メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ

家事がラクになる回遊性のある家

自然あふれる環境に家を構えたS様は、お子様が3人もいる大所帯。子育てや家事に忙しい奥様がラクに暮らせることを大切にし、家事のための歩数が最小限で済む家事動線を徹底的に考えました。

家事動線を考えた間取り

S様邸のキッチンは、ガレージスペースへと繋がっています。お買い物から帰ってすぐに食材などをキッチンに運べる仕様など使いやすい家事動線になっています。キッチン自体もお料理のしやすい余裕のある空間で、ダイニング・リビングを見渡せ、配膳や片付けの手間もかかりません。

家族の息遣いが感じられる

リビングには、お子様が宿題などをできるスタディスペースを設置。そんなお子様の様子を見ながら料理ができる間取りは、まさに家族の息遣いを感じられる家。キッチンからリビングで過ごすお子様の様子をいつも見守れ、安心感へとつながっています。

お子様の成長とともに家の姿も変化

家を建てる際には、「今の家族の姿」だけでなく、将来の暮らし方を考えた間取りや設計を採用することが何よりも大切です。玄関横にあるS様邸の和室のゲストルームは、襖(ふすま)を閉めれば独立した部屋として使うことが可能になっています。お子さまが小さいときには遊びスペースとして。来客時には来客用の部屋として。また将来はご夫婦の寝室スペースとして使うことができます。

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!