持ち家を持つ方法を教えて行くコーナーです。

それがまず大前提とします。

次に押さえておくことは、

貯蓄を増やすために必要な数式を確認しておきます。

収入ー支出=貯蓄

こちらも当たり前の話ですが、

貯蓄を増やす方法は二つです。

収入を増やすか支出を減らす。

そのどちらか又は両方を行うと貯蓄が増えます。

その次からが本題です。

断熱材は暑さや寒さを防ぐ働きをしてくれています。

ということは冷暖房の光熱費を減らしてくれる。

支出を減らしてくれるのです。

貯蓄が増えることになりますね。

収入を増やすことと支出を減らすことは貯蓄の観点では同義となります。

以上のことから、断熱材はあなたの代わりにお金を稼いでくれるというわけです。

家づくりの一つのおさえどころの断熱材の考え方。

しっかりと押さえておきましょう。

category:

ブログ

date:

2019.04.25

今日は通気断熱WB工法の施工方法の説明をしますね。

勾配天井なりに、高性能断熱材のフェノバボード60ミリを貼り付けます。

さらにそのボードのジョイント部分を気密テープで隙間をなくし、ボードと構造材の隙間はコーキングで気密を取ります。

そうすることにより、フェノバボードの性能を最大限引き出すことができるんです。

性能の高い断熱材を用いても、施工の仕方がイマイチだと、結果的に良好な室内環境にならないこともあります。

だから、徹底的に隙間をなくして行く必要があるのです。

そして断熱材の上に天井を貼り付けるための、下地の木を取り付けます。

よく見ると欠きこみがあるのが分かるでしょうか。

その欠き込み部分から空気が通り、構造材にも通気用の穴が空いているので最上部まで空気が登ります。

そして熱い空気とともに、化学物質と、湿気、匂いが排出されます。

平松建築の現場は他ではやらないような施工の方法がたくさんありますが、

それにはちゃんと理由があるんです。

category:

ブログ

date:

2019.04.24

今日は、壁や屋根の通気の考え方を紹介しますね。

家の寿命に大きくかかわってくる部分です。

外壁の外側通気です。一次通気層とも言います。

赤い矢印の部分が通気道になります。

中外両方の湿気を排出し、夏場の熱気もこの通気道から排出されます。

余分な熱を建物側に伝えないためにも必要なんです。

室内側の通気道です。

赤い矢印は勾配天井(ななめ天井)と、

壁の取り合いの通気道確保のために必要な欠きこみです。

夏場に発生する湿気や、熱気を排出する通気道となります。

水蒸気の粒子の大きさは0.0004 μm・・・。

なんだかよくわからないかもしれませんが、

とにかくものすごく小さいので、

人間の手で防湿シートを張ったりしても決して壁の中に水蒸気を入れないように、

することはできません。

ですから、壁中に入り込んでも排出してくれるような通気が必要なんですね。

通気道を確保しないと、このようにカビが生えてしまうこともあります。

それが、家の低寿命化を招いてしまうのです。

日本の家の寿命は国際的にみてもとても短いです。

築年数1000年を超える木造建築を誇っていた日本の文化はどこに行ってしまったんでしょうね。

category:

ブログ

date:

2019.04.23

電気代がかかる原因を考えてみましょう。

①給湯
お風呂や、洗面所、キッチン等で使うお湯に使われる電気。

②冷暖房
夏の冷房・冬の暖房。冬は灯油だよという方もいるかもしれませんが、お金がかかるという意味では同じことですね。

③照明

④家電
電子レンジ・炊飯器・冷蔵庫・テレビ

住宅建築に関わることですから、そのうちの①~③に焦点を当てていきます。

まずは①の給湯から・・・

アパートでは給湯はほとんどガス給湯器が多いと思いますが、

これがなかなかお金がかかります。

アパートの大家さんは基本的にガス給湯器を買っていないことが多いです。

そして、ガス供給会社が給湯器を無償で提供する代わりに、

ガス料金の基本料金や、ガスの立米単価を割高にしているためです。

新築でガスにすると、自分で購入すれば少しは安くなりますが、

オール電化にならなくなり、深夜電力(日中の約1/3以下)の料金で利用することができなくなります。

もったいないから電気にしましょう。

ということでそれなら「エコキュート」がお得です。

電気で水を直接温めるのではなく、

電気で空気を圧縮してその圧縮した空気の熱を利用するため、

少ない電気でたくさんのお湯を造ることができます。

地球と財布にやさしいのです。

そして②の冷暖房・・・

冷房は暑いから使います。暖房は寒いから使います。

それならば、断熱性能を上げて、夏涼しく・冬暖かい家にすれば冷暖房費は少なくなりますね。

 

これに関しては、アパートよりはるかに安く建てる方法で今後触れていきたいと思います。
そして③の照明器具

白熱灯とLED電球を比較してみましょう。

同じ明るさを得ることを条件に比較すると、白熱灯よりLEDのほうが84%削減になります。

照明器具の寿命は、白熱灯よりLEDのほうが約40倍。

住宅ローンの支払とともに、必ず支払っていくもの。

電気代は住まいを普通に建ててしまうと、

アパートに住んでいた時より多くの電気代を支払うことになります。

なぜなら、アパートの時より部屋数が増え家族も増えていくからです。

家づくりを検討するときは、デザインや間取りも大事ですが、

電気代のことも真剣に考えていきましょうね(^_^.)

2022.12.01

自社工場「森の工場」をご紹介!

大工さんの作業場紹介「in森工場」 我が家を平松建築で建てた、広報担当の松浦です。&nbs...

2022.11.24

【講演】紡ぎ場 〜TsumuGiver〜で勉強会を行います

平松建築でおうちを建て、平松建築のほとんどの外構を担当してくださっている株式会社soto.Craft...

2022.11.17

【ワークショップ】クリスマスオーナメントを作ってみませんか?

今週末11月19・20日(土・日)にカラフルブリッジフェアが開催されます。 平松建築もワー...

2022.11.17

平松建築の「ありがとう」感謝祭 開催しました!!

平松建築株式会社は2022年に、総業13周年・法人設立10周年を迎えることができました。 ...

2022.11.01

わが家らしさを楽しむ「造作家具」と暮らす家

造作家具のある暮らし  我が家を平松建築で建てた、広報担当の松浦です。 ...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!