メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
磐田市、磐田地区の幼稚園・保育園が実施する子育ての取り組みとは?

category:

ブログ

date:

2018.03.26

賃貸に住んでいる方でお子様がいらっしゃる場合には、賃貸では手狭に感じている方もいらっしゃいます。

磐田地区への引越しを検討しているが、お子様がいらっしゃる場合は子育ての利便性がどうであるかを知っておく必要があるでしょう。

磐田市、磐田地区の保育園・幼稚園がどのような子育ての取り組みをしているか知っておくことで安心して引越しをすることができるでしょう。

そこで今回は「磐田市磐田地区の幼稚園・保育園の子育ての取り組み」についてご紹介していきます。

【磐田市磐田地区の幼稚園・保育園における子育ての取り組み】

磐田市は平成27年度より実施された子ども・子育て新制度によって現在の子育て環境に対する課題に対応してきました。

子ども・子育て新制度とは子育てにおける課題を解決するためにできた取り組みです。

大きく分けて子育てに関する課題は3つあり、1つ目は親の働く状況の違いにかかわらずに質の高い幼児の学校教育・保育することができるという要望にどう対応するのかです。

課題の2つ目は核家族化や地域での人間関係が希薄になったことによって家庭や地域の子育て力が低下しているという課題です。

3つ目は待機児童をどうするのか、少子化によって保育施設がなくなった地域をどう対処するのかという課題です。

これに対して磐田市で幼稚園や保育園の数が多い磐田地区は新制度が制定されることによって、幼稚園や保育所を利用するにあたっての手続きが変わりました。

これによって、施設を利用するためには教育・保育の必要性に応じた認定を受ける必要ができました。

認定の種類は3種類あり、満3歳以上の就学前の子供が対象になる1号認定、満3歳以上で保護者の労働や疾病などによって保育を必要とする子供を対象とした2号認定、満3歳未満で保護者の労働や疾病などにより、保育を必要とする子供を対象とした3号認定のどれかに認定されます。
2号認定や3号認定を受ける方はさらに2つに区分されます。

フルタイム就労を想定した利用可能時間の保育標準時間とパートタイム就労を想定した利用可能時間の保育短時間の2つです。

以上のように、磐田市では教育状況の改善のために認定の制度を導入して、子供の年齢や親の状態に合わせて対策をしています。

こうして親の状態にかかわらずに高い保育を提供している磐田市は保育の環境として大きなメリットがあります。

また、磐田市の中でも磐田地区は保育施設が充実しているので、安心して教育を受けることができます。

住宅購入をしているなら、高い保育環境を提供している磐田市を検討してみてはいかがでしょうか。

「▼モデルハウスの見学は下記をチェック」

 

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2019.02.15

家賃を払い続けるより持ち家がお得って本当?

Q:「家賃を払い続けるより持ち家がお得」って本当ですか?A:実は持ち家の全てがお得になるわけではあり...

2019.02.14

建てたときよりも強度が増していく建材とは?

Q:平松建築で使っている建材は無垢材ですか?集成材ですか?A:無垢材を使っています。無垢材は乾燥によ...

2019.02.14

人の家の温度がどのくらいか見てみたくありませんか? 2019年2月

平松建築の小野です。 先月から始めた我が家の温度コンテンツ。そこそこ反響というか反応という...

2019.02.13

太陽光発電パネルはどの方角に設置する?

前回(https://www.hiramatsu-kenchiku.jp/blog/2019/021...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!