メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
平松建築の『家づくり学』⑤ 毎月のローン返済を楽にする方法 ~磐田・袋井・浜松・掛川の新築注文住宅~

category:

家づくり学

date:

2017.07.20

資金を借り入れて家を建てた後に待っているのが、毎月のローン返済です。30年、35年と続くローン返済は、家賃の代わりとはいえ家計への負担も大きいもの。月々の支払いをラクにする工夫にはどんなことがあると思いますか?

 

【Question】毎月のローン返済額をラクにするための方法で一番いいのはどれ?

 

・土地の購入費用を抑える

・家の価格を抑える

・ランニングコストを抑える

 

 

【Answer】答えは「全て」。

 

例えば毎月の光熱費を考えて、家づくりに次の要素を盛り込むとします。

 

・優れた断熱熱性能

・給湯器はエコキュート

・太陽光発電パネルを載せる

 

光熱費を抑えるためにこれらの要素を盛り込むと、イニシャルコスト(初期費用)が増えるため、通常の家よりローン返済額が増えます。

 

当然イニシャルコストが増えれば月々のローン返済額が増えるので多少の負担にはなりますが、決して間違った選択にはなりません。仮に省エネ・太陽光発電のための要素を盛り込み、イニシャルコストが増え、ローン返済額が月5,000円増えた場合。

 

断熱性能設計や、エコキュートの導入により毎月1万4,000円ほどの光熱費節約ができれば毎月の収支はプラス9,000円。1年で10万円以上節約できます。これが10年続けば100万円、20年続けば200万円の貯金ができることとなります。

 

このように、マネープランを考えて家づくりをすることは、面倒臭いように思えてローン返済の負担を軽くする近道に。月々のローン返済をラクにするためには、毎月「節約しなければ!」と努力しなくても自然とお金が貯まる仕組みをつくることが鍵となるのです。

 

ローン返済や月々の生活費と収入をきちっと把握し、収支をシミュレーションしてみましょう「コストの断捨離」をすれば、自然とお金が貯まる仕組みができあがります。

 

 

ライン@で学べるデジタル教科書はこちら

http://www.hiramatsu-kenchiku.jp/digitaltextbook/

 
一覧へ戻る
 
2017.10.10

平松建築の家づくり学(12)「家をいつ建てるか」で生涯住居コストが変わります!

シリーズでお伝えしている平松建築の家づくり学。9月から生涯住居コストという考え方についてご紹介してき...

2017.09.28

平松建築の家づくり学(11) 住宅ローンの返済額が月々3万円以下になる!? ~磐田・袋井・浜松・掛川の新築注文住宅~

こんにちは!平松建築がシリーズでお届けしている家づくり学。9月は「生涯住居コスト」にフォーカスを当て...

2017.09.26

【お施主様インタビュー】浜松市南区Y様② ~磐田・袋井・浜松・掛川の新築注文住宅~

こんにちは!平松建築の小木です。家族が笑顔になれるマイホームづくりは、建てた後の住み心地や、家づくり...

2017.09.21

【お施主様インタビュー】浜松市南区Y様① ~磐田・袋井・浜松・掛川の新築注文住宅~

こんにちは!平松建築の小木です。今回は、平松建築で家を建てられた浜松市南区Y様に「どうして平松建築に...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!