メニュー

  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ

category:

ブログ

date:

2019.10.01

磐田市はジュビロ磐田のホームグラウンドで、そこから磐田を知ったという方も多いでしょう。

サッカーのイメージが強いですが、ラグビーの盛んに行われており、スポーツをするにはぴったりの環境になっています。

そこで今回、サッカーとラグビーを通して磐田市のスポーツにおける魅力をご紹介します。

○磐田といえばジュビロ!

 磐田と耳にすれば、多くの方が「ジュビロ磐田」を連想するのではないでしょうか。

ジュビロ磐田には現役で活躍されている俊輔選手や、引退はしましたが名プレーヤーとして記憶に残るGKの川口選手など数多くの有名選手が在籍するまたはしていたチームです。

 サッカーのイメージが強いですが、サッカーと同じくヤマハがメインサポーターを務めるヤマハ発動機ジュビロというラグビーチームもあります。

こちらもトップリーグで活躍しているチームでサッカー同様に強いチームです。

○ホームグラウンドはヤマハスタジアム

 磐田市に住めば、あなたもジュビロファン。サッカー、ラグビーともにホームグラウンドはヤマハスタジアムになります。

メインスタンドとバックスタンド、サイドスタンドがあり、収容人数は約15千人になります。

生で見るスポーツはとても迫力があり、一度見たらその興奮を忘れられなくなります。

○練習見学で選手と急接近

 一度試合をみれば、必ず選手のサインが欲しくなります。選手との距離を縮めたいと思ったときは練習見学に行くとよいでしょう。

サッカー、ラグビーともに練習場はヤマハ大久保グラウンドになります。

練習修了後に写真撮影やサインなどのファンサービスを行っているので、是非酸化してみましょう。ただし、マナーはしっかりと守りましょう。

○これからラグビーが熱くなるかも!?

 2019年にラグビーワールドカップが日本で行われる予定で、静岡県内からは全国で2番目に多い7市が応募しました。

磐田市もその中の一つで、2002年にサッカー日韓ワールドカップの日本代表、2009年にラグビーイングランド州選抜チームがキャンプを張った実績があり、有力候補となっています。

 磐田市内の小学校でもラグビーが盛んに行われ、競技の普及度も高まっています。

もし磐田市が選ばれれば、とても盛り上がることでしょう。

○磐田市は運動環境が良い!

 サッカーやラグビーを筆頭にスポーツが盛んに行われているので、運動場などの数も豊富です。

もし、サッカーやラグビーをしなくても、お子さんが望むスポーツはできる環境になっています。

磐田市は快適にスポーツが行える素晴らしい場所です。

磐田市では良い環境の下でスポーツができます。お子さんが元気に運動する姿を是非みたいと思いませんか?

 

category:

ブログ

date:

2019.09.30

どこで子育てをしようかと考えた時に、その地域の教育環境は気になりますよね。

小学校まではまだしも、中学校・高校生になると塾に通わせる可能性も高まりますし、子供自身自習などができる環境が欲しくなります。

 しかし、磐田市に住めばその心配はなくなるでしょう。磐田市は磐田駅を中心に学習塾が多く点在し、自習環境や図書館なども充実しています。

子育ての環境が整っているだけでなく、学習環境も整っていることは大変魅力です。今回、「勉強」に焦点を当て、磐田市の教育環境の良さをご紹介します。

○塾に通わせようかな

 磐田駅の北側にはたくさんの学習塾があり、テレビで耳にするような塾から地元の塾まで塾探しには困りません。

反対にどの塾に通ったらいいのか悩んでしまうかもしれないので、お子様に好みやご近所の評判を参考にして決めましょう。

 また磐田駅から北に徒歩15分ほどにある磐田南高等学校は静岡県内でも有数の神学校で、高い進学実績を残しています。

普通科と理数科が存在し、授業時間も65分と長く、教育に力を入れている高校になります。

○自習したい!

