メニュー

  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
浜松市に注文住宅をお考えの方必見!南区の特徴とは

category:

ブログ

date:

2018.07.23

浜松市で新居を構えるみなさん、自然に囲まれた南区で生活してみませんか?
「自然が豊かってどんなふうに?」と疑問を持たれた方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、自然触れる浜松市南区の魅力をお伝えします。

 

・浜松市南区はこんなところ

南区とは

浜松市の7つの行政区のひとつ、南区は
白脇地区(しろわきちく)
新津地区(しんづちく)
飯田地区(いいだちく)
芳川地区(ほうがわちく)
河輪地区(かわわちく)
五島地区(ごとうちく)
可美地区(かみちく)
によって構成されています。

浜松市の総面積の約3%にあたる区域の中に市民の13%ほどの人口が暮らしています。
外国人の人口も多く、区の人口に占める外国人市民の割合が、7つの行政区の中で最も高いです。

 

・周辺施設

中田島砂丘

東西4km、南北600mにわたって広がる中田島砂丘は日本三大砂丘の1つとも言われています。
毎年春から夏にかけて、産卵のために数多くのアカウミガメが浜辺に上陸することでも有名です。

遠州灘の砂丘は、水はけがよく、防風林で遮断されていて、傾斜が穏やかで広く、満潮時でも海水につからないことから卵を産むのに適しているのです。

 

遠州灘海浜公園

砂丘の周辺には遠州灘公園があり、多くの市民に利用されています。
広大な敷地には、球技上、芝生広場、遊具広場、自然生態観測園が設置されています。
公園内では体験教室やフリーマーケットなどのイベントがたびたび開催され、親子で楽しむことができます。

 

交通アクセス

公共交通機関では、鉄道とバスの2つを利用することができます。
JR東海が運行する東海道本線は天竜川駅と高塚駅がそれぞれ東西に位置しています。
南区中央部に住む場合、中区の浜松駅がかなり近くなります。
遠州鉄道が運行する遠州鉄道バスを利用することも可能です。

ただし、区の南側では公共交通機関が不足している部分も見受けられるので、自家用車があった方が便利と言えるかもしれません。

 

今回は浜松市南区の特徴についてお話しました。
自然豊かでありつつも産業や工業が発展した南区の魅力がお分かりいただけたでしょうか。
平松建築株式会社では、浜松市で住宅購入をお考えのみなさんに最適な人生設計、家づくりを提案しております。

老後の生活までを考慮したトータルプランを算出することで、お金の不安を解消するのと同時に、住みやすい住宅を実現できるのです。
浜松の注文住宅購入でお困りのことがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

 

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2021.10.01

秋はキャンプの季節!?我が家の収納問題

はじめましてはじめまして。新入社員の松浦です。私を簡単に説明すると、元お客さんです。平松建築で3年前...

2021.09.20

避難所に行かなくても良い家づくりのために最初に知っておくべきこと

平松建築株式会社代表の平松です。元大工で住宅歴21年。東日本大震災・熊本地震・千曲川の氾濫など、さま...

2021.09.15

【ルームツアー】6人家族で実際に住んでいるお宅公開【フレンチスタイル】

6人家族の工夫がつまったお家をご覧ください6人家族で4年間実際に住んでいるお宅を公開!【フレンチスタ...

2021.09.01

驚愕!6人家族のリアルな光熱費公開しちゃいます

気になる光熱費…我が家の額が判明しました!平松建築で家を建てた広報担当の小木です。雨続きの日が終わっ...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!