メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ

壁面を無駄なく多用途に使った家

スタジオワン福田」というフォトスタジオの代表である福田様。小さなお子さんがいる3人家族です。将来はもう一人お子さんが欲しいとのこと、4人家族を想定して家づくりをさせていただきました。

 

福田様とは土地探しからご一緒して、地盤改良が必要なことも計算に入れて価格とのバランスをみながらも、ご近所にお友達もいて心強い、南面の日当たりの良い土地を見つけることができました。

 

平屋風にみえる片流れの屋根には、全体に効率よく太陽光パネルをのせました。お子さんのためにもホルムアルデヒドなどのシックハウス症候群の原因になるような有害物質のないきれいな空気環境にしたいけれど、返済はラクにしたいというご希望を、太陽光発電でお手伝いします。

 

コートクロークとニッチ

玄関から近い壁面スペースにはコートクロークを設けました。お客様の上着を掛けられるだけでなく、ご家族の上着もここに掛けることで、ホコリや花粉をリビングに持ち込みません。
濃い茶色と暖かい木の色でまとめられた室内には、照明も灯るいくつかのニッチを設け、福田様の写真作品を飾れるようにしました。

オシャレに空間を仕切る袖壁

キッチン横の袖壁は、リビングとの空間をゆるやかに仕切っています。そして、キッチンやダイニングなどの散らかりやすい場所を隠す役割もしています。

WB工法で気持ちの良い室内干しスペース

一階リビングを見下ろせる広い踊り場の床は、すのこ状に仕上げました。雨の日には室内干しをするスペースになります。すのこの間を通り抜ける上昇気流は洗濯物を効率的に乾かします。電気を使わない自然な空気の流れを利用した工夫です。平松建築の家はWB工法によって壁が呼吸をしているので、室内干しでも生乾きのイヤな臭いがしないことも大きな魅力です。

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!