・カフェ

 磐田駅にはたくさんのカフェがあり、読書や勉強をしたいというときに困ることはないでしょう。

カフェの魅力は勉強の合間に軽食が取れることですが、磐田駅周辺のカフェは美味しいスイーツやカフェが頂けるお店が多く、疲れた頭をリフレッシュさせてくれます。

ただし、勉強など長期滞在をする際はお店の決まりに従いましょう。

・磐田市学習交流センター

 JR磐田駅北口から徒歩3分のところに位置する磐田市学習交流センターでは、無料で自習質が使用できます。

平日は920時まで、土日は917時まで快適に利用できます。

自主室以外にも、ゆったりとした雰囲気の中読書が楽しめるコーナーや、軽食や飲み物を取りながら会話が楽しめるコーナーがあるなど充実した施設になっています。

○図書が豊富な中央図書館

 磐田駅から北に少し離れた場所に位置する中央図書館は磐田市内で一番大きい図書館になります。

蔵書数は40万冊を超え、資料なども豊富なところが魅力です。

勉強などで困ったことがあれば、中央図書館の本が手助けとなってくれるかもしれません。

 また。中央図書館では自習室もあるので、勉強に集中したいという方にもおすすめの場所です。

磐田駅周辺は利便性が高く、勉強する環境にも困らないでしょう。

子育てから勉強まで充実した磐田市に是非お住まいになられてはいかがでしょうか。

category:

ブログ

date:

2019.09.27

磐田市竜洋はたくさんの自然に溢れています。

それを代表するものとして、有名なのが「竜洋昆虫自然観察公園」です。

竜洋昆虫自然観察公園は昆虫や植物の観察ができる充実した施設で、子供が場所としておすすめのスポットです。

そんな親子で楽しめる場である竜洋昆虫自然観察公園にはどんな魅力があるのでしょうか。今回、その魅力についてご紹介します。

○どんなところなの?

竜洋昆虫自然観察公園は手軽に昆虫や植物に親しむことができる施設をコンセプトに作られました。日本や世界の昆虫標本展示がある「こんちゅう館

を中心として、様々な昆虫や植物が観察できるように、雑木林や小川、池などを作り、本当の自然環境を整えています。

施設は中央ゾーン・北ゾーン・西ゾーンの三つに分かれていて、それぞれに特徴があり、とても楽しめる環境になっています。それぞれについて簡単にご紹介します。

○魅力たっぷりの3つのゾーン

・中央ゾーン

 中央ゾーンは竜洋昆虫自然観察公園の中心となる場所で、小学校の理科の教科書に出てくるほとんどの草花や野菜、樹木など約40種類が実際に観察できる「学校ゾーン」や蝶の観察とともに一面に広がった綺麗な花が鑑賞できる「チョウの花壇」、飼育している昆虫を一年中観察できる生態展示や1700種類、約3000点の標本を展示している標本展示がある「こんちゅう館」など魅力あふれるコンテンツがたくさんあります。

 ここにくれば、子供たちが興味津々になることは間違いないでしょう。

・北ゾーン

 北ゾーンでは男の子が喜びそうなカブトムシ観察や野鳥観察ができます。カブトムシや野鳥は普段生活をしていて、なかなか見られる機会は少ないので絶対に行きたい場所の一つになります。

 また、観察が終わった後は芝生広場があるので、そこでお昼ご飯を食べるのがおすすめです。ふかふかの芝生の上で食べるお弁当は最高でしょう。

・西ゾーン

 西ゾーンは体を動かして、思い切り遊べる場所になっています。

その中でも、昆虫採集エリアがあるのは、他と比べても珍しい魅力ではないでしょうか。

春から夏は蝶や甲虫類、秋はバッタやコオロギなどを捕まえることができるので、一年中楽しめます。

○面白いイベントも開催

 竜洋昆虫自然観察公園ではイベントや展示会を開催しており、とても人気を集めています。

その内容が面白く、「ゴキブリ展」というものもありました。

ギョッとするような内容ですが、怖いもの見たさでとても興味がそそられてしまいます。

 こうしたインパクトあるイベントも行っているのが竜洋昆虫自然観察公園の魅力の一つです。

竜洋昆虫自然観察公園にはたくさんの学びがあります。是非お子様といらしてみてはいかがでしょうか。

category:

