メニュー



  • 私たちの想い
  • 家づくりの流れ
  • 施工事例
  • 選ばれる理由
  • ブログ
  • 事務所案内
  • お問合せ
平松建築の『家づくり学』④ 将来も安心な「借り入れ額」の計算方法~磐田・袋井・浜松・掛川の新築注文住宅~

category:

家づくり学

date:

2017.07.11

家を建てるときに多くの人が悩むのが「お金」です。老後に破綻することのない、将来も安心な「借り入れ額」はどうやって計算したらいいのでしょうか?

 

【Question】適正な借り入れ額を決めるには誰に相談するのがいい?

 

30年、35年ローンで家づくりのお金を借りる際の「借り入れ額」。1人ではなかなか決められないものですが、あなたなら誰に相談しますか?

 

・銀行

・不動産会社

・ハウスメーカー

・家族

 

 

【Answer】ときと場合によりますが、隣にいる大切な家族への相談は絶対必要です!

 

まず言えるのは、「借り入れ額を決める」という点では銀行の意見は参考にならないということ。銀行はあくまでも「お金を貸す」立場なので、返済できない計画を提案することもしばしば。また、ハウスメーカーは「家を建てる」という立場なので、将来破綻しないマネープランのアドバイスまで考えてくれないことも。

 

専門家にアドバイスを仰ぐのがおすすめですがその場合、中立的な立場のライフプランナーを選んで、相談するのがベストです。

 

専門家に相談するにしろ、一番大切なのは隣にいる家族に「子どもの進学をどうしたいか」「老後はいつまで働きたいか」「旅行にはどのくらいの頻度で行きたいか」などの希望を聞くこと。そしてその家族の希望をライフプランナーさんに伝えることを忘れてはいけません。

 

いいライフプランナーを見分けるポイントは「口だけではなく、プランナー自身が言っていることを実践しているかどうか」。また、できれば、住宅建築相談の実績があるかも聞いてみましょう。

 

ライン@で学べるデジタル教科書はこちら

http://www.hiramatsu-kenchiku.jp/digitaltextbook/

ライン@友達追加で質問をお気軽にできます

※不要になれば簡単に削除できます

ID:@hiramatsukenchiku

 
一覧へ戻る
 
2018.02.18

住宅ローン、変動金利がおすすめな人、固定金利がおすすめな人

みなさんこんにちは。これから新しい住宅を建てるにあたって、必要なのは「住宅ローンを組むこと」かと思い...

2018.02.17

意外と知らないフラット35の特徴、注意点をご紹介します!

みなさんは「長期固定金利」と「変動金利」のどちらで住宅ローンを組もうとお考えですか?変動金利の方が金...

2018.02.16

フラット35を借りるのにおすすめの金融機関は?

みなさんこんにちは。「住宅ローンを長期固定金利で探している。」、「フラット35について軽く調べており...

2018.02.15

本当におすすめ?住宅ローン専門金融機関のメリットとデメリット

みなさんこんにちは。これから家を建てようと思っている方の中で、住宅ローンにおいて「住宅ローン専門金融...

© 2016 ライフスタイルをカタチに・磐田市や袋井市・浜松の注文住宅なら平松建築で決まり!