ブログ

date:

2019.09.26

磐田地区は幼稚園や保育園の数が豊富で、子育てに適した環境が揃っています。

その素晴らしい環境を支える大きな制度として、磐田地区は「子ども・子育て新制度」を採用しています。

社会が抱える大きな問題となっている「子育て」に前向きに取り組んでいる磐田地区は住みやすい街といえるでしょう。

そこで今回、この制度を採用している磐田地区の幼稚園・保育園の状況はどのようなものなのかご紹介します。

○磐田地区の子育てへの取り組み

磐田地区は「子ども・子育て支援新制度」を採用しており、子育て支援に熱心に取り組んでいます。

この取り組みによって3つの大きな課題解決を図ろうと考えています。

・教育の向上

新制度によって、幼稚園と保育所の良さをあわせ持った認定こども園の普及を進めます。

認定こども園は子育て支援を総合的にサポートし、保護者の就労状況に関わらずご利用できます。

磐田地区にもこの認定こども園があり、子育てに優しい街づくりに取り組んでいます。

・地域で子育てに取り組む

新制度では子育ての相談や一時預かりの場を増やすなど、保護者が子育てしやすい環境を整える取り組みがなされています。

磐田地区でも実際に、一時預かりの場が大変増えており、働く親御さんに適した環境づくりを行っています。

・待機児童の解消

待機児童の解消に向け、保育の受け入れ人数を増やす試みがなされています。認定こども園や保育所などの体制を整え、財政支援と合わせて問題の改善を進めていきます。

○磐田地区は幼稚園・保育園が充実

・公立幼稚園・保育園

公立の良さは費用が安い、地域の方との交流が多い、少人数制でお友達が作りやすいということが挙げられます。そんな魅力たっぷりの公立幼稚園・保育園の数は12か所ととても多い数になっており、磐田地区全域に広がっているので非常にご利用しやすいです。

全ての幼稚園で、自然を生かした遊びや地域の方とのふれあいを大切にしているので、お子さんはのびのびと成長することができます。

・私立幼稚園・保育園

磐田地区には2つの私立幼稚園と7つの私立保育園があり、こちらも磐田地区全域に広がっていて、大変ご利用しやすいものとなっております。

私立は教育内容が充実していることや、バス通園があるなどお子様はもちろん、親御さんにとっても魅力あるものです。

その反面、多くの方が費用を心配されると思いますが、磐田地区は「私立幼稚園就園奨励費補助事業」を実施しており、私立幼稚園に通う保護者の経済的負担軽減と公立幼稚園の保育料との格差是正を目的に、国の援助を受け、入園料・保育料を補助します。

もちろん補助を受けるには条件がありますが、費用で困っていた方を援助する素晴らしい制度です。

良い環境の中子育てをしたいという方にとって、磐田地区はとても適した街です。

category:

ブログ

date:

2019.09.25

磐田市の中でも、磐田地区が子育てに熱心な街であることはご存知でしたか。磐田地区は子育てへの取り組みをしっかりと行っており、充実した子育て環境の構築を目指しています。子育てに関して様々な社会問題が浮き彫りになる中、安心して子育てに取り組める環境はとても魅力的です。

今回、磐田地区の子育てに関する取り組みをいくつかご紹介します。

○熱心な子育てへの取り組み

磐田地区は子育てに意欲的な街です。その一つの例として、「子ども・子育て支援制度」の実施があります。この取り組みは、少子化や子育て家庭の孤立化、待機児童などわが国が抱える社会問題への解決を目指すものです。

子ども・子育て支援制度によって、認定こども園・幼稚園・保育所を通じた給付やこども園制度の改善、子育てと子供の成長環境の改善を促し、お子さんがいる家庭に優しい街づくりを目指す街の一つとして、磐田地区も名乗りを挙げているのです。

○充実した図書

・中央図書館

磐田市内5館の中央図書館としての機能を果たし、図書の蔵書数は40万冊を超えます。広々とした館内には、おはなしの部屋・視聴覚ホール、展示室などがあり、おはなし会や映画会、コンサート、展示会など様々な催しが行われています。

・おもちゃ図書館

おもちゃ図書館は、発達がゆっくりな子供やお友達と遊ぶのが苦手な子供たちが一緒に、たくさんのおもちゃに囲まれて遊べる場所です。子供たちの周りではボランティアが見守っており、また保護者同士で情報交換や交流を深めることができます。お子さんだけでなく、親御さんも安らげる素敵な場所です。

○子育て支援センター

磐田地区には子育て支援センターが6か所あり、子育て相談や療育相談、イベントなど子育てのサポートが充実しています。多くが朝から夕方まで開いており、利用料も無料です。

子育てに悩みはつきものですので、是非こういった施設をご利用してください。親御さん同士の交流の場としてとてもおすすめです。

○万全の医療体制

特にお子さんを持つご家庭は、病院の数にとても敏感なことだと思います。磐田市には多くの病院がありますが、それに比例して小児科院も多いです。

特に子供はいつどんな病気になるか分かりませんし、かかったときに緊急を要します。お住まいの地域に、小児科が多いことは親御さんにとってとても安心できる材料ではないでしょうか。

充実した環境で子育てをしませんか。磐田地区は安心して子育てに取り組める街です。

category:

ブログ

date:

2019.09.24

磐田市が子育てに向いている一番の理由は充実した公園の数。子供が運動や経験から学ぶことは計り知れないぐらい重要で、近年その大切さが見直されているほどです。

大切なお子さんにはのびのびと動き回ってもらい、様々な経験をしてほしいのが親御さんの願いでもあることでしょう。

そこで今回、富士見の魅力ある公園やその他充実した環境をご紹介します。

○富士見町には公園がいっぱい

子育てにおいて公園がたくさんあることはとても重要なことです。お子さんが元気に遊んでいる姿を見られるのは親の幸せの一つ。そんな素敵な公園が富士見町にはたくさんあります。

・つつじ公園

富士見の西にある公園で、綺麗なツツジが見られることがこの公園の名前の由来です。約30種類のツツジが計3500株あり、県内でも有数のツツジの名所です。ツツジの見ごろは4月中旬から下旬頃。満開に咲いたツツジが人々を包み込みます。

また、桜も見られるのも魅力の一つで、何度訪れても飽きさせることはありません。休日にご家族揃ってのツツジまたは桜のお花見は、お子さまにとって思い出に残ることでしょう。

・東大久保公園

つつじ公園とは反対側の東に位置する、富士見町最大の運動公園です。こちらの運動公園にはグラウンドとテニスコートがあり、グラウンドはサッカーグラウンド1面分とソフトボール2面分ある大きさです。テニスコートは人工芝のものが8面あり広々としていて、されに夜間照明もございます。

お父さんとのキャッチボールも楽しめますし、様々なスポーツにチャレンジできる環境はこの上なくお子さんにとって良いでしょう。

・富士見公園

こちらはよく見かける一般的な公園で、ブランコ・滑り台・鉄棒など子供たちに人気の遊具が揃っています。その中でも、ロケットの遊具はこの公園のシンボルで一度見たら、とても印象に残ります。

保育園やお買い物の帰りに寄るのに合った公園の一つです。

○お子様とのショッピングが楽しめる

富士見の中でも都市開発が進んだ比較的新しい街には、大きなイオンモールがあります。お子さんの成長は早いもので、今着ている服もあっという間にサイズが合わなくなるということもよくあります。しかし、ショッピングモールが近くにあると、直接お子さんを連れていきやすいので、試着などもスムーズにいきます。

また休日にはご家族揃っての買い物を楽しめますし、親御さんの買いたいものも無理せず購入できます。

富士見にはたくさんの魅力がございます。少しでも気になられた方はお気軽にお問い合わせください。

 

category:

ブログ

date:

2019.09.20

お子様が成長して行くのに加えて、第二子の誕生によってますます賃貸の住宅が手狭に感じてきたことが理由で引越しをしようと決心する方は多くいらっしゃいます。

一軒家を購入するときに知っておくべきことが交通利便性や生活利便性なのですが、それ以外にも注意して知っておくべき点があります。

それが「観光施設の有無」です。どんな観光施設があるのか、それによってお子様にどのようなメリットがあるのかを知るのも土地決めの重要な要因になります。

そこで今回は「掛川市掛川の観光施設」をご紹介していきます!

【掛川市掛川の観光施設】

掛川市掛川には休日に家族で行って楽しめる施設が大きく3つあります。

その3つの施設とは「掛川花鳥園」「掛川城」、そして「資生堂アートハウス」の3つです。それぞれ詳しく見ていきましょう。
1掛川花鳥園
掛川花鳥園は「花と鳥のふれあい」が楽しめるテーマパークです。敷地面積は広く、施設の中に大温室やスイレンプール、池や牧場があります。

ガラスハウスは冷暖房を完備しているため、夏は涼しく冬は暖かくするため、鳥たちも安心して暮らせます。

また、ガラスハウスは全天候型であるため、雨の日でも安心できます。

掛川花鳥園では鳥たちと直接触れ合える場所や一緒に記念撮影ができる場所、バードショート行ったものがあり、施設が充実しています。

2掛川城
掛川城は室町時代に駿河の守護大名である今川氏が遠江に進出しようと思い立ち、家臣の朝比奈氏によって建てられた城です。

戦国時代になると、山内一豊が城主となってやく10年間にわたって在城していました。掛川城の美しさを体験してお子様の感性や歴史に興味を持ってもらうためには適切な城ではないでしょうか。

3資生堂アートハウス
資生堂アートハウスは1978年に作られ、2002年にリニューアルされたのをきっかけにして美術館としての要素を高めて、近代の優れた美術品を収集して保存するとともに、美術展覧会として一般に後悔している文化施設です。

短にこう行った文化施設があると美術に触れる機会が増え、お子様の好奇心を高めることが狙えます。

 

以上のように、掛川市の掛川には「掛川花鳥園」「掛川城」「資生堂アートハウス」と行った施設があり、休日を過ごしやすい施設となっています。

大人も子供も楽しめるだけではなく、お子様がのびのびと成長していくために大きな影響を与えてくれる施設とも言えます。

一軒家を検討している方はぜひ掛川市掛川地域を検討して見てはいかがでしょうか。

category:

ブログ

date:

2019.09.19

一人目のお子様が生まれて成長して行くうちにだんだん賃貸では手狭に感じてきたことに加えてさらに二人目の子供が誕生したのでそろそろ引越しを検討しているというかたも多くいらっしゃることでしょう。

引越しをする上で注意して決めなければならないのが「土地選び」です。

土地の利便性があるのとないのとでは生活が180度変わってきます。掛川市を検討しているのであれば掛川市の土地について知らなければなりません。

そこで今回は「掛川市中央の子育てや通学について」ご紹介していきます。

【掛川市中央の住宅の子育てや通学について】

掛川市の中央の住宅の子育ての環境や通学の状況はどういったものでしょうか。

まず、子育てする上で生活のしやすさはとても重要です。そのためには交通の利便性についても知っておく必要があります。

掛川市の中央の交通利便性については、とても高いと言えます。

なぜならば掛川市の中央に住んでいると、「掛川駅」と「掛川市役所駅」のどちらも選べる点にあります。

掛川駅周辺や掛川市役所周辺に住んでいると反対側の駅に行くのがなかなか大変ですが、中央ではどちらも程よい距離にあるため、どちらでも選択可能という点で交通利便性が高いのです。

交通利便性が高いと会社に通学しやすいといったメリットがある他に、買い物にもいきやすいというメリットがあります。

買い物がしやすい環境だと日常生活をスムーズに行えるため生活利便性も高い場所だと言えます。

そういった意味では掛川市の中央部は子育てしやすい環境なのです。
また、掛川市役所の周辺であれば小学校や中学校が大体同じ距離にあるので、どの学校に通いたいか選ぶことができます。

そのため、一番いい学校を選ぶことができ、お子様の教育にとって非常に有効な場所です。小学校や中学校が同じ距離にあるので、学校に通うのに苦労することなく生活できるという点では通学するのが非常に便利なので、通学という観点から見たときでも交通利便性が高い場所であると判断できます。

 

以上のように、掛川市の中央部に住宅を建てると交通利便性と生活利便性の両方が高い地区であるので、子育てが比較的しやすい環境になることでしょう。

また、通学の面に関していっても、各小学校や中学校が同じ距離にあるため、通学するのにも不便がなく、快適に通学することができます。

お子様がこれから成長して小学校・中学校にご入学するにつれて、快適に過ごせるかどうかはお子様の成長にとって必要なことになりますので、掛川市の中央部をぜひ検討して見てください!

 

category:

ブログ

date:

2019.09.18

賃貸で家族と暮らしていくと、だんだん手狭に感じることが増えてきます。特にお子様が新しく生まれたら家族構成が変わり、人数が増えてしまうので、手狭に感じてしまいます。

お子様が大きくなって窮屈に感じないように一軒家を購入しようと検討する方が多くいらっしゃいますが、静岡県に引越しをしようとするときに掛川市を検討する可能性があります。

その掛川市の利便性を知ってこそ、この土地に住むかどうかを判断できます。

そこで今回は、「静岡県掛川市の、特に掛川駅周辺の利便性」についてご紹介していきます!

【掛川駅周辺の利便性】

お引越しをする際に一番気をつけておいて欲しいことがあります。

それが「交通利便性」です。

駅までのアクセスはどれくらいか、電車以外の交通手段があるのでならば何があるのか、会社までの通勤時間はどれくらいか。

これらの情報を十分に踏まえないと、どれだけいい土地だと思っていてもやはり窮屈に感じてしまいかねません。

掛川市の掛川駅周辺の利便性をみてみると、まず掛川駅周辺ということで、駅が近くにあるので電車でのアクセスはいいと言えます。

掛川駅は天竜浜名湖鉄道駅があるだけではなく、在来線もしっかりと通っており、ローカル鉄道ではなくしっかりとした鉄道であることが伺えます。

また、掛川駅が利便性が高いということを象徴するのが「新幹線」です。掛川駅には新幹線が止まるので、非常に交通利便性が良いと言えます。

突然の東京出張や大阪への出張にも対応しやすい優れた駅になっています。
掛川駅でいうと、天竜浜名湖鉄道や在来線、新幹線が通っていますが、他にも交通手段があります。

掛川駅には高速バス駅、東名にも高速バスの駅があるので、遠方に新幹線以外の選択肢でいきたいという要望もしっかりと叶えてくれます。

高速バスがあることで若者も比較的安価で遠出することができるため、他の地域と違って静岡周辺に行く交通の利便性だけではなく、新幹線や高速バスがあるので遠出することの交通利便性もしっかりしていることがわかります。

毎日会社に出勤するのが苦労になることなく、快適に会社まで出勤できるので掛川駅周辺の利便性は非常に高くなっています。

 

以上のように、掛川駅周辺では掛川駅だけではなく、新幹線や高速バスが通っているので利便性が非常に高くなっています。

静岡県内だけではなく、出張が多い仕事の方にはこれ以上にない利便性があるので、数多くの交通手段がある掛川駅周辺に住宅購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

category:

ブログ

date:

2019.09.17

お子様が成長していくにつれて賃貸が狭く感じてしまうことという方が多くいらっしゃいます。

お子様がこれからどんどんすくすくと育っていくためにも一軒家に引っ越そうと検討しているけれど、やはり住むなら交通利便性の高い土地に住みたいことでしょう。

浜松市の東区を検討している方は東区の交通利便性といった利便性について知っておくことで満足のいく一軒家購入になることでしょう。

そこで今回は「浜松市東区の利便性」についてお伝えしていきます。

【浜松市東区の利便性について】

浜松市東区の交通利便性はどのような状況かというと、電車は浜松市を南北に走る電車である遠州鉄道西鹿島線が走っているため、浜松市を電車で移動するには便利になっています。

また、浜松市内にあるので、浜松市内の他の地区とのアクセスも良く、浜松にオフィスがある方にとっては通勤しやすくなっています。

具体的に言うと、遠州鉄道西鹿島線の西鹿島駅から浜松の中心街に行くのに電車を使うと約30分で着きます。

駅がすぐ近くを通っているため、中心部に行きやすく、通勤時間が30分程度と言うのはかなりいい場所だと言えるでしょう。

また、駅が近くを通っているのでお子様が学校に通う通学の利便性も高いと言えます。また、電車だけではなく国道152号線の沿線が走っている場所もあるため、車での移動もしやすくなっていると言う点も高く評価されています。
住宅の土地選びに重要なもののもう1つに「生活利便性」があります。

日常生活をよりスムーズに行える場所ほど生活利便性が高い場所だと判断できます。

日常生活をスムーズに進めることのできるものの代表例にスーパーがあり、スーパーへのアクセスがいいほど日常生活をスムーズに進めることができます。

浜松の東区にはイオンモール浜松市野といった商業施設がたくさんあります。

商業施設がたくさんあるとスーパーでできる買い物をそこで済ませられることに加えて、生活をよりスムーズに行うための施設がたくさんあります。

例えば子供服の売り場があると、成長の早いお子様が着る服に困らないようにすぐに新しい服を買いに行くことができるのです。

 

以上のように、浜松市の東区には交通面を支えてくれる駅や車での移動を快適にしてくれる国道、生活利便性を高めてくれるイオンモールをはじめとしたたくさんの商業施設があります。

こういった点を踏まえてみると東区は浜松市の中でも日常生活を円滑にできる施設がある点で居住に適した地域だと言えるのではないでしょうか。

住宅購入の際は東区をぜひ検討してみてくださいね。

2021.06.01

臭い大丈夫?梅雨時にまさかの洗濯○○チャレンジ

梅雨時期に悩む皆様にお伝えしたいこと平松建築で家を建てた広報担当の小木です。 今年は例年よ...

2021.05.25

「新刊JP」にインタビュー後編が掲載されました!

「新刊JP」にインタビューが載っています代表平松の著書「お金が貯まる家3.0」はお手にとっていただけ...

2021.05.25

「お金が貯まる家3.0」各ニュースサイトに掲載されています

代表平松の著書「お金が貯まる家3.0」お読みいただけたでしょうか?特に20〜30代の若い方でこれから...

2021.05.18

「お金が貯まる家づくり3.0」インタビューが掲載されました

「新刊JP」にインタビューが載っています代表平松の著書「お金が貯まる家3.0」はお手にとっていただけ...

2021.05.12

「お金が貯まる家づくり3.0」特集記事のご紹介

「新刊JP」に掲載されました代表平松の著書「お金が貯まる家3.0」の特集記事がメディア「新刊JP」に...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!